小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
e0021965_9353181.jpg
 先にiPad版が発売されていましたが、1週間前にようやくiPhone版も発売されました。

e0021965_936275.jpg
 iTunes Storeに行き、右上の検索ボックスに「名盤裏」などと打ち込めば、ポップアップでフルタイトル(「名盤のウラに記された真実 for iPhone」)が出ます。それを選べばOK。

e0021965_9361996.jpg
 iPad版は容量が大きくなってしまったため、前編と後編にわけての発売でした。それがiPhone版では全17アーティスト分が1冊で読めます。価格は900円。

e0021965_9363229.jpg
 自分のiPhoneにもダウンロードしてみました。けっこう読みやすいです。動きも早いです。

e0021965_9364539.jpg
 ジャケットをタッチすると

e0021965_9365740.jpg
 ジャケ裏になります。

 それぞれページから該当するCDを購入することも可能。こういうところが電子書籍の利点でしょうか。iPhoneもかなり普及していると思います。通勤の友などにいかがでしょうか?
by jazz_ogawa | 2011-08-12 09:38 | Works | Trackback | Comments(2)
e0021965_11303395.jpg
 今日は宣伝です。来週の土曜日、20日ですけど、銀座にあるバー「le sept」で20回目の「ONGAKUゼミナール」を開催します。テーマは「フランク・シナトラVSナット・キング・コール」。

 それぞれの代表曲はもちろんのこと、お馴染みの曲の聴き比べもいいなぁ、なんて思っています。どちらもジャズ・シンガーからキャリアを始めて、ポピュラー畑で大人気を獲得しました。なので、小難しい曲はいっさいなし。ジャズ・フィーリングもある親しみやすい曲を選ぼうかな、と。

 お盆の時期と重なったのか、ぼくの集客力のなさか、あるいは20回もやったので飽きられたか。理由はわかりませんが、相変わらずキャンセルもあったりで、いまのところガラガラです(悲)。なので、みなさんのあたたかいご協力を。

08.20. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第20回「フランク・シナトラVSナット・キング・コール」) @Bar le sept銀座 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/13977/、もしくは「le sept」(Tel:03-5537-2388)まで。

e0021965_1133717.jpg
 9月の「ONゼミ」は駒場東大前の「Orchard Bar」で「60年代音楽シリーズ」をやります。開催日は10日の土曜日。前回に引き続き、「60年代黄金のポップス」のパート2。こちらも集客はどうなることやら、です。

 時代はロック全盛になっていきますが、まだ良質なポップスもたくさんありました。そういうものをみなさんと一緒に楽しめればと思っています。

09.10. Talk Event『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第12回:60年代黄金のポップス Part 2)@駒場東大前Orchard Bar 19:00~21:00 チャージ2000 円(w/1 drink)
お問い合わせ:「Orchard Bar」 080-3463-1807
http://blog.livedoor.jp/nobby2jack/archives/cat_50015795.html)、もしくはコチラから

e0021965_11332475.jpg
 それからもうひとつ、こちらは8月20日からの毎週土曜日、4回にわたって開催される青山学院大学「青学オープン・カレッジ夏季講座」。ぼくは8月27日の回を頼まれています。題して「マイルス・デイヴィスで聴くモダン・ジャズの変遷」。

時間:15:00-16:30 
会場:青山キャンパス(スペシャル・ライヴのみ南青山「Bode & Soul」)
受講料:13600円
お問い合わせ先:青山オープン・カレッジ事務局 Tel:03-3409-8501 Fax:03-3498-8361
申し込み:http://www.j-aoyama.jp

 以上です。お暑い中、そしてお忙しいとは思いますが、土曜日には音楽でも聴きながら寛ぐっていうのもいいものです。興味のある方はぜひよろしく。
by jazz_ogawa | 2011-08-09 11:35 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(4)
e0021965_1540370.jpg
 先日惜しまれつつこの世を去った原田芳雄さん主演の映画『大鹿村騒動記』を銀座で観てきました(8月6日)。

 去年の秋に京都で「ONGAKUゼミナール」をした際、映画監督の林海象さんから、原田さんの体調が悪いことは聞かされていました。ちょうどそのときにこの映画を撮影していたようです。それで翌日、林さんは車を運転して差し入れをしに現地まで行くといっていたことを思い出しました。

 具合はかなり悪かったんでしょう。しかし映画の中の原田さんは元気いっぱい。そんなことは微塵も感じさせません。役者根性という言葉が脳裏をよぎりました。

 この映画の完成を見届けてから原田さんはあの世に旅立ちました。不謹慎かもしれませんが、役者としては最高の引き際です。最後まで原田さんは役者だったんでしょう。

 サッカーの松田直樹選手も練習中にピッチで倒れ、そのまま帰らぬひととなりました。本人は無念でしょうが、そして不謹慎なものいいであることも十分に承知していますが、これまたサッカー選手冥利に尽きる最後だったと思います。

 ぼくも松田選手と症状はほとんど同じでしたが、幸いそこまで心臓に急激なダメージを受けなかったため、なんとか間に合いました。倒れた場所も病院ですし、妙なところで倒れなくよかったなぁとしみじみ思います。車を運転しているときにおかしくなったら大変でから。恥かしいような場所で倒れるの嫌ですし。

 倒れてから7年がすぎました。それ以来、「いつ死んでもいいや」と思って生きてきましたが、なかなか身の回りの整理ができません。いま死んだら、残されたひとが大変です。もっとすっきり片付けておかなくてはと思いつつ、相変わらず物が増えています。

 話はまとまりませんが、原田さんとぼくは顔見知りだったようです。「ようです」と書いたのは、すっかりそのことを忘れていて、いまだにそういわれてもまったくそういう場面がぼくの頭の中に甦らないからです。

 学生時代、大学の前にあった喫茶店にぼくと仲間は入りびたりでした。普通の喫茶店だったんですが、いつの間にか常連のぼくたちがマスターを説得してジャズ喫茶にしてしまいました。そこに、ときどきふらりと立ち寄っていたのが原田さんです。

 そのことを先日あるひとからいわれたんですが、ぼくにはまったく記憶がありません。別の友人によれば、ぼくたちは言葉も交わしていたそうです。いまから40年ほど前の話です。

 原田さんといえば、10年くらい前でしょうか、下北沢の小さな映画館で、彼のライヴを観たことがあります。渋いブルースを聴かせてくれました。ぼくは彼のようなタイプにも憧れているところがあって、そのときもすっかり触発されちゃったんですけどね。

 いまのぼくは、当時の原田さんの年齢になりました。あの渋さと男らしさには逆立ちしたってかないません。生き方がそのひとの存在感を作りますから、真似したって無理です。

 役者という仕事に入れ込んだ原田さん。ひとつのことに夢中になって生きている点では、ぼくだった負けていません。その分、まわりのひとは迷惑でしょうけど。

 映画を観ながらいろんなことを考えちゃいました。とりとめのないことばかりですけどね。
by jazz_ogawa | 2011-08-08 15:44 | 映画&DVD | Trackback | Comments(0)
e0021965_9474946.jpg
 特番のため、不本意(ここ強調しておきます)ながら2回連続して番組が中止になってしまいました。2週続いて放送がないと、「ついに終わったか」と思われたひとも多いようです。

 心配したリスナーの方から、局にも問い合わせの電話がかかってきたとか。嬉しいことです。友人や知人からは、「失言がすぎて、ついに強制終了させられたか」と、喜んでいるような言葉もいくつか。

 しかし「Jazz Conversation」は不滅です。そう簡単には終わりません。今回はたまたま2週連続、局の都合で休んだだけ。ぼくは休みたくなかったですけどね(ここ強調しておきます)。だって、毎週楽しみにしているリスナーの方(少しはいるらしい)に申し訳ないじゃないですか。あんまり、簡単にお休みにはしてほしくないです(ここは大強調)。

「そんなこと書くな」と、天王洲の方から天の声が聞こえてきそうですが、まあいいじゃないですか。本音なんですから。

 水を差された気分ですが、ぼくも大人なので(本当か?)気を取り直し、再開を素直に喜びましょう。というわけで、明日は3週間ぶりの放送になります。内容はこんな感じ。

Jazz Conversation #081(2011.8.7.放送)
①【16:00:最近の新譜から】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第81回:17歳の天才ドラマー)】
③【17:00:Meet The Star(第69回:市原ひかり)】
④【17:30:アーティスト特集(第19回:モダン・ジャズ・カルテット)】

e0021965_9484491.jpg
①と④は、本来なら7月の最終週にやる予定だったもの。番組休止のため8月にずれ込んでしまいました。こういうのも嫌なんですけど、放送が休みだから7月分はやらないというはもっと嫌なので、明日の放送でやらせてもらいます。

e0021965_949022.jpg
「マイルスの真実」では、いよいよトニー・ウィリアムスが参加してきます。これで、ロン・カーターと彼が顔を揃えたことになります。あとはハービー・ハンコックですが、彼については次回になるかな?

e0021965_9491077.jpg
 市原ひかりさんは昨年に続いての登場。新作『UNITY』がかっこいい出来映えで、その中から曲を聴きながらいろいろな話をしてもらいました。

e0021965_9492127.jpg
 トランペットを持っていたので、最後に1曲ソロを吹いていました。最後のフレーズが素敵です。サンキュー、ひかりちゃん。
by jazz_ogawa | 2011-08-06 09:54 | Inter-FM | Trackback | Comments(6)
e0021965_1193427.jpg
 初めて行ったお店です。ライヴ・ハウスというよりはバーです。普段はボサノヴァが聴けるバーとして営業しているみたい。オーナーがボサノヴァの評論家なので、中村さん曰く、「かなりマニアックなレコードがあるよ」とのこと。

 中村さんのライヴは7月31日(日)の午後4時から。北鎌倉のイヴェントに続いて、昼下がりのボサノヴァとなりました。この時間帯に聴くボサノヴァがなかなかいいです。

e0021965_1195034.jpg
 今回もまったくのソロ・パフォーマンス。しかも2時間1本勝負で、たっぷりと中村ワールドが味わえました。お馴染みの曲から初めて聴く曲まで。それにしても中村さんのレパートリーは広い。2時間でボサノヴァのさまざまな魅力が堪能できました。

e0021965_1110283.jpg
 このお店、東急ハンズ近くの路地裏にあります。ちょっとわかりづらいですが、雰囲気いいです。お酒も揃っているし、BGMにボサノヴァを聴きながらお酒を飲むなんて洒落てませんか?

 ぼくはお酒を原則、飲みませんが、ここでなら少し飲んでもいいかな? 若者の街、渋谷の喧騒とは別世界の穏やかな空気が「バルキーニョ」には流れていました。
by jazz_ogawa | 2011-08-04 11:11 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_1033595.jpg
 先週の金曜日(29日)に観てきました。今回は新作『The Gathering』(国内盤未発売)が出たばかりということもあり、そこからの曲が中心のステージ。

e0021965_1035538.jpg
 この『The Gathering』、なかなかいいアルバムです。カントリーの曲をカヴァーしているんですね。ウィリー・ネルソンの「Healing Hands Of Time」、ロジャー・ミラーの「When Two World Collide」なんかがいい感じで歌われています。

 このCDでもそうでしたが、ダイアン・シューアの歌は実にカントリー的。カントリーの曲をジャズ風にアレンジしたというのではなく、カントリーにジャズのテイストをまぶしたといった感じでしょうか。

 ぼくはカントリーも大好きなので、こういうアプローチには好感が持てます。ダイアンはいつもと同じように歌っているんですが、これがカントリーっぽく聴こえます。そこが面白い発見でした。もともと彼女は守備範囲が広いシンガーですから、こういうのも地で歌っているんでしょう。とくにカントリー風に歌う意識はないみたいです。

e0021965_104752.jpg
 そもそも、彼女はティーンのころにカントリーのシングル盤でデビューしたそうです。これは、ステージ前に行なったインタヴューで教えてもらいました。

 影響を受けたシンガーも多彩です。こういう質問に対しては数人の名前を挙げるが一般的ですが、彼女は20人以上の名前を挙げてくれました。それも、ジャズ、ポップス、ロック、R&B、カントリー、ブルースなど、さまざまなジャンルにわたっています。そこに、ダイアンの幅広い音楽性の秘密があるんでしょう。

e0021965_1042199.jpg
 ステージでは、新作からの曲以外にも、「スイングしなけりゃ意味ないよ」とか、インストで「アイ・ラヴ・ユー」なども聴かせてくれました。相変わらず世界中を精力的に回っているダイアンです。これからも健康に気をつけて、素敵な歌をずっと聴かせてもらいたいですね。
by jazz_ogawa | 2011-08-02 10:07 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_9295280.jpg
 ここ1週間くらいは梅雨に逆戻りしたような東京ですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか? 大雨が各地を襲っていますので大変な方もいることとお察しします。

 現在、日本はいろいろ点で未曾有の危機に面しています。でも、なんとか力を合わせて乗り切らないと。日本人は勤勉ですから、乗り切れると思いますが。

 そのこととはまったく関係ありませんが、このところ暇です。こんなに暇なのは二足の草鞋を履くようになって初めてかもしれません。

 貧乏性のぼくとしては、そういうときもボケッとしていることができないんで、このときとばかりにあちこちに出没しています。こういう時間がしばらく続くのも悪くはないかな? といったところです。

 8月はトーク・イヴェントが2回あるだけ。ひとつは20日(土)の「ONGAKUゼミナール」。銀座の「le sept」で「フランク・シナトラVSナット・キング・コール」と題し、ふたりの歌をじっくり聴く予定です。

 もうひとつは、翌週の27日(土)に行なわれる『青学オープン・カレッジ夏季講座』。ぼくの回も含めて毎週土曜に4回の講座が開かれます(最終回は南青山「ボディ&ソウル」でのライヴ)。詳細は下記をごらんください。

 本業もお盆休みがあるので、けっこう遊べる時間があります。まあ、時間を潰すことにかけては自信があるので、せいぜい楽しもうかな、と。

 みなさんも夏休み、有意義に過ごしてくださいね。って、ぼくに言われたくないですよね。失礼しました。

【Broadcast】
毎週日曜 「Jazz Conversation」(Inter-FM 76.1、76.5=横浜 16:00~18:00) 8月の放送日は、7、14、21、28日、(http://www.interfm.co.jp/jazz/index.php?mode=sun
 番組ブログ(http://www.interfm.co.jp/jazz/blog/)もありますので、こちらもよろしく。PCやiPhoneでも聴けます。Pod Castingもやってます。これはページの左側にバナーがあります。


【Activities】
08.20. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第20回「フランク・シナトラVSナット・キング・コール」) @Bar le sept銀座 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/13977/、もしくは「le sept」(Tel:03-5537-2388)まで。

08.27. 『青学オープン・カレッジ夏季講座』の2回目を担当
第1回(8月20日):ジャズ・トランペットの楽しみ方~講師:岩井千尋
第2回(8月27日):マイルス・デイヴィスで聴くモダン・ジャズの変遷~講師:小川隆夫
第3回(9月3日):ジャズ曲の聴き方~「Tea For Two」の変遷をめぐって~講師:村尾陸男
第4回(9月10日):スペシャル・ライヴ@南青山「Bode & Soul」

曜日:土曜日
時間:15:00-16:30 
会場:青山キャンパス(スペシャル・ライヴのみ南青山「Bode & Soul」)
受講料:13600円
お問い合わせ先:青山オープン・カレッジ事務局 Tel:03-3409-8501 Fax:03-3498-8361
申し込み:http://www.j-aoyama.jp
 暑い盛りとは思いますが、興味のある方はぜひご参加を。


【JAL国際線・機内放送】
08.01.-09.30. ジャズ・チャンネル(Jazzy Life)選曲・構成(テーマ:クールなジャズ)


【Articles】
08.24. 『ジャズジャパン』(2011 Vol.13)
    「ディスク・レヴュー」
by jazz_ogawa | 2011-08-01 09:32 | Works & Information | Trackback | Comments(0)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム