今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「YUKOのスケッチブック」のYUKOさん登場!

c0039735_1451290.jpg季節感を伝える身近なお散歩風景から、行ってみたくなるような海外の旅の風景まで。水彩の淡いにじみやぼかしを生かしたやさしい印象のイラストは、やわらかい光が感じられ、見ているだけで心が癒されます。
今の季節らしい、お子さんが見つけたどんぐりや枯葉の水彩スケッチをはじめ、中秋の名月、ハロウィンをイメージしたものなど、秋を感じさせるイラストもいっぱいです。時には親子でスケッチした作品、お子さんの描いたイラストなども紹介。
絵本の世界へ誘ってくれるファンタジックなイラストやかわいいぬいぐるみを描いた作品も心が和みます。

「すてきな作品を見ていたら、私も何かスケッチしてみたくなってきた…」と思う読者もいるのでは…?
今週は、芸術の秋にちなんだアートなブログ、「YUKOのスケッチブック」のYUKOさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
YUKOさん:こちらこそ、ピックアップしていただき、ありがとうございます!!
ブログを始める前は作品発表といっても、SNSや年賀状で…といったように友人・知人だけに向けた限られたものでした。より多くの方に作品を見ていただき、「イラストレーターとして発展したい!」という気持ちからブログを始めました。
師匠である画家の新田和繁氏にエキサイトブログを紹介していただきました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
YUKOさん:主婦でありイラストレーターである私です。
日常の中にあるささやかな感動を絵と文でつづっています。「発展のため」なんて意気込んでおきながら、実際は、ゆるーい感じのイラストがほとんどです。始めた当初は、もっとアグレッシブでカッコイイ感じを狙っていたかもしれませんが、どうしてもそうではない素が出ちゃいますね(笑)。
今では見てくださった方の表情が、“フフ”ってゆるめばいいな~と思っています。
時々仕事で描かせていただいた作品もアップしています。少しずつでも出会いが広がればうれしいですね。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
YUKOさん:読者の目を意識しますから、いい意味で緊張感が出て、スケッチがグーンと楽しくなりました。そうそう!「発展」だってありましたよ。あるギャラリーから展示会の声をかけていただき、この夏初めてグループ展に参加しました。大変貴重な経験をさせていただきました。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
YUKOさん:手軽に気軽に発信できることですね。
友人・知人とのコミュニケーションツールとしてもとても楽しいですが、その枠を超えて、検索でたまたまヒットして見てくださるまったく知らない方もいらっしゃるわけで。フィールドがジワジワ広がっているのを感じています。
c0039735_1423548.jpg

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
YUKOさん:勇敢な臆病者。
わかりにくいですね・・。(笑)矛盾しているようですがこの両面で成り立っています。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
YUKOさん:交流のある方皆さんとお会いしたい!・・のは山々ですが、なんせ臆病者なので、お目にかかると緊張しちゃって可笑しな言動になりそうです・・。(笑)

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
YUKOさん:最近は日本映画やお芝居をチェックします。
心のエクササイズは絵を描くためにも欠かせません。

エキサイトブログ編集部:夢は?
YUKOさん:美しい森にアトリエを持つこと。
それから、フィンランドに行くこと。ムーミン谷が理想郷です。

c0039735_143546.jpg


エキサイトブログ編集部:やさしい印象のイラストに心癒されますが、イラストを描き始めたきっかけやイラストを描く楽しさといえば?また、自分らしいイラストを描くことや記事アップの際に心がけていることなどがあれば?
YUKOさん:ありがとうございます。始めたきっかけは、夫の赴任先のニューヨークで、新田和繁先生のスケッチ教室に参加したことです。ペンと水彩で描くスケッチ。水をたっぷり筆に含み、にじみやぼかしの色彩を生み出すことで、心の隅々まで潤いました。
以来師匠の背中を見ながら、13年間、描いています。その間、出産・育児も経験しました。外でのスケッチが難しい時期は、赤ん坊の寝顔をデッサンしました。すべて思い出の一枚一枚になっています。
最近は作風の幅を広げるべく、アクリルや油彩にも挑戦しています。塗り重ねる油彩の魅力にもとりつかれました。無心になって塗り続けると、大抵の嫌なことは忘れますよ。(笑)
数年前からイラストの仕事をいただけるようになり、モチベーションが上がったのは言うまでもありません。本当にありがたく思います。

イラストを描くとき心がけていることは、ほどよく力を抜くように意識しています。なかなか力みが抜けないときは、抜けるまで同じ構図を何枚か描きます。上手い絵ではなく、心地いい絵を目指しています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
YUKOさん:一日の始まりのコーヒータイムと、一日の終わりのお酒と読書。
コーヒーはできるだけ豆から挽きます。お酒はいろいろです。その時あるもので。
読む本は同じ作家さんの作品を飽きるまで続けて選びます。

c0039735_14432724.jpgエキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
YUKOさん:★気に入っている作品
■2008-06-09 「ローマの旅」  旅行先のスケッチ画はいつ見ても楽しい思い出が蘇ります。

■2008-11-17 「ワイン」  仕事で描いたイラスト。好きなものを描くのは楽しいです。

■2008-06-08 「線路の紫陽花」 鎌倉を散策して出会った風景。感動をそのまま描き写しました。

■2008-10-14  「秋のおみやげ」  娘の手のひらを思い出します。

★読者に評判だったポスト
■2008-10-23 「Halloween」 同じ思い出を共有する友人と昔を懐かしみました。

■2008-10-09 「自転車に乗れた日」 娘の笑顔の描写を褒めていただきました。

■2008-05-18 「ようこそ」 ぬいぐるみスケッチは「和む」と言っていただきます。

エキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
YUKOさん:中秋の名月は美しかったですね。白銀に輝いていました。雲の動きも幻想的で言葉を失いました。コオロギや鈴虫もいい仕事をしていました(笑)。
もちろん、スケッチしましたよ。2009-10-03 「Harvest moon

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
YUKOさん:台風18号の接近です。伊勢湾台風と同じコースだそうで、大きな被害が出ないことを祈っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
YUKOさん:絵を見るのって、結構パワー使いますよね。にもかかわらず、毎回訪問してくださる方、本当にありがとうございます。あたたかいコメントにも励まされます。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_1435428.jpg




【YUKOさんが好きなブログ、気になるブログ】

★「NEW  YORK  KAZU  STUDIO」 
NY在住の画家、新田和繁さんのブログ。師匠です。素晴らしい作品を惜しみなく披露されています。文章も哲学があって深い。私のバイブル的ブログです。

★「Wally B.log
ピクサー・ファンズ・ショップ「Wally B.」の店長が、ピクサー映画や音楽ネタを発信。
店長の語り口が楽しいです♪♪ピクサーファン必見!のブログです。私はピクサー映画では『レミーのおいしいレストラン』が好き。

★「安見の散歩道」 
ブログのお友達mokoさんのブログ。日本の季節を感じるにはここです。美しい写真と文章で、自然、文化、美術、など多岐に渡り様々なことを教えていただいています。

★「朝日とクマとその一日」  
あこがれのフィンランドの生活を覗かせていただいています。澄んだ空気感が好きです。

★「月の画集」 
画家ヤマサキユズルさんの公式サイト。
月の絵、星の絵、夜の青さに惹かれます。静寂を求めて時々立ち寄ります。
BGMのJAZZにも癒されます。




【YUKOさんのライフログ】

ディア・ドクター [DVD]

バンダイビジュアル


西川美和監督は気になる人。どの作品も監督ならではの人間描写が切なく美しい。
この作品にも心揺さぶられました。緑がきれいに撮れています。

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント


あまりにも意外なストーリー展開にびっくりさせられます。瑛太の演技が素晴らしいです。神様に祈りたくなります。「日本映画って面白い」と気づかせてくれた作品です。

パパ、お月さまとって!

エリック カール / 偕成社


数ある絵本の中でも一番感動したもの。ピアノの音が聞こえてきそうな、美しいお話です。エリック・カールの大きな愛を感じます。親子の思い出としても大切な一冊です。

絵描き

いせ ひでこ / 理論社


いせひでこさんの鉛筆の線は、すごい。切なさがとってもいいんです。
特にこの本は生意気ながら共感できるというか、作者の気持ちに寄り添って読んでいます。

YUKOさんの「YUKOのスケッチブック」を読んでみましょう。
by blog_editor | 2009-10-07 17:49