京都の胡粉ネイル

京都の胡粉ネイル_d0339705_09220543.jpg

京都の胡粉ネイル。日本の伝統色をまとうことのできるネイル。

あの白狐印の日本最古の絵の具屋さんが創るネイルです。日本の女性が綺麗に見える色の研究。

年齢を重ねると、燻んだ色やほんのりニュアンスのある色、艶色を手にとるようになります。

もちろん、キラキラしたもの派手なものもたまには気になりますが、世の中が激しく変化しているからか最近はもっぱら落ち着き色を求めてしまいます。

陽光色

太陽のあたたかさを感じられる暖色の橙色。

毎日お料理をするので、足元だけ。

<< ピンクのナンバーケーキ 【ルポ】重陽の節句、香りと室礼... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.