Excite ExciteホームExcite Cinemaトップサイトマップ
男はソレを我慢できない 公式ブログ
天狗ビール にゃぁ!
質問も頂いているので、マジメに答えなきゃ、
柄では無いんですが(笑)。

まず持って、天狗ビールはちゃんと売ります、
シモキタ中心に販売をして行きます、
6月中旬デス。
目指せ麒麟ラガーです。
(スミマセン、昔、広告やっていたっス(笑)。

今回は、映画えいがしていません、成り立ちとして。

ま、長編モノは皆、初と言っていいでしょう。
(そうじゃない人もいますが(笑)。

配給・宣伝のキネティックも短館洋画系だし、
信藤監督及び信藤組も、パワーと才能、センスは抜群だけど、
劇場公開となる、みたいなぁ。

用語では、
インディペンデント系、フリーブッキングと申します、
一つのポーションとして。

つまり、ま、殆ど何も決まって無いうちから、
撮影を創めたと言う事なのよ、これが。

企画が監督の中にあり、
前から「○○」さんてきな所謂、奥ゆかしい日本の古き良さみたいなモノを
自分流でやったら面白いんじゃないかと言うアイデアが
信藤さんの中にあったみたい。

キャストのイメージもある程度、決まっていて、
後は、ブッキング(裏取り)しつつみたいな。

そんでもって、ボクが呼ばれていた時(6月ネ(笑))には
プロットは出来上がっていたんだぁ(笑)。

これ、撮るけどぉ~、みたいなぁ、
夏にねぇ~(苦笑)。

制作費わっ、そうか、それ俺くわぁって(笑)。

撮影は、8月2日からクランクインってやつで、
クランクをやっていて、プロットと本(脚本の叩き)は
、会った時にある程度できていて、
当然、「しなはん、ろけはん」もある程度進んでいた、
と言うかやりながらかぁ・・、みたいな(笑)。

To be continued,

PS.ぴあに毎週連載出ていて監督の特集デ、
   それ読むと、基本的な背景など出ている。

   ま、その他モノモノは、ここで書いて行きます。
   そして、そのうち、巨匠にもご登場頂きます。
# by otoko-sore | 2006-05-23 21:13 | プロデューサーコラム | Comments(3)
「信藤さんとの出会い」
そろそろ、この映画の成り立ちを書いていこうと思います。
知りたいでしょう、こういうの(笑)。

ちょうど、去年の今頃かな・・、6月だったと思うけど(笑)。

とある、女性の友人ネ、PMの補佐やってくれた奴が、
信藤さんとたまたま知り合って、オモシロイ話しがあるって、
映画を創るって話を持って来て、手伝ってくれって。

で、最初、何処の新藤だぁって、忙しかったから、
メールとか返事出さずじまいデ(苦笑)。

それで、電話が鳴って、まぁ、あんまりピンと来ないまま
呼ばれて行ったら、親方が出てきた、例の口調で「どうもぉ」って(笑)。

おっ、おおっ、おおおぉ、みたなぁ、
わちゃぁ~、信藤(しんどおぉ)さんかぁって、おののいて。

もそぉっと(笑)おもむろに、作品集見せられて
(いやぁ、あの知っているんですけどぉ)
みたいな、ま、知らないものもありましたが(笑)。

映画をやりたいと、ストーリーと出演者などの
プロットを聞かされて、どうしよう・・、みたいな。

それで、その場で想わず「やりますっ」って言ってしまった(笑)。

で、スケジュールなど聞いたら、夏撮るって(笑)。
ただ、予算がって・・(苦笑)。

最初に、やるって言っていたプロデューサーが居たんですけど、
何か、するぅ~っと流れちゃっていて、ま、割とある話しですが、この業界。

何か、その場に今となってはポン友の塚田さんも居て、
そこで初めて塚田さんともお会いしたんですけど、
二人で、目を見開きつつ目を見合わせて「ハイ、やらせて頂きます」
みたいな。
ま、犬が想わず「ワン」と吼えるみたいなぁ、
プロデューサーの本能、性、やるせなさ、みたいな(笑)。

その場終わりの後、三尾さんも交えてメシ食いにいったんですが、
そういえば、2ヶ月も無いよねぇ・・・・、どわって(笑)。

でもね、こういうの大事なんですよ、後々でも書きますが、
Ticket to ride、人生にこういう瞬間あるんです、あってイイんです。

その晩、「やろうぅ!」って祝杯をあげつつ、
熱を帯びて、先のこと鑑みて朦朧とさせられた夜でしたぁ。

ま、今後も続きを書きますよぉぉ~っだっ、
ちなみに、先行発売のメイキングにボクと塚ぽんの対談があり、
そこでも、色々語っています。

一言、
信愛なるぽん友の塚田さん、10分くらいの尺にしようと思ったのに
語りすぎデス、アナタは、「我慢できなかった」んでしょうか(笑)。
編集をやるボクの身にもなってくらはい。
(ぼかぁ、自分でも演出をやるPなのだぁ(笑)

かくして、あの晩から、「ボクと信藤さんの旅、そして皆との旅」が
始まったんです。

公式サイトも充実させるから、待ってろよぉ!
ニャァ!!

