昨日のBIBAのバースデーライブ楽しかったですね😊🖖

23歳になったそうです🌻
おめでとう🎂👑🍸🎁🎉🎀


私の23歳の時期は

たくさんの感情が育った歳でしたねぇ。

とくに悔しいとか、悲しいとか、腹立つとか、負の気持ちにどう対応出したらいいのか解らず、泣きたくないのに涙が溢れることがとても多かった時期です。

この歳まで、楽しく!前向きに!深く考えず!
と生きてきた私にとって、負の気持ちと向き合うのはとても辛く、この1年はとても苦しかったです。

でも、

だからこそ
今のスーパーポジティブスタイルが育ったのだと思います。

私にとって23歳は最悪の歳で、最高の歳。
大切で大事な時期だったと思います。

BIBAのみんなも人生の大事な時期を過ごせることを願っています❤️

お誕生日おめでとう!!


さて、はじめましょう前回の続きです!

「うわ!思いついた!高速早吹きパートができまで」

次回作のタイトル、「る」が抜けてるよ!
たくさんのご指摘ありがとうございました。

「る」は意図的に抜きました。
意図的です←

さぁ、アレンジがまったく思いつかなかったSAKIちゃん。

提出日までに間に合うのかも微妙…
レコーディングまでに練習もしないといけない。
楽譜も仕上げないといけないし…

でも

出来ない。

そこで私はどうしたかというと、

撮り溜めていたアニメを見だしました。

そう、一度諦めました。

( ´Д`)y━・~~

一回音楽を考えるのやめて、違う頭にシフトチェンジ!

だが、これがよかった!!

たくさんのアニメで目の保養をし、最後のアニメのスタッフロールをぼーっとみおわる。

そのままの流れで目をつむりNEXSPOTのデモを聞いてみる。

頭の中ではさきほどのアニメのスタッフロールの絵が。

曲が進むにつれ、自分流でアニメのエンディングのイメージを広げていく。

ゆっくりになるダブセクションではスローモーションに動いてるイメージ。

その後、

早送りになり走り動きだす!!

!!!!!

これやわ!!
ここでホーンやわ!!!
早送りやわ!!

1.邪魔しない

2.存在感

3.おもろい

これ全部制覇やんか!!!


そうなのです。
曲は音楽とだけ向き合ってできるものではなく、
映像や、絵、写真、いろんなもののイメージや刺激もまた音楽に繋がるもの。
自分の引き出しの中にある音楽が全てではないのです。

そしてまた、一つのことにのめり込みすぎて物事を小さく見てしまうことはよくないことです。
一度リフレッシュして、新しい目で幅広く捉えることはとても重要なのです✨🌻
集中することはとても大切ですが、
もし、それがしんどくなってしまうようであれば、リラックスできるようにな環境に自分をおいてあげることはとても良いことなのですよ🎀


この早送りイメージができてからは、ダダダダダッとアレンジが出来上がりました。

テンポを60ぐらい落として、16部音符多めのアレンジを作る。

もとのテンポに戻す。
はい、早送りの出来上がり!

そして結果

はっえ!!
これ吹けんのか?ってなったので、これで正解!😊🖖😋

あとは、音の流れをかっこよくするためにマイルスデイビスを聴きまくり、ちょっとづつ音の組み合わせを変える。

できたーー!!!!!!

そして、メンバーに聴かせる。

メンバーの感想⇩
「手裏剣とばしながら走ってる忍者やん!」


忍者!!!
早さ伝わりすぎてるー!笑

そして、この忍者パートにcoプロデューサーReiさんのアレンジも少し加わり今の形に仕上がったのです🐣


そして、ここから鬼練が始まったのですが、私がまさかのインフルエンザにかかりました😭😭
もう、判定がでたときは号泣でした。

レコーディングの日程は決定していたのでむちゃくちゃ悔しかったですが、急遽カルメラのこばちゃんに吹いてもらうことをお願いしました。

こんなむちゃくちゃなホーン作っときながらお前吹かへんのかーい!

こばちゃんは快くオッケーしてくれて、この早吹きパートをなんじゃこれー!と言いながらもかっこよく吹きこなしてくれました!

なによりも感動したのは、レコーディング当日、少しでも私の音に近づくようにと、私の音に近いトランペットを持ってきてくれて吹いてくれました。

なんていい後輩なんや( ; ; )
なんていいプレイヤーなんや!!!

彼の楽器の音の暖かさは、人柄やったんやなぁ心から理解した出来事でした。

本当にこばちゃんに頼んでよかったです。
ありがとうこばちゃん。

そして、今回私の体調管理ができていなかったばかりに、ショックにさせてしまった皆様、申し訳ありませんでした。

音源ではこばちゃんの
ライブでは私の

2人のトランペッターの音や表現の違いを楽しんで聴いていただければと思います!!

このブログを読んでいろんな角度からNEXSPOTを聴いてもらえたら嬉しいなと思います😊😊😊

この楽曲の楽しみが増えますように!


カルメラは

7thアルバム「REAL KICKS」
を発売中でございます!

ジャズって大人の音楽でしょ??
なんて思ってる方!!
彼がジャズへの入り口になります!
ぜひ聴いてください😊✨







さぁ、LOVE&CALLのコール相手が発表されましたねー!!!



次回はコール相手特集❤️😍

出会いや好きなところをお話ししようかと思います🏁🏁😋

お楽しみに!!
by oreska | 2016-05-15 15:18 | SAKI | Comments(0)

今日はなんだかぬるいな!

近況報告として、
こないだ、PVを撮影してきましたよ😍👐
全貌が明らかになるまで写真などは極秘にしておきます🙈🙈🎥

ありきたりなヒントですが、
いつものオレスカとは一味違います😋


さて、

リリースしてから一度もブログを書いていないというまさかの事態が起こってることに気づいたのです😳😳

3/6にシングルNEXSPOT/¡Fiebre!が発売されております!

めっちゃ前やん😭😭😭😭

この二曲の解説はUstreamなどでも配信しましたね🌻🐵🌻

ライブでも恒例になっていくであろうこの2曲たち。

せっかく私がブログを書いているので、ホーンアレンジのことを書こうと思います🎺✨😊

一曲目の"NEXSPOT"はこの楽曲のcoプロデューサー、SKA MusicのパイオニアRei Mastrogiovanni兄さんに曲を書いていただきました。

曲を提供してもらって発売するのはオレスカ史上初で、私たちにとっても新たな扉を開くきっかけであり、意外性であり、歴史的な作品なわけです🙌🏻✨

この曲にホーンをのせるとなったとき一番悩んだのは、

ホーンがのっていない状態でかっこいいアレンジの楽曲をより「どうすれば」良くなるか。

私が思うに、
ホーンアレンジで重要なのは、
「メロディの邪魔してないのに存在感がある」という、歌とホーンのバランスがうまくとれていることだと思っています。

これをいかにできるか!!
だけど、それが難しい!


話は逸れますが、特にオレスカの楽曲は歌メロに隙間があまりないので、歌と歌の間にホーンがなかなか入らないのが私の中では有名です。

なので、オレスカの楽曲を昔から聞いてもらえるとわかるのですが、オレスカのホーンアレンジの特徴としては、歌とホーンがほぼ同じタイミングでなっていて、かつ、歌と違うメロディを吹いているというアレンジがかなり多いのです。

歌メロの隙間にホーンが最高のタイミングで入ってくるのはスカパラ兄さんや海外ではReel Big Fishですね🎺👞👞🎷

歌メロとホーンのフレーズが一緒に再生されるでしょう?

火をつけて パララ パッパ♫
森の中 パララ〜♫

とか

take on me〜♫ パッパッパラ
Take me on〜♫ パッパッパラ

といった具合!

ホーンセクションはアレンジ次第ですごく色を変えます。
曲の風景、色、世界観を作るのでとても重要なのです👯

それに加えて派手さ、音の厚み、和音を出す役割もあります😊⭐️
たくさん仕事してるねぇ🎺🌻

さて、
今回の楽曲「NEXSPOT」の課題は
歌に隙間があるものの、特徴的な箇所が歌やギターリフ、コーラスのアレンジで構成されているので、ホーンアレンジは邪魔せず、かつどう存在感をだして目立つか!!
この出来上がってる楽曲をホーンが入ったことによって聞き応えのあるかっこいい曲にどうしあげるか!!

むっずー!!!!😭😭😭😭

それはそれは何度も聞きました。
思いついたアレンジをパソコンで打ち込んでは
「あぁ、違うなぁ」
「おもんないなぁ」
と試行錯誤だらけでした。

なにが「違う」か。

最初に言った、「邪魔してないのに存在感」が成立しないんです。

Aメロ前のテーマにホーンフレーズいれると、せっかくのギターリフの邪魔をする。
他の箇所もいろんなかっこよさを「邪魔」をしてしまう。

じゃぁ確実に邪魔をしないアレンジにしたら?
と、トランペット、トロンボーン、サックスの和音でロングトーンや、1音をヒットさせる方法でいくと「存在感」がない。
聴いててありきたりで「おもんないなぁ」と思うんですよ。

「歌と同じぐらいの存在感を放つ」
これが私のホーンアレンジの最低ラインなので、今回のアレンジは悪戦苦闘でした😭😭
試行錯誤しつつ何度も試みるがほんとに思いつかない😲😭😲
レコーディングまでに間に合うのか…


そんなときふと、思いついたことがあったのです!!!!


次回、

「うわ!思いついた!高速早吹きパートができまで」

みなさん後日の更新をお楽しみに😍🖖
by oreska | 2016-05-11 12:20 | SAKI | Comments(0)

こんにちは🌻✨
無理なく更新してゆきます!

昨日のDown the Rabbit-holeのレコ発ライブはお客さんや昔一緒に遊んでた堺の仲間やバンドマンたちでパンッパン。
愛いっぱいでした。

呼んでもらえて、おめでとうライブができて本当によかったです。

みんなRabbit Killer是非お買い求めくださいましANDライブに行ってみてくださいまし✨


さてさて、最近サポートでT.Saxを吹いてくれています彼女のことを紹介しようと思いまふ✨😊

ライブに来てくれているみなさんはもう知ってるかと思うけど、

サポートSaxプレイヤー
彼女の名前は

ADD(あど / えーでぃーでぃー)

といいます✨💃🏻

彼女と初めて会ったのは、私とHAYAMIがジャムセッションに行ったとき。
彼女のプレイをみたら一目?一聴き?でADDが大好きになりました❤️😍
彼女の音はセクシーで、たくましい!
そんでクレイジーなふり幅ももっていて、たくさんの引き出しがあります✨

そんなサックスを吹くADDは、オレスカの一つ下の歳。
人懐っこい性格がほんとに可愛くてね。
かなりしっかりしていて、マイペースだけれどまったく嫌味がない!!
音楽とバンドが大好きで新しいものに興味津々で、少女のよう。

周りに気を配りながら最強に酔っ払える特技があります笑


さて、なぜサポートしてもらうようになったかのお話をしましょうか😊🙌🏻

彼女はseven step、オールアバウトスカパフォーマーという2組のスカバンドに所属していて、
去年、DOACOCKのイベントで稲毛K's Dreamに出演したとき、「オールアバウトスカパフォーマーズ」と対バンだったんですよ。

その時のオレスカのライブで誰よりもニコニコして踊って楽しそうに見てくれていたのがADD🌞🌞

なんだこいつ可愛いな!という気持ちと同時に一緒にステージたったらめちゃくちゃ楽しいんじゃなかろうか!と思ったんですよ。

もはや「オレスカに昔からおりそうやん」という馴染み感もあったり笑

ライブが終わって楽屋に帰ってこんなことを5人で話したりしてたら、ADDがちょうど楽屋にきて。

ちょっとスタジオ入ってみないか?とオファーしたところ、彼女が「やりたい!やりたい!」と言ってくれたので、じゃぁ!やろうぜ!とカップル成立。

その後、何曲かピックアップして一緒にやってみたところ、やはり相性がよいのですよ😊👐😊
曲もしっかり覚えてきてくれて、やっぱりSoloは最高でね。
一緒に吹いているとトランペットとトロンボーン2管の音がより明るく聞こえるし、単純に音が分厚くなり迫力が増してとっても馴染みがよかったのです🌻

一回目のデートで付き合いしましょうと言ってしまった感じでしたね😋

そして、2月に彼女を含めたライブを行いまして。

メンバー全員の感想は
楽しかった!
やっぱADDちゃん良いよ!
もっとやってこ!

などなどで、

そのライブを見たいろんな友達バンドからは

ADD違和感なさすぎ!
めっちゃいいじゃん!
オレスカにあってる!
最高だったよ!

など、ポジティブワード続出でした😋✨

やっぱりな!という感じですよ😁😁

ADD本人は、
もっと出来る!
次もっとやりたいーー!!!

とかなり攻めの姿勢で頑張ってくれていて、かなり心強い仲間が増えました❤️❤️

彼女がseven stepを離れてからは東京にとどまらず、いろんなところで一緒にライブしてレベルアップして思い出を増やしていっています❤️😊

そしてこのままメンバーに…と企んでいますの😁😁👍

みんな、きっと好きになると思うのでぜひぜひ6人のライブを見に来てね👻💕

次のライブは
「Hoppin' Steppin' 2016」
日付: 2016/05/04
場所: 川崎CLUB CITTA
会場: 12:30
開演: 13:15

でございます🌟
チケットのご予約はこちらのメールでも受け付けております🌞✋


じゃぁぬん😊




by oreska | 2016-05-01 17:01 | SAKI | Comments(0)