音楽が無料になって思ったこと

a0014067_16142186.png

音楽がどんどん無料になっていく。。。

アグリゲーターによっては自動的にYoutubeへアップロードされる。「YouTube Premium」の登場でストリーミングが加速する。海外のサブスクリプション型サービスでは無料専門まで登場したくらい。必死になってつくった作品を「無料なので是非聴いてください!」ってアピールするのもなんか違う気がする。

幸い自分の場合、買い取りダウンロードのほうが利用者多いようだけど、無料化の波に飲み込まれる日は近いのかもしれない。。。テレビは無料が常識。音楽ももうすぐそうなる。DJは現場でプレイするからダウンロードが必要、なんてのももうすぐ変わる。「djay」アプリを使えば「Spotify」と連携できて何百万もの曲をストリーミングでプレイできる。

広告を取り入れた方法を考えたりもする。例えば楽曲のイントロやジャケにスポンサー広告を入れて無料でダウンロードできるようにする。アーティストはダウンロード数でスポンサーから広告費を受け取る。もはやそれでも利用されないかも。クラウドだったらストレージを気にする必要もない。そこで新たなサービスを思いついた。

そんな不満が全て解消できる究極のサービス「ファンクラブ(仮)」。ストリーミングも動画もブログもSNSも、いいとこ取りで自由に楽しめるシステム。アーティストもリスナーもみんなハッピーになれる場所。もっと便利にもっと簡単に。

なんか広告みたいになっちゃったけど僕がそんなことやってていいのだろうか。。。音楽専門なので気になる方はコンタクトしてください。

流行ってるからその波にうまく乗っかる、じゃなく、次の波を立てるくらいの気持ちでやったほがいい。でも、所有できる喜びはきっと変わらないですよね。これまでも、これからも。

所有したときに喜んでもらえるようイントロからジャケまで丁寧につくってます。
もちろんストリーミングでもお楽しみいただけます↓




by rkdj | 2018-12-19 16:18 | Tetsushi Hiroyama