小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
e0021965_931492.jpg
 明日放送の「Jazz Conversation」ですが、今回はエアチェック・マニアの方、録音の準備をしたほうがいいかも、です。この間から予告していました渡辺香津美さんのライヴを放送します。

e0021965_9322270.jpg
 構成は、前半と後半で6月2日にお茶の水「NARU」で行なわれたギタープラネット主催「渡辺香津美が奏でるローデンギターの調べ」での演奏を、中程にお馴染みの「マイルス・デイヴィスの真実」を交えてお送りします。

 というわけで内容はこんな感じ。

Jazz Conversation #125(2012.6.13.放送)
①【23:00:渡辺香津美ライヴ@御茶ノ水「NARU」~パート1】
②【23:20:マイルス・デイヴィスの真実(第120回:次なる飛躍に向けて】
③【23:40:渡辺香津美ライヴ@御茶ノ水「NARU」~パート2】

e0021965_932398.jpg
 しかも素晴らしいプレゼントもあります。賞品がマーチンのギター(渡辺香津美サイン入り)ですからね。これを1名様に、そしてギター・メーカー「ローデン」のロゴ入りTシャツが2名様に抽選で当たります。番組内でキーワードをいいますから、それを書いてjazz@interfm.jpまでメールしてください。

 それでは明日の23時、InterFMでお耳にかかりましょう。
by jazz_ogawa | 2012-06-12 09:34 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
e0021965_10211753.jpg
 東京は雨、帯広は曇りで夜は雨になりました。

e0021965_10213414.jpg
 初めての帯広です。東京も昨日は涼しかったですが、やっぱり北海道はまだ寒い。30年近く前の同じ6月、1週間ほど根室の病院に助っ人で行ったことがありますが、あのときはストーブをつけていました。まあ、根室ですからね。

e0021965_10215139.jpg
 それはそれとして、今回のイヴェント、帯広在住でこのブログにもいろいろとコメントを寄せてくださる浦島さんが企画してくれました。英語学校の「ジョイ・イングリッシュ・アカデミー」を運営している方で、そういうこともあってテーマは「ジャズ、ニューヨーク、そして英語」。

e0021965_1022278.jpg
 写真のようになかなか立派な学校です。

e0021965_10221473.jpg
 その前に腹ごしらえを、ということで近くのレストランに。ここはソーセージがおいしいとのこと。たしかにおいしかったです。「風土はFoodを育てる」というキャッチ・コピーもうまい! コピーを考えたのは浦島さん。彼の親戚が経営しているお店だそうです。帯広名物の豚丼も少しだけですが、食べました。

e0021965_1022292.jpg
 さて7時からイヴェント開始。

e0021965_10224089.jpg
 ありがたいことに多くの方に集まっていただけました。これもひとえに浦島さんのご尽力です。ありがとうございました。そして、お越しいただいたみなさん、ぼくの「行き当たりばったり人生」を聞いて、「こいつは駄目だ」と思われたんじゃないでしょうか? 留学を考えているひとや、英語の習得を目指しているひとにとってのブレーキにならなければいいのですが。

e0021965_10225250.jpg
 スタイルはいつもの「ONGAKUゼミナール」とおんなじ。当然時間が足りなくなり、30分オーヴァーで最後の3曲はカット。

e0021965_1023747.jpg
 みなさんと一緒に聴いたのはこんな曲です。

1.スタン・ゲッツ/パラ・マシュカ・ミ・コラソン
2.マイルス・デイヴィス/オービッツ
3.マイルス・デイヴィス/ブラウン・ホーネット
4.バド・パウエル/ウン・ポコ・ロコ
5.ビル・エヴァンス/マイ・フーリッシュ・ハート
6.ウイントン・マルサリス/スターダスト
7.マイルス・デイヴィス/ブルー・イン・グリーン

 そのあとは浦島さんとお仲間とで食事会。人見知りのぼくですが、浦島さんのオープンなお人柄のおかげで楽しい夜が過ごせました。本当に今回はいろいろとお世話になり、ありがとうございました。またいつか、こういうイヴェントができたら嬉しいですね。

e0021965_10232544.jpg
 帯広での1日はこうして終わりましたが、「ONGAKUゼミナール」はこれからも続いていきます。

e0021965_10233794.jpg
 今月は23日の土曜日に銀座「le sept」で恒例の「ONGAKUゼミナール」が開催されます。こちらのテーマは「ジャズの名門グループ」。詳細は以下のようになっています。

06.23. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第23回「ジャズの名門グループ」)
@Bar le sept銀座 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/38278/、もしくは「le sept」(Tel:03-5537-2388)まで。


延期のお知らせ
 下記のイヴェントは事情により延期となりました。すでにご予約をいただいた方には申し訳ありませんでした。新しい日時が決まりましたらご連絡いたします。

 そして7月からは新しい場所での「ONGAKUゼミナール」が始まります。駒場東大前の「Orchard Bar」が5月でクローズしたことに伴い、場所を渋谷の百軒店(ひゃっけんだな)にある「PANAMA JOE'S」というバーに移しました。

e0021965_10235395.jpg
 こちらはちょっと周辺が猥雑なんですが、店内は落ち着いた雰囲気で、ぼくのイヴェントにもぴったりだと思います。1回目となる今回は、8月に来日が決まっているビーチ・ボーイズを特集しようと考えています。今年はデビュー50周年ですし、来日と50周年を祝っての会にしましょう。

07.28. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第16回:祝来日・祝50周年記念 ビーチ・ボーイズの60年代)
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)PANAMA JOE's 18:00~20:00 (17:30開場)  チャージ2000 円(w/1 drink)
問い合わせ・予約はコチラからhttp://kokucheese.com/event/index/40780/もしくは「PANAMA JOE'S」 渋谷区道玄坂2-19-1 03-3461-9047(18:00-22:00)まで。

 どちらも予約受付中です。お時間と興味のある方はぜひご参加を。
by jazz_ogawa | 2012-06-10 10:28 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(6)
e0021965_932354.jpg
 おとといの火曜日に観てきました。数年前に比べ、ジム・ホールの背中がずいぶん曲がっていたことにショック。しかし演奏はお見事。年齢を感じさせませんし、いまだ新しいフレーズにチャレンジしている姿は感動的でもありました。

e0021965_9325168.jpg
 独特のコード・ワークの合間に登場するフレーズ。若いころに比べるとコード・ワークの比重が増えていますが、それでもこのイノヴェーターは81歳になったいまも健在。豊かな創造性と音楽に対峙する真剣な姿勢には頭が下がります。

e0021965_933639.jpg
 演奏の前にはインタヴューもさせてもらいました。

e0021965_9332178.jpg
 ご高齢ですからひとつふたつコメントがもらえればいいと思っていたんですが、始めたらやめられない止まらない。これまでに共演した巨匠たち、ソニー・ロリンズ、ビル・エヴァンス、ポール・デスモンド、ロン・カーターについて、エピソードや思い出話をいろいろとしてもらいました。

 ジムさんはひょうきんなお爺ちゃんという感じで、気さくです。でもインタヴューには真剣に答えてくれました。

e0021965_9333239.jpg
 目の前でギターも弾いてくれました。役得です。

 ぼくにとっては至福の30分弱でした。

e0021965_9334636.jpg
【メンバー】
Jim Hall(g)
Scott Colley(b)
Joey Baron(ds)
by jazz_ogawa | 2012-06-07 09:35 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(11)
e0021965_1120493.jpg
 明日放送の「Jazz Conversation」は内外のライヴ・レコーディングを紹介しようと思っています。前半はアメリカ、後半は日本というか東京で録音された演奏です。

e0021965_1121620.jpg
 それで最後の1曲は、次回の予告編を兼ね、先日の渡辺香津美さんライヴから。

e0021965_11212740.jpg
「ミート・ザ・スター」に登場の塩谷哲さんの選曲もライヴにすれば統一感が出せたのですが、インタヴューした時点でこのアイディアがなかったため、2曲のうち1曲は偶然にライヴ・レコーディングから選びましたが、もう1曲はスタジオ録音。残念!

e0021965_11213912.jpg
 それでは明日の23時、InterFMでお耳にかかりましょう。プログラムは以下のようになります。

Jazz Conversation #124(2012.6.6.放送)
①【23:00:ライヴの名演を聴く~パート1】
②【23:20:Meet The Star(第101回:塩谷哲)】
③【23:40:ライヴの名演を聴く~パート2】

【おまけ】
e0021965_11215242.jpg
 代官山にある「蔦谷書店」のDVD無料サーヴィスは先月をもって終了となりましたが、今度は「品川港南口店」で7月1日までの無料サーヴィスが始まりました。こちらは借りられる枚数が半分の2枚。ここもウォーキング・コースですし、InterFMのスタジオに行く通り道なので便利至極。しかも24時間営業です。

 ちょっと遠回りをして歩けば往復でちょうど1時間。在庫が少ないという欠点はありますが、毎日2枚ずつ借りてもいいんですから、ありがたい。これもシニアの特典ですね。
by jazz_ogawa | 2012-06-05 11:25 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_14284032.jpg
 昨日は「Jazz Conversation」絡みのライヴがありました。

e0021965_1426423.jpg
 3月の「ミート・ザ・スター」に渡辺香津美さんがゲスト出演してくれたときのことです。収録が終わり、雑談でギターの話をしていました。そのときに、使っているのがローデンという名前のギターで、その製作者のジョージ・ローデン氏が6月に来日し、彼を招いて御茶ノ水の「NARU」で香津美さんが所有するローデンのギターを弾くライヴをする予定がある、なんて話になりました。

 冗談で、その「ライヴを収録し、番組で放送できたらいいですね」といってみたら、冗談から駒で本当に実現してしまいました。

e0021965_14262028.jpg
 というわけで、昨日は御茶ノ水の「NARU」に行ってきました。ステージでは香津美さんが何度か「Jazz Conversation」のことに触れてくれたり、13日の放送でこのライヴが特集されることも話してくれました。どうもありがとうございます。

e0021965_14263485.jpg
 さて、ライヴです。この日は香津美さんが所有するJ25、J35、そしてJ50という3台のローデンを弾きわけ、同じアコースティック・ギターでもナイロン弦(J25とJ35)とスティール弦(J50)の違い、さらにはオリジナルからビートルズの曲まで、さまざまな香津美ワールドがアコースティック・ギター・ソロで堪能できました。

e0021965_14264918.jpg
 狭いお店は立ち見が出る超満員。ライヴ終了後、香津美さんやローデン氏にサインをもらうひと、ギターについて質問するひともいて、みなさんおおいに楽しまれたみたいです。

e0021965_1427211.jpg
 次回(6月6日放送)の「Jazz Conversation」では予告編的にこのときのライヴから1曲、そして13日は「マイルス・デイヴィスの真実」以外はこのライヴで特集を組みたいと思います。
by jazz_ogawa | 2012-06-03 14:31 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_1023778.jpg
 昨日、観てきました。ジョシュア・レッドマンが中心のグループですが、特定のリーダーは立てず、メンバー全員が対等の立場で音楽と演奏にかかわるカルテットです。

 メンバーの頭文字を組み合わせてのグループ名。それなら「Jame's」とアポストロフィーをつけたほうがよかったのに、なんて思ったりもしますが、まあそんなことはどうでもいいか。

e0021965_1025618.jpg
 ファースト・セットの始まる前にラジオ用にインタヴュー。ジョシュアに話を聞くのは久しぶりです。本格的にデビューして20年。

e0021965_1031139.jpg
 ご存知の方も多いでしょうが、彼はハーバードを主席で卒業し、イエールのロー・スクールに進む予定でした。しかしその前に1年くらい勉強から離れようと考え、ニューヨークに出てきます。ブルックリンの友人宅に居候をし、夜な夜なジャズ・クラブで飛び入りしていたんですね。

 その時点で、ぼくたちの間ではすごい評判を呼んでいました。ぼくも2度ほど、偶然に当時の彼のプレイに接し、びっくりしたものです。コルトレーンの再来かと思いました。

 直後にはモンク・コンペティションで優勝。そしてレコーディング・デビュー。あれから20年です。インタヴューではそんなことも振り返ってもらいました。

e0021965_1032583.jpg
 いつも気さくで雄弁に話してくれるジョシュア。ステージも同じです。James Farmはアルバムを1枚だけ出していますが、そのスタジオ録音よりはるかにダイナミックなプレイを堪能させてもらいました。

 一緒に観た作家の平野啓一郎さんも、「CDより面白かった」とのご意見。同感です。

e0021965_1033787.jpg
 今回は自分がリーダーでないため、MCも少なめ。おかげで演奏に集中できました。それにしてもジョシュアの吹くフレーズは面白い。タイプは違いますが、予定調和のないフレーズの数々からはウエイン・ショーターに通じるものが感じられました。

 そうか、彼がデビューして20年が経つんだ。演奏を聴きながらそんなことに思いを馳せていました。ジョシュア曰く「何も考えずにやっていたら20年が経っていた。少しはましなプレイヤーになれたと思うけど、どうだろう?」

 この言葉は謙遜と受け止めておきましょう。この20年間、彼が残した実績と業績には素晴らしいものがあります。常にレギュラー・コンボを率いての活動。それを通してモダン・ジャズの現在進行形を素晴らしい形で示してくれました。そしてこのJames Farmは、ジョシュアにとってある意味でこれまでの集大成的なグループだと思います。

e0021965_103521.jpg
 ジョシュアが単独リーダーではないグループ。ゆえに他のメンバーの曲も積極的に演奏します。それらを通し、ぼく的な好みからいえば、いまのモダン・ジャズの理想形のひとつを聴かせてくれたJames Farmとジョシュア。

 次の20年で彼はどのような音楽を聴かせてくれるのか。生きているうちに次の金環日食は観られませんが、20年後のジョシュアなら、節制をして健康に留意し、日々を楽しく過ごしていればひょっとすると観ることができるかもしれません(でも、やっぱり無理かな?)。

【メンバー】
JOSHUA REDMAN(ts)
AARON PARKS(p)
MATT PENMAN(b)
ERIC HARLAND(ds)
by jazz_ogawa | 2012-06-02 10:06 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_1323366.jpg
 今年も今月で半分がすぎることになります。あっという間です。去年くらいからあんまり忙しくしないようにしているんですが、それでもときが経つのは早い。

 これっていいことなのかよくないことなのかわかりませんが、まあ本人はいろいろな点で楽しい日々が過ごせていますから、いいことなんでしょう。

 明日は御茶ノ水の「NARU」で渡辺香津美さんのライヴがあり、「Jazz Conversation」が収録します。この模様は6日に予告編的に紹介し、13日に特集を組みます。すでにチケットはソルドアウト。ぜひ、ラジオで香津美さんのライヴをお楽しみください。

 それから、6月はトーク・イヴェントがふたつ。ひとつは9日の帯広で、もうひとつが銀座の「ONGAKUゼミナール」。どちらもテーマはジャズ。

 帯広は初めてです。行って帰ってくるだけですが、たまには東京から外に出るのもいいかな、と。それより、ぼくなんかのためにイヴェントを催してくださる方がいる。そのことに感謝です。留学時代の話が中心になると思うので、当時のことをちょっといまから振り返っておきます。

【Broadcast】
毎週水曜 「Jazz Conversation」(Inter-FM 76.1、76.5=横浜 2300~24:00) 6月の放送日は、6、13、20、27日(http://www.interfm.co.jp/jazz/index.php?mode=sun
 PCやiPhoneでも聴けます。

【Activities】
06.09. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~ジャズ、ニューヨーク、そして英語』
@ジョイ・イングリッシュ・アカデミーB館(帯広市西17条南5丁目11-14)
19:00~21:00 会費:1500円(ソフトドリンク付き)
申込方法:事前申込が必要です。ジョイA・B館カウンターにて直接、または以下の方法でお名前とクラス(または一般)、電話番号をお知らせください。
電話: 0155-33-0198(当日まで応対可能)
http://www.joyworld.com/adult-news/adult-catc/2012/03/post-692.php

06.23. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第23回「ジャズの名門グループ」)
@Bar le sept銀座 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/38278/、もしくは「le sept」(Tel:03-5537-2388)まで。


【JAL国際線・機内放送】
06.01.-07.31. ジャズ・チャンネル(Jazzy Life)選曲・構成(テーマ:ジャズで巡る世界の旅)


【Articles】
06.15. 『Jazzyell』(144月号)
    「ディスク・レヴュー」

06.24. 『ジャズジャパン』(2012 Vol.23)
    「ディスク・レヴュー」


【Linernotes】
06.20. 『スティーヴン・ロシート/ナイト・アンド・デイ~シナトラに捧ぐ』(JVC)
by jazz_ogawa | 2012-06-01 13:25 | Works & Information | Trackback | Comments(4)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム