ZonaのSTEVE708、Lichardと三人で
新しいパーティー始めることになりました!
「YEAH! YEAH! YEAH!」といいます。
同じタイトルで曲が完成してたりします。
日曜の夜に新たなカルチャーを作っていきたいなと思います。
新曲試してみたり、気楽な感じで、
自由にのびのび進化していけたらなと。
おもしろい箱なのでいろいろ出来そうです!
a0014067_20295421.jpg
YEAH! YEAH! YEAH!

2016.2.28(日) @ CROWN(那覇)
OPEN & START 22:00
Fee: 1,500円(1ドリンク別途)

-DJ-
Tetsushi Hiroyama (RYUKYUDISKO)
STEVE708 (SMASH UP)
Lichard (Joogoo)
YANAGI
宇宙牛 a.k.a. DJ Hiroaki
DJ Ayah

-VJ-
Mash Gran

フライヤーデザイン
Youki Matsuyama

-会場-
CROWN
那覇市松山2-15-8 富士家スクラッチビル2F
098-955-8024



by rkdj | 2016-02-24 20:31 | Tetsushi Hiroyama

下北のライブハウス!
一度演ってみたかった、念願のSHELTER!
a0014067_22521729.jpg
"BATTLE60×60"~宮川企画「マイセルフ,ユアセルフ」~
2月21日(日)夜の部 @下北沢SHELTER
開場/19:00 開演/19:30 
前売り2,800円(D別) 当日3,500円(D別)
1月15日~イープラス,店頭にて発売開始!
メール予約<3,000(D別)> info_myself_yourself@yahoo.co.jp(タイトルに2/21夜予約と記載して本文にお名前・枚数を明記下さい)
Fragment
RYUKYUDISKO
SELECTOR:松本誠治


制作日記

一度かたちになったものを正しいと思ったり、
信じ込んでしまったりすることがある。
多くの場合正しいが、まれに脱線しても気づかないときがある。
判断する為の手段、客観視できるよう常に心がける。
軌道修正できた自分はまた正しいのだから。


by rkdj | 2016-02-15 22:56

制作日記

a0014067_18260637.jpg
哲史的ミックス編

今日は楽曲制作過程の後半、ミックスについて書きたいと思います。
僕的ミックスの考え方は、
料理でいうと、切ったり下ごしらえした食材に、
火をとおしたり、味付けする作業
(ちなみに盛り付けはマスタリング)
顔で言うと整形手術
(ちなみにメイクやスタイリングはマスタリング)。

曲がなんとなくかたちになったら全部マルチでバウンスします。
その際リバーブや空間系ははずしておくと後で自由度が広がります。
作曲の延長でミックスに入ってもいいのですが、
やること多すぎて、いつまでたっても完成しません。

書きだしたオーディオを新しいプロジェクトに立ち上げます。
すべてのフェーダーを半分まで下げます。
出したい音のフェーダーを上げます。
打ち込みやダンスミュージックをつくっている人は、
プリプロの段階でついでにミックスしているので、
音量調整だけである程度いけます。
必死にこねくり回すより、意外とオリジナルの素材が良かったりします。

必要ならEQやコンプで整えます。
聴こえない音域でもカットしとくとスッキリします。
音量が大きくなりすぎたら再度すべてのフェーダーを下げます。
調整を繰り返します。

完成に近づいたらマスターにコンプを入れて、
リファレンスと聴き比べて理想に近づけます。
作業中はまっすぐになって行き止まりに入りがちなので、
一旦手を止めて、頭をリフレッシュすると視野が広がり
近道を見つけることができます。

好みの音になったら完成。
あくまで追いすぎず、トリッキーな出音を心がけています。
なんでこの音こんなに出しているのだろう。。。もしかしてバランス悪い?
と気になるくらいが、印象づいていいと思います。


by rkdj | 2016-02-11 18:34 | Tetsushi Hiroyama

Razer Seirēn Pro

a0014067_20284493.jpg
面白い機材を手に入れました。
Razer Seirēn Pro、USBマイク。
USBに指すだけでコンピューターが認識してくれるので、
簡単にセッティングできます。
マイクプリもオーディオインターフェースも(電源も!)いらないんです。
本体にヘッドフォン出力がついているので、
ラップトップとSeirēn Proだけ持って、
外出先で歌録り、その場で編集、フィールドレコーディングも!
こんな感じで使おうと思ってます。



by rkdj | 2016-02-07 20:30 | Tetsushi Hiroyama