PS,信藤さんと居ると何時も、穏やかな風が吹きます、
 ただ、最近、結構、風、熱い、
 風雲急を告げますぞぉ!よっしゃぁ。

 色々お歴々に会ってきましたけど、
 群を抜いてますナ、親方はやはり(笑)。
# by otoko-sore | 2006-05-22 10:35 | プロデューサーコラム | Comments(1)
大変結構な事でしたぁ

いやぁ~、昨日は大盛況デ、
一人で祝杯あげましたぁ、「いいちこ」買っちゃいました、
下町のナポレオン。

ラインPの湯川クンとひとえちゃんの
マネジメントの荻野目さんは、
三茶でひとしきり盛り上がったらしい。
夜中の2時過ぎに電話もらってもみたいなぁ(笑)。

当日は例の天狗ビールも配ったぞぉ、
ま、そのうちプレゼントすっから待ってにゃぁ~。

野宮真貴さんや斎木しげるさんまで、
試写に来てくれて、ホントありがとうございました。

また、盛況ゆえに中に入れなかった方々、
申し訳ございませんでした。

BOX試写をやるので、そちらにおこし下さい。

可愛い我が子の信藤映画は、
これで世に解き放たれました。
未だよちよち歩きですが公開までには、
立派なオトコにしてみせるずぇい!っだぁ。

PS. 小池さん、竹中さんは、サイに似てるって
   いっていました、ごめんなサイ、なんて。

   けど、私の知り合いはあまりの可愛さと
   スタイルの良さでビックリしておりました、
   惚れたみたいデス。
# by otoko-sore | 2006-05-19 21:24 | プロデューサーコラム | Comments(0)
記者会見&試写会 『鈴木京香さん』遂に歌手デビュー?!
【男はソレを我慢できない】

昨日、完成披露試写&記者会見を「スペースFS汐留」で開催しました。

非常に多くの方に来て頂き、誠にありがとうございました。
また、会場の都合で入場できなかった方々、大変申し訳ございませんでした。
この場を借りて、お詫び申し上げます。

会見は、信藤三雄監督、竹中直人さん、鈴木京香さん、小池栄子さんの4名。

記者会見の様子ですが、竹中さんのギャグで笑いが溢れる終始なごやかな雰囲気で、この映画を象徴しているようでした。


~会見の内容~

『感想』
竹中さん「俺が大好きな下北で、13年ぶりに京香さんと共演できたことが本当に幸せだったことと、小池と芝居してるとホントやりずらいくてね~。(笑)サイみたいな顔しててね~、撮影現場にサイが来てるのかと思ったよ(笑)

京香さん「こんなにも誰も台本を意識しない作品は珍しいんじゃないかと思います。あと、私にとっては、音楽をやってらっしゃる方と一緒に仕事が出来てうれしかったですね。とにかく楽しかったですね。」

小池さん「実際にお兄ちゃんがほしかったので、ホントにうれしかったんですよ。でも、まさか兄から「芝居がやりずらい女優だ」なんて言われて(笑)ショックなんですけど、竹中さん大好きだから、自分の地元の下北沢で、こういう寅さんみたいな人情劇を、妹役としてやれてすごくうれしかったですね。また、監督が自由にお芝居をさせてくれたので、のびのびとお芝居することが出来ました。」

竹中さん「あと、信藤さんを毎日見てるうちに、段々妖怪にみえてきてね~。そんな発見もありました。

『鈴木京香さんが映画中で歌っている「スターダスト」について』
京香さん「歌が本当に下手なんで、ホントだったら口ぱくでやればよかったんでしょうけど、ともかく私にとっては新しいチャレンジっていう感じでやらせて頂きました。映画は素晴らしいんですけど、私の歌は心配です。」

『映画の見所は』
小池さん「チームワークが良かったので、みんなそれぞれ役を楽しみながら演じてるのがポイントですね。」

京香さん「一緒に楽しんで観て頂けたら、それが一番嬉しいです。」

竹中さん「全部なんですけど、あえて言うなら、京香さんが歌っているということと、小池栄子がサイだということですね(笑)」

信藤監督「死ぬほど見どころがある映画です。役者さんそれぞれみんな芸達者ですしね。一人ひとりに焦点をあてて見ると面白いかも。あと実は、パンキッシュな映画なんですよね。意外とびっくりされるかも」


このように非常に楽しい記者会見となりました。

ちなみに試写会の後に、オリジナルで作った「天狗ビール」を配らせて頂きました。
b0080721_17471299.jpg




このビールのプレゼントキャンペーンをやっていく予定ですので、今後も当ブログをチェックしてくださいね。


# by otoko-sore | 2006-05-19 18:15 | スタッフ撮影裏話 | Comments(5)
試写会速報

昨日、初号試写を開催しました。

高橋幸宏さんも来てくれました。

エンディングでSDPの「今夜はブギーバック」が
使用されているのですが、ズバリ良いデス!
竹中さんがラップしています、
7月にシングル・リリースされます。

本日はマスコミ披露試写です、
竹中さん京香さん小池さん、それに信藤監督がべしゃりました。

その内容に関しては、明日にでも写真を織り交ぜて皆さんに報告します。お楽しみに♪

面白いもので、我が子の様な作品も
もう、我々の手を離れ世に解き放たれていきます。
期待と不安、親の様な心境デス。

評価は人に委ねると言うのが、
プロデューサーとしての鉄則です。
さまざまな批評を、粛々と受け止めつつ、
爽やかな笑顔で見守ると言うことかな。

ま、十人十色、映画の場合はお金を払って観るものですから、色々あります。

本日は久々、バッシとスーツで臨みました!
ホントはスカジャンがイイんだけどネ(笑)。

そろそろ、ボクと信藤さんとの出会いとか
書いていこうと思います。

しかし、読まれてるのかねぇ、
オレのこのブログ・・・・、
# by otoko-sore | 2006-05-18 20:27 | プロデューサーコラム | Comments(11)
みんなが集まる場所は...
今回は、「茄子おやじ」のご紹介!

メンバーがいつも集まるカレー屋。名前もそのままで、下北に実在するお店です。

映画企画以前も信藤監督、スタッフ共によくいくお店で、迷わずみんなが集まる場所は、茄子おやじだ!ということになりました。

定休日を利用してという条件で快く撮影に協力していただけました。

茄子おやじさんのカレーは本当においしく、撮影に使用したカレーを出演者のみなさんは撮影終了後、一様に「おいしいおいしい」と食べていました。
ちなみに撮影時は、茄子おやじのバイト役であるHITOEさんが描いた絵をお借りして、店内に小道具として飾らせていただきました。

余談ですが、先週末どうしても茄子おやじさんのカレーが食べたくて下北へ。
ところが、なんと臨時休業!!!う~ん残念...

b0080721_1317317.jpg


b0080721_13175198.jpg


茄子おやじのカレー食べたことある人いますかね~?ホントおいしいですよね♪


# by otoko-sore | 2006-05-16 13:25 | スタッフ撮影裏話 | Comments(6)
プリセールス in シンガポール
「シンガポールに行ってきたぞぉ」

いやはや・・、コメントとトラックバック、
ありがとうございましたぁ!

な、なんか英訳されているけど、海外でも人気なのか?、
信藤親方わぁ・・・・。

と言う訳で、三雄せんせいとシンガポールに行ってきました、
とてもナイスな土地で、タバコも普通に吸えやした(笑)。

現地の広告の撮影と、映画のプリセールスを兼ね、
行ってきました、あと、アジア進出ね、あじあ。

マーケットとしては、東京23区と同じ広さで、
人口が400万人ということで小さいんですよぉ、シンガポールは。

けど、中国や台湾とマージしているので、
結構、イイ展開ができるかもしれません。

ま、お国柄上、ちょっとHっぽい映像にはナーバスだそうで、
そういう意味では、今回の映画はハードルが高いかもしれん(苦笑)。

でもね、いろいろと、巨匠の作品集を見せると「わぉ~」
なんて、感触が良く、日本のアーティストは業界関係者の
中では良く知られておりました。

ま、また続きを書きますよ、気が向いたら(笑)。

ともかく、ボクと信藤さんの旅は始まったばかりです、
きっと、これからも色々と続くんだろうなぁ・・・・。

現地で色々とお世話してくれた、風岡さん、林さん、
そして、もうすぐサウジに旅立つ森松さん、
サンキューでした!

合言葉は「ぐっちょーね!」ですネ。

忙しい日々です、メイキングの編集、マスコミ試写、
それと、映画のキャラでもある天狗のビール造ります!

オレは酒屋として生きていきたい、遠くで汽笛を聞きながら(笑)。

そして、コメントなどたくさん・たくさん下さい、
皆で盛り上げましょう!

そうすれば、書けない様なことも、
プロデューサー特権で書きますからぁ(笑)

Peace!

PS.ちなみに今回のシンガポールの旅は
   村上ファンドの村上さんと、なんら関係はございません、
   あしからず・・・・、っていうか、
   映画に出資してくんないか!
   村上さぁん、ナンテ。
# by otoko-sore | 2006-05-15 12:36 | プロデューサーコラム | Comments(0)
GW中の天狗さん
どうも、hh☆ッス。
一応、制作スタッフなんです。

GW中にテレビアニメ「まんが日本昔ばなし」を
見ていたらまたまた「天狗杉」というお話でした。

まさに子供の頃に思っていた天狗のイメージ通りのお話でした。
どんなイメージかというと、
顔が真っ赤で、鼻が高くて、傲慢で、悪戯な感じです。
でも最後には、人間に懲らしめられるみたいな。

実は、僕のGWもこんな感じでした。。。
GWとも言っても、合コンウィーク=GWだったんですけどね(笑)

連休なのに旅行にも行かず、都内で合コン三昧の駄目人間でした。

泥酔して天狗になってしまい、
周りのみなさんに迷惑掛けまくりの最悪な天狗でした。

もちろん連絡先をゲットして連絡したんですが、
誰も出てくれません(涙)もぅ、最悪ッスよ。

なんで、皆さんもくれぐれも天狗状態にならないで
どんな時も清き人間でいて下さいね。
いや~、本当情けないッス、、、
# by otoko-sore | 2006-05-11 19:33 | 心の中に潜む天狗 | Comments(0)
心の中に潜む天狗な部分
制作スタッフの近道(ちかみち)です。

「心の中に潜むの天狗な部分」って皆さんはありますか?
考えてみると、なかなか思いつかないかもしれませんが、
人それぞれ、あるんじゃないかなぁって思ったりするんですよね。

では、僕の天狗な部分ってなんだろうと考えてみると、
やっぱり、酒を飲んだときかなーと思いました。

酒を飲むと気持ちが大きくなるのは、僕だけではないと思います。
飲んで調子に乗り、爆弾発言をしてしまったり、時には口論になってしまったり。
そんな強気な部分こそが自分の心の中に潜むの天狗な部分なのかなぁと。

余談ですが、当然の如く最初に出される「お通し」。
これが結構、僕の中ではポイントだったりします。
「お通し」で「おっ、うまい!」と思う物を出されると、
「この店の料理は期待できる!」なんて気持ちにさせられます。

何年か前に行った居酒屋で、「お通し」にキャベツと塩&味噌を出され、
「なんだ、お通しにキャベツかよ!?」と思いながら食べて、えらく感動した事を思い出しました。
キャベツに塩や味噌をつけて食べるのって、結構うまいんですよね。

ちょっと、話しが反れましたが、
皆さんも「心の中に潜むの天狗な部分」について考えてみてはいかがでしょうか?
きっと思い当たる事があるのではないかなあと思います。
# by otoko-sore | 2006-05-09 18:03 | 心の中に潜む天狗 | Comments(0)
メイキング制作
5月2日にメイキングDVDの撮影を「うさや」でやりました。

信藤監督、竹中直人さん、小池栄子さんに来て頂き、非常にアットホームな雰囲気の中、いい映像を撮ることが出来ましたよ。

このメイキングは、完成次第配信する予定ですのでお楽しみに♪

竹中直人さんb0080721_1127426.jpg


小池栄子さんと信藤三雄監督b0080721_11291573.jpg


撮影現場の風景b0080721_11293363.jpg


# by otoko-sore | 2006-05-08 11:57 | スタッフ撮影裏話 | Comments(0)
主人公は地方をドサまわりしていたというDJタイガー。7年の放浪の末にシモキタの実家、「饅頭屋うさや」に帰ってきた。離婚してシモキタに戻ってきたマドンナ、さつきちゃんに片思い。彼女にいいところを見せようと、折しも巻き起こったソープランド建設計画に真っ向から立ち向かうのだが・・・。
シモキタ版フウテンの寅さんことDJタイガーに竹中直人、可愛い妹、ちえり(チェリー)役に小池栄子、憧れのマドンナ役に鈴木京香という豪華なキャスティング。時代をリードし続けるトップクリエイター信藤三雄監督作品。これぞ信藤ワールドの集大成!
  • 公式サイト


  • Canon IXY with ipod
最新のコメント
Canning here..
by laulaxya at 18:16
апельсино..
by hairajej at 15:21
アダルト動画日本最大級サ..
by タダでしよう at 19:05
人間に生まれてきたんだか..
by セフレ at 13:16
誰だよ。今ネットでも話題..
by あやの at 16:38
VGTO&9#3, ww..
by 第71回皐月賞 at 08:51
交際相手や結婚相手が浮気..
by 浮気 at 18:30
w!Bg|TGF, ww..
by 無料ヌキ動画 at 12:33
ヤバイわこれ…未知との..
by 信じられない出会いだぜ! at 11:11
マグロだけですよ?!ベ..
by なっ、なんぞーっ?! at 00:00
最新のトラックバック
江角マキコ
from 都会の日記
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム