小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
e0021965_936371.jpg
 超満員だった昨日のファースト・セットを観てきました。

 今回は先ごろ発売された新作の『オウトラ・ヴェス~ふたたび~』にちなみ、レコーディングで共演したミュージシャンをブラジルから招聘してのライヴ。

e0021965_9361352.jpg
 アルバムもよかったですが、今回の貞夫さん、いつにも増して素晴らしかったです。アルバムからの曲を中心に、「エリス」やトッキーニョの「再会」、さらには最後に「シェガ・ヂ・サウダージ」、アンコールに「フェリシダージ」というラインアップ。

 貞夫さんとブラジル音楽。アフリカン・テイストの演奏もいいのですが、こちらも文句なしに楽しい。しかも貞夫さんの持つ哀愁がブラジリアン・テイストにぴったり。だから、レコーディングする前からこのプロジェクトは素晴らしいものになる。そう予感していました。

 その結果がアルバムと今回のライヴ。貞夫さんは今年で80歳になりますが、いまも新しい音楽に挑戦中。その姿も素晴らしいし、とにかくかっこいい。

 60年代から貞夫さんの音楽を聴いてきたぼくは、最後の「フェリシダージ」で感極まりました。当時のことを知っているひとならこの気持ち、わかるんじゃないでしょうか? しかも繰り返しの部分だけですが、この曲ではヴォーカルも披露。

 珍しいことはこれ以外にもありました。いつもはあまりMCはしないのですが、今回は曲ごとにMCをしていました。それぞれの曲に強い思い入れがあるんでしょう。

「Jazz Conversation」に出演していただいたときも、「いまだにいい音が出るように努力している」と仰っていたとおり、音楽と演奏に懸ける意欲は少しも衰えていません。

 しかも貞夫さんが素敵なところはクリエイティヴなことをやっているにもかかわらず、聴くひとをハッピーな気持ちにさせてくれること。同時に楽しい音楽を追求してきたからこそ、いまもトップ・ミュージシャンのひとりでいるんでしょう。

 半世紀以上にわたって常にナンバー・ワンのポジションにいる。この事実はさまざまなことを示唆してくれます。努力だけではないでしょうし、才能だけでもありません。そういうことを考えながら、貞夫さんの音楽を聴いていたら、ぼくもやる気が湧いてきました。

e0021965_9362682.jpg
 音楽を聴いていると、たまにすべてを投げ出してもいいくらい凄く幸せな気分になることがあります。昨日は音楽に感激したこともさることながら、貞夫さんの若々しい姿を目の前できたことで、そんな気分を味わいました。

 翻ってみると、ぼくはつくづくいい音楽やいいひとたちに囲まれています。この歳になって、加山雄三じゃないですが「幸せだなぁ」って思える人生。最高でしょ?


【出演メンバー】
渡辺貞夫(as)
Fabio Torres(p)
Swami Jr.(g)
Bruno Migotto(b)
Celso de Almeida(ds)
2013年7月9日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット
by jazz_ogawa | 2013-07-10 09:41 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(3)
e0021965_1139486.jpg
 相変わらず懲りずに集めています。

 今回は『ヘルプ』のBlu-rayが注目。画質がかなりよくなっています。

e0021965_11395835.jpg
『SIE LIEBT DICH - WHITERE BEATLES LIEDER』(独盤・右)
『ELEANER RIGBY - NOCH MEHR BEATLES SONGS AUF DEUTSCH』(独盤・左)
 ドイツのBear Familyから出たドイツ語のカバー集。以下はディスク・ユニオンのコメントを引用。

e0021965_1140840.jpg
『SIE LIEBT DICH - WHITERE BEATLES LIEDER』
 ビートルズ・ドイツ語カバー集。こちらは割と正統派カバーが多く、よりビートルズになりたい度高い内容となっています。ロックンロール曲での微妙なエコーのかかり方などサウンド面でのこだわりや、アイドルとしての可愛らしいFAB4への憧れが詰まったサウンドにドイツ語が乗っかってクセになる1枚。なかでもしゃがれ声不良ガレージカバー"MONEY"。不穏なムードを醸し出すガレージギター&オルガンが音の塊となってVELVETSをも思わせる"THINGS WE SAID TODAY"、ゴ-ジャスなブラス&ストリングスが入る女性VO."ELEANOR RIGBY"、エロく語りかける女性VO."SOMETHING"など面白い変わりダネも有り!

e0021965_11402355.jpg
『ELEANER RIGBY - NOCH MEHR BEATLES SONGS AUF DEUTSCH』
 ドイツ語によるビートルズ・カヴァー/オマージュ集26曲! MRS. MILLERのようなDIEBEAT-OMAによる"A HARD DAY'S NIGHT"カヴァー、ラウンジ・アコーディオン・トリオDIE 3 SPITZBUBENによるコメディタッチの"MICHELLE"カヴァーなんかのキワモノ系ももちろんありつつ、CLIFF RICHARD、PEGGY MARCHなんかもドイツ語でウタってます! 

e0021965_11403560.jpg
『MOJO Magazine』
 7月号です。おまけのCDが気になるでしょ?

e0021965_11404911.jpg
『The Masked Marauders/Complete Deity Recordings』(US盤)
 謎の覆面バンドのアルバムがCD化されました。その昔、LPで登場したときは『Rolling Stone』誌もひと役買ったことから大騒ぎになったものです。本当に彼らが集まってレコーディングしたのか? 曲も演奏もそれ風。
by jazz_ogawa | 2013-07-08 11:41 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(2)
e0021965_2303371.jpg
 次回の放送は七夕の日ですね(リンゴの誕生日でもあります)。子供のころはわくわくしたものですが、この歳になるともうどうでもよくなってしまいました。こういうことに対する感性が失われてしまったんでしょうね、きっと。悲しいです。

 それはそれとして、七夕の日の放送はそれにちなんで・・・なんてことにはなりません。七夕にぴったりの曲なんてないですから。

e0021965_2304453.jpg
 ということで、今回は「小川隆夫のニューヨーク日記」。5回目になります。31年前の7月、留学していた小川君はニューヨークでいったいどんなジャズを聴いていたのか? 日記を紹介しながら、そのアーティストの演奏を聴く趣向です。

e0021965_2305690.jpg
 日記は23ヶ月分ありますから、やろうと思えばあと18回できますね(苦笑)。

e0021965_231649.jpg
「マイルスの真実」は、今回から『ビッチズ・ブリュー』と『ジャック・ジョンソン』の間に残された演奏と動きを紹介することになります。また長いことやるんでしょうね。でもこのダラダラ感がぼくは好きです。聴く方はたまったもんじゃないでしょうけど。

e0021965_2312297.jpg
 そしてゲストはブルース・オリエンテッドなギタリストのロベン・フォード。

e0021965_2313316.jpg
 レコーディングは残っていませんが、彼はマイルスのグループでも半年ほど活躍していました。また1974年にジョージ・ハリソンが行なった北米ツアーにも参加しています。そんな話も聞いてみたんですが、今回の放送では使いません。ぼくの秘蔵テープにしておきます。

e0021965_2314319.jpg
 ということで、いつもと同じ構成の内容です。

Jazz Conversation #180(2013.7.7.放送)
①【18:00:小川隆夫のニューヨーク日記⑤ 1982年7月~パート1】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第154回:『ビッチズ・ブリュー』の余韻)】
③【19:00:Meet The Star(第132回:ロベン・フォード)】
④【19:30:小川隆夫のニューヨーク日記⑤ 1982年7月~パート2】

 ご用とお急ぎでない方は日曜の18時にInterFMでお耳にかかりましょう。

e0021965_2315813.jpg

by jazz_ogawa | 2013-07-05 23:15 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_9162589.jpg
 気になっていたので先週末に観てきました。

 どうせ「ロバート・レッドフォード版」にはかなわんだろうと思っていたんですが、予想に反して面白かったです。レッドフォード版のオールド・ファッションな重厚さには欠けたものの、CGを駆使した映像はさすが『ムーラン・ルージュ』を監督したバズ・ラーマンらしい。

 上映時間の関係で3D版を観ました。これも予想に反してよかった。ぼくは3Dのよさがわからないアナログ人間ですし、どうして『華麗なるギャッツビー』が3Dなの? とも思っていたのですが、悪くなかったですね。

 それで凡人のぼくはやっぱり安直にふたりを比較してしまいます。ところがこちらもディカプリオなりの味があってよかった。レッドフォード版を観ていなければ、この映画、かなりよかったと思ったことでしょう。そろそろアカデミー賞が獲れないものかしら?

 けれどやっぱりレッドフォード版が一枚上かな? というよりレッドフォード版のインパクトがあまりに強いので、どうしてもぼくの中でそれが拭えません。通のひとにいわせれば比較すべきものではないんでしょうけどね。
by jazz_ogawa | 2013-07-04 09:19 | 映画&DVD | Trackback | Comments(4)
e0021965_17325822.jpg
 いやぁお元気でした。初来日のボブ・ドローにインタヴューをし、そのあとステージを観てきたんですが、12月で90歳になるとはとても思えない若々しさ。

e0021965_1733921.jpg
 これまでに90歳前後のミュージシャンに何度かインタヴューしたことがありますが、その中で群を抜いて若いのがボブ・ドロー。お年寄り(失礼)とはまったく思えませんし、話していてもそのことを感じさせません。

 いまだ前向きに人生を送っているひとの元気さ。それに触れることができてぼくも嬉しくなってしまいました。それとチャーリー・パーカーと共演したことのあるひとがまだ現役バリバリでステージに出ていることにも嬉しい驚きを覚えました。

e0021965_17332291.jpg
 ステージでも当然のことながら元気いっぱい。もともと飄々としたパフォーマンスをするひとですから、そこに枯れた味わいも加わり面目躍如たる楽しさを満喫させてもらいました。

e0021965_17333447.jpg
 インタヴューでは当然のことながらマイルスとのレコーディングについて語ってもらいましたし、シュガー・レイ・ロビンソンとのことやパーカーと共演したときの話、メル・トーメの「カミン・ホーム・ベイビー」に関するエピソードなどにも触れてもらいました。

 それにしても淀みのないトーク。いずれ「Jazz Conversation」で紹介しますが、お聞きになったらみなさんも驚くんじゃないかしら。


【出演メンバー】
Bob Dorough(p, vo)
Steve Berger(g)
Pat O'Leary(b)
2013年6月29日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット

e0021965_17334685.jpg

by jazz_ogawa | 2013-07-02 17:40 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_1323749.jpg
 今年も前半終了。ぼくの場合は、まあとくに大きな問題もなく淡々と半年が過ぎたってところでしょうか。

 いつも書いていますがそれが一番。ドラスティックな変化はあればあったで面白いかもしれませんが、ないのもこれまたよろしい。

 本業とウォーキングとラジオと音楽、それとごくごく狭い人間関係。これらがいい形で継続されていれば幸せな日々が過ごせます。これ以上のことは時間もないからできません。無理もしたくないですし。

 つまり現状維持が一番。ということはかわり映えのしない日々がなによりも大切。それでもけっこう面白いことがたくさん起こりますから。

 そういうことで7月もたいしたことはやりません。20日(土)のトーク&ライヴのイヴェントはいつもよりスペースが広い代官山「レザール」が会場なので、もう少し参加希望者が増えるといいのですが。

 中村善郎さんのボサノヴァは最高ですし、いつもと違う内容になるでしょうから、興味のある方はぜひ足をお運びください。

 あと「Jazz Conversation」ですが、28日の放送は特別番組が入るためお休みだそうです。

 その代わりといってはなんですが、盟友(向うはどう思っているか知りませんが)の行方均さんがやっているラジオ番組「プロファンドリー・ブルー」(Music Bird)に今月も出演します(20日&27日)。


【Broadcast】
毎週日曜 「Jazz Conversation」(Inter-FM 76.1、76.5=横浜 18:00~20:00) 7月の放送日は、7、14、21日(http://www.interfm.co.jp/jazz/index.php?mode=sun
 このページの左側に番組ブログのバナーがありますので、こちらもよろしく。PCやiPhoneでもradikoを通して聴けます。

07.20 & 27. 「プロファンドリー・ブルー」(Music Bird 13:00~14:00 再放送は日曜の8:00~9:00)


【Activities】
07.20. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク&ライヴ』(第2回:ゲスト~中村善郎 『ゲッツ=ジルベルト』全曲を歌う)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:3500円(フリー・ドリンク)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、または
http://kokucheese.com/event/index/90668/まで


【JAL国際線・機内放送】
06.01.-07.31. ジャズ・チャンネル(Jazzy Life)選曲・構成(テーマ:夢をテーマにしたジャズ)


【Articles】
07.20. 『CDジャーナル』(8月号)
    「試聴記」

07.24. 『ジャズジャパン』(2013 Vol.36)
    「ディスク・レヴュー」

07.31. InterFMフリーペーパー『It's about the MUSIC!』(8月号)
    「ポール・マッカートニー特集」


【Linernotes】
07.24. 『マッコイ・タイナー&ジャッキー・マクリーン/イッツ・アバ
    ウト・タイム』(ユニーサル)
by jazz_ogawa | 2013-07-01 01:36 | Works & Information | Trackback | Comments(0)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム