小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
 さきほど、ある方から質問を受けました。
「夫婦で参加の場合も2冊購入しないといけませんか?」
 これはいい質問です。たしかに一家に一冊はあったほうがいいですが(笑)、二冊は必要ないですよね。もちろんご希望の方には二冊でも三冊でもお売りしますが。

 それではこうしましょう。ご夫婦の方はひとりが正規の3500円で、もうひとりはドリンク代の500円。映画の「夫婦50割」みたいなものですね。

 集客力ゼロのぼくですから、「ふたり分取られるならやーめた」といわれるより、「それならふたりで行こうかな」と思っていただけたほうがはるかにありがたいです。本だってゼロより一冊でも売れたほうがいいでしょ? ということで、このブログで事後報告の形になりましたが、出版元である東京キララ社の中村さん・前島さん、いいですよね?
 ここでこう書いたら「ダメ」とはいえないでしょうし。

 このイヴェント、そもそも料金設定に矛盾があります。事前にお買い求めの方は、当日拙著をご持参いただければドリンク代だけで入場できます。ところが当日だと、税金、ドリンク代、トーク代のすべてがただです。本の定価である3500円のみでOKですから。

 となると、事前にお買い求めの方は、書店で税金、会場でドリンク代を払うことになります。自分のトーク・イヴェントでこんなことをいうのもおかしいんですが、これってなんだか釈然としませんよね。「トーク・イヴェントまで待てん」といってお買い求め下さった方がいたら、本当は当日に税金分をお返ししたいほどです。でも、出版社としてはそうもいかないでしょうし、場所代もかかります。ここは申し訳ありませんが、このような料金設定でよろしくお願いします。

 ところでいま気がつきましたが、どう転んでもぼくのトーク代は無料なんですね。別にかまいませんが。そういうわで、事前にお買い求めていただいた方もこれでお許しください。でも、どのくらいの方が来てくれるのかぜんぜん自信がありません。
by jazz_ogawa | 2009-06-03 15:24 | ONGAKUゼミナール | Trackback(2) | Comments(5)
e0021965_0223211.jpg
 6月から9月にかけて、毎月1回トーク・イヴェントをやります。

 まずは6月13日の「ONGAKUゼミナール」@銀座Bar「le sept」
 こちらは3ヶ月に一度のイヴェントで、今回の特集は「これがブルーノートだ!」。今年創業70周年を迎えるブルーノート・レーベルのエッセンスを紹介したいと思います。先日、主催者に聞いたところまだ席には若干の余裕があるそうです。予約・問い合わせコチラから
@Bar le sept銀座 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)


 7月は『ブルーノート大事典』発売記念トーク・イヴェントを5日に自由が丘の「ステージ悠」で開催します。詳細は下記の通りです。
日時:2009年7月5日(日) 15:15開場 15:30~17:00
会場:STAGE 悠
   〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-23-16
   TEL & FAX:03-3724-5877
   東急東横線・大井町線自由が丘駅正面口より徒歩7分
e0021965_0224943.jpg

料金:3,500円(「ブルーノート大事典」1冊+1ドリンク付)
   ※「ブルーノート大事典」ご持参の方、500円(1ドリンク付)
お問い合わせ:東京キララ社(TEL & FAX 03-3233-2228)担当:前島さん
参加ご希望の方は、当日直接お越しいただいても大丈夫だとは思いますが、上記東京キララ社前島さんまでご予約いただければ幸いです。


 そして8月は京都に進出します。
「ONGAKUゼミナール in 京都」 8月1日(土)午後7時~
会場は映画監督の林海象さんが経営する「バー探偵」。先日京都のホテルを予約しましたし(笑)、詳細は間もなく発表します。どうぞお楽しみに!!!


 さらに9月には、先日駒場東大前で行った「60年代音楽」の2回目と、ローテーション通りなら銀座のBar「le sept」での「ONGAKUゼミナール」も開催される予定です。ネタはいくらでもありますので、お楽しみに。


 ところで先日駒場東大前のイヴェントに来てくださったソウル系の評論家、Soul Searchin'こと吉岡正晴さんが、ご自身のソウル・サーチン・ブログでぼくのことをこのところ毎日書いていてくれます。これが自分のことながら面白くて、「ぼくってやっぱりアホだなぁ」とか、「わがことながらなんとラッキーなヤツ」とか思ってしまいます。みなさんもぜひ覗いてみてください。現在まで4回掲載されています。

パート1 http://blog.soulsearchin.com/archives/002936.html
パート2 http://blog.soulsearchin.com/archives/002937.html
パート3 http://blog.soulsearchin.com/archives/002939.html
パート4 http://blog.soulsearchin.com/archives/002940.html

Thanks brother, sour searchin' !!!
by jazz_ogawa | 2009-06-03 00:29 | ONGAKUゼミナール | Trackback(1) | Comments(10)
e0021965_1871239.jpg
 1週間前までわいわい騒いでいた新型インフルエンザ。もうほとんど誰も騒いでいません。渋谷に行っても、マスクをしているひとなんてほとんどいないし。こういうのってどうなんでしょう?

 困っているのはマスクを作っている会社かもしれませんね? 在庫を抱えてどうしましょうって。テレビや新聞は煽ぐだけ煽いで、あとは次のニュースへ。日本って本当に面白い国です。だから日本人、やめられません。って、そうでなくてもやめられませんが。

 5月は2冊の本を出せましたが、今月はひとやすみ。次は7月です。8月にも出そうです。そういうわけで、今月は単行本の執筆に精力を傾けます。

 ただし、パンローリングという出版社から『愛しのジャズメン』のオーディオ・ブックが6月8日に出ます。Amazonで予約受付中です。また、デジタル配信もあって、ここからC:\Users\Takao Ogawa\Desktop\でじじ オーディオブック.mhtダウンロードできるみたいです。世の中、どんどん変わっていきますね。

 イヴェントでは13日の土曜日に銀座のバー「le sept」で「ONGAKUゼミナール」を開催します。サッカーのワールドカップの予選を優先したら、この日になりました。今回は、銀座では初めてのブルーノート特集です。

 いつもはすぐに予約で定員いっぱいになりますが、今回はまだ若干席があるそうです。興味のある方は下記の連絡先までよろしく。7月5日の日曜にも自由が丘の「ギャラリー悠」で『ブルーノト大事典』の出版記念トーク・イヴェントをやりますので、内容は重ならないようにしようと思っています。

 あとは有料ですが、CSのミュージック・バードというチャンネルで放送中の『高野雲の快楽ジャズ通信』に出ます。こちらは「MUSIC BIRD」(JAZZチャンネル)が6月21日(日)の22:00-23:00、全国のコミュニティFM(無料)が6月20日(土)の20:00-20:55、それから「MUSIC BIRD」のCrosscultureチャンネルでも再放送があり、こちらが6月25日(木)の23:00-24:00です。


【Book】
06.08. [オーディオブックCD]『 愛しのジャズメン』 (パンローリング)

【Activities】
06.13. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第13回:創業70周年記念「これがブルーノートだ」) @Bar le sept銀座 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)
問い合わせはコチラから


【Broadcast】
06.21.他 『高野雲の快楽ジャズ通信』(Music Bird 22:00~23:00)


【Articles】
05.29. 『Wax Poetics Japan』(No.4) 
    「ユッカ・エスコラ・インタヴュー」

06.01. 『The CD Club』(7月号)
    「CD Review『夏のかほり~サマー・ジャズ・コレクション』」

06.20. 『スイングジャーナル』(7月号)
    「ジャズ名盤講座第27回:Pablo編」
    「名盤のウラに記された真実:第7回キース・ジャレット」
    「ディスク・レヴュー」

06.20. 『CDジャーナル』(7月号)
    「カラー・レビュー」
    「輸入盤紹介」
    「試聴記」


【Linernotes】
06.10. 『アート・ブレイキー/バードランドの夜 Vol.1』(EMIミュージック)
06.10. 『クリフォード・ブラウン・メモリアル・アルバム』(EMIミュージック)
06.19. 『エルモ・ホープ/メディテイションズ』(ユニバーサル)
06.19. 『フレディ・レッド/サンフランシスコ組曲』(ユニバーサル)
06.19. 『ハンプトン・ホーズ/ヒア・アンド・ナウ』(ユニバーサル)
06.19. 『テオ・マセロ/テオ』(ユニバーサル)
06.24. 『益田幹夫/ミッキーズ・マウス』(ユニバーサル)
06.24. 『鈴木勲/ヒップ・ダンシン』(ユニバーサル)
06.24. 『古澤良治郎/ユー・ウォナ・レイン?』(ユニバーサル)
06.24. 『土岐英史/スカイ・ヴュー』(ユニバーサル)
06.24. 『山下洋輔/暖流』(ユニバーサル)
06.24. 『富樫雅彦=山下洋輔/兆』(ユニバーサル)
06.24. 『松本英彦/スリーピー・ミーツ・ザ・グレート・ジャズ・トリオ』(ユ
    ニバーサル)
06.24. 『安田南/サニー』(ユニバーサル)
06.24. 『金子晴美/アイ・ラヴ・ニューヨーク』(ユニバーサル)
06.24. 『山下洋輔/ラプスディ・イン・ブルー』(ユニバーサル)
06.24. 『山下洋輔/プレイズ・ガーシュイン』(ユニバーサル)
06.24. 『小曽根真/ブレイクアウト』(ユニバーサル)
06.24. 『小曽根真/ネイチャー・ボーイズ』(ユニバーサル)
06.24. 『木住野佳子/フェアリー・テイル』(ユニバーサル)
by jazz_ogawa | 2009-06-01 11:38 | Works & Information | Trackback | Comments(0)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム