つつじが満開






私の岐阜のお店の駐車場に植えてあるつつじが満開になりました。

つつじが満開_d0339893_12051147.jpg





花言葉は、「愛の喜び 情熱 初恋」。

55歳の私にとっては、初恋は遠く過ぎ去ってしまいましたが、

愛の喜びと情熱は理解できます。





愛の喜びは、愛を感じた時の喜びですよね。

これに関しては心を素直に持っていれば感じることができると思います。

親からの愛、子供からの愛、そして友人からの愛。

最近、些細なことで愛を感じるようになっています。

これも年のせいでしょうかね(^v^)




情熱は仕事で感じます。

いや、感じているはずです。

感じているはずなのですが、若いころと比べると

確かに情熱の強さが低下しているのは事実のようです。




「こんなことではいけないな」と思いながら、

自分に言い聞かせている毎日です。




なぜ、情熱が薄れてきているのか?




正直、分かりません。

おそらく情熱が薄れた訳ではなくて、

残された人生の年数と自身の体のことを考えて、

情熱の矛先を探しているのではと感じています。




できれば残りの人生は、実のあることに情熱をささげたい。

生きたという証明を残したい。

たとえそれが間違っていたとしても。




自分の信じたままに情熱を傾けるべきだと考えています。



良く言われます。

ガンコ親父だって (^_-)-☆





感謝    中辻 正

ホラーとスプラッター映画でスッキリ



昨日は岐阜で、一日お休み。

なので、また映画を観に行ってきました。



「死霊のはらわた」と「クロユリ団地」です。

スプラッターとホラーの2本立て

恐いと困るので朝から行きました。

中に入ると2~3人。

1人じゃなくてホッ(笑)





感想

ホラーとスプラッター映画でスッキリ_d0339893_12051133.jpg


「死霊のはらわた」は、この手の映画が好きな人は

絶対に映画館で見るべきです。

自宅でDVDはお勧めしません。

臨場感が違います。

観終わった後は身も心もスッキリ

少し疲れますが・・・(笑)





ホラーとスプラッター映画でスッキリ_d0339893_12051297.jpg


「クロユリ団地」は、う~ん。

言葉に困ります。

以前、話題になった「リング、呪怨」と比べると、かなり見劣りします。

DVDでいいでしょう。

な~んて、勝手に言ってます(笑)

私の個人的感想ですから、ご覧になりたい方は映画館へ




今日は大阪でカネボウ・トワニセミナーです。

頭がすっきりしたところで、がんばってきます

昨日の夜は、夢にゾンビが出てきそうで内心ドキドキでした・・・




感謝   中辻 正

オーラのある美しい女性!





昨日、映画『モンスター』を観てきました。



醜い女性が、いじめられながら生きて行く過程で

整形に目覚め、大変身を遂げます。

美しくなった彼女は、出逢った男たちをもて遊び、

いじめられた人たちに復讐をしながら美しさを満喫して行きます。

しかし、そこには寂しさがあり、本当の自分の姿を顧みながら、

醜かった彼女に優しくしてくれた男性のことを、

恋焦がれる姿が描かれていました。




主演は高岡早紀さんです。

とっても綺麗でした。





さて、この映画を観た感想の前にちょっと聞いて下さい。





実は、数ヶ月前のこと。




私のサロンの近くにスターバックスがあります。

スタバからコーヒーを手に持ち、サロンに帰ろうとした時に

曲がり角で女性とぶつかりそうになったのです。




その女性は「ごめんなさい」と声をかけてくれました。

私は「いいえ、問題ないですよ。」とそのまま行こうとしたら、

その女性が私に道を尋ねてきたのです。




「○○という和食屋さんご存知ではないですか?」

近所のよく知っているお店でしたので、

「その角を曲がって右手ですよ。」とお伝えしました。




そうしましたら、彼女は、

「ありがとうございます。コーヒーをお持ちでしたので

近所の方だと思いまして」と、そこまで説明してくれる必要も

ないようなことを、丁寧に言ってくれたんですね。




私は「美味しいお食事を楽しんで下さい。」と別れました。





雨が降っていたのですが、傘越しに見た彼女の美しさに驚きました。

青山ですからモデル事務所もたくさんあり、綺麗な女性は見慣れています。




しかし、彼女はそんな中でも特別な気がしました。

世間で言われる、オーラのようなものを感じました。




その時の彼女が頭から離れなくて、友達に話したりもしたのですが(笑)

「絶対女優さんだろうな。」と確信していました。

でも、私はあまりテレビを見ないので、誰が誰なのかわかりません。




そして時がたち、昨日モンスターを見て、

その時の彼女が高岡早紀さんにそっくりだったんですね

映画を見て、びっくりしました。

ひょっとしたら違っているのかもしれませんが、

私の中では確信しています。

彼女は高岡早紀さんだ、と(笑)





で、映画の感想ですが。

難しいですね。

私も醜い分類に入ると思うので、心情は複雑です。




ただ言えることは、男性も女性も同様に、

醜いより美しい方がいいのかなそんな感じです。




だから、「美しくなりたい」「美しいままでいたい」そう思うのは

当然のことなのかもしれませんね。





もう少し違う流れや結果を期待したのですが。。。

そして、もう一つは、決して美しくなくても、

好いてくれる男性が現れるわけです。

昔の彼女の醜さを知っていながらも、です。





お~、これ以上書くとネタバレしてしまいます。

私の浅読みではこの映画は解釈しきれませんので、

皆さん観に行って下さい。

面白かったですよ。




何より、高岡早紀さんの美しさを見てみて欲しいです(笑)





感謝    中辻 正

一生懸命は加齢とともに・・・





17日は名古屋でカネボウ・トワニ?セミナーを行いました。

実家が岐阜ですから、名古屋は行き慣れた場所です。




東京の皆さんに「岐阜から来てるよ」と言うと、

「そうなんですか、大変ですね」とよく言われます。

でも岐阜市は名古屋駅からJRで18分なんですよ。

東京からでも近いんです。




皆さんが知っている高山とか下呂は岐阜駅から電車で2時間。

結構細長い県なんですね。

ですから、若いころは名古屋が遊び場でした。




セミナー中には名古屋弁が飛び交います。

もちろん私も名古屋弁、岐阜弁?ですが、

非常に東京弁に近い口調になっています。

なので、とっても懐かしく感じました。





セミナーの受講生の方々はどの地方の方々も同じです。

何とかこの短い時間に技術を習得しようと一生懸命です。

その一生懸命さが大切です。

一生懸命だからこそ技術は習得できるのです。





もちろん、1日のセミナーで完全な技術習得は難しいでしょう。

しかし「いいかも」「なるほど」「そうか」と

感じることはできると思います。

それでいいと思います。

この感覚こそが次に繋がるからです。





年をとって来ると一生懸命が減ってきませんか。

何故でしょうか

単純にそれが老化なのか、疲れからだろうか

あるいはその必要性がないから

よく分からないのですが、「もっと一生懸命にならなくては」と

私自身も反省することがあります。




おっくうになるのは誰にでもあることだと思いますが

若さの維持にも、何かに一生懸命になることは、

とても大切なことだと感じます。

気力がある方は、みなさんお若いですから。






名古屋でセミナーの後は、東京に戻る予定でしたので、

久しぶりに味噌カツか味噌煮込みうどんでも食べて帰ろう

そう考えながらJPを散策。




でも食べたのは札幌ラーメン。

とっても美味しかったのですが、少し後悔(笑)





感謝    中辻 正

お台場にて海外気分




13日は大宮でカネボウ・トワニ?の技術セミナーを行ってきました。

大宮は久しぶりですが、実家である岐阜と感じが似ているので、

少しホッとします




セミナーは、カネボウさんの各支店で行われています。

指導員の方々も同席しての技術講習会。

朝10時頃から夕方5時までみっちり7時間です。

ご参加される方々も大変ですが、

そこで指導にあたられる方々も大変です。




けれども、終了時点で参加者の皆さんのお顔を見ると、

疲れはほとんど見られず、むしろ小顔になりスッキリされているのです。




次回から、講義の前に、ビフォーのお写真を撮るように

お伝えしなくてはと思っています。

とっても素敵な笑顔でセミナーは終了しました。





14日にビックサイトで行われているワールドビューティで

打ち合わせがありました。




たまにはのんびりとお台場、ホテル日航東京で

一泊することに決めました。




始めてお伺いするホテルでしたが、とってもリゾートなホテル

まるで海外に来ているような気分にさせてくれました




お写真はロビーに置かれたアルストロメリアです。

お台場にて海外気分_d0339893_12051214.jpg


名前はやっと覚えたのですが、花言葉は忘れました

とっても素敵なお花でした。




お台場にて海外気分_d0339893_12051372.jpg



お台場にて海外気分_d0339893_12051394.jpg



ホテルのベランダから撮った昼と夜の風景です。


一人で泊まるのはもったいないと、

「だれか来ないかな?」

なんて思ったりもしたのですが、

「来るはずもないな・・・」と諦めて、一日が終わりました




感謝      中辻 正

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.