小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧
e0021965_12335668.jpg
 昨日はちょっと気になるブラジル人シンガーのライヴを観てきました。彼女は今年になって2枚のアルバムを同時に出しています。その最新作がチェット・ベイカー・トリビュートの『ブック・オブ・チェット』。そしてもう1枚がライフ・ワークともいえるデュオ・シリーズの3作目。

 今回の来日は「LUCIANA SOUZA “BRAZILIAN DUOS”featuring ROMERO LUBAMBO」と題し、長年の音楽仲間でデュオ・シリーズにもフィーチャーされているギタリスト=ホメロ・ルバンボとの共演でした。

 ヴァルテル・サントスの娘としてサンパウロで生まれたソウザですから、ステージではボサノヴァと新作からチェット・ベイカーのナンバーを中心に聴かせてくれました。

e0021965_1234748.jpg
 彼女のヴォーカルは「シルキー・ヴォイス」と呼ばれているだけあってなかなか魅力的。ボサノヴァにはぴったりの声質でした。落ち着いた雰囲気と哀愁を感じさせる表現に強い印象を覚えました。
 それとかなりスキャットを多用します。その変幻自在ぶりからは、まったくタイプが違うものの、ぼくはなぜかベティ・カーターを連想してしまいました。

e0021965_1235887.jpg
 ボサノヴァは過去の音楽かもしれませんが、こうして後続する世代に受け継がれ、いまもさまざまなひとが世界中で歌ったり演奏したりしています。この音楽が誕生して55年ほど。これが伝統っていうものなんでしょうね。


【出演メンバー】
Luciana Souza(vo、perc)
Romero Lubambo(g)
2012年12月5日 「丸の内 コットン・クラブ」 セカンド・セット
by jazz_ogawa | 2012-12-06 12:37 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(5)
e0021965_2112239.jpg
 明日の5日は12月に入って最初の「Jazz Conversation」。イヤーエンドに向け、豪華なゲストが「ミート・ザ・スター」に出てくれます。

e0021965_21123964.jpg
 ぼくのジャズ・ライフもこのひとがいなかったらこんなに楽しいものになったかどうか。その渡辺貞夫さんがゲストです。

e0021965_21125060.jpg
 そして、渡辺さんといえばチャーリー・パーカーに大きな影響を受けています。

e0021965_2113639.jpg
 ということで、今回の特集は渡辺さんに敬意を表して「チャーリー・パーカー派大集合」。渡辺さんのパートも含めて1時間まるまるパーカー派特集という側面もあります。

Jazz Conversation #150(2012.12.5.放送)
①【23:00:チャーリー・パーカー派大集合~パート1】
②【23:20:Meet The Star(第114回:渡辺貞夫)】
③【23:40:チャーリー・パーカー派大集合~パート2】

e0021965_21132165.jpg
 こんな内容でやってみます。水曜日の23時、InterFMでお耳にかかれれば嬉しいです。
by jazz_ogawa | 2012-12-04 21:14 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
e0021965_1464752.jpg
 今回は「新曲2曲を収録!! 50周年を飾るストーンズ最強のオールタイム・ベスト!!」を紹介します。

 嬉しいのか迷惑なのか、4ヴァージョンが出ました。購入すべきはEU盤、US盤、国内盤。

 トップの写真は【US盤】の4ヴァージョン
「Super Deluxe Edition」(特大ボックス仕様、左)
「Deluxe Edition」(DVDサイズのボックス仕様、右上)
「Regular Edition」(デジパック仕様、右中)
「Entry Edition」(プラケース仕様、右下)

e0021965_147153.jpg
「Super Deluxe Edition」に含まれるのはベスト盤4CD(80曲)

e0021965_1471460.jpg
 それとボーナスCD(5曲入り)

e0021965_147252.jpg
 こちらがポスター(右)

e0021965_1474267.jpg
 あとは7インチEP(4曲入り)、コンサート・ポスターを用いたポストカード5枚

e0021965_1475461.jpg

e0021965_148650.jpg
 そしてハードカヴァー本(これ、かなり豪華です)

e0021965_1481780.jpg
 限定ナンバーも入っています。

e0021965_1483168.jpg
 こちらはDVDサイズのボックス仕様(Deluxe Edition)。左からEU、US、JP盤。

e0021965_148452.jpg

e0021965_1491660.jpg
 EU盤とUS盤の違いは、ボックスの裏を見れば一目瞭然(すべてのヴァージョンに共通)。PolydorとUniversalのロゴがあるのがEU盤(上)で、UMeのロゴがあるのがUS盤。またボックスの蓋のグループ名とタイトルがEU盤ではエンボス加工されていますが、US盤はフラットです。

e0021965_1493290.jpg
「Deluxe Edition」のUS盤をあけてみました。

e0021965_1494982.jpg
 「Deluxe Edition」に含まれるのは3CD(50曲)

e0021965_1455813.jpg
 36ページのハードカヴァー本

e0021965_1461044.jpg
 この黒い封筒にはポストカードが5枚入っています。もったいないので未開封。

e0021965_1410238.jpg
 さて国内盤ですが、「Super Deluxe Edition」と「Deluxe Edition」はCDのみ国内プレスのSHM-CDで、それ以外はEU製でした。

 右中の「Regular Edition」(50曲入り3SHM-CD)と右下の「Entry Edition」(40曲入り2CD)はパッケージも含めて国内製です。

 このほかに、現在予約しているのはアナログLPボックスとBlue-Ray Audioですが、果たして発売されるのでしょうか?

 ビートルズとストーンズで10月から11月にかけてかなり散財しました。ジル・サンダーのコートを買おうと思っていたのですが、今年は諦めます。
by jazz_ogawa | 2012-12-03 14:12 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(6)
e0021965_14391440.jpg
 銀座の「Blue Eyes」でイヴェントをやらせてもらうのは初めてのことですが、ここは以前カメラマンの内山繁さんが写真展をやったことがあり、それでうかがったことのあるお店でした。

e0021965_1439359.jpg
 ライヴもやるジャズ喫茶みたいなスペース。そういうことから「Blue Eyes」は音響装置も売り物です。今回は究極の音質を追求したLP、「100% Pure LP」を聴くのが目的なので、まさにぴったりの会場でした。

 そして、それならせっかくだからジャズだけではなくロックのLPもこのシリーズから聴こう。そう考えて、前半をロック、後半をジャズでやってみました。

e0021965_14394923.jpg
 狭いお店なのにキャンセルが直前になって6人も出たのは悲しいです。でも、おかげでちょうどいい感じになりました。お越しいただいた方には楽しんでいただけたでしょうか? どうもありがとうございました。

 ぼくの話は相変わらずダメダメでしたけど、音はよかったでしょ? 

 このシリーズ、1回目の発売が12月12日です。全部で15枚発売されるんですが、その中から7枚を選び、発売前に聴いていただきました。

e0021965_1440548.jpg
 なので使用したのはテストプレス盤。ジャケットもまだありませんし、白いレーベルがついているだけ。これらは最初にプレスされた数枚のうちの1枚と思われます。

e0021965_14402121.jpg
 ディスクは透明で、これは市販されるものも同じです。本来レコード盤は透明なんですが、それだと曲間の溝が見えにくいため着色料を加えて黒くしているんですね。今回のLPは「100% Pure」を謳っていますから、当然着色料は使いません。

 最後に【Songlist】を掲載しておきます。

e0021965_14414185.jpg
1.ブラウン・シュガー~『ザ・ローリング・ストーンズ/スティッキー・フィンガーズ』(UIJY-90001)から
2.ティル・ザ・ネクスト・グッドバイ~『ザ・ローリング・ストーンズ/イッツ・オンリー・ロックン・ロール』(UIJY-90002)から
3.バーゲン~『ザ・フー/フーズ・ネクスト』(UIJY-90003)から
4.泣きたい気持ち~『ブラインド・フェイス/スーパー・ジャイアンツ』(UIJY-75001)から
5.アイ・ショット・ザ・シェリフ~『エリック・クラプトン/461オーシャン・ブールヴァード』(UIJY-75002)から

【休憩】

6.マイ・フーリッシュ・ハート~『ビル・エヴァンス/ワルツ・フォー・デビイ』(UCJO-90001)から
7.セント・トーマス~『ソニー・ロリンズ/サキソフォン・コロッサス』(UCJO-90003)から
8.ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ ~『アート・ペッパー/アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション』(UCJO-90004)から
9.エアジン~『ウェス・モンゴメリー/インクレディブル・ジャズ・ギター』(UCJO-90005)から
by jazz_ogawa | 2012-12-02 14:43 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(8)
e0021965_9575729.jpg
 やっと冬らしい寒さになってきました。夕方の東京タワーも冬っぽい空気の中で輝いています。

 今日は初めての場所での「ONGAKUゼミナール」。割と早い時点で満席になりました。といってもそんなに広くない場所ですが。それでもひところに比べるととてもありがたいことです。参加者のみなさんには前もってお礼をいっておきます。どうもありがとうございます。

 そして今月は恒例のニューヨーク行きがあります。それまでの3週間ほど、無理しないでいつものように気楽にやっていければ、と思っています。


【Broadcast】
毎週水曜 「ANA Jazz Conversation」(Inter-FM 76.1、76.5=横浜 2300~24:00) 12月の放送日は、5、12、19、26日(http://www.interfm.co.jp/jazz/index.php?mode=sun
 PCやiPhoneでも聴けます。


【Activities】
12.01. 『小川隆夫と聴く100%PURE LP―ストーンズからジャズまで』
@銀座「BLUE EYES」 中央区銀座1-20-15(03-3564-4155)http://www.miles5.co.jp/14:00時開場、午後14:30開演
会費:2000円(+1ドリンクオーダー・ミニマム)


【JAL国際線・機内放送】
12.01.-01.31. ジャズ・チャンネル(Jazzy Life)選曲・構成(テーマ:ジャズ・オーケストラ)


【Articles】
12.14. 『週間日本医事新報』(2012年12月15日号 4625号)
    「人となり」*インタヴューを受けました

12.24. 『ジャズジャパン』(2012 Vol.29)
    「ディスク・レヴュー」
by jazz_ogawa | 2012-12-01 09:59 | Works & Information | Trackback | Comments(0)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム