Excite
報道機関向け広報情報
プレスリリース
     
エキサイトから発表のプレスリリースです。掲載されている情報は発表日当時のものです。現在は変更や終了など、最新のサービス内容とは異なる可能性がございます。 ご了承ください。 エキサイト広報
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
検索
以前の記事
カテゴリ
エキサイトについて
最新の記事
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
5月9日:ユーザー参加型のライフスタイル事典サービス『エキサイトイズムウィキ』(β版)をスタート
[Press Release]

2006年5月9日
報道関係各位
エキサイト株式会社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ハイクオリティな『エキサイトイズム』の世界を開放!

   ユーザーの共同作業によって自由に執筆・編集ができる
      ユーザー参加型のライフスタイル事典サービス
     『エキサイトイズムウィキ』(β版)をスタート

 『エキサイトイズムウィキ』(β版) 
URL:http://wiki.ism.excite.co.jp/

 『エキサイトイズム』 
URL:http://www.excite.co.jp/ism/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エキサイト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山村幸広、
以下エキサイト)は、都市生活者のためのハイクオリティWebマガジン
『Excite.ism(エキサイトイズム)』において、ユーザーが共同で自由に
執筆・編集できる、ユーザー参加型のライフスタイル事典サービス
『エキサイトイズムウィキ』を、2006年5月9日(火)よりβ版として
スタート致します。

『Excite.ism(エキサイトイズム)』は、エキサイトの第一特集ともいうべ
きWebマガジンです。「特集コンテンツとしての読み応え」と「新しい
ウェブエディトリアルの世界」を高いレベルで両立し、都市型指向の
ユーザーをターゲットにインターネットの特性をいかした、新しいライフ
スタイルを提案しております。
2002年11月より月に2回、デザイン、旅行、ファッション、ライフスタイル、
デジタル・家電、グルメ、自動車などの分野で最先端の情報を独自の切り口
によりユーザーに向けて発信して参りました。

今回は、100号を迎えようとするWebマガジンの世界観をそのままにし
つつ、エキサイトイズムをユーザーに開放し新たにユーザー参加型のサービ
スを開始致します。


------------------------------------------------------------------
【ユーザー参加型『エキサイトイズムウィキ』(β版)概要】
------------------------------------------------------------------
『エキサイトイズムウィキ』では、登録ユーザー(※)のひとりひとりが
単なる読者から、情報発信者(執筆者・編集者)に変わることができる
サービスです。

『エキサイトイズム』で展開するテーマごとに記事を執筆および編集するこ
とが可能で、ユーザー同士の共同作業や議論を経て、ページに情報を蓄積す
る集合知型のサービスです。ページは複数のユーザーの手により推敲が重ね
られ、書き換えられることにより、より強固な情報群となります。さらに、
ismコンシェルジュ、Garboコンシェルジュも登録ユーザーと同じように参加
する予定です。プロの執筆者、編集者も参加することにより、より上質な情
報となります。

蓄積されたページには、全てタグが付けられ、一覧・検索することが可能と
なり、RSS配信にも対応しています。

更に、新たに投稿された記事本文中の単語を解説するページが『エキサイト
イズムウィキ』内に存在すれば、そのページに自動リンクが貼られるという
便利な機能にも対応しています。

※執筆者・編集者として希望するユーザーを、ページ上で募集します。

 
スタート直後は『エキサイトイズム』で特集した90を超えるバックナンバー
から本文を抜粋し、百科事典の様な形式で分類・整理しました。カテゴリ
は、デザイン、旅行、ファッション、ライフスタイル、デジタル・家電、
グルメ、自動車があり、その中に約700のキーワード毎の記事が書き込み済
みで、その情報をフックとして、登録ユーザーに新たに執筆・編集して頂き
ます。※新規投稿も可能です。
 
エキサイトID取得者の中から『エキサイトイズムウィキ』に登録されると、
自由に執筆・編集が可能となる登録ユーザーになります。

登録ユーザーは、『エキサイトブログ』
http://www.excite.co.jp/blog/)の要領で、記事の執筆・編集・加筆や
画像のアップロード、コメント機能の使用ができます。
また、登録ユーザーでなくとも投票、ブログユーザーであればトラックバックも可能です。
※エキサイトIDログイン無しの状態では、閲覧とトラックバックのみが可能です。

-----------------------
 -通報機能-
-----------------------
 作成された記事の内容・コメント等に、著作権違反や名誉毀損、個人情報
 漏洩、公序良俗に反する疑いのあるものを通常送信又は、緊急送信で通報
 することができます。

------------------------------------------------------------------
《『エキサイトイズムウィキ』(β版)ページ構成》
------------------------------------------------------------------

〔トップ〕
  …最近投稿・編集された記事が『エキサイトイズム』で扱うカテゴリ毎
   に表示され、注目されているタグが表示されます。

〔記事〕
  …最近投稿・編集・コメントの多い記事が表示されます。

〔カテゴリ〕
  …デザイン、旅行、ファッション、ライフスタイル、デジタル・家電、
   グルメ、自動車・バイク ※2006年5月8日現在

〔タグ〕
  …現在注目のタグ、最近のタグが「タグクラウド(※)」で表示されま
   す。関連付けた記事数や投票機能等により人気度(良い記事度)が
   フォントサイズの大きさによってわかります。
   タグとは、閲覧や検索する際などに役立つもので、投稿記事にも最大
   3つまでのタグをつけることができます。タグで関連付けられた
   キーワードは、表示の際に一斉表示されます。
※関連付けた記事の数や投票数によってタグのフォントサイズを変
   化させて表示することで、雲が並んでいるようにみえる。

〔参加者〕
  …登録ユーザーの一覧とひとことが表示されています。投稿した記事や
   『エキサイトネームカード』の名刺が貼り付けられ、
   マイネームカード(プロフィールなど)へのリンクが設置されます。

〔自分のページ〕
  …ユーザー自身の活動履歴である最近チェックした記事、過去の投稿・
   編集、過去のコメントが記録され、表示されます。


今後、新サービス『エキサイトネームカード』
http://namecard.excite.co.jp/)とも常に連携し、各フォーラムと
『エキサイトイズムウィキ』の記事をシンクロさせ、シームレスな行き来を
実現予定です。将来的には、感度の高いユーザーが集い、ユーザーの手によ
り構築された有益な情報が集積する場を目指します。




------------------------------------------------------------------
■エキサイト(市場名:JASDAQ、 証券コード:3754)
 URL:http://www.excite.co.jp/
------------------------------------------------------------------
エキサイト株式会社が運営するインターネット情報サイト『エキサイト』
は、1997年12月のサービス開始より、検索サービスを軸にクオリティとオ
リジナリティの高いコンテンツ・サービスを多数提供しています。
女性向けサイトNo.1の「Woman.excite」、エンターテインメント分野では
総合音楽サイト「エキサイトミュージック」と音楽ダウンロードサービス
の「エキサイトミュージックストア」、人気オンラインゲームを続々提供
する「Game.excite」、公式モバイルサイトの「熱烈アニソン魂」や
「カフェメロ」、ショッピングなどのECサイト、「ブログ」「翻訳」
「携帯ホームページ」などの高機能ツールもいち早く提供しております。

近年は、ハイクオリティなウェブマガジン「エキサイトイズム」
「ガルボ」などが広く認知されています。さらにブロードバンドサービス
「BB.excite」では、ADSLや光ファイバーを業界最安値の月額525円から提
供。ブロードバンド向けコンテンツも充実させ、ブロードバンドカフェな
どリアルな場での展開も拡大しています。
エキサイトは今後も、インターネット総合メディアとして、
エキサイトらしいサービス・コンテンツの提供に努めてまいります。
by Ex_release | 2006-05-09 12:00
 

Copyright© 1997-2013 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム
エキサイトプレスリリース