小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ライヴは天国( 361 )
e0021965_10405173.jpg
 一昨日の土曜日(2日)、六本木の東京ミッドタウンにある家具屋さん「TIME & STYLE」で五十嵐一生さんのライヴを聴いてきました。

e0021965_10405134.jpg
 所要があったので、会場に着いたのは前半が終わった休憩時間中。

 五十嵐さんの演奏を聴くのは本当に久しぶり。このところFBを通じて旧交を温めていたので、ぼくにとっては懐かしくもあり新鮮でもありというライヴでした。

e0021965_10405180.jpg
 若いころに比べると、演奏に込めるニュアンスが絶妙になり、もともとぼく好みのフレーズを連続させるトランペッターでしたが、それにさらなる磨きがかかり、この上なく魅力的なプレイヤーになっていました。

 共演するのはベースの俵山昌之さんとオルガンの金子雄大さん。最近はドラムレスのことも多いそうで、とくにこういうスペースにはこの編成がピッタリ。

 表情豊かなトランペットの音も細かいところまで聴けましたし、トリオの音量的なバランスも自然でよかったです。

 五十嵐さんとも久しぶりなら、俵山さんとも久しぶり。どちらも見た目は25年くらい前とあまり変わっていませんが、ミュージシャンとしてはすっかり成熟し、かついまも前向きな姿勢が少しも変わっていないのは嬉しい限り。そういうのは彼らが発する音を聴けば一目(聴)瞭然。

 金子さんのオルガンも大胆にして繊細なプレイと響きで五十嵐さんの音楽に抜群の相性のよさを示していました。斬新さと伝統が同居している音楽性。そういうのがぼくは好きです。素敵なプレイを聴かせてもらいました。

e0021965_10405650.jpg
 そして最後にTOKUさんが飛び入り。彼が素晴らしいのは、一声あるいは一音で自分の世界が出せること。

e0021965_10405717.jpg
 この日は「アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥー・イーズリー」と、アンコールで「ラウンド・ミッドナイト」を披露。どんな形からでも自分の歌に入っていける持ち味を堪能させてもらいました。

e0021965_10405772.jpg
 音楽的にもメンバー的にも豪華なライヴが飲み物付きで、ユッタリとした抜群の雰囲気で聴ける贅沢。心地のいい時間が過ごせました。

e0021965_10405703.jpg
e0021965_10405716.jpg
 メンバーのみなさん、ありがとう!


【出演メンバー】
五十嵐一生(tp)
金子雄太(org)
俵山昌之(b)

2014年8月2日 東京ミッドタウン「TIME & STYLE」 セカンド・セット


by jazz_ogawa | 2014-08-04 10:44 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_10230939.jpg
 火曜日に観てきました。ジョルジ・ベンといえば「マシュ・ケ・ナダ」。ずいぶん以前に来日公演を観たきりですから、本当に久しぶり。名前もいつの間にかジョルジ・ベンジョールに変わっていました。

e0021965_10231483.jpg
 ステージで演奏されたのは、ブラジル音楽というよりロック的なものがほとんど。ブラジリアン・ロックとでもいえばいいでしょうか。

 彼が弾くギターの音とコード・ワークやソロ・フレーズが独特の味わいを醸し出していました。

 一番気になったのはバックでパーカッションを担当していたひと。いてもいなくてもいいような存在感がなんとも微笑ましく、途中でちょっとダンスを披露し、「さあ、ここからいよいよプロの見せ場が始まるのか」と思いきや、照れたようなしぐさでまた定位置に。なんだかご褒美に日本に連れてきてもらった親戚みたいな感じで、こういう情景(勝手な想像ですが)、ぼくは嫌いじゃありません。

e0021965_10231428.jpg
 それにしてもジョルジは若い。声も変わっていません。

 ようやく最後にラテンのリズムが。そこで「マシュ・ケ・ナダ」も歌われました。ラテンのリズムが始まったとたん、通路で何人もが踊り始めました。彼らにしてみれば、最初からラテンのリズムでガンガン踊りたかったんじゃないでしょうか。

e0021965_10231423.jpg
 でもラテン色の少ないロック的なビートやサウンド、ぼくはとても楽しい時間を過ごすことができました。


【出演メンバー】
Jorge Ben Jor(vo,g)
David Ryshpan(p)
Jean Arnoult(sax)
Fred Simmons(tb)
Dadi Carvalho(b)
Nenem da Cuica(per)
Lucas(ds)

2014年7月22日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット


by jazz_ogawa | 2014-07-24 10:25 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_00332648.png
 昨日(17日)のことですが、「山下洋輔スペシャル・ビッグバンド・コンサート 2014」を観てきました。

 大きなホールでジャズのオーケストラを聴く。これも贅沢のひとつです。しかも山下洋輔さんのオーケストラとくればなおさらのこと。

e0021965_00332632.jpg
 ちなみに今度の日曜日に放送される「Jazz Conversation」では19時台の1時間が「証言で綴る日本のジャズ~山下洋輔編」です。

 それはそれとして、このオーケストラは2年に一度ツアーするんですが、毎回メンバーの充実と見事なアンサンブルで極上の時間を過ごさせてくれます。今回も文句なし。

e0021965_00332600.jpg
 今年のプログラムは第一部が組曲「展覧会の絵」で第二部がドボルザークの交響曲第9番「新世界より」。編曲と指揮はいつもどおりで松本治さん。

 山下さんはピアニストに徹していますが、それでも彼のリーダーシップと音楽性がメンバー全員に伝わり、見事な山下ワールド的クラシックのジャズ化が目の前で繰り広げられました。昨日はツアー最終日ということもあり、これまでに築いてきたチームワークの集大成にもなっていたのでしょう。

 オーソドックスなジャズ・オーケストラ編成でありながら、そこは山下ジャズですから、実にユニークな響きも随所で。メンバーの個性的なソロがクラシックの有名曲を通して独特の音楽に生まれ変わります。毎回のことですが、そこがこのオーケストラの聴きどころ。

 ジャズ・オーケストラ的な醍醐味が味わえたのはサックス陣が活躍した「新世界より」のほうかしら。中でも池田篤さんを破格の長さでフィーチャーした「家路」が素晴らしかったです。

 ぼくは池田さんにとって、彼の人生のひとこまにもなっていないような存在ですが、そして長いことお目にもかかっていませんが、いつも気にかけてきました。その池田さんが本当に立派な演奏を聴かせてくれたことに、目頭が熱くなりました。勝手にさまざまな思いがよぎったんですね。

e0021965_00332647.jpg
 そんなことも含めて、ジャズのスタイルや時代性を超越したところに山下ミュージックはあると思います。そのことを改めて実感できたのが昨日のコンサートでした。いやぁ、お見事!


「山下洋輔スペシャル・ビッグバンド・コンサート 2014」
【出演メンバー】
山下洋輔(p)
エリック宮城、佐々木史郎、木幡光邦、高瀬龍一(tp)
松本 治、中川英二郎、片岡雄三、山城純子(tb)
池田 篤、米田裕也、川嶋哲郎、竹野昌邦、小池 修(sax)
金子 健(b)
高橋信之介(ds)
松本 治(arr, cond)
2014年7月17日 「渋谷オーチャード・ホール」


by jazz_ogawa | 2014-07-18 00:36 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_23512509.jpg
 27日の金曜日に観てきました。場内はソルドアウトの超満員。

e0021965_23512534.jpg
 今回は原点に戻っての新作『BRASIL』を引っ提げ、7月に発売されるそのアルバムでプロデューサーも務めたマリオ・アジネーを迎えてのライヴです。

 3ホーンも含む豪華なバックを得て、ギターを弾きながらの「イパネマの娘」からスタート。イントロとエンディングも洒落ていて、最初から小野リサさんの世界に入ることができました。

e0021965_23512504.jpg
 もう1曲を歌ったところでマリオ・アジネーが登場。ここでギターをバトン・タッチして、リサさんはヴォーカルに専念。

 今回は60年代のボサノヴァにスポットライトを当ててアルバムを作ったというだけあって、お馴染みの曲が次から次へと出てきました。

 大半がブラジル '66で聴いた曲です。ということは、いかにこのグループがボサノヴァの普及に貢献したかということでもあります。ぼくの心は60年代に置いてきてしまいましたから、この選曲はサイコーでした。

 そのうち「60年代音楽シリーズ」でブラジル '66を中心にしたA&M特集でもやろうかしら? なんてことを思った一夜でした。

e0021965_23512593.jpg
「小野リサ “BRASIL” with special guest マリオ・アジネー」
【出演メンバー】
小野リサ(ヴォーカル、ギター)
Mario Adnet(vo,g)
Chico Adnet(p)
David Silverstein Christopher(b)
Shingo Yamaguchi(ds)
Luiz Gustavo Anacleto Da Silva(sax,fl)
Luis Valle(tp)
Masaaki Ikeda(tb)
2014年6月27日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット


by jazz_ogawa | 2014-06-30 00:01 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_15295153.jpg
 一昨日の23日に丸の内の「コットン・クラブ」で観てきました。グラジーナ・アウグスチクはポーランドのジャズ・シンガーで、ポリーニョ・ガルシアはブラジルのギタリスト。

 アコースティック・ギターの音のよさにまずはびっくり。チューニングしているときから「いい音だなぁ」と感心することしきりでした。

e0021965_15295194.jpg
 最初はポリーニョ・ガルシアの弾き語りで2曲。その後にグラジーナ・アウグスチクが加わり、新作の『ふたりのボサノヴァ~ビートルズ・ノヴァ』からの曲をはさみながら、ボサノヴァ・ナンバー中心のステージが展開されました。

e0021965_15295192.jpg
 ギターの音のよさもさることながら、ふたりのハーモニーの心地よさにも満足。ふたりとは思えないほどの分厚さというか素晴らしい共鳴というか。男女デュオの面白さが堪能できました。

 夏になってボサノヴァのアーティストの出演が増えてきたみたいです。金曜日には小野リサさんを聴きに「ブルーノート東京」に行きますし、7月にはジョイスやジョルジ・ベン(!)も登場します。ボサノヴァ好きには堪らない夏です。


【出演メンバー】
Grazyna Auguscik(vo)
Paulinho Garcia(g, vo)
2014年6月23日 「丸の内コットン・クラブ」 ファースト・セット


by jazz_ogawa | 2014-06-25 15:31 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_15305653.jpg
 昨日ですが、オープンしたばかりの「よみうり大手町ホール」に行ってきました。手ごろな大きさで、チック・コリアのソロ・ピアノを聴くにはぴったりです。

 毎年のようにチックのライヴを観ているので混乱していますが、たしかソロは久しぶりのはず。

e0021965_15305754.jpg
 本業があったため、最初のパートを見逃しました。会場に入ったときは、チックがニューヨークに出てきたときの話で、当時聴いた、エリントン、モンク、パウエルの曲を演奏するパートから聴きました。

 その後はスティーヴィー・ワンダー(!)の『キー・オブ・ライフ』で発表された「楽園の彼方へ」と、アレキサンダー・スクリアビン(!!)の「エチュード第4番」を弾いて前半は終了。

 後半はさらにヴァラエティに富んだ構成で、さきごろこの世を去ったパコ・デ・ルシアに捧げる「イエロー・ニンブス」からスタート。

 続いてはゲイルをステージに呼び、自作の「エヴリシング」と、マイルスやディズニーに捧げるといって「いつか王子様が」をデュオで聴かせてくれました。

 そしてここからがさらなる展開です。

「自宅の居間の雰囲気でミュージック・ポエトリーをやってみましょう」とアナウンスをして、客席から希望者をひとりずつ募り、ピアノの横に用意された椅子にすわらせ、短い即興演奏を聴かせる趣向です。

 まずは男性が、そして次もステージにあがったのは男性で、最後は「バランスを取ろう」ということから女性がチックの斜め前の椅子に座り、彼が相手の顔をみながら即興演奏するという、この3人には一生の思い出になるようなコーナーでした。

 それが終わると、今度は「誰かと連弾しましょう」と呼びかけ、客席から有志を募ります。チックに選ばれた若者は知り合いのようで、チック的なフレーズを駆使する息もピッタリの連弾になりました。これはちょっとできすぎかな。

 そして最後のパート。「チルドレンズ・ソング」から1、4、9、10、11、12番が演奏されました。

 当然のことながらアンコールです。ここでサプライズ・ゲストが登場。チックの呼びかけで客席から登場したのは歌手の平原綾香さん。数年前に彼女が歌っている「スペイン」を聴き、その才能にビックリしたそうです。打ち合わせなしでジャム・セッションのようにやろうといって始まったのは当然のことながら「スペイン」。

 彼女のことはテレビでしか見たことがありませんが、そのイメージとはかなり異なり、スキャットで大胆な即興をしたり、チックがソロを弾いているときはヴォイス・パーカッションでリズムを取り続けるなど、終始彼女がリードする形で、素晴らしい共演を聴かせてくれました。

 鳴り止まぬ拍手はもう1曲のアンコールに繋がります。今度はゲイルも交えての「サマータイム」。こちらもふたりの個性派シンガーがお馴染みの曲を縦横無尽に歌ってみせました。

 チックにはさまざまな引き出しがあります。グループでの活動も積極的で、それも常にこちらが興味を覚えるメンバーや編成での演奏を聴かせてくれます。その原点がソロ・ピアノ・パフォーマンスにある。昨日のコンサートでいまさらながらに感じたのがこのことでした。

チック・コリア ピアノ・ソロ・コンサート
【出演メンバー】
チック・コリア(p)
ゲスト:ゲイル・モラン(vo)
平原綾香(vo)
2014年6月18日 「よみうり大手町ホール」


by jazz_ogawa | 2014-06-19 17:09 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_19240134.jpg
 先週の土曜日、「ONGAKUゼミナール」が終わったあとに聴いてきました。

 今回は、昨年出したアルバム『シルエット』にちなんでChuck Loeb's Silhouette Band名義の公演。昨年の5人編成によるChuck Loeb And Metroとはメンバーを一新して、ギター・カルテットによるステージ。それだけにチャックのソロもタップリ聴けて、ギター好きとしては大満足。

 昨年の目玉はエリック・マリエンサルの参加でしたが、今回はピーター・アースキンとの共演が実現。相変わらず達者なドラミングを聴かせるピーターも、チャック同様なにをやってもうまいというか名人芸を披露してくれました。

e0021965_19240190.jpg
 そのピーターには、演奏前の休憩時間にインタヴューを。その昔、彼のリーダー作である『スウィート・ソウル』をプロデュースした縁で、以後親しくさせてもらっていますが、インタヴューは久々です。

e0021965_19240132.jpg
 聴きたいことはたくさんありましたが、短い時間ですし、ラジオ放送用なのでベーシックな質問をいくつか。

 こちらはいずれ「Jazz Conversation」で紹介します。

 それにしてもこの日は、午前中が本業、午後が「ONGAKUゼミナール」、そして夜がインタヴューとライヴ鑑賞。怠け者のぼくにしては多忙で疲れました。


e0021965_19240341.jpg
【出演メンバー】
Chuck Loeb(g)
Matt King(p, key)
Janek Gwizdala(b)
Peter Erskine(ds)
2014年5月31日 「丸の内コットン・クラブ」 セカンド・セット


by jazz_ogawa | 2014-06-05 19:25 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
e0021965_17343837.jpg
 松居慶子さんのコンサートを観るのはずいぶん久しぶりです。日本ではこれが初めて。

 その間にぼくのラジオ番組にも2回出演していただきましたから、ニューヨークで観たときとは印象もかなり違いました。グッと親近感を増した、というかね。

e0021965_17343876.jpg
 今回の東京公演にはサックスのカーク・ウェイラムとギターのチャック・ローブもゲスト参加。

e0021965_17343872.jpg
 ウェイラムといえば、20年以上前にシカゴでプロデュースしたESPのときに数曲でゲスト参加してもらったことがあります。このときの彼はロスからニューヨークに行く途中でスタジオに寄ってくれました。

 数日前のオファーという急遽のゲスト参加依頼にもかかわらず、快く応じてくれたウェイラムはとても折り目正しい紳士でした。今回のコンサートでも人柄のよさはそのまま。

e0021965_17343853.jpg
 松居さんの演奏はひたすら心地よく、それでいて奥の深さも感じられます。彼女が書く曲にはメッセージや環境問題などが込められていて、共感するところ大です。

 さすがアメリカ(もちろんそれ以外の国でも)で長年に渡ってトップの人気を誇るひとりだけありますし、だからこそ世界中で多くのひとを感動させているんでしょう。

e0021965_17343873.jpg
 今回の新作『SOUL QUEST』は24枚目の作品だそうです。アルバムを発表する度に進歩や変化を示す。それも長年に渡ってのこととなれば、並大抵の努力ではできません。

 わが身を振り返ってみますと、ぼくも30年以上この業界にいます。ですが何の努力もしていません。雲泥の差です。

 常に注目を集める存在でいることは、さまざまな点でひととは違うこと、それもクリエイティヴかつ共感されることを途切れることなく続けてきた結果だと思います。

 いまさら見習えませんが、そういう姿に接することで刺激されたことは間違いありません。そのことも含めて素敵なコンサートでした。

 この日は昼間から出ずっぱりだったので、夜は少し寒くなっていましたが、気分が高揚したこともあり、余韻に浸りながら家までウォーキング。いい季節になったものです。

「SOUL QUEST」ワールド・ツアー2014
【出演メンバー】
松居慶子(p, key)
トム・ブラクストン(sax)
リカルド・ベルド(b)
ジョアン・ペドロ・モウラウン(g)
デイブ・カラソニー(ds)
ゲスト:カーク・ウェイラム(sax)
チャック・ローブ(g)
2014年5月23日 「ES THEATER ROPPONGI」


by jazz_ogawa | 2014-05-26 17:37 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_09134322.jpg
 今回のコンサートは残念ながらすべて中止になりました。ぼくにとってポール絡みのコンサート・キャンセルは2回目。

 一度目はウイングスのときです。徹夜で並んでチケットをゲットしました。渋谷・東急百貨店本店の地下駐車場で夜明かししたんじゃなかったかしら? いまとなってはそんな苦労話もいい思い出です。

e0021965_09134340.jpg
 今回は苦労してチケットを手に入れたわけじゃないので、キャンセル自体に強い思いはありません。「そうか、それじゃ仕方ないね」程度です。

 コンサートが中止になったので、結果として問題はありませんでしたが、ひとつ大ポカをやりました。

e0021965_09134382.jpg
 日曜のチケットと思っていたのが、受け取っていたのは土曜日のチケット。コンサートが予定どおり開催され、そのまま気がつかなければ、日曜日に入口で追い返されていたところです。

 曜日の違いがわかったのは、ブログにチケットの写真をアップしたところ、友人から「土曜日も行くの?」との連絡が。それが木曜日の夜中のこと。

 いまさら変更はきかないだろうし、土曜日は自分のイヴェントがあるし、誰かに譲るにしても時間がないし。そんな手間も面倒くさい。まあ、チケットは記念に持っていようかな、と。

e0021965_09134336.jpg
 でも、ひょっとしたらチケットを手配してくれたひとが、間違えて土曜日のものをぼくにわたし、土曜日に行く予定のひとが日曜日のチケットを持っている可能性もあるかも。

 それなら急いで善処する必要がありますから、とりあえずメールしてみました。そうしたら、夜中にもかかわらず、いくつかの偶然が重なりその場で変更ができました。土曜日のチケットはどうなったか知りませんけど。

 結局そんなこんなも意味のなかったことになりますが、今回はこれが一番の思い出になるのかしら。

 あとはポールの早い回復を祈るばかりです。

e0021965_09134303.jpg
 


by jazz_ogawa | 2014-05-21 09:15 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_23392573.jpg
 エクストラの椅子も出る満席でした。いまさらながらすごい人気です。

 お馴染みのメンバーによるカルテット。お互いの持ち味を知っているだけに、最初からリラックスした雰囲気の中で全員が実力のありったけを見せつけてくれました。

 1曲目の「マイ・シャイニング・アワー」から自在な演奏の連続。名手揃いのカルテットは、手堅いプレイだけでなく、発展的展開も聴かせてくれるところがさすが。

e0021965_23392521.jpg
 王道を行くスタイルは、この音楽に馴染みのないひとでも楽しめるものだったんじゃないでしょうか? それでいて奥の深い演奏も聴かせてくれましたから、うるさ型のファンも満足したに違いありません。

 アンコールはエリック・アレキサンダーがピアノを担当し、ピアニストのハロルド・メイバーンがご機嫌なブルースを熱唱。最後はスキャットまで飛び出してノリノリでした。

e0021965_23394544.jpg
 演奏前のハロルド・メイバーンにインタヴューをさせてもらったんですが、そのときに最高の弟子がエリックだと話していました。

e0021965_23394620.jpg
 ですから弟子に伴奏をさせて自分が歌っちゃう。しかもアンコールで。こんなところに強い絆で結ばれた師弟愛を感じました。

e0021965_23395891.jpg
 インタヴューではマシンガン・トークの連続。こちらの質問によどみなく答えてくれました。ハロルド・メイバーン、今年で78歳。お元気でした。

【出演メンバー】
Eric Alexander (ts)
Harold Mabern (p)
Nat Reeves (b)
Joe Farnsworth (ds)
2014年4月29日 「丸の内 コットンクラブ」 ファースト・セット

e0021965_23400730.jpg

by jazz_ogawa | 2014-04-30 23:42 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム