Bass 合戦になりそうな予感。Bass House やりたい気分です。

a0014067_01062494.jpg

YEAH! YEAH! YEAH!

2019.02.03(日) OPEN & START 22:00
@ G+OKINAWA
那覇市松山1-32-3 カクテルプラザビルB1F
TEL: 098-975-7400

料金:
女性 1,000円 (1Drink Order)
男性 1,500円 (1Drink Order)

Resident DJ:
Tetsushi Hiroyama
STEVE708 (SMASH UP)
Lichard (Joogoo)

Guest DJ:
MA-KO (RAWFUSION)
ARU (Multikill Recordings, BaceFace Audio)

G+ DJ:
Tsutom (G+OKINAWA)

Designed by Youki Matsuyama (RAKUEN GRAPHICS)

最近DJでもリファレンスでもよく使う曲を紹介。


Slamtype - Go Crazy

名前見ないで買うと気づいたらたくさんもってたパターン。音量そんなに突っ込んでいないのでアタックが強調されて隙間とのバランスが心地いいです。それでもパワフルに聴こえるのは時折入る極太ベースが特徴的で、そのイメージが曲に対して強く印象づけてるからだと思われます。音圧戦争に参加しなくても違ったアピールで勝負できる曲。他の曲もいい音出てます。



JOYRYDE & Skrillex - AGEN WIDA

Skrillex 周りは好みで毎回チェックしています。こちらは音量相当突っ込んでいます。RMSが-6 に近づくと大抵音割れが発生するのですがこの曲は-4まで行きます。それでも不快に感じさせないのはその音割れをも上手くコントロールして作曲に取り入れているからだと思われます。それと瞬間的なブースト。ドロップ前半は低音少なめで捕まって、後半の怒涛の低音でそのままはまってしまいます。

こちらは Future Bass になります。
ORIONBEATS - Busu Bass




by rkdj | 2019-01-30 01:13 | Tetsushi Hiroyama

ネットで告知するのなんて画像アップしてテキストコピペするだけで簡単にできてしまう。でも、フライヤー印刷しなくていいし雑誌の入稿気にしなくてもいいんです。でも、紙のフライヤーあったら嬉しいですよね。でも、もう雑誌でパーティーの情報とかみないですよね。でも、ポスター貼りに行くのめんどくさいですよね。でも、貼らせてもらうお店の人とか交流が生まれますよね。でも、断られるとちょっと凹みますよね。でも、今もその気持ちを大切にして出来るときはなるべくやるようにします。でも、その時間があるなら一曲でも多くいい曲書きたい気持ちもあるんです!でも、今回はネットでの告知になります。

a0014067_23512839.jpg

YEAH! YEAH! YEAH!

2019.01.27(SUN) @ G+OKINAWA
OPEN & START 22:00
FEE: MEN 1,500yen (1Drink Order) WOMEN 1,000yen (1Drink Order)

Resident DJ
Tetsushi Hiroyama (RYUKYUDISKO)
STEVE708 (SMASH UP)
Lichard (Joogoo)

Guest DJ
YASSY (ELEMENTS)
BAL (Soul to Soul)

G+ DJ
ANDY

Flyer Design
Youki Matsuyama (RAKUEN GRAPHICS)

iFLYER

G+OKINAWA
那覇市松山1-32-3 カクテルプラザビルB1F
TEL: 098-975-7400

好評です!先週リリースされた「Busu Bass」を iTunes で聴く




by rkdj | 2019-01-17 23:54 | Tetsushi Hiroyama

ざっくり言うと
✓ 沖縄音階をシャープしたコード進行に乗せたらフュージョンした
✓ Future Bass だけど3拍目にスネアがこないパターン
✓ 母音を強調する Vowel のエフェクトを使ったらシンセが歌っているように聴こえる

a0014067_18135043.jpg

Bass Music ってジャンルがあって、Kawaii Bass もあって、それなら Busu Bass をつくろうと思って、Future Bass を Base にして、Bass Drum と Sub Bass を Base に Synth Bass を足して、せっかくだから Bass の日(11/11)に発表しようと思ったら過ぎてて、1弦足りない Bass の日(1/11)になっちゃったけど、その分 Bass を引いてみたら面白くなったので是非聴いてください!

a0014067_15442366.jpg

ORIONBEATS / Busu Bass
2019.01.11 Release!!



by rkdj | 2019-01-12 18:20 | Tetsushi Hiroyama

新年一発目の YEAH! YEAH! YEAH! は SHIN! NEN! KAI! です。

丁寧に説明すると、昨年11月から那覇G+でレギュラーになり、毎月2〜3回ほど日曜日にやらせてもらってる、STEVE708、Lichardと始めたパーティー。それの新年会バージョン。

もっと丁寧に説明すると、夜中に爆音で音楽やお酒を楽しめたりできるところ。僕らDJはその日の雰囲気に合った曲や聴いてほしい曲をプレイします。

さらに丁寧に説明すると、ジャンルはテクノ・ハウス・ベース系・トラップ系。難しそうだなと思ったあなた、ご心配なく。DJがあなたに合った曲を選曲いたします。ってのは歩み寄りすぎだけど、幅広いので気軽にお楽しみいただけます。最新曲や求められたら難しい曲もプレイいたします。

今回のゲストDJは SOI-COWBOYS と GENDER-K。G+ DJはYoshi。

丁寧に説明すると、以前から一緒にDJしてるヒロアキとタクミさんのユニット SOI-COWBOYS。最近は東南アジアにいることが多いので正月のタイミングでつかまえました。RAKUEN RECORDSからもリリースしています。
ドラムンベースのDJと思いきや、話してみると90年後半のハードミニマル、あのころのDrumcodeやTresorなど、通ってたクラブやルーツが近い GENDER-K。
クラブサイドのDJもできるときはお願いしています。今回はYoshi。テンポバラバラ、ジャンルバラバラ、キーバラバラのリクエスト曲を違和感なくリアルタイムでミックスしてたの衝撃でした。事前にミックスつくったと思うくらい完璧でした。

もっと丁寧に説明すると、Drumcodeはアダム・ベイヤーが96年に設立し現在も活発的に活動しているレーベル。当時はテンポ速い音符細かい激しい曲調が多い、そんなジャンルで言うハードミニマルに僕も熱狂しました。Tresorはドイツのクラブ件レーベル。RAKUENでパーティーとレーベルを始めたのは Tresor の影響でもあります。

さらに丁寧に説明すると、キリがないので遠慮させてください。

a0014067_15390826.jpg

YEAH! YEAH! YEAH! - SHIN! NEN! KAI! -

2019.01.06(SUN) @G+OKINAWA
OPEN & START 22:00
FEE: MEN 1,500yen (1Drink Order) WOMEN 1,000yen (1Drink Order)

Resident DJ
Tetsushi Hiroyama (RYUKYUDISKO)
STEVE708 (SMASH UP)
Lichard (Joogoo)

Guest DJ
SOI-COWBOYS
GENDER-K

G+ DJ
Yoshi

G+OKINAWA
那覇市松山1-32-3 カクテルプラザビルB1F
TEL: 098-975-7400

a0014067_15442366.jpg

ORIONBEATS「Busu Bass」近日リリース!
先月リリースされた「Kaa Chi Bee」を聴いてしばらくお待ち下さい。




by rkdj | 2019-01-05 15:50 | Tetsushi Hiroyama

賀正2019

a0014067_17074572.jpg

あけましておめでとうございます
昨年は何かとお世話になりありがとうございました

今年はRYUKYUDISKOが15周年です
もしかしたら数えで昨年だったかも
周年だからではなく普通になんかできたらいいですね

いつの間にかNEENEEも5周年なんですね
なんかできたらいいですね

ちなみにORIONBEATSは8周年です
いい曲できてます

抱負は自分がいいと思ったことを貫くこと
無理に大衆に合わせる必要はない
大衆が自分に合ってくるから

年始営業は1月6日から
初売りは1月11日になります
今年もよろしくお願いします

Gasho by ORIONBEATS を聴く




by rkdj | 2019-01-02 17:12 | Tetsushi Hiroyama