ウルフルケイスケオフィシャル ブログ ULFUL KEISUKE SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog



高円寺Showboatライヴ終了!〜Donald"Duck"Dunn

昨日の高円寺Showboatでの東さライヴ、誘ってくれたへきれきのお二方、ゆらめきエアーのみなさん、Showboatのスタッフの方々、そして来てくれたお客さん、どうもありがとう!

「継続は力なり」

改めてそう思います。

そして、会場に向かう電車の中でDonald"Duck"Dunnさんの訃報を知りビックリ。

a0168922_23233350.jpg


やはり、Booker T.&The M.G.'sの音源とOtis Reddingの音源が多くなってしまうのだが、めずらしいセッションアルバムとして紹介したいのが、1969年にリリースされたMuddy Watersの「Fathers and Sons」というアルバム。写真手前、ベージュのジャケット。

スタジオ録音とライヴ録音の2枚組(CDでは1枚に)なんだが、1曲目を除いてベースはDunnさんが弾いている。

なんとこのとき29歳!!!


他にはPaul Butterfield、Michael Broomfield、Sam Lay、Otis Spann、Buddy Miles、Phil Upchurchらの名前がクレジットされているので興味のあるかたは是非!


ツイッターにも載せたけど、オレが一番好きな演奏がこれ。

Try a Little Tenderness-Live at Monterey/Otis Redding

時間にして50秒辺りからAl Jacksonが入ってくるのだが、そこからの8~10小節間は何回聴いても痺れます。



Donald "Duck" Dunnさん、素晴らしい音楽をありがとう!!!