らくえん

2月RAKUENは石垣島OHCYUXXXさんのパーティー
NATIVEISLANDERとコラボ!

a0014067_20191730.jpg

RAKUEN × NATIVEISLANDER

2013.02/09(土) @桜坂セントラル(那覇)
OPEN & START 22:00
Fee: ¥2,000 (1Drink Order)

Guest DJ
SUGIURUMN
DJ OMKT

DJ
Tetsushi Hiroyama (RYUKYUDISKO / ORIONBEATS)
OHCYUXXX (ACHICOCO)
MIYASHITA (NEKKE2)
宇宙牛 a.k.a. DJ HIROAKI
Natsuki Nakamoto (lichard.)

VJ
desART
セーラーチェンソー
Mash Gran

Magic
yunta

桜坂セントラル
http://www.nahacentral.com/
Info: 098-861-8505 / 那覇市牧志3-9-26 1F
a0014067_20204762.jpg


a0014067_20221833.jpg

ゲストSUGIURUMNさん。

a0014067_204135100.jpg

ゲストDJ OMKTさん。
https://soundcloud.com/dj-omkt
パーティーの前にABLETON 講習会もあります。
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dFhqM0g2TmRaYXlac0RFS1VDUm4ycEE6MQ#gid=0
a0014067_20455815.jpg

沖縄でのVJは超久しぶり!?
意外にもRAKUEN初出演のdesART。
a0014067_20462094.jpg

VJ セーラーチェンソー。
今回はHYAKUENやらないのでRAKUENで暴れてください。

と沖縄のメンツでお届けします。お楽しみに。

てつし
by rkdj | 2013-01-30 20:58 | Tetsushi Hiroyama

a0014067_17135067.jpg

RYUKYUDISKO 10th Anniversary MINI INTERVEW

■デビュー10周年おめでとうございます。デビューのきっかけを教えてください。

ありがとうございます。元々はそれぞれお互いテクノミュージックに興味があり、トラックメイキングやDJ活動を行っていたのですが、当時まだ沖縄でテクノ ミュージックのパーティーやDJもあまりなく、さらにライブ活動を行っている人も居なかった、というのが現状でした。そういったいきさつもあり、ライブ・ パフォーマンス主体で活動が出来るテクノ・バンドを作ろう!って二人で話したのが結成のきっかけです。活動を続けていくうちに楽曲もたまり、同時にデ ビューに向けてのデモをまとめるというクリエイティブな活動にシフトしていきました。
そんななか石野卓球さんが沖縄にDJで来ていたことがあって、その時にデモテープを渡しました。
後日卓球さんから連絡があり、東京のクラブでのPLAYを経て初の音源リリースが2004年の6月4日(二人の誕生日)となりました。

■現在レコーディング中の新作も含め、これからのRYUKYUDISKOの音はどのように進化していく物だと考えていますか?

今でもオリジナリティーを忘れずに尊重し、今までやってきた事の成果を踏まえ、常に新しく、聞いた人があっと驚くような作品を作る事を念頭において作品作 りをしています。その取り組み方はとてもシンプルにしてます。そうする事により、細部に至る所までRYUKYUDISKOのカラーが色濃く出る、ものつく りにおける協力体制が出来上がりました。よって、これまでよりさらにネイティブなサウンドが導きだされてきているのです。
それは、より楽しく、よりパワフルで、よりエキサイティングなサウンドに仕上がっていく事でしょう。

■これまでの10年間を振り返って、思い出や何かエピソード等あれば教えてください。

何事においても、ユニークな思い出やエピソードはあり、今でもそのときあった出会いや瞬間に感謝するのですが、中でも夏フェスとの関わり方はとても新鮮で いい思い出となりました。それは、初めて行った夏フェスが、ステージ上での体験というカタチになったのですが、それは田舎者が大都会に足を踏み入れた感覚 とよく似ていて、不安と緊張となんだか良く分からないけどものすごく士気が高まっていた。という貴重な経験なのでした。その感覚は今でも大切にしていきた いと思っています。

■ここ数年間はソロ活動等、それぞれ別々での活躍が目立ちました。不仲説や解散説も噂されていましたが、、、。

兄弟喧嘩、世間が言うとこの不仲説は別に今に限った事ではなく、しょっちゅうある事なのですが(笑)、心配している人や、過剰に反応する人に対してシビアになっていたのでしょうね。きっと。
皆が感じていた困惑とはまたちがった困惑を我々は感じていたのでしょう。冷静に顧みる事によって徐々にではありますが、困惑からの混沌が見えつつあります。
一つだけ言える事は、そんな状況下にあっても、我々を支えてくれていた人たちに対して心から感謝の気持ちでいっぱいだと言う事です。
ちなみに解散話は今でも毎年のように出てきます(笑)
今回、ソロ活動を経て、久しぶりにRYUKYUDISKOとして動き出すことに至ったきっかけとなったのは、たまたま偶然二人の住んでいるところが近く なったということもあり、お互いに顔を合わて話す機会が増え、それで活動しやすくなった。そんな些細な事がきっかけなのです。
いままで迷惑かけた皆さますいません。。。今後も迷惑かけるかもですがよろしくお願いします。

■これまでの10年間はRYUKYUDISKOにとってどんな10年間でしたか?また今後10年間をどのようなものにしたいですか?

勿論この先にある20周年、30周年もきっとある事ですし、ビジョンも思い描いています。そのための布石となるのが今回の活動となれれば幸いです。
これまでの10年間はある意味ストイックで、いっぱいいっぱいだったと思います。今後10年間は楽しくのびのびと活動していきたいです。

■今回新たに設立された「@DISKO」に関してコメントをお願いします

新たな取り組み方、新たな発信拠点を構えるのは自然な流れだと判断し。一つの象徴である、「@DISKO」という言葉と居場所が生まれました。
それは屋号であり、夢が広がる理想のマイホームであり、レーベルにもなるし、パーティにもなるし
アルバムタイトルにもなり得るし、その可能性を追求したらキリがありません。
我々が最初にRYUKYUDISKOという名前を作り上げた感覚とよく似ています。

■これまでRYUKYUDISKOを支えてくれたファンや新たにRYUKYUDISKOを知ったファンの皆んなへメッセージをどうぞ。

RYUKYUDISKOを支えてくれるすべての人たちを@DISKOにお招きしたいです。そこには盛大なおもてなしが待ってる事でしょう。
一緒に楽しみましょう。期待していてください。


DISCOGRAPHY -RYUKYUDISKO 10年間の軌跡-

RYUKYUDISKO本人による作品紹介!!


Pleasure
2009.09.23 豪華ゲストを迎え、2年ぶりのフルアルバム『pleasure』遂に完成!ダンスでロック、そして今まで以上に<ポップ>な魅力が炸裂した意欲作!
参加アーティスト:城南海、多和田えみ、曽我部恵一、SAWA、NAOTO(ORANGE RANGE)、井上ジョー、BLACK BOTTOM BRASS BAND、Dachambo、iLL、MEG、しおり

プロデューサーとしての取り組み方を前提とし、アルバム全体のディレクションがよりコンセプト重視な仕上がりとなりました。ボーカルを取り入れた作品が多く、ポップなフィールドに向けての作品にもなっています。

INSULARHYTHM
2007.08.29 release / CD / KSCL-1165 / ¥3,059(with tax)

独特の文化を持つ“島国”沖縄から日本全国へ。そして極東の島国「日本」から世界へ。
沖縄人、日本人としてのアイデンティティを軸にテクノをベーシックに自由に表現した全12曲。
その名も『INSULARHYTHM(インスラリズム)』=島国根性。
世界を視野に入れたRYUKYUDISKO第2章スタート。

多くのアーティストとのコラボレーションをコンセプトとした作品です。色々な人たちとアルバムを共同プロデュースする事により、客観的な楽曲制作について学ぶ事となりました。

PEEKAN
2006.07.26 / CD / Platik/plat-10
石野卓球が主宰するインディーズレーベルPlatik(プラティック)からリリースされたセカンド・アルバム。

作品の緻密さや、アグレッシブな感じが色濃く出ている作品です。このアルバムから楽曲作りに関しては、今までよりさらにクリエイティブな方向性に進化していく事となりました。
なぜこんなアルバムをつくれたのか、良い意味で今でも不思議なくらい最高な仕上がりになったと思います。

RYUKYUDISK O TECH
2005.03.04 / CD / Platik/Plat-05
豪華ゲスト陣(石野卓球・TOBY・NAOTO等)とのコラボレーションを実現したPlatik(プラティック)からのファースト・アルバム。

前作のLEQUIO DISKの延長線上で、それをさらに発展させて仕上がった作品です。このアルバムによって琉球ディスコオリジナルを発明できたと思います。ライブ感を残しつつも、ボーカルの入った楽曲も取り入れる等、新たな取り組みにもチャレンジした作品となりました。

LEQUIO DISK
2004.06.04 / CD / Platik/Plat-04
沖縄出身の双子テクノ・バンド“RYUKYUDISKO”の記念すべき初音源となったミニ・アルバム。
デビュー以前の活動で演奏していたライブ・トラックを元に楽曲としてまとめたものがLEQUIO DISKです。
当時、畳のスタジオで試行錯誤のうえ完成した記念すべき一枚となりました。

LEQUIO LIVE ‐LIVE at WIRE04-
2004.11.05 / DVD / Platik/Platdvd-01 / ¥2,200(with tax)
初登場にして入場規制がかかるほど大好評を博したWIRE04でのライヴ映像をマルチアングルで完全パッケージ化したDVD。

初の大舞台でのライブ・パフォーマンスを見据え、一切の脇目も振らずにひた向きに練習をした。その成果を記録した映像作品です。


RYUBU EP
2005.02.04 / アナログ / Platik/Platlp-02
RYUBU EP 2
2005.05.06 / アナログ / Platik/Platlp-03

RYUBU EP(2005)、RYUBU EP2(2005)はアナログ・レコードの作品で、当時レコードを主体としてDJをしていたRYUKYUDISKOとしては、アナログ・レコードで作品を発表する事に思い入れがありました。
Top of the Island(2008)は完全なインスト曲で、これをシングルでリリースするのが一つの目標でした。

a0014067_0204439.gif

by rkdj | 2013-01-22 17:14 | rkd.msg

ほんこんとうきょう

~Okinawa Island~ chill music Party 2013 in Tokyo おつかれさまでした。
イベントに参加して、多くの方とつながれて、とても光栄です。
セッションでは三線に合わせ太鼓(サンプラー)を叩いたり、
沖縄音楽特有の、不規則な展開でビートを構築したり、
普段自分のジャンルではやれないことに挑戦できてすごく勉強になりました。
沖縄の風を東京で感じるすばらしいイベントでした。
主催のBEGIN優さん、共演したアーティスト、関係者のみなさん、きてくれたお客さん。。。
なかなか毎回言えないですが、いつも感謝しています。ありがとうございます!
a0014067_20373792.jpg

来週のDJは、
香港にて、YOKANG(よく海外に連れてってくれてありがとうございます)
と一緒に、世界8都市に展開するイベント「French Tuesdays」、
新木場ageHaにて、テクノ新年会、RYUKYUDISKO登場、
の二本です!
a0014067_20514436.jpg

French Tuesdays
ART meets Fashion Night

2013.01.17(Thu) @ play (Hong Kong)
7 pm to 11:30 pm

DJ TETSUSHI HIROYAMA from Japan
Fashion show Japanese designers YOKANG and JOIA DE LEQUIO
Photo exhibition by photographer IKE
Special edition Zombie Boy iphone case from ISkin
Complimentary Canapes from 7:30 pm to 8:30 pm
Special guest ZOMBIE BOY

http://www.frenchtuesdays.com/

a0014067_20522279.jpg

CLASH恒例のテクノ新年会が今年も開催!!石野卓球、KEN ISHII、RYUKYUDISKOを始め国内のTOPアーティストが豪華共演をはたす!!フジロックフェスティバルでのライブが話題を呼んだユニットOLKillerも登場!!

CLASH 2013 NEW YEAR SPECIAL

2013.01.19.Sat @ ageHa
OPEN 23:00

DOOR : ¥3,500 / ageHa MEMBER : ¥3,000 / U-23 : ¥2,000

【ARENA】TECHNO / TECH HOUSE
CLASH
■LINE UP
OL Killer
TAKKYU ISHINO
KEN ISHII
DJ NOBU
RYUKYUDISKO [B2B SET]
■VJ
VJ NAKAICHI
■LIGHTING
MIURA

【ISLAND】TECHNO / TECH HOUSE
■LIVE
A.MOCHI
■LINE UP
Q’HEY
DJ TASAKA
SUGIURUMN
SUNSEAKER

【BOX】
TBA

【ISLAND】
TBA

http://www.ageha.com/

てつし
by rkdj | 2013-01-08 20:55 | Tetsushi Hiroyama

しんねん

a0014067_23521820.jpg

あけましておめでとうございます。
昨年はソロプロジェクトORIONBEATSの
『AWESOME BEATS』アルバムリリースや、
フェスやクラブパーティー、ツアーなど盛りだくさんでした。
お世話になった多くのみなさまに感謝です。
2013年もいろいろ計画しています。音源もたくさん仕込んでいます。
近いうちに発表できると思います。お楽しみに。
今年もどうぞよろしくお願いします!
a0014067_23582497.jpg


RAKUEN RECORDSから新春お年玉プレゼント!
宇宙牛 a.k.a. DJ HIROAKIが「Let's ORIONBEATS feat. YAMATO」
のリミックスをつくってくれました。
『AWESOME BEATS』のCD内ジャケに隠されている
9文字のパスワードを入力してゲットしよう!

Let's ORIONBEATS feat. YAMATO (SpaceCow Remix)
320kbps / mp3
有効期限:2013年1月8日
以下URLからダウンロードできます。
http://firestorage.jp/download/2c9150bf2e3ea6309e9fafc2c16068f903c4fa02

新年一発目は沖縄ナイトin東京!
BEGIN優さんには「シモブクレコード」でのコラボ以来、
すごく良くしてもらってます。
スペシャルセッションも予定しています!
a0014067_0153233.png

~Okinawa Island~
chill music Party 2013 in Tokyo

2013.1.5 SAT
OPEN/START 18:00
CLOSE 23:00
場所:CAY
東京都港区南青山5-6-23 B1F
http://www.spiral.co.jp/shop_restaurant/cay/

2013.1.6 SUN
OPEN 17:00
CLOSE 23:00
場所:music Art & Okinawa CanColor cafe
東京都新宿区榎町78
https://www.facebook.com/CanColorcafe

前売予約 ¥3,000(1day)
当日 ¥3,200(1day)
※ご予約は各会場ごとにお願い致します。

【予約先】
2013.1.5 SAT
CAY
03-3498-5790
※12/30-1/4は定休日のため、ローソンチケットをお買い求めください。
Lコード:74006 (12/15より販売開始)

2013.1.6 SUN
music Art & Okinawa CanColor cafe
03-6457-5796
※1/1-5は定休日ではございますが、電話でのご予約は受け付けております。

両日とも数に限りがございますので、お早めにご予約ください。

[ 1day Special guest ]
5日…大蔵 from ケツメイシ
6日…宮沢和史(THE BOOM)

[ DJ ]
Tetsushi Hiroyama (RYUKYUDISKO/ORIONBEATS)
DJ SASA

[ music ]
島袋優(BEGIN)
大島保克

[ Dance ]
IVAN

てつし2013
by rkdj | 2013-01-02 00:19 | Tetsushi Hiroyama