【新曲リリース】Gallirallus Okinawae

【新曲リリース】Gallirallus Okinawae_a0014067_16241260.jpg

7月上旬。サマースクール講師と秋にやるイベントの打合せで沖縄市にある事務所へ。その時点でなんとなく次の作品の構想は練っていた。だが打合せを受け、より沖縄色を強く、より土着的に、昇華できたらと思い構想を練り直した。今年はエイサーも見られないだろう。だからじゃないけどあの雰囲気あの三線を。

7月中旬。制作に着手する。昨年リリース「Acchamee」で取り入れた手法、サンプリング千切りを声にも三線にも当てはめてみた。まだしっくりこない。その日のテンションやモニターのコンディションにもよるだろう。よくあること。ひとまずほったらかす。

7月中旬。いつも外練(野外DJ配信)してるからたまにはスタジオ制作風景を配信してはどうか。クーラーの効いた部屋で。でもそれはそれは退屈な配信になるだろう。そしたら久しぶりにやってみたかった飲みながらの制作を混ぜてはどうか。しかしそれは保存の失敗を招く恐れがある。それでもやってみたい衝動に駆り立てられる。翌日聴き直したら案外良かったしちゃんと保存もできていた。その時点の制作進行状況は3割ほどであった。

7月下旬。リバティーフォースのラジオ収録に参加。リバティーのプロジェクトは音源だけじゃなく、映像、ダンス、グッズなど幅広く展開している。そのため割と早めに告知を出していた。昨今の配信ベースになり、当日の告知に慣れていた僕は、久しぶりに早めの告知もいいもんだなと、言ったか言ってないか覚えてないけど思ったのは覚えている。9月1日にリリースすると思ったか思ってないか覚えてないけど言ったのは覚えている。その時点の制作進行状況は4割ほどであった。

7月下旬。通常配信する場合、アグリゲーターに音源やジャケットなど納品する必要がある。会社にもよるがたいてい納品して最短一ヶ月後のリリースになる。ギリギリ?間に合わない?制作に没頭した。音源は慣れているからどうにでもなるだろう。コンセプトとアートワークのほうがどちらかとかというと時間かかる。その時点の制作進行状況は9割ほどであった。

7月末。コンセプト探しの旅に出る。音先行なのでなかなか当てはまるキーワードがない。焦りも募る。沖縄方言を使って何かタイトルすることにハマっている。料理シリーズ、動物シリーズ、文化シリーズ、英字にしてかっこよくなる方言。動物シリーズからヤンバルクイナは?ちょっとベタだけど鳴いてるように聴こえるしコンセプト的には問題ない。方言でアガチ。英字にするとAgachi。悪くないけど良くもない。逆に方言忘れて英字。Gallirallus Okinawae。なんて読む?ガルリルルラルリルリリスオキナワエ?(正式にはガルリラルルスオキナワエ)Okinawaeって単語あるの?もう釘付けになってしまう。全然悪くないしとても良い。決定。良すぎてはじめから狙ったみたいな曲になっている。ジャケも勢いですぐできた。その時点の制作進行状況は10割ほどであった。

7月末。一応一ヶ月前。お盆進行挟んだら間に合わない可能性も。この時点までスケジュール進行確認していなかった。急いでパソコンを立ち上げる。いつもお世話になっているアグリゲーターがリニューアルのため休止。最後の最後に難関。前から気になっていた新しいところになんとか滑り込む。

9月1日。無事リリース。

【新曲リリース】Gallirallus Okinawae_a0014067_16275889.jpg

ORIONBEATS - Gallirallus Okinawae
2021.09.01 Release!!



by rkdj | 2021-09-01 16:32 | Tetsushi Hiroyama