小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
e0021965_958124.jpg
 昨日、「サントリー・ホール」で観てきました。今回の目玉はムソルグスキーの「組曲 展覧会の絵」。ジャズのミュージシャンでも取り上げるひとはいますが、山下ヴァージョンはこれが初演。

 日本を代表するジャズ・プレイヤーで構成されたオーケストラに、今年はN響主席オーボエ奏者の茂木大輔を迎えてのコンサート。

 山下ワールドはジャズだろうがクラシックだろうが変わりありません。昨日は、オーケストラで「ロッキン・イン・リズム」と「オール・ザ・シングス・ユー・アー」、その後は3管セクステットでオリジナルの「グルーヴィン・パレード」が演奏され、ここでゲストの茂木さんが登場。あとはアンコールまで茂木さんは出ずっぱり。

 山下さんとのトークに続き、茂木さんが演りたかったという「クレイ」がデュオで演奏されました。クラシック奏者のフリー・ジャズ、これが素晴らしかった。そして前半最後は、そこにオーケストラの面々が戻り「ボレロ」が。

 休憩をはさんでの第二部は、この日の目玉である「組曲 展覧会の絵」の全曲演奏。紹介しておきますと、この日取り上げられた曲目のアレンジは、これまで同様にトロンボーン奏者の松本治さん。山下さん、茂木さんをはじめさまざまなメンバーをフィーチャーした「組曲 展覧会の絵」のアレンジも見事でした。

 そしてアンコールはこれまた全員で「スイングしなけりゃ意味がない」を。このころになると茂木さんもすっかりジャズ・ミュージシャンでした。

 振り返ってみれば、1960年代後半から山下さんのライヴを見続けています。そして40年以上が過ぎても、当時のパワーと創造性と破天荒ぶりとユーモアが衰えていないことに改めて驚かされました。あらゆるものを含有したことから生まれるエネルギーとでもいえばいいでしょうか。それを凝縮した演奏の数々は、だから「山下ミュージック」としかいいようがありません。

 スタイルも時代も音楽の理論も超越したところにある自由。そのことにぼくはいまもおおいに触発されます。自己満足ですが、まだそういうものに触発されるんだ。そう思うとなんだか嬉しくなってきました。

 実はぼくのいとこが2日前に同じホールでN響を率いてコンサートを開いていたんですが、そのときも茂木さんは主席オーボエ奏者ですから当然参加しています。山下さんとのトークでもそのことに触れ、いとこの名前が出たときは嬉しかったです。

 いとことは長いこと会っていないのでそのコンサートにも行きたかったんですが、クラシックのコンサートに途中から入るのは無礼だし、アメリカ大使館のパーティもあったのでやめにしました。でも、そのコンサートは彼にとってこれまでの集大成のような内容だったんで心残りではあります。

e0021965_9582133.jpg
 来るときもアパートから歩きでしたが、気分がいいので帰りも雨の中をウォーキングで。そのほうが、タクシーで帰るよりこの気分をじっくりと味わうことができるでしょうから。
by jazz_ogawa | 2012-07-07 10:06 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(8)
e0021965_10301581.jpg
 昨日の7月4日はアメリカの独立記念日。妙な縁からルース駐日米大使公邸で開かれたパーティに呼ばれました。とはいってもカジュアルなパーティ。「服装はCool Bizで」と招待状に書かれていたので、ああよかった!

e0021965_10305780.jpg
 本業があったため、着いたころにはこのパーティ、ほぼ終わっている時間帯。と思ったら大間違い。おおいに盛り上がっている最中でした。

e0021965_10311692.jpg
 大使公邸は大使館のとなりにあって、庭も建物もかなり広大。その1階部分を開放してのパーティでしたが、とにかくひとが多い。しかも庭は通路のようになっていて、そこは縁日の感じで、マックとかスタバとかのアメリカを代表するファースト・フードの店がズラリ。

 あとはこんな感じで、いったいこのパーティ、何時までやっていたんでしょう?
e0021965_10313998.jpg
e0021965_10315276.jpg
e0021965_10321495.jpg
e0021965_10325740.jpg
e0021965_10362449.jpg
e0021965_10364096.jpg
e0021965_10364969.jpg
e0021965_1037237.jpg
e0021965_10371165.jpg

by jazz_ogawa | 2012-07-05 10:38 | 平凡な日々 | Trackback | Comments(2)
e0021965_157228.jpg
 昨日のブログにも書きましたけれど、今月からわが「Jazz Conversation」にビッグ・スポンサーがつくことになりました。持つべきものは友人・知人。いつもお世話になっている方の紹介で、大企業のANAがスポンサーになってくれることに。

 スポンサーがついたら2時間番組の復活だ!

 なんて思っていましたが、現実はそうもいかないようで、いままでどおり。何の変更もありません。というか、コマーシャルが入る分、実質、時間が短縮になってしまいました(トホホ)。

 でもそのうち2時間に枠が戻るかもしれませんし、ね。とりあえずはこれまでどおりの内容とスタイルでやっていきます。

e0021965_1573560.jpg
 それで「ANA Jazz Conversation」となった1回目の放送もこれまでと変わりはありません。内容はこんな感じ。

Jazz Conversation #128(2012.7.4.放送)
①【23:00:必聴! ジャズ名盤(第6回:『ビル・エヴァンス/ポートレイト・イン・ジャズ』)~パート1】(SACD+SHM-CD)
②【23:20:Meet The Star(第103回:ジョシュア・レッドマン)】
③【23:40:必聴! ジャズ名盤(第6回:『ビル・エヴァンス/ポートレイト・イン・ジャズ』)~パート2】(SACD+SHM-CD)

e0021965_1574941.jpg
 久々に「必聴! ジャズ名盤」がやりたくなりました。紹介するのは大好きなビル・エヴァンスの『ポートレイト・イン・ジャズ』。これのSACD+SHM-CD盤です。聴く限り、リバーサイドのオリジナルLPよりも格段にベースの音がいいですし、「なるほど、インタープレイとはこういうものなのか」といった感じでトリオの演奏が迫ってきます。

e0021965_158223.jpg
 その音を、ディレクターがどのようにみなさんのご家庭まで伝えることができるか。頑張ってもらいましょう。

e0021965_1581418.jpg
 そしてゲストはハーバード大卒のジョシュア・レッドマン。今回はジェームス・ファームで来日したタイミングをとらえてのインタビューでした。

e0021965_1582529.jpg
 日本語でも英語(あたり前)でも知的な会話ができないぼくですから、その点はご容赦ください。

 それでは水曜日の23時、InterFMにラジオの周波数を合わせてください。PCやRadikoでもよろしく。
 
by jazz_ogawa | 2012-07-02 15:50 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_11565467.jpg
 ありがたいことに今月から「Jazz Conversation」にスポンサーがつくことになりました。しかも大企業のANA。これでしばらくは放送が続けられるんじゃないでしょうか。

 とはいっても、さしあたり内容の変更はありません。でもスポンサーがついたことで、そのうち何らかの変化が生じるかもしれません。

 今月は「ONGAKUゼミナール」がありません。ほぼ2ヶ月ごとに開催していた駒場東大前の「Orchard Bar」が5月末にクローズしたからです。そこで、高校時代の友人が経営している渋谷のバーに引越しをする予定でした。ところが今度はその友人が大怪我をしてしまい、今月の会は延期に。

 来月以降も未定なので、いまのところほぼ決まっているのは10月に銀座の「le sept」で開催予定のものだけです。手ごろな会場があれば、友人の回復を待つ間にどこかで臨時にやってもいいのですが、これもなかなか、ねぇ。

 今年もあっという間に半年がすぎました。本格的な夏に向かい、今月ものんびりやっていきたいと思います。


【Broadcast】
毎週水曜 「ANA Jazz Conversation」(Inter-FM 76.1、76.5=横浜 2300~24:00) 7月の放送日は、4、11、18、25日(http://www.interfm.co.jp/jazz/index.php?mode=sun
 PCやiPhoneでも聴けます。


【JAL国際線・機内放送】
06.01.-07.31. ジャズ・チャンネル(Jazzy Life)選曲・構成(テーマ:ジャズで巡る世界の旅)


【Articles】
07.15. 『Jazzyell』(144月号)
    「ディスク・レヴュー」

07.24. 『ジャズジャパン』(2012 Vol.24)
    「ディスク・レヴュー」

07.25. 『The SAX』(Vol.55)
    「ジャズ・テナーの歴史」
    「ジャズ・テナー最前線」
    「ジャズ・テナー相関図」


【Linernotes】
06.27. SACD+SHM-CD仕様『セロニアス・モンク/モンクズ・ミュージック』(ユニ
    バーサル)
07.25. SACD+SHM-CD仕様『ビル・エヴァンス・トリオ・ウィズ・シンフォニー・オ
    ーケストラ』(ユニバーサル)
by jazz_ogawa | 2012-07-01 11:58 | Works & Information | Trackback | Comments(8)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム