エキサイトイズム

人間関係で悩む。

こんにちは、R-STOREの浅井です。

自分は人間関係で悩んだことがないのが自慢だったんだが、ここ最近ちょっとしたことがあって、「ああ、これが人間関係で悩むってやつか」なんて、37歳にして今頃わかったりしている。
生来せっかちで、問題が起こるとすぐに解決しようとするタイプだし、解決しないと前に進めないタイプなので、結果的に悩むことがなかったんだと思う。
今回悩んだといっても、3日間くらいで解決の方向となったので、これも悩んだうちに入らないのかもしれないけど、自分としては色々と考えさせられる出来事だった。

c0250964_1637278.jpg
写真は関係ないですが、私が初めてつくった湯呑みです。なかなかよくできた。


以前のエントリーでも書いたが、「自分はわかっているんだ。」「自分が正しいんだ。」という思い込みほど、自分を盲目にさせるものはないと思う。「自分は正しいのに、なんで相手はわかってくれないんだろう。」「こんなに説明しているのに、なんでわからないんだろう。」これは、一見正しい悩みのように見えて、本質的な問題は「相手が自分の考えを理解しないという事実を受け入れない、もしくは受け入れたくない自分」にあったりする。多くの人間関係のこじれはこのパターンであり、双方ともにお互いを受け入れなくなっていて、お互いはお互いでもっともらしい主張を繰り広げるが、その実まったくの平行線なのである。まあ、だから裁判なんてものがあったりするわけだが。

別個の人間であれば、考えることも違って当たり前だし、一つの事象を正反対に理解することだって当然ある。大事なのは「違って当然」と考えられるかどうか、だと思う。

そう考えるためには、お互いがお互いを尊重、まあ今っぽく言えばリスペクトすることが必要で、それはつまり相手の主張を「まあ、そういう見方もあるかもしれない。」と受け入れてみることだったりする。今回自分が悩んだのも、結局自分の相手に対するリスペクトが足りず、それを受け入れようとしなかったことも一因なのだ。でも、リスペクトな視点で見てみると、平行線だった2本の線が、ちょっとずつ傾斜して、いつかは交わるように思える。そう、直立不動のまま平行に向かいあった二人が、互いにお辞儀をするかのように。

なかなかうまくまとまったので、今日はこのあたりで。

R-STORE 浅井

by r-store_asai | 2014-09-03 16:38 | 経営


リノベーション、デザイナーズ、改造OK,賃貸住宅のセレクトショップR-STOREのハンサム社長浅井佳が綴る、住宅やライフスタイルのこと。


by r-store_asai

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

リノベーション・デザイナーズ改装自由、面白くておしゃれな賃貸不動産がいっぱいです。
R-STORE
http://www.r-store.jp

ブログパーツ

最新の記事

ブログを移動しました。
at 2015-03-11 12:25
イデーの同期が素敵なボタニカ..
at 2015-02-25 14:05
不動産屋のブランディング
at 2015-02-18 11:40
aRts STOREリスタート。
at 2015-02-11 13:13
繁忙期の不動産屋が契約を急ぐ..
at 2015-02-04 18:37

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

カテゴリ

ブログ
ハンサムなもの
ハンサムな家
不動産屋
建築
経営

その他のジャンル

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム