excite.music
New releases
New release

「宇宙の闇は、こんなに豊かな音を秘めている。」 毛利衛 (日本科学未来館 館長・宇宙飛行士)

レイ・ハラカミ feat. 原田郁子
『暗やみの色』

2006/07/12
IDCS-1021
2,100yen(Tax in)



このアルバムをまとめてみて改めて感じた事は、シングル集みたいなアルバムだなあと自分で思いました。
今までとはまた全然違うアルバムが出来上がってちょっと嬉しいです。
- rei harakami -


『わすれもの』
2006/05/10
IDCS-1020
2,625yen(Tax in)

Biography
rei harakami  レイ ハラカミ
広島生まれ、京都在住。
98年、『unrest』でデビュー。その独自の清廉さと繊細さが織り成す、
例えると水彩画のようなタッチの音楽性が幅広く支持されている。
3rdアルバム『red curb』以降、矢野顕子、UA、ショコラ等のプロデュース、くるり、ナンバーガール、Great3などのリミックスなど、ジャンルを超えた活動を展開する電子音楽家。
Information
東京・お台場の日本科学未来館(館長:毛利 衛氏)に常設されているプラネタリウム、MEGASTAR-II cosmos(大平貴之氏 作)の新コンテンツ「暗やみの色」の音楽をレイ・ハラカミが担当しました。

500万個といわれる星を見ながら聴くナレーションにはクラムボンの原田郁子氏、詩には谷川俊太郎氏という、豪華な内容です!
2005年12月17日より一般公開中!

Link
SublimERECOrdS
最新のコメント
amazing post..
by Av videolari at 17:07
Thank you so..
by Betting Tips at 17:06
http://tiket..
by agen domino99 at 14:25
またまた鱸の旦那に先越さ..
by るび男 at 13:17
ハピバを祝う3浦半島は曇..
by szksk at 09:49
Sure also 3d..
by stampa 3d at 22:01
This evolvin..
by dji at 21:57
Yea dji is d..
by drone professionale at 21:54
Yes i agee d..
by drone at 21:53
ハラカミさん、お誕生日お..
by どぶろく at 02:14
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
Cocco 激ヤセ リス..
from Cocco 変わり果てた姿 ..
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

凹んでます。

遅い。です。
ハラカミの更新が。

ちょっと忙しい日々が続いておりました。
その上、今月に入って極端にツイてません。

4月に入って、ある日起きたら、右半身(特に胸部と背中)がヒリヒリして来たので、あれー?とか思っておりまして、そんで日を追うごとに発疹してきて痛みもひどくなってくるので、やばいなあと思いつつ、東京に行ってアルバムリリースに関する取材を受けておりましたが、これまたどんどん痛みがひどくなるわけで、参ったなあと思って、今週に入ってようやく京都で病院に行った所、『なんやヘルペスやんか。え?冷やしてた?アホ。ヘルペスは冷やすのが一番あかんねん。温めなあかんやんか。』と言われました。こういう流暢な言葉で話してくれる先生に診てもらうと、ハラカミはなんだかホッとするタイプです。

で、ヘルペス…。

よくは知りませんでしたが、『免疫力』が極端に落ちてくると半身に発症してくるモノらしいです。ストレスでも睡眠不足でも呑み過ぎでも、とにかく発症する人は発症するんだそうです。
35歳。働き盛り。呑み盛り。それでも老いと免疫力の低下は仲良しなんですね。

ヘルペスが発症しているにも関わらず、取材後に酒呑んだりしてたのが余計に災いしてしまったのか、東京滞在中に財布を落しました。ダブルで凹みまくりです。反省して、しばらく断酒することにしました。今の時点で4日目。

もしも東京砂漠に住んでいる方で、緑色の皮の二つ折りのお財布が落ちていたら、もしかしたらハラカミのお財布かも知れません。もしよかったら警察に届けてあげて下さいね。
ハラカミのお財布じゃなかったとしても、財布が落ちていたら、拾って警察に届けてあげて下さい。

『わすれもの』なんてタイトルの作品をリリースしようとしている人間が、自ら率先して『わすれもの』をしちゃうわけですよ。よかったら笑ってあげてください。うひゃひゃひゃひゃ。


ムキー。


ところで、小沢健二氏とスクリッティ・ポリッティ(のグリーン・ガートサイド氏)は、ハラカミの中で繋がってる感じがするなあと、ふと感じる今日この頃です。いずれにしてもハマっております。

スクリッティポリッティは今年、7年振り位にアルバムを出すそうです。楽しみです。

では。
# by rei_harakami | 2006-04-11 20:20 | Comments(1904)
思い起こせば、毎度ながら遅いんです。

すんません。
毎度の事ながら更新が遅いですね。
やる気が失せて来ているわけではありません。
時間の流れがちょっと早く感じる今日この頃です。

突然ではありますが、この世の中の全ての事象を簡潔に言語化出来るなら、あっという間に平和になっておりますね。
なんとなればあー。きちんと言語化出来ないから、音楽とかあるんじゃねえかちきしょー。逆に言えば、音楽を完璧に言語化出来るのであれば、それは『音楽』である必然性もなくなっちゃうわけですよ。うっしっし。

そうは思われませんか?
思われませんか?

…ガブリ。

-----
そんなわけで、『わすれもの』のジャケットもなんとか出来上がりました。
時間に追われた分、スピード感を持ってやってたんですが、色んなタイミングが手伝ってくれて個人的にはよろしいものが立ち上がって来たと考えてます。

毎度の事ですが、アルバムの制作が終わったらホッとするかなと思ってたら、大間違いなんです。実はそこからがまた大変なんですね。いやまあよく考えたら当り前ですよね。

思い起こせば、セカンドアルバムをリリースする辺りまでは、いくつかの雑誌にレビューが載る以外は、インターネットも今ほど普及していなかったわけで、フィードバックらしいものなんてほとんどなかったですし、どうなんだろうなあ…こんなもんなんかなあ…よくわからんなあ…まあ地方在住だしなあ…仕方ないかあーみたいなノリで生きておりました。

そんでまあ、どうせ何やってても大した評価も無いんだろうなー…確かにそんなに目立つ事やってるわけじゃないし、ダンストラック作ってるわけでもないしなあ…まあそれならいっその事、状況(?)とか流行りとか関係なく(元々そんなに関係ない方ですが)好きな事をやってしまえーとか考えながらウダウダ作ってたのが、『レッドカーブ』というアルバムだったんですが、ハラカミ及びサブライムレコードの「どうせ大した反応はないであろう」という共通認識に反して、リリースされたらジワジワながらドタバタとリミックスやらライブのオファーが来始めて、いきなり仕事量が飽和状態になってしまったわけです。人生のパターンとして、ここでハラカミが10〜20代前半とかだったら、変な自信とかプライドとかが出て来て、一気にダメになるパターンも考えられるわけですが、その時は既にハラカミもまったり30代だったので、それまでもダラダラやってきたものですから、突然仕事のスピード感を上げる事なんて出来ないわけです。むしろここから余計に自分なりのペースを死守するしかないと感じたので、あれやこれやと仕事をこなしてるだけで、1〜2年なんてあっという間に経ってしまったりもするわけです。

そんなこんなで、今更になって「やっぱり継続は力なんだなあ」などと感じる今日この頃です。

さて、『わすれもの』は、皆さんにどんな風に迎えられるんでしょうか?
もしかすると、『lust』をリリースする前に、『わすれもの』に近い形のアルバムを作る事は可能だったのかもしれませんが、やっぱり『lust』を作り終えないと、『わすれもの』も世に出せなかったんではないかと考えていますよ。
うっふっふ。

-----

なんて書きつつ、3月の頭に、アルバムのマスタリング作業をして来ました。


d0047634_1623430.jpg『lust』に引き続き、『わすれもの』の仕上げも、日本屈指のマスタリングエンジニアである、小鐵徹氏にお願いしました。

そんで小鐵氏のスタジオにてツーショット写真も撮りました。
相変わらずビビります。素晴らしい仕事です。大感謝の大尊敬です。


と言いつつハラカミは視線が明後日の方向を見ております。
でも、本当にありがとうございます!またよろしくお願い致します!



とか言いつつ、『マスタリング』とはどういう作業なのか?なんて質問するのはやめてね。前にも書いてるから。

そんなわけでそれでは。
# by rei_harakami | 2006-03-26 17:02 | Comments(2261)
ご無沙汰で発売日訂正とアサチャン。

ほえほえ。

こんにちは。すっかり更新をご無沙汰してしまいました。すいません。
皆様お元気にしておりますか?マメに見てくれていた方。ありがとうございますのすいません。仕事してました。家で。パソコンは目の前にあるのに、更新出来ない時は更新出来ません。
なんて泣き言を書きつつ、健康は、自炊率と比例するんではないかと考えているハラカミと申します。

京都はまた寒くなりました。
----------
というわけで、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、発売日が1ヶ月ほど延びました。すいません。僕が悪いんです。と言ってしまえばそれまでですが、延期ではありません。肝心の中身は出来ているので、きちんとリリースされるはずです。

その他が遅れてしまいました。基本的にカバーも含めて、ハラカミがディレクションしているんですが、音がきちんと固まってこないと、何も考えられないタイプなんです。でも、頑張って作っております。

でもね。
数年前の『マザー3』というゲームの様に開発中止って事にはならないはずなので、予約された方々もキャンセルせずに、もうちょっと待っててくださいね。
-------------

ちゅうわけで、

先日、アサチャン&巡礼のリーダーであり、コワモテで凄腕で敏腕打楽器奏者である、アサチャン氏から、久しぶりにファックスを頂きました。こりゃあ更新しなければ!と思うわけですよ。
そんなわけで、転載致します。ご覧下さいまへ。
d0047634_16395012.jpg


あーーーーーーー。

そう言えば、初めて呑んだ時は、渋谷のとり竹でしたねえー。もちろん焼酎のウーロン割りで。UAとのレコーディングの時は、初めてプロっぽいスタジオに入って、フェーダーが何十本もあるだけでビビって、右も左もわからずに始終オドオドしていた時も、帰りに世田谷焼鳥センターで励ましてくれました。まだあるのかなあ…世田谷焼鳥センター。
まあ、それは置いといて、続き。
d0047634_16404573.jpg

ほいー。行けたら行きたいですが、なんでまたこんなウルトラ年度末に!
なんて思うなかれ。興味のある方は是非行ってみませんか!
--------------
ちゅうわけで、そのイベントの詳細は↓。

Junray Dance Chang

↑をレッツでクリックして頂ければ、大変に幸いです。

そんなわけで、朝倉さん!
おれも頑張ります。


では!
# by rei_harakami | 2006-03-14 17:05
正式タイトルについて

皆さんこんにちは。
お元気にしていらっさいますか?

遂に件の情報が流れ始めてしまったようですね。
あれやこれやと物議を醸した事もあったようななかったような、でお馴染みハラカミの『お蔵出しアルバム』。

では、アルバムタイトルが、アルファベット表記になっておりますが。
うーん。うーん。
違います。

正しくは、『ちくわ』です。



ちくわ。


CHIQUWA







というのはウソです。

本当は『わすれもの』です。

ひらがな表記でいいのに。
なんでわざわざアルファベットにするんだよー。

これを英語翻訳すると、なんともかんともなので、アルファベット表記でも
”wasure-mono”ですよ、と、メールで書いて、サブライムの遠藤君に送ったんです。

そしたら、案の定これですよ。
プンプン。

とにかく、そんなわけで『わすれもの』です。

決して『おとしもの』ではございません。落したんじゃないんです。
もちろん『われもの』でもございません。ですから注意しなくていいです。
忘れるつもりじゃなかったんだけど、あれこれ追われてたら、結果的にこんなに時間が経ってしまいました。って、なんか言い訳臭いですね。

そんなわけで、ようやく仕上がりつつあります。という事はまだ仕上がっておりません。
内容に関してですが、どうなんでしょう。でも出すモノに言い訳はしませんよ。
今回、有名アーティストのリミックスとか有名な曲のリアレンジものは入っておりません。そういうものはそういうものでまたいつか集めてみたいです。
もうすぐマスタリング(最終的な仕上げ)の旅に出てきます。
-----------
いつもアルバム制作の最終段階になってくると、人に会う事も極端に少なくなってくるわけで、孤独な作業に没頭してくると、なんだか知らないうちに意味不明の罪悪感が込み上げて来ます。第三者に曲を作っている所を主体的に見せる事はほとんどないので、『気分は鶴のハタ織り状態』と自分で呼んでおります。
ずっと一人で作業しておりますと、頭の中で色んな人から、「おいおいいつまでダラダラやってんだよ後がつかえてんだよこの愚図やろー」とか言われているんじゃないか、という妄想電波が降ってくる事があります。いや、実際には言われておりませんよ。多分。

なので、「仕事が遅くて悪かったなーちきしょーていうか曲作るとは言ったけどそれが良い作品になるかなんて誰も保証出来るわけないよなーとまあそれは置いといてヘッドフォンで他の音を遮断してるうちにこの世界が大変な事になってたらどうしようていうかまだ死にたくねえなあ…。」なんてウダウダ考えまくりつつ作業しているわけですが、気が付いたら、そういう邪念モードを大きく超える瞬間もあったりして1曲完成していたりするわけです。もちろんやるだけやった挙げ句に没にする(なる)事もありますが。

でもなぜウダウダ考えてしまうんでしょう?
日本人だからでしょうか?
それとも育ちか。

結局、常に不安なんでしょうね。若くても老いてても、多分死ぬまで明日の事なんて誰もわからんのですから。諸行の無常に響きあり。

諸行無常に響きがあったのか!ガビーン。日本語はすごい。

ではまた。
# by rei_harakami | 2006-02-25 15:30
ニューメガネっ子倶楽部と諸々。

こんばんは。
ハラカミのおっちゃんです。
今は、夜です。

相変わらず京都はなんだか寒いです。
そんなわけで、ハラカミは久しぶりに新しい眼鏡を買いました。
3年振りくらいに買ったような。

d0047634_21324546.jpg
どっしりしてて気に入っております。


ちなみにここで買いました。






人前に出る時によくかけてる青いレンズのメガネ(断じてサングラスに非ず)もなぜかここで購入しました。昨年はよくものもらいを作っていたので、重宝しました。

家で作業する時は、さすがに色の付いてないメガネで作業しております。
20代の時はコンタクトも付けてたんですが、とにかく弱粘膜なので、あまり合いません。
でも、最近は使い捨てとかあるから、意外に楽かもしれませんね。

----------
そんで。

ちなみに今、京都の河原町三条辺りにある、『アートゾーン』ていうギャラリーで、ハラカミの作った曲が聴けます。
今はここでしか聴けないはずです。なぜなら新曲だから。今年に入って作った曲です。まじめに作りました。ハラカミはいつでもマジメですが。

興味のある方は、こことかここを参照してみて下さい。なんかすごく可愛かったですよ!
----------
あ。
あと、今、例のプラネタリウムについてのアレについて、ポッドキャストで、ハラカミとクラムボン、及びohanaで御活躍中の原田郁子姐さんの対談が聴けるようです。もちろんタダで。
iTunesストア内で、『日本科学未来館』で検索すれば、出てくるはずですよ。多分。

あの対談の日以来、原田さんとはお会いしておりません。
原田さんお元気にしておりますでしょうか?

d0047634_21534383.jpg
この写真、事後承諾ですいません。


これは原田さんと初めてお会いした時のモノです。






●原田郁子様。
今後の販促イメージ戦略上で不都合等がありましたら、ご連絡下さいませ。

●日本科学未来館様。
『暗やみの色』のイメージ戦略上で、何か不都合がありましたら、ご連絡下さいませ。

------
では、これにて失礼致します。
ほえほえ。
# by rei_harakami | 2006-02-19 21:58 | Comments(102)
SublimERECOrdS