エキサイトイズム

脱法ハウス考

こんにちは、R-STOREの浅井です。

インターネットカフェのMANBOOが中野区で運営するシェアハウス(?)が「脱法ハウス」としてメディアを賑わせている。居室は2.7平米=1.7帖。中央で立つと手が四方の壁に届く。そして窓も無い。家賃は2万円台。だそうだ。
c0250964_12285012.jpg
c0250964_12285260.jpg
問題のハウスの写真とイメージ図(毎日jpより引用)

何が問題かと言うと、一つは消防法違反。火災報知器などが設置されていなかった。これは設置したことで問題クリア。それまでは「違法ハウス」だったのが、「脱法ハウス」になった。じゃあ、何が脱法なの?というと、今度は消防ではなく建築基準法の問題になる。そもそもMAMBOOはこのシェアハウスは「貸事務所」である、と言っていた。しかし、実態はここで仕事をしている人などほとんどおらず、住宅として利用している人がほとんどであった。そこで消防庁が「共同住宅」と認定。つまりこれは、アパートなりマンションなりと同じですよー、と認定したわけだ。建築基準法上、貸事務所だったら問題なかったのだが、住宅の場合はちょっと違う。「居住者の健康や生命を守るため」に色々な最低基準を設けていて、例えば、4.5帖以上の広さがないといけませんとか、窓がなくてはいけませんなどと決まっている。国民が普く健康に、人間らしく生活できるよう基準を定めているわけだ。
そうすると、このMAMBOOのシェアハウスは明らかに建築基準法違反となる。しかし、MAMBOOは住宅ではなく「貸事務所」であるとし、おそらく入居者との契約も「事務所」として行っている。MAMBOOの言い分としては、「事務所で仕事が遅くなって寝泊まりするなんてことはざらに有り得ることでしょう。それが常態化していたとしても、それは入居者の問題ですよ。我々の管理範囲外です」となる。これが「脱法」と言われる理由。

じゃあ、これが脱法なの?違法なの?どうするの?という判断は司法に任せるとして、私も以前似たような環境に住んでいる20代前半の女性に話を聞いた事がある。二人とも渋谷、恵比寿にそれぞれ3万円で住んでいると言っていた。「え?なんでそんなに安いの?」という質問すると「シェアハウスだから」と言う。シェアハウスとは言え安過ぎる。流石に違法状態ではないと思うが、よく聞くと、3LDKのマンションの一室に12人が住んでいると言う。つまり一部屋に4人、そしてリビングと水回りは共有。部屋には2段ベッドが2つあって、それぞれ専用の小さなデスクがあるそうだ。プライベートの空間は一切ない。いびきをかくのも憚られるし、同居人の就寝後では、電話やタイピングもできないような環境で生活しづらくないのか?と聞くと「ほとんど寝るだけだし。家に払うべきお金を、自分のスキル向上のため専門学校の費用にあてている」とか、「海外出張が多いから、家を持つのが勿体ない。」「修学旅行みたいで結構楽しい」とか、かなり合理的で前向きな答えが返ってきた。「なるほど、もう36歳の自分には、理解しがたい価値観があるのね」と一抹の寂しさ感じると同時に「こういう住宅の選択肢も有り得るんだなあ」と妙に納得した記憶がある。

今回の「脱法ハウス」問題で火災や避難に関する危険部分を放置することは、生命を脅かすことにもつながるわけで当然論外だ。しかし、例えば「狭いから安い」、「プライベートが無いけど安い」、個人的には、そんな選択肢があることはむしろ良いと思っている。2帖の家で良い人もいれば、20帖なきゃ嫌な人もいる。家にお金をかけたい人もいれば、かけたくない人もいる。人生のステージによってもニーズは違う。もうちょっと法律が柔軟でも良いのではないか。
もっと踏み込んで言えば、建築基準法の面積規定や、「共同住宅」「寄宿舎」「宿泊施設」などのビルディングタイプによって規制を当てはめるような法制度は、すでに現状に馴染まなくなっている、見直すのが妥当であろう。

日本はすでに人口が減っていて、労働人口も減っていて、逆に老齢人口は増えていて、社会保障費はどんどん膨らんで、若者に対する負担は増している。一方で、強固な解雇規制によって若者の就労機会は恵まれているとは言い難い。そんな状況下で「家にお金なんてかけてられねーよ」という若者の意見は至極真っ当なように思う。「建築基準法だかなんだか知らないけど、4畳半の家に6万円も出してすむくらいなら、4人の相部屋で一人当たり1.5帖くらいで、プライベートなくても、安いし、十分楽しくて快適なんだよ!」という前述の二人のような多様化するニーズに対する選択肢を、どれだけ増やして上げられるか。そこが問題の本質のように思う。

しかし、MAMBOOのシェアハウスが違法認定されて「住んでいる人は退去してください」ってことになったら、ネカフェ難民が増えるんだろうが、その受け皿はMAMBOOだったりして(笑)。恐るべし。

これくらいで失礼します。

R-STORE 浅井

by r-store_asai | 2013-05-28 12:36 | ブログ


リノベーション、デザイナーズ、改造OK,賃貸住宅のセレクトショップR-STOREのハンサム社長浅井佳が綴る、住宅やライフスタイルのこと。


by r-store_asai

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

リノベーション・デザイナーズ改装自由、面白くておしゃれな賃貸不動産がいっぱいです。
R-STORE
http://www.r-store.jp

ブログパーツ

最新の記事

ブログを移動しました。
at 2015-03-11 12:25
イデーの同期が素敵なボタニカ..
at 2015-02-25 14:05
不動産屋のブランディング
at 2015-02-18 11:40
aRts STOREリスタート。
at 2015-02-11 13:13
繁忙期の不動産屋が契約を急ぐ..
at 2015-02-04 18:37

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

カテゴリ

ブログ
ハンサムなもの
ハンサムな家
不動産屋
建築
経営

その他のジャンル

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム