Rie fu Kinoko
Rie fu Kinoko
Rie fu blog 「りえふぅ きのこ」
プロフィール
Rie fu
Rie fu
7歳から10歳までアメリカ・メリーランド州で過ごす。当時から身近に流れていた70’s American Popsや賛美歌などに影響を受ける。
帰国後、東京で学生生活を送るかたわら、幼少の頃から弾いていたピアノと、始めたばかりのギターで作ったデモ・テープをきっかけで現在に至る。
オフィシャルサイト
アーティストデータ
 
ニューリリース
 
4th Album
『URBAN ROMANTIC』

2009年4月8日発売

【初回生産限定盤(CD+DVD)】
SRCL-6990/1/¥3,360(税込)

【通常盤】
SRCL-6992/¥2,800(税込)

[収録曲]
1.Something In My Head
2.Sunny Days
3.Hey I'm Calling Up!
4.ビジネス
5.あなたを想えばあふれる涙
6.Romantic
7.drummy
8.She Can't Say No
~ノーと言えない女~
9.Money Will Love You(English version)
10.いつかこの道の先に
~All The Way~
11.PRESENT
12.SUKI
13.Romantic(Strings version)

このCDを購入する
最新のインタビューを読む

Rie fu Twitter
Twitter / riefuofficial

rie fu 携帯公式サイト
 
アートと社会について考えてみる。
 
なるほど。みんな若いんだね。(コメントより。)
ロンドンはここのところ毎日強風で吹き飛ばされそうになっていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今週は、London Art Fairというロンドン中のアートギャラリーが出展しているフェアーに行ってきました。たいていこういう大きなフェアでは中には『なんでこんなものが...』と思うような作品がぽつぽつとあったりするんだけど、今年はどの作品もクオリティーが高くてびっくりしました。ほとんどがペインティングだったので個人的にもとても勉強になりました。
いつかは自分の作品もこういう場で展示されたいものです。
こういうものに需要があるという現状を見て、改めてイギリスの景気のよさを実感しました。でも景気が良くても良くなくても自然に芸術が育つような環境なのかも知れません。
イギリスはライブにしても、週末の娯楽として音楽のコアファンじゃなくても生活の一部になっているし。
日本は常に新しいものを追いかけるのはいいことだけど、『流行という流れを作る』ことに執着しすぎていて、時間が経っても変わらない価値のあるものを見落としているところもあるのかな。
イギリスでは、何百年も立っている古い建物とか、紅茶を飲む習慣とか、いくら街の中心で土地があっても六本木ヒルズみたいに開発しない、緑豊かな公園とか、昔から変わらないものがしっかりしてるからこそ、それに反発した斬新な芸術が生まれている。だからこそ音楽やアートが自然な形で生活の一部であるという本来あるべき環境ができているんじゃないかな。

ただいま卒論と格闘中なため、なんか論じてるっぽくなってしまいましたが。。。

なんだかんだいって日本の流行にも乗り遅れないようにと芸能ネタも常にチェックしていますが。。。

みなさんの生活もアートや音楽でさらに潤っていきますように!

つい先日、とっておきの新曲もできました。

b0071355_8223381.jpg

↑フリーライブ。morviscousというロックファンクジャズバンド。
b0071355_8233577.jpg

制作中の自画像。の一部。
by riefublog | 2007-01-21 10:12 | london | Comments(14)
Commented by みゆき at 2007-01-21 12:59 x
なんか今日のRieふさんかっこいいですねw
卒論かぁ〜私もかかなきゃ〜;;
ロンドンいいですね!!
そういう古風な場所って憧れますvV落ち着きますよね!!!
Commented by あき at 2007-01-21 16:00 x
自画像、完成したら是非ブログでお披露目してください!!!
楽しみにしてます☆

そして卒論、頑張ってください!!!!!
わたしも試験とレポートが・・・。
Commented by サボ at 2007-01-21 16:44 x
私も卒論と格闘中です~。。。
ロンドンって街を歩くだけでその雰囲気に魅了されてしまう町並みがありますよね☆
そして新曲早く聴きたいです♪
Commented by tatanono at 2007-01-21 19:25 x
さすが、りえふ。バイリンガルゥ~。。
海外生活ならでわのコメントですね。
日本でしか住んだことない自分には、
ついついうやむやにしてしまう事柄です。
勉強になりました!

ぜひ、個展や展示会を開いてくださいね。
実際の作品を実物で見てみたいです。
Commented by toshi at 2007-01-21 20:42 x
はじめまして!
いつも記事読ませていただいてます!
私ずっと外国に憧れてるんですけど、
りえふさんのブログ読むと
またまた憧れが大きくなって・・・・
で、りえふさんの歌聴いてると
うきうきしてきて・・・

卒論頑張ってください!
Commented by at 2007-01-21 22:22 x
私は16です('0')/ Rieさんの文面にかなり同感してます....! 私も、社会の変化、環境?は、私達が日々感じ取っているアートや、音楽に深く関わっていて、  いろんな意味での"影響"として、現れていると感じています。     そしてそれはとても大切にしなくてはいけない事だと思っています。  卒論頑張って下さい! 新曲聴くのが楽しみですヾ(*'-'*)♪
Commented by Rui at 2007-01-21 23:21 x
こんばんは!
たしかに現代の日本は頻繁に流れをかきまぜてるというか・・・
アインシュタインの愛したという日本にあった奥ゆかしさや、日本ならではの作法も、今は限られたところでしか見られなかったり、「普通」でなくなってしまったのはすごく寂しいです。
他国の文化を取り入れるのはいいことかもしれませんが、きちんと独自の文化の上にそれを成り立たせるべきというか・・・。他国の文化が自国での「普通」になってしまうのは何だかなぁとも思うのです。
何だかんだ言って、自分の住んでる国だから大好きなんですけどね。(笑)
Commented by Sweets★ at 2007-01-22 00:29 x
私は25歳ですが、若いうちに入れてもらえるでしょうか。。汗

それはさておき、私も日本文化を勉強しているのですが、
「時間が経っても変わらない価値のあるものを見落としているところもある」というRie fuさんの意見につよく共感します。
外国の方とお話をしたり、外からの視点で自国を見る事は時に
「自分が日本人であること」を実感させたりしますよね。
私はその気持ちを大切にしたいなぁっていつも思っています。

少し、先を追う気持ちをゆるめて、生活に根づいてきた私たちの文化を、
また、生活レベルで感じられるものに...って。個人的には思います。
そして受け継いでゆけたらいいです。

ついつい卒論調につられちゃいましたが、自画像素敵です☆
完成が楽しみですね。強風気をつけてくださいね。
Commented by あなも at 2007-01-22 01:25 x
こんばんは!
いつもはブログ眺めているだけなんですが、今日はりえふさんの文面にとても共感を覚えたので。
私は研究者のたまごですが、たまに日本の「浅さ」を感じることが有ります。
とはいえ、それも必要なものだし、むしろ時が経っても変わらない本流を「作り出す」ことは難しいですよね。結果として出来上がってるもののような気がします。
鋭い感性をお持ちのりえふさんは素敵ですね☆
Commented by りょーき at 2007-01-22 20:48 x
「流行と言う流れに固執しすぎる」には賛成です。
音楽でも、どれだけ流行ってもその曲で需要を終えてしまったアーティストは「一発屋だった」で終わらされてしまうし
昔からこつこつやってきたアーティストをずっと好きでも、その中の1曲だけが大ヒットしてしまうと、
その曲のブームが去った時に「○○が好きだな」と言うと「××歌ってた人だよね?古くない!?」と言われるのは
ずっとファンだった人にとってはとても辛い事だと思います。
もちろんその「こつこつ」を続けてきたアーティスト本人も。

結局何が言いたかったんだろうね。。
んまぁ僕にとって“Rie fu”という音楽は、何を言われても離れられない存在になっていますよってことです(?)!
むしろ誰かが否定的な言葉を発した場合、是が非でもそいつをライブに引っ張り込みますよ!兄貴とかね!笑
Commented by 利虎 at 2007-01-22 23:14 x
日本もイギリスも同じ先進国ですが大きく違うようですね。
日本は追付こうと発展を求めるあまり伝統や文化を犠牲(軽視?)にして来たのでしょうか…(進行形か…)
けれど日本と同じ境遇にありながら、そうゆう物をきちんと扱ってきた国もある事を考えれば一概には言えないのかも知れませんね…
物質的豊さを見れば今や日本は世界でも有数の勝ち組かもしれませんが、心は貧しく発展して行ってるのかも知れませんね…
自らにも当てはまりますが、利ばかり追わず美しいものや尊いものを素直に感じられる心の余裕をいつも持っていたいものです。

などと収拾がつかなくなる前にそろそろおいとまさせて戴きます(((((^^;
Commented by kamifugo at 2007-01-23 11:20 x
芸術が日常に存在し続けている国と住み分けをしている国の違いではありませんか?
確かに文化を軽視していることは否めないかもしれませんが、日本の物はそちらと違って脆いですからね。
芸術に関して浅はかな知識ですが、そんな気がします
Commented by suguru at 2007-01-23 18:24 x
そうですよね。たしかに流行に敏感すぎると思います・・・。自画像ですか!?すごいwwとっておきの新曲も期待してます☆
Commented by デ・グリュー at 2007-01-24 21:27 x
いやいや 若くないですよ(笑)
1番年長者(28~30)かも(汗)

卒論の進み具合はいかが?

私は、2月の東京マラソン2007に向けてがんばってます。
HPも貼り付けしとくわ~

卒論と格闘してる合間に見ていただけたら幸いです。


自画像と新曲、楽しみやわ~♪

期待しとるで~

また会おうぜ~
<< ラタトゥーュ。 アゲイン >>

 
Excite Music 連載ブログ
◇ Aqua Timez
◇ ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇ ウルフルケイスケ
◇ 奥華子
◇ オレスカバンド
◇ GOING UNDER GROUND
◇ サンコンjr. New!
◇ サンボマスター
◇ SEAMO
◇ ジョン・B・チョッパー
◇ ジン
◇ スクービードゥー
◇ SBK(スケボーキング)
◇ SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇ 椿屋四重奏
◇ トータス松本
◇ TRICERATOPS
◇ BEAT CRUSADERS
◇ the pillows New!
◇ 風味堂
◇ FLOW
◇ PE’Z
◇ BECCA
◇ HOME MADE 家族
◇ bonobos
◇ ホフディラン
◇ POLYSICS
◇ MINMI
◇ 矢沢洋子 New!
◇ Yum!Yum!ORANGE
◇ Rie fu
◇ RYTHEM
◇ RYUKYUDISKO
◇ レミオロメン New!

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。