<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

すけじゅーる

那覇の桜坂セントラル(※1)でCharisma.com(※2)と共演です!
大阪のオンジェム(※3)でBASIC(※4)に出ます!

a0014067_19275231.png
ジュッチャク VOL.5 Charisma.com x RYUKYUDISKO x 桜坂セントラル

【日時】 2015年12月4日(金) OPEN 18:00 START 18:30
【会場】 那覇・ 桜坂セントラル  
【チケット代】 前売  4,500円  / 当日 5,000円
※全自由 / ドリンク代別途必要 / 3歳児以上有料(3歳児未満無料)/ 整理番号あり

【チケット発売日】 9月26日(土)より

【プレイガイド】
・ローソンチケット http://l-tike.com/jutchaku-vol5/ (Lコード:83361)

・イープラス  http://eplus.jp

・オフィシャルサイト受付 live@southerncrew.co.jp
①公演日②公演名③お名前(フルネーム)④枚数記載の上、メールにて送信
当日受付にて前売り扱いにてお支払い。受付完了メールがこない場合はお問い合わせください。

【INFORMATION】
サザンクルー 
TEL:098-870-7630(土日祝祭日を除く平日10:00‾17:00)
E-Mail:live@southerncrew.co.jp

【オフィシャルサイト】

a0014067_19281342.jpg
BASIC OSAKA

2015年12月5日 (土) 22:00〜 @LIVE&BAR11[onzieme](大阪)
《一般料金》 MEN:¥3000/w1Drink WOMEN:完全入場無料
《ONEZIEME LINE会員》 MEN:¥2000/w1Drink WOMEN:完全入場無料

GUEST DJ:
TETSUSHI HIROYAMA (RYUKYUDISKO)

DJ:
NISHIHARA (TEXFARM)
GUM-TAPE (MONGOL800)
KENJI MARUI (魔人CURRY)
NAOTARO (くらわんかDISKO)
TAKAYUKi (AddicteD)


※1 RAKUENを開催している会場。最近やれていないですが、きっとまた再開したいと思います。
※2 以前NEENEEで共演させていただきました。今回はRYUKYUDISKOで共演よろしくお願いします。
※3 大阪で以前からすごくお世話になっているビルの11階にある会場。9周年おめでとうございます。
※4 沖縄で開催している、NISHIHARAさん、GUM-TAPE、KENJI MARUIさんのレジデントパーティー。前回は新潟で開催。今回の大阪公演も気の知れた仲間と一緒で楽しみ。


by rkdj | 2015-11-30 19:32 | Tetsushi Hiroyama

ごーやー

RYUKYUDISKOでは久しぶりに歌もの曲つくってみました。
ヴォーカルはRie fuさん!
歌詞の内容はゴーヤーチャンプルーの作り方!
昨日発売!是非聴いてください!

歌詞
a0014067_14532043.jpg

ゴーヤー!! (フィーチャリング リエフゥ)
作詞作曲 琉球ディスコ
歌 リエフゥ

ゴーヤー 私は好き 苦くて美味しい
ゴーヤー とてもグレイト 海ぶどうに似ている

ポークはゴーヤーの友達 たまにツーナー
豆腐は必要 意気投合する

(調理します)
はじめに ゴーヤーは半分に切り種を取り抜き
食べやすい大きさに 薄めがオススメ 玉子2個を溶く
次に お湯を沸かし 砂糖大さじ3を加え
ゴーヤーを入れ5分ほど煮立てる (ゴーヤー!!)

ゴーヤー あなたは嫌い 苦くてまずい
ゴーヤー 醜い 虫みたい

いやだ ステーキのほうがいい
ゴミ箱に捨てる みんなに内緒で

(調理します)
そして フライパンに油を熱し
食べやすい大きさに切った豚バラを加える
最後に 豚バラの色がかわったら
めんつゆを加えて 出来上がり! (ゴーヤー!!)

a0014067_14551298.jpg
Rie fu(りえふぅ)

シンガーソングライター・油彩画家
日本語と英語がミックスされた歌詞や、カレン・カーペンターに影響を受けた歌声が特徴。幼少期をアメリカで過ごし、現地で賛美歌などに触れた事がきっかけで歌に興味を持ち始める。
2004年デビューと同時にロンドンに渡り絵画を学び、現地のミュージシャンとも親交を深める。07年ロンドン芸術大学卒。以後、音楽活動と合わせて定期的に個展を開く等、アートと音楽を繋げる活動を続けている。
近年では、ものづくりの過程が垣間みられる工事現場をテーマとした絵画を描く『工事現場フェチ画家』としても制作を続けている。
ピアノ・ギターを演奏し、他アーティストとのコラボレーションやCM音楽制作等、活動の幅を広げている。
シンガポール在住。
a0014067_14570428.jpg

シンガポール在住のシンガーソングライターRie fuをゲストヴォーカルに迎えた一曲。ブレイクでゴーヤーチャンプルーのレシピを歌い、ドロップで踊る、ポップなダンストラック!アルバムとは違った配信限定バージョン!

Go Yeah!! (feat. Rie fu) / RYUKYUDISKO
2015 年11月25日リリース
価格:200yen


by rkdj | 2015-11-26 15:05 | Tetsushi Hiroyama

すけじゅーる

いつもお世話になっている那覇Zonaのパーティー!
今月も行きます!日本より近い台湾!
a0014067_18134786.jpg
”Smash Up”novembers #20

2015/11/20(金)@Zona Torrida
那覇市松山2-1-18住太郎B.L.D3F
open 23:00〜goodmorning
Entrance 1000yen

”Special Guest DJ”
Tetsushi Hiroyama
(RYUKYUDISKO.ORIONBEATS)
Lichard (Joogoo)
Nero (ModuleHeightz)
Sakura
Taka-g (snufkin Jr)
To-Me
Petta (CROSSBREED/Zona Torrida)
STEVE708 (Smash Up/Zona Torrida)
and more.......
a0014067_18141387.jpg

沖縄チャンプルー祭り in 台北2015


日時:11/22(日)13:00〜20:00

会場:西門紅褸展演館

料金:500元(2000円)


司会:粘土大介・パッション屋良

音楽:RYUKYUDISKO ・Tincy・THE-TIDA・我如古より子・西田恵里奈・NO NAME

映画:シネマ組踊


主催:株式会社インフォガレージ

自由惑星音樂有限公司

後援:一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー

J-LOP+ (経済産業省)

協賛:ナンポー通商

オリオンビール

請福酒造

協力:JTB沖縄


問い合わせ先:

okinawa.taipei.matsuri@gmail.com



制作日記
今回は予定どおり、
RYUKYUDISKO、NEENEE、ORIONBEATS、
それぞれ制作方法の違いについて書きたいと思います。

RYUKYUDISKO
なるべく、というか絶対、すべての曲に
二人の手が入るようにしています。
先につくった曲をバウンスし、
メンバーに渡してアレンジしてもらう方法。
デモトラックに音を追加してもらう方法。
最近はこのどちらかです。
10年以上いろいろ試してきましたが、
この方法が琉球らしさも出るし、理想のかたちだと思います。

NEENEE
セカンドアルバムに向けて、
音づくりのいちからメンバーと制作してる曲もあります。
自分では思いつかないアイディアは
ときにハードルが高くなるときがあります。
できないではなく、まずはやることが大事だと考えています。
それをクリアしたとき、また一歩前進します。
逆に難しい曲があっさり簡単にクリアできるときもあります。

ORIONBEATS
バンド(グループ)とソロの違いは、
チェーン店と個人店の違いのようなもの。
より幅広く、より大きくチャレンジできるのがバンド。
理想を追求し、完璧に仕上げ、迅速に行動できるのがソロ。
日々曲が生まれていく中、どっちに合うか見極める。
そういった使い分けもできるんです。
両方できる環境にいれることは、
それぞれを支えあい高め合い、自分をライバル視できる、
不思議で独特な、価値のある機会を持てたこと。

プロデュースや制作依頼ものは別の手法をとってます。
それはまた別の機会にでも(覚えていたら)。


by rkdj | 2015-11-20 18:21 | Tetsushi Hiroyama

すけじゅーる

a0014067_17073023.jpg
TRACK MAKER

2015.11.17(tue)@THE GAME(渋谷)
OPEN/START 22:00
ADV/ DOOR ¥3000/¥3500

-ACT-
Tetsushi Hiroyama(RYUKYUDISKO)
副島ショーゴ(T.U.S)
ROLF U DIV
SONE
HIDE(7th SUMMER of LOVE)
NAOKI(GARI)
TUSA
HollyHock



制作日記
日々進化するダンスミュージックは、
制作の手法も常に変化していきます。
情報を得る為に、雑誌やネットをこまめにチェックしたり、
友人と勉強会ひらくこともあります。
聴こえない周波数の低音をどう発音させるか、
定番になったサイドチェーンのユニークな使い方など。
参考にしてると既に実行しているチップを見つけることも多々あります。
そんなとき自然にやっていた自分の間違いのない確信は、
次のステップへ行く背中を押してくれます。
よく言う「実験的」ってそんなこともあるんです。
実験は手法だけでなくアイディアやひらめきにも繋がります。
それはまた別の機会にでも。
次回はRYUKYUDISKO、NEENEE、ORIONBEATS、
それぞれの制作の違いについて書きたいと思います(覚えていたら)。


by rkdj | 2015-11-15 17:11 | Tetsushi Hiroyama