小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
e0021965_11431687.jpg
 今回はぼくが大好きなレーベル=スリー・ブラインド・マイス(TBM)の創立者でプロデューサーの藤井武さんをお招きしての「証言で綴る日本のジャズ」を19時台の1時間を使って放送します。

e0021965_11432516.jpg
 本人はそんなこと意識していなかったようですが、TBMは日本のブルーノートとぼくは思っています。さしずめ藤井さんはアルフレッド・ライオン。

e0021965_11433485.jpg
 TBMは、藤井さんの音楽感を反映させたレーベルですし、ジャケットと音にもこだわりをもっていました。レーベル名の由来もここにあるのですが、プロデューサー、アート・ディレクター、エンジニアの3人がチームとなってアルバムを発表し続けたのがTBMです。この点もブルーノートに通じています。

e0021965_11435822.jpg
 そんな藤井さんをお招きしての1時間、どんなお話が登場するでしょうか?

e0021965_1144963.jpg
 番組の冒頭では「隠れた日本の名ピアニスト」を特集します。ご本人が聞いたら「俺は隠れたピアニストなのか」と怒られてしまいそうですが、その心は「もっと評価されるべきピアニスト」ということでお許しいただければと思います。でも当の本人はひとりもこの番組、聴いていないと思いますが。

 この特集は時間が30分しかありませんからあまり紹介できないところが残念ですけど、このパートも合わせて、次回は日本のジャズの大特集と思ってください。

 ということで、こんな内容でやってみます。

e0021965_1144289.jpg
Jazz Conversation #184(2013.8.11.放送)
①【18:00:楽器別特集(第33回:隠れた日本の名ピアニスト)】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第158回:クロスビー・スティルス&ナシュの曲を録音)】
③【19:00:証言で綴る日本のジャズ(9)~藤井武】(1時間)

 お時間のある方は8月11日の18時にInterFMでお耳にかかりましょう。

e0021965_11443891.jpg


【追悼】
e0021965_11444973.jpg
 番組でもお馴染みのジョージ・デューク氏が8月5日、慢性リンパ性白血病で亡くなりました。享年67。
 1年前に奥様を亡くしていたのに、先月新譜の『Dreamweaver』を出したばかりなのに・・・。
 今年になって闘病生活を送っていたようですが、慎んでご冥福をお祈りします。
(写真は2010年3月12日にインタヴューしたときのものです)

e0021965_1145068.jpg

 合掌
by jazz_ogawa | 2013-08-09 11:49 | Inter-FM | Trackback | Comments(2)
e0021965_23502870.jpg
 数日前に届いた今年のセルフ・プレゼントがこれ。

e0021965_23504052.jpg
『Ronnie Wood/Lucky Man』(たぶんUS盤)
 2010年12月28日に発売されたボックス・セットで、12インチ・シングル盤と7インチ・シングル盤が入った2種類です。

e0021965_2351477.jpg
 額縁風のボックスに入っています。

e0021965_23511556.jpg

e0021965_235129100.jpg
 こちらは12インチ・シングル盤の「Lucky Man」。

e0021965_2351385.jpg
 音楽が収録されているのは片面のみ。

e0021965_23515543.jpg
 裏面はロニーのサインをエッチングしたもの。見えるかしら?

e0021965_2352527.jpg
 この封筒に入っているのは

e0021965_23521646.jpg
「Lucky Man」と題されたサイン入りのリトグラフ。250部限定でぼくのは153番。

e0021965_23522432.jpg
 サインが直筆であることの証明書。

e0021965_23523576.jpg
 こちらは7インチ・シングル盤の入ったボックス。

e0021965_2352505.jpg
 同様の内容です。

e0021965_2353014.jpg

e0021965_23531149.jpg

e0021965_23532136.jpg
 7インチ・シングル盤。

e0021965_23533139.jpg

e0021965_23534162.jpg
 レコード盤が小さいのでロニーのサインは2行になっています。

e0021965_23535421.jpg

e0021965_2354925.jpg
 限定750部で213番。12インチ盤のに比べるとサインがちょっと雑です。

e0021965_23542597.jpg
 こちらのサインは12インチ盤のものとまったく同じに見えるので印刷でしょう。

【概略】
12-inch Signature Window Box Set (Limited Edition Lithograph and 12-inch vinyl)
Box design is die-cut of Ronnie s signature serving as a window to the cover art.
- 12-inch Limited Edition Ronnie Wood Lithograph with certificate of authenticity
- 12-inch vinyl in sleeve
- 12-inch Black Lithograph Sleeve with Gold-Foil RW(黒じゃなくて白でしたが)

7-inch Vinyl (Faux) Art Frame Box Set (Limited Edition Lithograph and 7-inch Etched Vinyl)
Box design is an art frame with die-cut window open to view the 7-inch cover art.
- 7-inch Limited Edition Ronnie Wood Lithograph with certificate of authenticity
- 7-inch Etched vinyl
- 7-inch Black Lithograph Sleeve with Gold-Foil RW

e0021965_23543769.jpg

e0021965_23544911.jpg
 こちらはヨーコが約50年ぶりに出したコンセプチュアル・アート作品集の『Acorn』。

e0021965_2355349.jpg

e0021965_23551774.jpg
 ぼくが買ったのはヨーコのサイン入り・豪華装丁・285部限定・ボックス仕様のコレクターズ・エディション。

 このほか、ペイパーバック、電子書籍、ペイパーバック+電子書籍の4フォーマットでリリースされています。

e0021965_23552899.jpg
 中には100の異なるアイデアに関する詩と点描が収められており、世界について別の見方をする機会を読者に与える内容。

 この1年、無事に過ごせたことと、そんなにしゃかりきにはやらなかったですが仕事もきちんとこなすことができたので、このくらいのご褒美はあげてもいいかな? と。

 なんだかんだと言い訳をしては買っているだけですけど。
by jazz_ogawa | 2013-08-07 00:06 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(6)
e0021965_1022669.jpg
 毎年夏になると独特の歌声を聴かせに来てくれるジョイス。今年も「ブルーノート東京」で観てきました。

 キャッチコピーの「サウダージ感覚溢れる歌声」っていうのがどいうものかわかりませんが、かなり難しい歌をさらりと聴かせてしまうところがこのひとの魅力です。それが心地の良さに繋がっているっていうか。

e0021965_10221834.jpg
 ジョイスのヴォーカルには彼女にしか出せない世界観があるっていえばいいでしょうか。ボサノヴァ特有ののんびりした雰囲気とは異なります。

 ボサノヴァっていえばけだるいムードとかギターを爪弾くみたいなイメージがあります。ところがジョイスの歌は力強いですし、ギターもバチーダだけでなくストロークも用いてかき鳴らします。

 中村善郎さんもそうですが、最近のボサノヴァは力強いヴォーカルとギター・プレイが主流かな? なんて思ってしまうほど以前のボサノヴァとは異なっています。

 とはいっても、聴き流しているだけではそのことに気がつかないかもしれません。ロックのように明快な形でシャウトはしませんが、ジョイスも中村さんも実はかなり力強いヴォーカルとギター・プレイを聴かせてくれます。

 それと、ジョイスのヴォーカルとギターはフレージングや音のずらし方が相当にアヴァンギャルドです。オリジナル以外に「3月の水」や「ジンジ」といったお馴染みのボサノヴァ・チューンも聴かせてくれましたが、こういう曲を聴くと彼女の解釈がどれほど独創的かがよくわかります。

 以前からジョイスはこういうスタイルを示していましたが、今回はそれがとてもいい形で表現されていたように思います。これまでに何度もライヴに接してきましたが、今回が一番よかったです。

e0021965_10223477.jpg
 そしてステージ前にはインタヴューもさせてもらいました。

e0021965_1022464.jpg
 ぼくよりふたつ年上だったんですね。もう少し若いかと思っていました。

e0021965_102339.jpg
 今回はいつものサイレント・ギターではなく、1969年に作られたアコースティック・ギターを初めて持ってきたとのこと。ステージでもいい音がしていました。

e0021965_1023139.jpg
 ギターはブラジルのDi Giorgio製。このギターを作ったひとは亡くなったそうですが、お店はまだあるとのこと。


e0021965_10232622.jpg
【出演メンバー】
Joyce(vo, g)
Helio Alves(p)
Rodolfo Stroeter(b)
Tutti Moreno(ds)
2013年8月2日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット
by jazz_ogawa | 2013-08-05 10:30 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(3)
e0021965_13225466.jpg
 先週は特番に蹴っ飛ばされ、泣く泣く放送するのを諦めましたが、今週はいつもどおり。8月に入って最初の「Jazz Conversation」は、そのフラストレーションを解消すべく2時間まるまるロック特集みたいな感じでやっちゃいます。

 ゲストが「モンロー・ウォーク」の南佳孝さんなので、彼に敬意を表して特集は「ジャジーなロック&ポップス」。

e0021965_1323459.jpg
 つまりジャズはかかりません。ロックとポップスです。前半は海外のアーティストで後半は日本のアーティスト。

e0021965_13231495.jpg
「マイルスの真実」でも、この時代に残したマイルスの音楽はジャズといえばジャズですし、ロックといえばロックといった感じですから「ジャジーなロック&ポップス」に通じているといえば通じています。って、これはこじつけですけど。

e0021965_13232538.jpg
 何かで括るのが好きなぼくとしては、今回は「2時間丸ごとロック&ポップス」ともいえますし、「前半は海外のロック&ポップス、後半は日本のロック&ポップス」ということもできます。

 つまり、ジャズの名前を使ってロックを聴いちゃえってことですね。ときどきはこういう企画も悪くないでしょ? と、自己満足。

e0021965_13233833.jpg
 南さんにはスタジオで1曲ライヴもやっていただきました。

e0021965_13234857.jpg
 何年か前ですが、原宿の「クエスト・ホール」で南さんのコンサートをプロデュースしたことがあります。お話しをするのはそのとき以来かしら?

e0021965_13235888.jpg
 同じ世代で、学生時代にジャズ・ギターを弾いていたことから、南さんにはどことなく親しみを感じています。

 本人は記憶になかったようですが、デビュー直前の南さんと青山のロック・バーで共演したこともあります。これ、ぼくの密やかな自慢(笑)。

 ということでこういう内容になりました。

e0021965_1324121.jpg
Jazz Conversation #183(2013.8.4.放送)
①【18:00:ジャジーなロック&ポップス~パート1】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第157回:ロックへの接近】
③【19:00:Meet The Star(第135回:南佳孝)】
④【19:30:ジャジーなロック&ポップス~パート2】

 それでは今度の日曜日、18時にInterFMでお耳にかかりましょう。

e0021965_13242137.jpg

by jazz_ogawa | 2013-08-02 13:26 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_10242485.jpg
 梅雨明け宣言が出てから梅雨みたいな天候になるのも最近の特徴でしょうか? 異常気象といわれるようになって10年は過ぎたと思いますから、こうなると異常ではなく、これが普通なのかもしれません。50年以上前、ぼくが子供だったころの夏は東京で35度なんて日は一度もなかったんじゃないかしら。これが当たり前になった現在、なんだか恐ろしい気がします。

 8月は「ONGAKUゼミナール」が1回だけ。本業もお盆の期間中は大半が休診なので、ノンビリできそうです。こういうときこそニューヨークか香港に行きたいのですが、東京よりもっと暑いかもしれないのでやめておきましょう。

 今月はInterFMで特番をやります。23日の24時から25時、つまり日付が代わって24日の夜中の0時から1時に放送される「真夏の夜のジャズ特番~東京JAZZスペシャル~」の司会進行役を務めることになりました。現時点では番組をやることしか決まっていないため、詳細がわかり次第ブログで宣伝します。

 それでは今月もよろしく。


【Broadcast】
毎週日曜 「Jazz Conversation」(Inter-FM 76.1、76.5=横浜 18:00~20:00) 8月の放送日は、4、11、18、25日(http://www.interfm.co.jp/jazz/index.php?mode=sun
 このページの左側に番組ブログのバナーがありますので、こちらもよろしく。PCやiPhoneでもradikoを通して聴けます。

08.24. 『真夏の夜のジャズ特番~東京JAZZスペシャル~」(InterFM 0:00~1:00)


【Activities】
08.24. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第18回:マージー・ビート(リヴァプール・サウンド)~ビートルズの仲間たち』
@三軒茶屋「Jazz & Cafe Gallery Whisper」 世田谷区上馬1-32-3(03-5787-5794)http://whisper.co.jp/whisper/
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、または
http://kokucheese.com/event/index/95732/まで


【JAL国際線・機内放送】
08.01.-09.30. ジャズ・チャンネル(Jazzy Life)選曲・構成(テーマ:爽やかなジャズで心地よく)


【Articles】
08.24. 『ジャズジャパン』(2013 Vol.37)
    「ディスク・レヴュー」


【Linernotes】
08.07. 『KANKAWA/ORGANIST II "Silent Soul"』(T-toc Records)
08.21. 『ダイアン・リーヴス/ダイアン・リーヴス』(ユニーサル)
by jazz_ogawa | 2013-08-01 10:27 | Works & Information | Trackback | Comments(2)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム