小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 02:52
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧
e0021965_9113696.jpg
 スウェーデン出身のシンガー、リーサのライヴを渋谷で観てきました。ジャズの世界ではいとも簡単に「美人~」のキャッチ・フレーズを使います。でも、たいていは看板に偽りあり。しかしリーサは正真正銘の美人シンガー。しかも知的な美人です。

e0021965_9115430.jpg
 実は数日前にインタヴューもしていて、こちらの模様は今度の「Jazz Conversation」で紹介させてもらいます。

e0021965_9121441.jpg
「JZ Brat」でのライヴはバックが日本人のコンボ【荻原亮(g)熊谷泰昌(p)川村竜(b)柴田亮(ds)】で、シンプルながら彼女の魅力を気持ちのいい形で表出させていました。4月に出た新作『レット・ミー・ラヴ・ユー』を中心に、ポップなフィーリングも交えたジャズ・ヴォーカルは、洒落ていて、しかも本格派。

e0021965_9122946.jpg
 女優としてもスティーヴン・セガール主演の2006年作品『Attack Force』で準主役を射止めているリーサ。そうしたキャリアがヴォーカルにも反映されているようです。キュートでコケティッシュな魅力はCDで聴いても伝わってきましたが、ライヴではそれがいっそうの輝きを増していました。

e0021965_9124013.jpg
 実力も十分で、選曲にも魅力あり。リーサの好ましい部分がいい形で表現されていたライヴになりました。渋谷の夜は、そろそろ冬の気配がしてきましたが、ポカポカの気分で会場をあとにすることができました。
by jazz_ogawa | 2011-11-10 09:13 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_1126301.jpg
 インタヴューも兼ねて、先週の火曜日(11月1日)に観てきました。このところパット・マルティーノはオルガン・トリオでの演奏がメインで、今回も若いオルガン・プレイヤー(Pat Bianchi)とドラマー(Shawn Hill)を従え、相変わらずのテクニシャンぶりを聴かせてくれました。

 ぼくが観たセットで演奏したのはすべてがジャズ・オリジナル。ジョン・コルトレーンの「インプレッションズ」から始まり、ウエス・モンゴメリーの「フル・ハウス」、マイルスの「オール・ブルース」、セロニアス・モンクの「ラウンド・ミッドナイト」、チャーリー・クリスチャンとベニー・グッドマンが書いた「セヴン・カムズ・イレヴン」など、どの曲でもシングル・ノートを中心にしたご機嫌なプレイを聴かせてくれました。

e0021965_11275379.jpg
 ファースト・セット終了後はインタヴュー。ダンディという言葉がぴったりのパットさん。

 ステージでは寡黙でしたが、インタヴューではいろいろなことを話してくれました。脳腫瘍の手術後に記憶喪失になり、ギターのこともすっかり忘れ、ゼロから再スタートしたことなど、短い時間ではとても物足りなく、それが残念無念。

e0021965_1128694.jpg
 そしてカムバックを果たした1987年、彼はニューヨークの「ファット・チューズデイズ」に登場します。運良くそのステージをぼくは観ています。そのことを話したとたん、本当に嬉しそうな顔をして、あとはその話で終わっちゃいました。

 本当はもっと聞きたいことがあったんですけど、こういう流れは大切です。ぼくは、そのライヴに心からか感動したんですが、そのことが伝えられただけでもよかったかな、と。パットさんも喜んでくれて、思わず抱きしめられちゃいました。

e0021965_11282719.jpg
 パットさんの笑顔、いいでしょ?
by jazz_ogawa | 2011-11-08 11:29 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(3)
e0021965_9331250.jpg
 いつも集客が心配な「ONGAKUゼミナール」ですが、主催のお嬢さん方や会場となった銀座「le sept」の則子さんたちのお陰で、今回もキャンセル待ちの方が数人出る結果になりました。ご来場のみなさん、本当にありがとうございました。そしてご来場できなかった方には申し訳ありませんでした。

e0021965_933319.jpg
 今回のテーマは「ジャズで巡るニューヨーク」。つまりニューヨークの地名や場所をテーマにした曲を選び、それらにちなんだ四方山話をする趣向です。ぼくがニューヨークで写してきた写真も紹介しながら、思いついた話をしていくだけなので気は楽です。

 そのせいで30分ほどオーヴァーしてしまいました。あんな話でお楽しみいただけたでしょうか? そこに不安はありますが、ニューヨークに住んでいないとわからない話も少しは混ぜたつもりなので、それに免じてお許しください。

e0021965_9334247.jpg
 ニューヨークの魅力ってひとくちではいえません。強いていうなら、そこに流れている空気とかヴァイブレーションでしょうか。音楽と写真とぼくの拙い話で、そんなことが少しでも体感していただけたら嬉しいです。

e0021965_9335296.jpg
 それで、昨日はこんな曲を聴きました。

1.ソニー・ロリンズ/マンハッタン
2.フランク・シナトラ(ウィズ・トニー・ベネット)/ニューヨーク、ニューヨーク
3.デクスター・ゴードン/オータム・イン・ニューヨーク
4.ノラ・ジョーンズ/バック・トゥ・マンハッタン
5.アン・バートン/ニューヨーク・ステート・オブ・マインド
6.クリス・コナー/バードランドの子守唄
7.バド・パウエル/52丁目のテーマ
8.カーティス・フラー/ファイヴ・スポット・アフターダーク '93
9.エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロング/ストンピン・アット・ザヴォイ
10.トニー・ベネット/ブロードウェイの子守唄
11.スティング/イングリッシュマン・イン・ニューヨーク
12.モダン・ジャズ・カルテット/スケーティング・イン・セントラル・パーク
13.ジョン・コルトレーン/セントラル・パーク・ウエスト
14.ホレス・シルヴァー/サマー・イン・セントラル・パーク
15.マイルス・デイヴィス/ニューヨークへボートが

e0021965_934555.jpg
 主催のお嬢さんが急に思い立ち、iTunesで今回のセットリストを作ってくれました。iTunesの都合でフランク・シナトラとトニー・ベネットの「ニューヨーク、ニューヨーク」はないようです。曲はセレクト通りになっています。興味のあるかたはチェックしてみてください。http://c.itunes.apple.com/jp/imix/id478616042

 さて、次回は今年最後の「ONゼミ」。12月10日の土曜日に駒場東大前の「Orchard Bar」で開催します。こちらも興味のある方はお誘いあわせの上、ご予約を願えたら嬉しいです。

e0021965_9341978.jpg
12.10. Talk Event『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第13回:サマー・オブ・ラヴ~サンフランシスコ・ロック)@駒場東大前Orchard Bar 19:00~21:00 チャージ2000 円(w/1 drink)
問い合わせ・予約:「Orchard Bar」 080-3463-1807
http://blog.livedoor.jp/nobby2jack/archives/cat_50015795.html)、もしくはコチラから
by jazz_ogawa | 2011-11-07 09:36 | ONGAKUゼミナール | Trackback(1) | Comments(10)
e0021965_9582051.jpg
 早いもので今年もあと2ヶ月。快調(と勝手に思っていますが)に飛ばしている「Jazz Conversation」も残るところあと8回。この勢いを保ち、来年もガンガン行きたいと思っています。

 その思いも込めて、明日からは月1の新企画を始めます。題して「必聴! ジャズ名盤」。

 以前、リスナーの方から「名盤紹介のコーナーも作ってください」というメールをいただきました。このことは番組開始の時点で考えていたんですが、やりたいことがたくさんあって、そのままになっていました。

e0021965_9583562.jpg
 ありきたりの「名盤紹介」では面白くない。なにせへそ曲がりで、ひととは違うことをやりたいぼくですから。それなら、ディレクターが番組用にSACDプレイヤーを購入していることだし、高音質盤もしくはオリジナルLPで聴く「名盤紹介」なら面白いかな? という結論に達しました。

 それともうひとつ、「名盤」についても考えてみました。「名盤」って何? ってことです。「名盤」の定義なんてありません。100人が100人、口を揃えて「名盤」と呼べるものなどこの世に1枚もありません。ならばぼくにとっての「名盤」、いい換えれば大切にしているアルバム、それを紹介するのがいいかな。それなら簡単ですし。

「簡単」っていうのも、「Jazz Conversation」にとって重要なキーワードです。というか、これはぼくの行き方でもあります。簡単なことばっかりやってきたら、けっこう楽しい人生になっちゃった。それが「Jazz Conversation」にも存分に生かされています。

 というわけで、ぼくにとっての「名盤」をみなさんに押し付けちゃうコーナーが明日から始まる「必聴! ジャズ名盤」です。といっても妙なものは選びません。ひととは違うことをやりたいぼくですが、こういうところは実に平凡。そもそも誰も知らないようなアルバムを得意げに紹介するなん、ぼくの美意識にそぐわないですから。そんなのかっこ悪いじゃないですか。

 でも早川義男のデビュー・アルバムのタイトル『かっこ悪いことは何てかっこいいんだろう』という言葉に「なるほど」とも思っています。矛盾だらけのぼくです。まあ、どうでもいいです。「どうでもいい」もぼくの大切にしているコンセプトですし。

 長々と書いてしまいましたが、明日のラインアップはこうなります。

Jazz Conversation #094(2011.11.06.放送)
①【16:00:ジャズで聴く子守唄・童謡】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第94回:第2期黄金クインテットが始動)】
③【17:00:Meet The Star(第80回:日野皓正)】
④【17:30:必聴! ジャズ名盤(第1回:『スタン・ゲッツ/ゲッツ=ジルベルト』)】

e0021965_959915.jpg
 日野皓正さんは8月にも「Meet The Star」にご登場願いましたが、今回は「東京Jazz 2011」のトーク・ショウから一部を紹介しながら、代表的な演奏を聴く趣向です。日野さんのトークも絶好調です、お楽しみにしてください。

 それでは明日の16時、InterFMでお耳にかかりましょう。

 ぼくは、このあと銀座の「ONGAKUゼミナール」に行ってきます。その前に、今日は久々、映画でも観ようかな?
by jazz_ogawa | 2011-11-05 10:03 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_10122792.jpg
 その50周年記念のコンサートに先日(10月30日)行ってきました。50年の歴史を持つ「モダン・ジャズ研究会」。それだけに、プロのミュージシャンも数多く輩出されています。筆頭は鈴木良雄さんと増尾好秋さんかしら。

 コンサートの最後は彼らのデュオ、さらにはそこに寺下誠さんと小山彰太さんを加えたカルテット、そしてゲストの日野皓正さんも迎えてのオーラスでおおいに盛り上がりました。3時に始まったコンサートの終演は7時ちょっと前。途中10分だけ休憩を挟んでのステージです。

e0021965_1012446.jpg
 それにしても、早稲田のダンモ研はアマチュアもうまい。プロはだしのひとがぞろぞろ出てきて、彼らがプロの先輩や後輩ミュージシャンとグループを組んで演奏します。ぼくはプロよりアマチュアOBたちの演奏に心を動かされました。「ぼくだってやってればこの位はできる」、「いや、負けた」なんて勝手に勝敗をつけて聴いていました。

 後半に、懐かしい中洲産業大学音楽学部器楽科教授の森田さんに戻ったタモリさん登場。いまではこういう密室芸は封印しているみたいで、よもやここで教授の「ジャズ史講座」が受講できるとは思いませんでした。

e0021965_10125449.jpg
 この写真は開演前のロビーで撮ったものです。現役のグループでしょうか。それでもかなりの腕前。いまだ「ダンモ研」恐るべし、です。
by jazz_ogawa | 2011-11-04 10:14 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_8551951.jpg
 11月の「ONゼミ」は今度の土曜日に銀座の「le sept」で開催しますが、ここでは来月の「ONゼミ」の告知をしておきます。

 12月10日の土曜日、会場は駒場東大前の「Orchard Bar」。詳細は下記のとおりです。

12.10. Talk Event『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第13回:サマー・オブ・ラヴ~サンフランシスコ・ロック)@駒場東大前Orchard Bar 19:00~21:00 チャージ2000 円(w/1 drink)
問い合わせ・予約:「Orchard Bar」 080-3463-1807
http://blog.livedoor.jp/nobby2jack/archives/cat_50015795.html)、もしくはコチラから

 先日の「東京Jazz 2011」でマイク・ノックさんとトーク・セッションをさせてもらいました。そのときに触発されて決めたのが今回のテーマです。1967年はサマー・オブ・ラヴと呼ばれています。花のサンフランシスコ、フラワー・チルドレン、ヒッピー文化、フィルモア・オーディトリアム・・・。こういう言葉を聞くと、ぼくの体内にはアドレナリンが駆け巡ります。

 というわけで、当日はハイ・テンションで、ただし心臓に負担のかからない程度に興奮したいと思います。
by jazz_ogawa | 2011-11-02 08:56 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
e0021965_1063667.jpg
 ニューヨークでは大雪が降ったというし、タイの大洪水も前代未聞ですし、世界のあちこちで異常気象による災害がここ数年増えてきたと思いませんか? なんだか終末に向かっているようでいやですが、それでも日々、地球は回っています。

 東京だってまだ夏日があったりして、なかなか季節が落ち着きません。それでも着実に秋から冬には向かっているようで、ウォーキングもしばらく前に比べればずっと快適になっています。

 11月のONゼミは、今度の土曜日、6時から銀座の「le sept」で開催します。テーマは「ジャズで巡るマンハッタン」。ついでに12月の予定も紹介しておきますと、12月は10日の土曜日、駒場の「Orchard Bar」で、テーマは「サマー・オブ・ラヴ~サンフランシスコ・ロック」。どちらもぼくの得意ジャンルです。銀座はキャンセル待ちですが、駒場はまだ誰も予約していません(たぶん)。よろしくお願いします。


【Broadcast】
毎週日曜 「Jazz Conversation」(Inter-FM 76.1、76.5=横浜 16:00~18:00) 11月の放送日は、6、13、20、27日(http://www.interfm.co.jp/jazz/index.php?mode=sun
 このページの左側に番組ブログのバナーがありますので、こちらもよろしく。PCやiPhoneでも聴けます。Pod Castingもやってます。これもページの左側にバナーがあります。


【Activities】
11.05. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第21回「ジャズで巡るマンハッタン」)@銀座「le sept」 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/18616/、もしくは「le sept」(Tel:03-5537-2388)まで。


【JAL国際線・機内放送】
10.01.-11.30. ジャズ・チャンネル(Jazzy Life)選曲・構成(テーマ:ウィズ・ストリングスで聴くジャズ)


【Articles】
11.08. 『BNT tabloid11月号/no.15』
    「ロイ・ヘインズ・ファウンテン・オブ・ユース・バンド Jammin' with セヴィアン・グローヴァー」
    「トゥーツ・シールマンス・コンサート・レヴュー」

11.20. 『CDジャーナル』(12月号)
    「試聴記」

11.24. 『ジャズジャパン』(2011 Vol.16)
    「ディスク・レヴュー」

11.27. 『男の隠れ家』(2012年1月号) 
    巻頭エッセー「ライヴハウス通史(仮)」
    「ライヴ・アルバム紹介」

11.30. 『日本経済新聞』(夕刊) 
    「ロックタイムズ」小川隆夫インタヴュー掲載


【Linernotes】
11.23. 『スタン・ゲッツ&ビル・エヴァンス/スタン・ゲッツ&ビル・エヴァンス』(ユニバーサル)
11.25. 『ハリー・アレン/ブルース・フォー・プレス・アンド・テディ』(スイングブロス)
by jazz_ogawa | 2011-11-01 10:16 | Works & Information | Trackback | Comments(2)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム