小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
e0021965_993744.jpg
 毎月どこかで開催するのが目標の(主催者および関係者談)「ONGAKUゼミナール」。まずは今度の土曜日(6月11日)ですが、駒場東大前の「Orchard Bar」で、「60年代音楽シリーズ」の第11回目「60年代黄金のポップス」を開催します。今回は集客に苦戦しているようです。なので、お時間ある方はどうぞよろしく。

06.11. Talk Event『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第11回:60年代黄金のポップス)@駒場東大前Orchard Bar 19:00~21:00 チャージ2000 円(w/1 drink)
お問い合わせ:「Orchard Bar」 080-3463-1807
http://blog.livedoor.jp/nobby2jack/archives/cat_50015795.html)、もしくはコチラから

e0021965_995471.jpg
 それで来月の「ONゼミ」は北鎌倉で7月16日(土)に開催します。こちらはボサノヴァの中村善郎さんとジョイントによる「ONGAKUゼミナール」。こういうジョイントは初の試みです。

 そもそもは3月19日に、北鎌倉で「土曜の午後はボサノバを」をテーマに「ONGAKUゼミナール」を開催する予定でした。ところが震災の直後ということもあり、やむおえず延期に。そこで新たに企画を考えていたんですが、フト思いついて中村さんに声をかけてみました。

e0021965_910748.jpg
 中村さんとはこの秋に関西方面でジョイント企画が進行中です。今回もテーマがボサノヴァなので、まずはここでやってみようかなと思ったしだいです。ぼくの話なんかより、生でボサノヴァを聴いたほうが絶対にいいですよね。だからぼくはお邪魔虫かもしれません。

 それでは、以下に今回のイヴェントの主催者からのコメントを貼りつけておきます。

e0021965_9102354.jpg
 たいへんお待たせいたしました。「土曜の午後はボサノヴァを」、いよいよ開催する運びとなりました。
 3月19日(土曜日)開催予定だった「小川隆夫ONGAKUゼミナール」は震災の影響で計画停電が実行され、交通機関や音源機材の準備が不安定との判断で、やむなく延期させていただきました。お申し込みいただいたお客様には大変ご迷惑をおかけしましたが、あくまで希望的延期であり中止ではないとのお約束通り、来る7月16日(土曜日)、開催することになりました。

 今回の「ONGAKUゼミナール」は、小川先生の解説や楽しいエピソードを交えながら、日本のジョアン・ジルベルトとも呼ばれる中村善郎さんをゲストにお招きして、ギターの弾き語りによるボサノヴァ・ライヴをお楽しみいただきたいと思います。小川先生ご推薦の中村さんは、都内でのライヴ活動でお忙しい日々をお過ごしですが、今回のご出演を快く承諾していただきました。7月の土曜の午后、緑したたる鎌倉山のあのお宅で、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


 開催日時    7月16日(土曜日) pm4:00-pm6:00
 場所      鎌倉市寺分   オフィストヨダ
 会費      4000円 (ワンドリンク付き)
 アクセス    JR大船駅東口バスターミナル 京急バス桔梗山行き「深沢中学校上」下車徒歩3分

07.16. 『小川隆夫のONGAKUゼミナール~土曜の午後はボサノヴァで』
オフィストヨダ@北鎌倉
16:00~18:00PM 会費4000円(w/1 drink)
問い合わせ・ご予約はこちらhttp://flowermiki.exblog.jp/d2011-06-06/から。

 以上、お時間と興味のある方はぜひご参加ください。7月の北鎌倉、気持ちがいいんじゃないでしょうか。土曜の午後、お茶を飲みながら聴く心地のよいボサノヴァ。やっぱりぼくはお邪魔虫になっちゃいますね(涙)。
by jazz_ogawa | 2011-06-08 09:17 | ONGAKUゼミナール | Trackback(1) | Comments(2)
e0021965_13142432.jpg
 1週間ほど前ですが、午後からの本業が休みになったので、この映画を六本木で観てきました。

 ナタリー・ポートマンのアカデミー受賞作品であることも気になっていました。監督はダーレン・アロノフスキー。このひと、『レスラー』も監督していましたよね。プロ・レスラーとバレエ・ダンサー。パフォーマーとしての立ち位置は両極端ですが、ぼくはふたつの映画を観て、両者にどこか通じるものを感じました。

 あと、この映画はかなり幻想的なミステリーというか心理劇で、ロマン・ポランスキーの『ローズマリーの赤ちゃん』のことを思い出したりもしました。後半はホラーといってもいいかもしれません。

e0021965_131439100.jpg
 ナタリー・ポートマンはこの役のためにかなり減量したのでしょう。それとバレエの技量もたいしたものです。子供のときに習っていたとか。しかし、それだけでここまで踊れるとは思えません。エキストラも使っているようですが、それでもたいしたものだと思いました。

 アカデミーを受賞したのも当然。ぼくは納得です。プリマの重圧に押しつぶされていく若い女性。その心理描写がミステリー・タッチで描かれていて、最後まで気を抜かずに観ることができました。

e0021965_13145151.jpg
 ウィークデイの午後ということもあり、六本木の映画館でもさすがにすいています。でもこれは震災とは関係なく、いつもの光景です。いつもと同じが一番。ウィークデイの昼間から混んでいるのもいやですが、ひとっこひとりいないというのも寂しいです。

 封切られてしばらく経ったこともあり、スクリーンは小さなところでした。そこにほどほどのお客さんがいて、ちょうどいい感じ。こういうのもぼくの安心感につながっています。
by jazz_ogawa | 2011-06-06 13:16 | 映画&DVD | Trackback | Comments(4)
e0021965_8421431.jpg
 昨年1月から始めた「Jazz Conversation」。そろそろ1年半が過ぎようとしています。この間、東日本大震災のために1回だけお休みをしましたが、それ以外は無傷のフル出場(って、スポーツじゃないんだけど)。

 明日で74回目です。回数フェチですから、番号が増えていくことに無上の喜びを感じます。ああ嬉しい!

 それで明日は、前から考えていた企画をパート1とパート2にわけて1時間分やっちゃいます。題して「ジャズ・ピアニストによるクラシック」。

 16時からの30分は外国人編で、こちらは「こんなひとまでクラシックの曲を弾いていたのか」といった選曲にしてみました。

 そして最後の30分は日本人編。こちらはさもありなんの人選です。どなたが登場するか、お楽しみに。

e0021965_8431113.jpg
 74回目の放送ということは、「マイルス・デイヴィスの真実」も74回目。一度も《休講》はありません。今回は1961年5月19日に開催された「カネギー・ホール」コンサートの模様を、あまり知られていないエピソードとともに講義する予定です。話が時間内でうまく収まるか、そこがやや心配ではありますが。

e0021965_8432912.jpg
 ゲストはジョー・サンプル。今回は、ザディコ・ミュージックっていうんでしょうか、ニューオリンズの音楽を演奏するクレオール・ジョー・バンドを率いての来日です。Inter FMの「GLOBAL SATELLITE」に出演するためスタジオにやってきたところをつかまえ、突撃インタヴューを敢行しました。

e0021965_8434652.jpg
 このコーナー、ファンなら見逃せません。未発表のクレオール・ジョー・バンドによる曲がかかります。これ、最高にかっこいいです。しかし来日中にこのバンドはさらなる発展を遂げたため、この音源はお蔵入りになる可能性大とのこと(たぶん)。マニアなら見逃せないでしょ? そうそう、サインのプレゼントもあります。

 というわけで、明日のラインアップはこうなります。それでは午後4時、Inter FMでお耳にかかりましょう。

Jazz Conversation #074(2011.6.05.放送)
①【16:00:ジャズ・ピアニストによるクラシック~パート1:外国人編】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第74回:ギル・エヴァンス・オーケストラとの共演ライヴが実現】
③【17:00:Meet The Star(第62回:ジョー・サンプル)】
④【17:30:ジャズ・ピアニストによるクラシック~パート2:日本人編】
by jazz_ogawa | 2011-06-04 08:45 | Inter-FM | Trackback | Comments(17)
e0021965_8434485.jpg
 おとといは豪華なライヴにお呼ばれしました。役得です。「Hotel Okura Live Index Vol.5」というもので、ディナー+ディオンヌ・ワーウィックのライヴ。ただし本業の都合があり、17時から19時のディナー・タイムには間に合わず。ホテルにある4つのレストランから好きなところを選んでのコース・メニュー。好みのものが多かっただけに、ウーン、残念。

 でも、自分でお金を払ったわけじゃないし、ライヴ、それもディオンヌですからね、そのステージが観られただけでももうけもの。

e0021965_844251.jpg
 それにしても、やはり大物。ステージに登場しただけで存在感があります。高校時代からさんざん聴いてきたお馴染みのバカラック・ナンバーが次々と披露され、ぼくの思いはいっきに40年以上前に飛びました。

 高校のころはセプターから出ていた彼女のレコードも買いました。日本ではテイチクから出ていたのかな? でも渋谷のヤマハで輸入盤が安く買えたし、国内未発売のレコードもたくさんあったので(当時のディオンヌは日本でそれほど知られていませんでした)、500円くらいでオリジナル盤をずいぶん(たぶん全部)買ったんじゃないでしょうか。

 そういえば、その渋谷ヤマハがなくなるとか。あそこがぼくの音楽生活の原点でもあったので、感慨ひとしおです。

 輸入盤が試聴できた「ミュージック・バー」。ぼくよりちょっと年上のお姉さんたちが店員さんでした。カウンター越しに交わした彼女たちとの会話。これが初心な高校生にとってはドキドキもので、恥ずかしくも楽しかった青春時代。いまとなっては懐かしいひとこまです。

 初めて買ったギブソンのギターは、彼女たちのひとりに頼み、社員割引にしてもらったことも。別の彼女はミュージシャンと結婚してニューヨークに行ったとか。で、留学時代にそっくりなひとを見かけたんですが、「ひと違いだったらやだな」と思い、声はかけませんでした。なんてことが、ディオンヌのステージを観ながら一瞬にして甦りました。

e0021965_8441774.jpg
 ステージは「ウォーク・オン・バイ」から。「マイケルへのメッセージ」、「アルフィー」、「小さな願い」、「サン・ホセへの道」、「恋よ、さよなら」、「ディス・ガイ」(ディス・ガールと歌ってましたが)、「世界は愛を求めている」といったバカラック・ナンバー(順不同です)、歌唱指導をしながらの「ハートブレイカー」、それから「クワイエット・ナイト」、「3月の水」、「ブラジル」のボサノバ・コーナー、さらには新作『オンリー・トラスト・ユア・ハート』からのタイトル曲(ぼくにはアストラッド・ジルベルトの歌が懐かしい)や「アイル・ネヴァー・ストップ・ラヴィング・ユー」など、お馴染みの曲を中心にした約90分。

 客席から観るディオンヌの姿は昔のまんま。体型もあまり変わっていません。それも、ぼくの気持ちを1960年代に引き戻したのかもしれませんね。

 そうそう、恥ずかしいことがひとつ。ライヴのナヴィゲートを務めていたルーシー・ケントさんにステージから名前を呼び上げられてしまいました。お客さんはぼくのことなんか知らないでしょうから、なんだろうと思ったんじゃないかしら。恥ずかしかったけれど、これはルーシーさんからの友情の証と、感謝しています。彼女も相変わらず元気溌剌で、久々ににお目にかかれて嬉しかったです。

 それにしてもこういうライヴ、ひとりで行くもんじゃありません。ライヴにはひとりで行くのが好きですが、この雰囲気と内容だったらひとりじゃ寂しい。男性でも女性でもいいんですが、思いや記憶に共通するものがあるひとと行ければ、終わったあとが楽しかったかも。でも招待ですから、贅沢はいえません。次回はチケットを買って誰かと行きますか。
by jazz_ogawa | 2011-06-03 08:49 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(5)
e0021965_9181118.jpg
 今年は少し早い梅雨入りですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか? 相変わらずの原発問題や先日の台風といい、東北地方は大変な状況とお察しします。しかしいつもいっているように、元気なひとたちは元気でいなくては。

 夜の街も、ぼくの周辺では少しずつ活況が戻ってきたようです。そんな光景にほっとしています。これから暑い夏に向かって電力消費をどうするか? 日本人は賢いですから、みんなの英知と創意工夫を動員して、なんとか乗り切らなくては、ですね。

 とりあえず、ぼくはいつものように日々を淡々と過ごしています。震災前と比べれば、気持ちや生活に変化はあります。それは当然です。でもできるだけ同じように生活しようと思っていますし、実際にそうしています。

 というわけで、今月も大きな変化はありません。それが一番幸せなのかもしれません。

 さて、6月は11日に駒場東大前の「Orvard Bar」で「ONGAKUゼミナール」。ぼくが小学生から高校生だったころに聴いた洋楽ポップスを特集します。開催日は21日ではなく11日です。また開始時間は午後7時。ご参加の方はお間違えのないように。


【Broadcast】
毎週日曜 「Jazz Conversation」(Inter-FM 76.1、76.5=横浜 16:00~18:00) 6月の放送日は、5、12、19、26日(http://www.interfm.co.jp/jazz/index.php?mode=sun
 このページの左側に番組ブログのバナーがありますので、こちらもよろしく。PCやiPhoneでも聴けます。Pod Castingもやってます。これもページの左側にバナーがあります。


【Activities】
06.11. Talk Event『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第11回:60年代黄金のポップス)@駒場東大前Orchard Bar 19:00~21:00 チャージ2000 円(w/1 drink)
お問い合わせ:「Orchard Bar」 080-3463-1807
http://blog.livedoor.jp/nobby2jack/archives/cat_50015795.html)、もしくはコチラから


【JAL国際線・機内放送】
06.01.-07.31. ジャズ・チャンネル(Jazzy Life)選曲・構成(テーマ:ピアノ・トリオ)


【Articles】
06.01. 『Jazzyell』(134月号)
    「ディスク・レヴュー」

06.24. 『ジャズジャパン』(2011 Vol.11)
    「ディスク・レヴュー」


【Linernotes】
06.22. 『オスカー・ピーターソン/ガール・トーク』(ユニバーサル)
06.22. 『サラ・ヴォーン/ウィズ・クリフォード・ブラウン』(ユニバーサル)
06.22. 『マッコイ・タイナー/バラードとブルースの夜』(ユニバーサル)
06.22. 『ステファン・グラッペリ/煙が目にしみる』(ユニバーサル)
06.22. 『グレイト・ジャズ・トリオ/アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』
    (ユニバーサル)
06.22. 『アート・ファーマー/思い出の夏』(ユニバーサル)
06.22. 『アーマッド・ジャマル/バット・ノット・フォー・ミー』(ユニバーサ
    ル)
06.22. 『オスカー・ピーターソン/ソロ!』(ユニバーサル)
06.22. 『オスカー・ピーターソン/ウエスト・サイド・ストーリー』(ユニバー
    サル)
06.22. 『ケニー・バレル/ヴィレッジ・ヴァンガードの夜』(ユニバーサル)
by jazz_ogawa | 2011-06-01 09:25 | Works & Information | Trackback | Comments(0)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム