小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ライヴは天国( 361 )
e0021965_23372264.jpg
 14日の日曜日は渋谷で渡辺貞夫さん毎年恒例のクリスマス・コンサートに。今年の貞夫さんはオーケストラで登場です。

 リズム・セクションが、ラッセル・フェランテ、エドウィン・リヴィングストン、ピーター・アースキンという豪華版。ホーン・セクションにも日本を代表するメンバーが集まりました。

 それだけに充実のアンサンブル・ワークを得て、貞夫さんのプレイも心地よさげで楽しそう。これだけゴージャスなオーケストラ・コンサートはめったに観られるものではありません。

e0021965_23372654.jpg
 多くの曲でアレンジを担当した村田陽一さんの手腕もコンサート成功の大きな要因になっていたと思います。若いころからオーケストラや大きなアンサンブルを率いてきた村田さんだからこそのスコアを、彼も含めていまや日本のジャズを背負うようになったメンバーが最高の演奏で応える。その姿に感慨深いものを覚えました。

 それ以上に感動したのが、フルで鳴るオーケストラ・サウンドをバックに貞夫さんの音量がまったく負けていないこと。それも軽々と吹いているのですから年齢を超越しています。

 先日、「ブルーノート東京」でお会いした際、このコンサートをライヴ録音するとおっしゃていたので、そのアルバムの発売も楽しみです。それから年明けにはNHKでも放映されるそうです。


e0021965_23372681.jpg
「SADAO WATANABE ORCHESTRA」
渡辺貞夫 Sadao Watanabe(alto saxophone , conductor)
[Sax Section]
吉田 治 Osamu Yoshida(1st alto saxophone)
小池 修 Osamu Koike(2nd tenor saxophone)
近藤和彦 Kazuhiko Kondo(3rd alto saxophone)
今尾敏道 Toshimichi Imao(4th tenor saxophone)
山本拓夫 Takuo Yamamoto(5th baritone saxophone)
[Trombone Section]
村田陽一 Yoichi Murata(lst trombone)
片岡雄三 Yuzo Kataoka(2nd trombone)
辻 冬樹 Fuyuki Tsuji(3rd trombone)
山城純子 Junko Yamashiro(4th bass trombone)
[Trumpet Section]
西村浩二 Kohji Nishimura(1st trumpet)
佐久間勲 Isao Sakuma (2nd trumpet)
奥村 晶 Sho Okumura(3rd trumpet)
松島啓之 Keiji Matsushima(4th trumpet)
[Rhythm Section]
ラッセル・フェランテ Russell Ferrante (piano)
エドウィン・リヴィングストン Edwin Livingston(bass)
ピーター・アースキン Peter Erskine(drums)

2014年12月14日 「渋谷オーチャード・ホール」


by jazz_ogawa | 2014-12-16 08:43 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_0203491.jpg

 一昨日の金曜日に観てきました。映画『ストックホルムでワルツを』を観終わったのが6時25分。それから急いで「ブルーノート東京」に駆けつけました。客席に着いたのは1曲目が始まったところ。

 クレモンティーヌは決してうまいシンガーとは思っていませんが、雰囲気があるんで好きです。でも一昨日のステージでは大半が子供向けの曲で、ぼくにはちょっとという感じ。

「天才バカボン」は仕方ないとしても、「レット・イット・ゴー」まで歌われてしまうとちょっと辛い。新作からの1曲なので、これが歌われるのもわかりますが。「男と女」や「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」とかはそれなりに聴けるんですけどね。

e0021965_0203898.jpg

 でも日本の歌の方が受けがいいみたいなので、それはそれでいいでしょう。ただ、本来の自分をもう少し大切にした方がシンガーとしては魅力的な存在になるのでは? 無責任に言えば、せっかくの持ち味があるのに、それをうまく発揮していないところがもったいない。そんなことを考えてしまったライヴでした。


【出演メンバー】
Clémentine(vo)
Laurent De Oliveira(p,key)
Robson Galdino(g)
Acelino De Paulra(b)
Christophe Bras(ds)

2014年12月12日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット
e0021965_0204289.jpg

by jazz_ogawa | 2014-12-14 08:39 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_0594378.jpg

 クリヤさんのライヴはいつもなにが起こるかわかりません。昨日はそんな期待を込めてのライヴを聴いてきました。

e0021965_10157.jpg

 今回は、先に発表したアルバム『NOTHIN' BUT JAZZ』で実施したアドリブ・コンテストの入賞者もステージに登場。基本はピアノ・トリオに、彼らと何人かのゲストを招いてのステージです。

e0021965_10201.jpg

 それにしてもクリヤさんの音楽性は幅が広い。そこに彼の本領が発揮されたライヴでもありました。


e0021965_102469.jpg

【出演メンバー】
クリヤ・マコト(p)
鳥越啓介(b)
天倉正敬(ds)
SHANTI(vo)
タブゾンビ(tp SOIL&"PIMP"SESSIONS)
元晴(as SOIL&"PIMP"SESSIONS)
KOTETSU(vo)
北原雅彦(tb TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA)
Kubota(g JiLL-Decoy association)
葛西玲緒(tp)=アドリブ・コンテスト準優勝
Tsuneta(g)=アドリブ・コンテスト・クリヤ・マコト賞!

2014年12月11日 「目黒ブルースアレイジャパン」 ファースト&セカンド・セット


 そのクリヤさんをゲストに迎えての「ONGAKUゼミナール トーク&ライヴ」@代官山「レザール」は年が明けた1月31日に開催します。こちらでは、「よそでは聴けないクリヤ・マコト」をテーマに、昨日の休憩時間になにをやってもらうかを相談。

e0021965_102865.jpg

 誰でも知っている超有名なスタンダードをクリヤ流に弾いたらどうなるか? というリクエストを快諾してもらいました。題して「クリヤ・マコト・プレイズ・スーパー・スタンダード」。こうご期待です。

e0021965_103051.jpg

1月31日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第8回:ゲスト=クリヤ・マコト プレイズ・スーパー・スタンダード)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/240368/まで。
by jazz_ogawa | 2014-12-12 09:23 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_14265195.jpg
 一昨日の日曜日に観てきました。インナー・ギャラクシー・オーケストラ。ぼくにとっては懐かしい名前です。1970年代から80年代にかけて何度も観ていましたが、久々。

e0021965_14265170.jpg
 それもそのはずで、91年に解散し、一昨日は再活動を始めてちょうど1周年にあたる記念のライヴでした。

e0021965_14265147.jpg
 場所も同じ神田の「Tokyo Tuc」で三木敏悟率いるIGOが再始動したのは昨年の12月7日。以来、ライヴを重ねてこの日を迎えました。ぼくにとっては約30年ぶりのIGOです。

e0021965_14265106.jpg
 当時のことを思い出すと、77年に三木さんが留学から帰国し、ニューハードと組んで発表した『北欧組曲』には度肝を抜かれました。

e0021965_14265193.jpg
 続く『海の誘い』も従来のジャズ・オーケストラの概念を変えるほど斬新なオーケストレーションとサウンドで圧倒されたものです。これら2枚はスイングジャーナル誌で「日本ジャズ賞」を獲得したはずです。

e0021965_14265211.jpg
 そのあと、中本マリさんの『アフロディーテの祈り』も三木さんの編曲によるものでした(ロンドン録音のこの作品も「ジャズディスク大賞・特別賞」を受賞)。

 このアルバムが出た直後にぼくは留学したんですが、当時はiPodなんてなかったですから、どうしても聴きたいレコードを絞りに絞って50枚くらいカセットに録音して持っていきました。その中に入れていたのが『北欧組曲』と『アフロディーテの祈り』。

e0021965_14265260.jpg
 それで一昨日のライヴですが、とにかく最初から圧倒されました。ノックアウトです。こういう音楽を聴くには本気で接する必要があります。今回はこちらの体力&気力負け。一生懸命聴くには集中力が大切。あまりのすごさに集中力がついて行けませんでした。まだまだ修行が足りない。

 リラックスして聴く音楽も大好きですが、ときにはスリリングなものや斬新なものに触発されたい。その後者がIGOで、そのつもりで会場には行ったのですが、それでも三木さんの音楽には終始圧倒されてしまいました。

e0021965_14265294.jpg
 女性コーラスの使い方もよかったですし、それによって三木さん特有の日本的情緒がいい形でジャズ・オーケストラのサウンドに溶け込んでいました。メンバーひとりひとりのことがよくわかっていて紹介するMCも最高。曲間のこうしたトークでリラックスして、演奏はテンションが高い。このバランスが絶妙でした。

 そろそろ『震災組曲』あたりをレコーディングしてくれないものかしら。IGOの動きには目が離せません。

e0021965_14265214.jpg
【出演メンバー】
三木敏悟(Cond)
安孫子浩、佐々木史郎、高瀬龍一、田中哲也、羽毛田耕士(tp)
鍵和田道男、内田日富、松原純夫、堂本雅樹(tb)
次田心平(tuba)
菊地康正、柳沼寛、丹羽康雄(sax)
ブルース・ヒューバナー(尺八)
鷹城(g)
檜谷康則(p)
渡邉壮太(elb)
滝川岳(ds)
松井邦子、千葉あさみ、愛理Bekku(chorus)

2014年12月7日 「神田Tokyo Tuc」 ファースト&セカンド・セット
 

by jazz_ogawa | 2014-12-09 11:18 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_20515785.jpg
 一昨日の11月30日に観てきました。場内はほぼ満席。元気なステージでしたが、もうちょっと曲や雰囲気に変化があればさらに楽しめたかも。

e0021965_20515784.jpg
 新作が出たタイミングだったので、そのアルバムからの曲もいろいろ披露。ステージを通して知っている曲は「サマー・サンバ」くらいで、あとはぼくにとって馴染み薄な曲ばかり。

e0021965_20515790.jpg
 天真爛漫なヴォーカルを聴かせてくれたベベウ。父親とはまったく違うし、母親の血を受け継いだのかしら。ぼくとしては、お父さんが歌ったボサノヴァの名曲もいくつか聴かせてほしいところでした。

【出演メンバー】
Bebel Gilberto(vo)
John Roggie(key)
Jorge Continentino(sax,fl,g)
Masa Shimizu(g,b)
Magrus Borges(ds,per)

2014年11月30日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット
e0021965_20515793.jpg


by jazz_ogawa | 2014-12-02 20:53 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_12195658.jpg
 昨日、観てきました。満員でしたし追加公演もあるので、いまだ人気衰えずですね。

e0021965_12195660.jpg
 今回は名作『こわれもの』と『危機』の全曲演奏というコンサート。

 休憩なしで、前半が『こわれもの」、その後に新作から2曲を披露して、そのまま『危機』に突入。そしてアンコールという構成。

 誘ってくれた友人とコンサート後に話したんですが、「中盤の新曲は不要」で意見は一致。この友人はぼくより30歳ちかく若いひとですが、学生時代はプログレのバンドをやっていたとか。昨日も、会場に来る前に「ラウンドアバウト」とかを弾いてみたら、なんとか覚えていたというか素晴らしい。

 イエスは41年前の初来日時に「厚生年金会館」と「共立講堂」のコンサートに行きました。2回も行ったということは、当時かなり好きだったんですね。たしかコンサート名が「Clise To The Edge Tour」だったと記憶しています。リック・ウェイクマンとスティーヴ・ハウに圧倒されました。

e0021965_12195634.jpg
 手元にあるCD以外にも、国内盤、英国盤、US盤のLPが倉庫に眠っているはずです。

e0021965_12195645.jpg
 今回はリック・ウェイクマンもジョン・アンダーソンもいませんが、スティーヴ・ハウ、クリス・スクワイア、アラン・ホワイトは健在。

 ジョン・アンダーソンの穴をジョン・デイヴィソンがどう埋めるか、ちょっとお軽い印象もありましたが、まあ無難にこなしたかなといった感じ。

 ぼくの席はスティーヴ・ハウの斜め上だったので、ほとんど彼のプレイを観ていました。演奏も構成もかなり複雑ですが、それらを軽々とこなしてしまうところはさすが。やれば難しいけれど、観ていると簡単そう。そういうのが本当はすごいんでしょうね。

 聴いていて思ったんですが、イエスの曲はキャッチーなメロディや仕掛けのフレーズが多いですね。プログレといっても、ピンク・フロイドやキング・クリムゾンのように壮大な曲ではなく、1曲1曲が比較的短く、構成もメロディも親しみやすい。組曲風アルバムではあるんですが、そこが聴きやすいところかしら。

e0021965_12195675.jpg
 昨日のコンサートはネットで配信されているとか。これも時代の流れですね。


【出演メンバー】
Steve Howe(g, vo)
Chris Squire(b, vo)
Alan White(ds)
Geoff Downes(key)
Jon Davison(vo, perc)

2014年11月25日 「東京ドームシティホール」



by jazz_ogawa | 2014-11-26 12:52 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_23551371.jpg
 昨日はボブ・ミンツァーのビッグ・バンドとニューヨーク・ヴォイセズの共演を観てきました。

 ニューヨーク・ヴォイセズが出てきたのは後半からで、それまでは豪華サックス・セクションを含むジャズ・オーケストラの醍醐味がタップリ味わえました。

e0021965_23551757.jpg
 こういうセッティングなのでニューヨーク・ヴォイセズは舞台の袖で歌う形となり、派手なパフォーマンスはせずにじっくりと歌い込む感じになりました。

 彼らはマンハッタン・トランスファーをもっとジャジーにしたコーラス・グループで、ティム・ハウザー亡きあとのマンハッタン・トランスファーを考えると、これからはいままで以上に注目されるんじゃないでしょうか。

e0021965_23551996.jpg
 そして昨日はぼくにとって忘れられない出来事もありました。

 ジャズを聴き始めたころからずっと大好きなプレイヤーとそのお嬢さんに入り口でばったり。店内には別々に入ったんですが、始まる前にお嬢さんから「ご一緒しませんか?」とのお誘いが。

 飲み物もすでに頼んでしまったし、それより何より恐れ多いので辞退したのですが、「飲み物はわたしたちのテーブルに持ってきてもらいましょうよ」ということでお邪魔することになりました。

 こういう席に自分がいて、しかもインタヴューではなく敬愛し尊敬しているアーティストと音楽の話ができる幸せ。ぼくにとっては恐れ多くも夢のようなひとときでした。

 ライヴの終盤に差しかかったところで、お店のひとにそっと頼んでぼくの会計までしてくれる配慮。恐縮の極みです。なんだかマイルスや、先日亡くなった高倉健さんの心配りを思ってしまいました。

 健さんは、江利チエミさんと結婚していたころ、我が家と背中合わせの場所に越してきたこともあり、思い出がいろいろあります。

 昨日の出来事は健さんのこととも重ね合わさるところがあり、豊かな気持ちで家に戻ってきました。


e0021965_23552158.jpg
【出演メンバー】
Bob Mintzer(ts, arranger)
John Riley(ds)
Phil Markowitz(p)
Darek Oles(b)
Larry Koonse(g)
Bob Sheppard(as)
Lawrence Feldman(as)
Bob Malach(ts)
Adam Schroeder(bs)
Keith O'Quinn(tb)
Michael Davis(tb)
Erik Hughes(tb)
David Taylor(btb)
Bob Millikan(tp)
John Daversa(tp)
Scott Wendholt(tp)
Blake Martin(tp)

New York Voices:
Darmon Meader(vo)
Lauren Kinhan(vo)
Kim Nazarian(vo)
Greg Jasperse(vo)

2014年11月20日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット


by jazz_ogawa | 2014-11-21 23:57 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_17452525.jpg
 昨日は本当に楽しみにしていたライヴを観てきました。

 ホセ・フェリシアーノは受験生のときに「ハートに火をつけて」「夢のカリフォルニア」「雨のささやき」などを立て続けにヒットさせて、あっという間にぼくの心をとらえたシンガーでギタリストです。

 爪弾きとはまったく違う迫力満点のプレイ、そして独特の声と声量で歌われるヴォーカル。プエルトリコ出身ならではのラテン・テイストがロックやポップスと融合した魅力的なサウンドも新鮮でした。

 彼が日本で出したアルバムは全部持っていましたが、留学中にスパニッシュ・ヴァージョンのアルバムもたくさんあることを知り、そちらも集めました。これらはいまもときどき棚から引っ張り出してはターンテーブルに載せるぼくの宝物です。

e0021965_17452576.jpg
「ブルーノート東京」で聴いたステージでは、彼がいまだ現在進行形のアーティストであることも知りました。「昔の名前で出ています」タイプのひとではなく、魅力的な新曲も散りばめてのステージ。

 歌声は健在ですし、ギターも昔のまんま。彼のことを知って45年ですが、ときが止まっている感覚と2014年という現在が不思議な感じで混沌としていた90分。

 目を閉じてその歌声を聴いていたら、あのころのいろいろがアットランダムに頭の中で広がり、懐かしさが込み上げてきました。出会いもあれば別れもあった。いまではみんないい思い出です。

 こういうことを体験させてもらえるアーティストがぼくにはたくさんいます。ずーっと音楽を身近なものにしてきてよかった! しみじみとそのことを思いました。


e0021965_17452548.jpg
【出演メンバー】
José Feliciano(vo,g)
Tyler Mchugh(key)
Greg Smith(key)
Al Payson(b)
Tyger MacNeal(ds)
Bob Conti(per)

2014年11月13日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット

e0021965_17452528.jpg

by jazz_ogawa | 2014-11-14 17:47 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_11543863.jpg
 おとといの土曜日(7日)に学生時代の友人たちと行ってきました。母校の成城大学アメリカ民謡研究会OB OGによるコンサートです。創部50周年を記念してのもので、50名くらいの先輩・後輩がステージに登場。

 シングアウト形式のコンサートはぼくらの世代には懐かしいスタイル。創部当時によく歌われていたフォークソングから最新の曲まで、学芸会のような楽しさで無邪気に皆さんが歌っている姿は微笑ましい限りでした。

 ぼくは大学が違ったので「アメ民」には入れませんでしたが、もしそのまま大学にも進んでいればぜったい「アメ民」に入っていたでしょうね。

 当時はアマチュアのフォーク・グループが大人気で、ほぼ毎週末、「厚生年金大ホール」とか「渋谷公会堂」とか、都内の大きなコンサート・ホールで満員の聴衆を集めてコンサートが行なわれていました。そこから生まれたスターがわが先輩のブロードサイド・フォーや森山良子さんたちです。

 そもそも「アメ民」は、記憶が正しければヴィレッジ・シンガーズの小松久さんが友人たちと作ったクラブでした。中・高校生のぼくから見たら、あのころのクラブ員はまぶしくてかっこよかった。

e0021965_11543852.jpg
 そういうひとたちがいまや70歳くらいになって、ステージで嬉々として歌ったり踊ったり楽器を弾いたりしている姿を観ると、問答無用で「いいなぁ」と思ってしまいます。プロのレヴェルではありませんが、そんなことより心に残るものを覚えた土曜のひとときでした。

e0021965_11543820.jpg

by jazz_ogawa | 2014-11-10 11:56 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_16105805.jpg
 このカルテットで来日したピアニストのマーク・コープランドに誘われ、最終日の昨日、観てきました。

 ジョン・アバークロンビーといえば、デイヴ・ホランド&ジャック・ディジョネットと組んだ『ゲイトウェイ』に胸が踊ったことを思い出します。あとはマーク・ジョンソン&ピーター・アースキンとのトリオもよかった。

e0021965_16101632.jpg
 あのころは勢いに任せての激しいプレイが持ち味でしたが、久しぶりに聴いたライヴでは繊細な響きの中にときおり顔をのぞかせる野生味が心地よく、これはこれで十分に魅力的なものでした。

e0021965_16101645.jpg
 ひとつひとつの音を確かめるようにしてフレーズを紡いでいく姿からはジム・ホールに通ずるものも感じます。その彼にぴったり寄り添うようにピアノを弾くマークもよかった。

 20年以上も前にぼくが作った彼のアルバムでは、もっと大胆なところもあったけれど、いまのマークも相変わらず素敵なピアニストです。

e0021965_16101660.jpg
 ファースト・セットが終わったところでしばし旧交を暖めました。ぼくも大病をしたけれど、彼もいくつかの大きな病気を克服していまは元気いっぱい。

 彼のレコーディングに参加してもらったデニス・チェンバースは夏にスペインで倒れ、現地のICUに運び込まれました。その話を向けると、「その後にメールで回復中であることを確認した」とのこと。一安心ですが、予断は許せません。

 病気談義になってしまったのはお互いに歳を取ったせいでしょう。でもこうしてふたりして元気にそれぞれの活動ができて、「お互いに幸せだねぇ」ということで意見は一致。

e0021965_16101611.jpg
 そもそもアダム・ホルツマンのレコーディングにデニスを起用し、それで意気投合しデニスのリーダー作を作らせてもらいました。そのときに「俺は4ビートも得意だ」というので、「それならマークのレコーディングに参加してくれない?」、と頼んで実現したのが、『ストンピン・ウィズ・サヴォイ』という作品。

 当時のデニスは再結成されたブレッカ・ブラザーズに参加していて、それならと一計を案じ、そのときのブレッカー・ブラザーズからランディ・ブレッカーとジェームス・ジーナス、そしてそのころのレコーディングに何度か起用し、彼らとも相性がいいことからサックスにはボブ・バーグに声をかけ、「フュージョン派が4ビート・ジャズを演奏する」というコンセプトで作ったのがこの作品。

 ちなみにそのころ、ぼくはジョン・アバークロンビーも別のレコーディングに起用したことがあります。そちらはハーヴィー・シュワルツがリーダーで『アライヴァル』というアルバム。これは2ギター・カルテットで、もうひとりのギタリストがミック・グドリックでドラムスがマーヴィン・スミッティ・スミス。

e0021965_16102033.jpg
 その話をマークにしたら、「それじゃ楽屋でジョンに挨拶したら?」となりました。「たぶん覚えてないよ」といったんですが、「いいから、いいから」ということで楽屋に闖入。

 マークがその話をすると、「どこかで見たことがあると思っていた」とジョン。しかもびっくりしたことに『アライヴァル』のレコーディングだと、記憶も明瞭。自分が作ったアルバムを、タイトルまで含めてきちんと覚えていてくれたことに感激です。食事中、邪魔してすいませんでした。

e0021965_16102086.jpg
 ぼくはあまり旧交を温めるタイプじゃないんですが、たまにはこういうのもいいですね。

【出演メンバー】
John Abercrombie (g)
Marc Copland (p)
Phil Donkin (b)
Anthony Pinciotti (ds)
2014年10月20日 「丸の内コットン・クラブ」 ファースト・セット


by jazz_ogawa | 2014-10-21 16:20 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム