エキサイトイズム

キュレーション力。

こんにちは。R-STOREの浅井です。

6月14日の日経に気になる記事。

「パルコは今秋から、入居テナント100店で働く店員約500人がえりすぐった衣料や雑貨を販売するインターネット通販を始める。それぞれの店員が商品選定から在庫管理、出荷まで手掛け、販売実績は店員の成果として報酬に反映する。売れ筋の変化などを迅速に伝えられる販売現場の強みを生かし、実店舗とネットを融合した新サービスで顧客拡大を狙う。パルコが始める電子商取引(EC)は、専門家が商品を選別し、提案する「キュレーションEC」と呼ぶサービス。検索履歴を基にコンピューターがお薦め商品を提示するネット通販に比べ、流行に敏感な目利き役が提案するため、消費者も納得して購入しやすい」

分かっていたことではあるけど、必然的な流れだろう。アマゾンや楽天のように、とにかく多くの情報を集めることは、もちろん有益だけれども今度は多くの情報から何を選び取るのかが難しい。そこで「ユーザーレビュー」というものが一つの指針になるわけだけれども、量産品でなければそもそもレビューは成立しない。アパレルであればユニクロやMUJIではレビューが有効だけれでも、小ロットのオリジナルデザインなどはレビューには適さない。レビューしている間に売れてしまうだろうし。そこで、ショップ店員によるキュレーションが有効だろうということである。いくつもの商品を間近で見ている目の肥えた店員が商品をキュレーション=選別しておすすめすることにより、その商品にある種の付加価値を与えて、より消費者が選びやすくしようということだ。

不動産も当然のことながら量産品ではない(本来は無い。量産品っぽい住宅もたくさんあるけど、環境が違えば同じ商品でも異なるものとなる、とする)。一つ一つが異なる特性を持っている。
一方で2日前くらいの日経に「賃貸住宅の着工数が昨年比15%増」と載っていた。賃貸住宅はどんどん増えている。人口はどんどん減っている。つまり空室はどんどん増えていく一方だ。空室が増えているということは、消費者の選択肢が増えていることと同義である。この状況は膨大な情報があふれているインターネットと似ていると見ることもできる。選択肢が増えれば増えるほど、本当に自分が欲しい一つを見つけ出すことは困難になる。だからこそ、キュレーションが求められている。いや、賃貸住宅ほどキュレーションが必要な業界は無いだろう。何しろすべてがオンリーワンだし、試着も返品もできない。

そう思ってR-STOREが始まって早7年。より一層メンバー個々人のキュレーション力が求められる環境になったと思う今日このごろである。

R-STORE 浅井

by r-store_asai | 2014-07-02 16:52 | 不動産屋


リノベーション、デザイナーズ、改造OK,賃貸住宅のセレクトショップR-STOREのハンサム社長浅井佳が綴る、住宅やライフスタイルのこと。


by r-store_asai

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

リノベーション・デザイナーズ改装自由、面白くておしゃれな賃貸不動産がいっぱいです。
R-STORE
http://www.r-store.jp

ブログパーツ

最新の記事

ブログを移動しました。
at 2015-03-11 12:25
イデーの同期が素敵なボタニカ..
at 2015-02-25 14:05
不動産屋のブランディング
at 2015-02-18 11:40
aRts STOREリスタート。
at 2015-02-11 13:13
繁忙期の不動産屋が契約を急ぐ..
at 2015-02-04 18:37

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

カテゴリ

ブログ
ハンサムなもの
ハンサムな家
不動産屋
建築
経営

その他のジャンル

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム