小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ライヴは天国( 361 )
 昨日はライヴをはしごしてきました。ひとつめは横浜の「Motion Blue」で、キーボード奏者、クリヤマコトさんのTokyo Superjazz Orchestra。
 昨年の「東京JAZZ」でも大評判を呼んだファンク系ジャズのグループですが、昨日はフル・メンバーでなく、黒人コーラス3人組をフィーチャーして、ホイットニー・ヒューストンの「すべてをあなたに」とかドゥービー・ブラザーズの「ロング・トレイン・カミング」とかを迫力満点、ソウルフルに聴かせてくれました。そのほかにもクリヤさんのアルバム『ラテン・タッチ』から何曲か披露してくれて、相変わらずの達者なプレイに満足でした。
 クリヤさんとはちょっとした縁があります。数年前に、現代音楽やクラシックの世界で活躍しているサックス奏者の平野公崇さんのアルバムをプロデュースすることになったときです。その際、平野さんにジャズのひとと共演したいという希望があったので、クリヤさんにお願いしてアルバムを作りました。題して『ジュラシック』。これまでにない形で、ジャズとクラシックや現代音楽との融合が果せた作品と自負していたんですが、発売半年くらいで、残念なことにレコード会社が解散(倒産じゃありません)してしまいました。e0021965_0423674.jpg
 ステージが終わったあとに、楽屋で久々にクリヤさんとお話をしました。最後に写真を撮ろうと思い、デジカメを出したところ、充電切れで動きません。慌てて携帯で撮ってもらったがこの写真です。ちょっと惨めな画像ですが、実物のクリヤさんはもっとかっこいいですから。

 まあそれはそれとして、「Motion Blue」は非常にソフィスティケートされたジャズ・クラブです。こんな感じの店はジャズの本場、ニューヨークにもなかなかありません。例えば本家の「ブルーノート」なんか、「Motion Blue」や「ブルーノート東京」にくらべたら全然野暮ったい。席は窮屈だし、店内のデザインも古いし、感じも悪い。
 でも、ジャズ・クラブなんかはそもそもそんなものだったのかもしれません。あの「ヴィレッジ・ヴァンガード」だって、相当おんぼろだし。それがニューヨークのジャズ・クラブっていう味を出しているのかもしれないですね。
 ニューヨークにはニューヨークの、東京には東京の、それから横浜には横浜の、それぞれの街に似合ったジャズ・クラブがあるということなんでしょう。野暮ったいのもジャズなら、かっこいいのもジャズってことで、勝手に納得。

 てなことを考えつつ、買ったばかりの新車で渋谷に戻るも、首都高速が込んでいて1時間半もかかる始末。これじゃぁ、ドイツ製のスポーツ・カー(やったぁ)が泣くぜと、ぼくが泣きながら渋谷の「Ko-Ko」に行く。{KoーKo」はここ、なんて洒落てる場合じゃないけど、「Ko-Ko」は百軒店をちょっと入った横手の路地にある小さなお店。
 ここ(ややこしい)は「Motion Blue」とはまったく正反対で、10人も入ったら一杯になってしまう、昔ながらの町の喫茶店の風情。お目当てはリーダーの木内吉信さん、テナー・サックス奏者です。
 この狭いお店に彼のクインテットとゲストのフリューゲルホーン奏者が加わっての6人編成。着いたら、最後からひとつ前の「ブルー・ボッサ」を演奏しているところで、本当はもう1曲やって終わりの予定だったみたいです。が、サーヴィスでもう1曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」をやってくれました。優しいね。
 木内さんはしばらくニューヨークでミュージシャンやってたひとで、彼がニューヨークに旅立つ直前に、高田馬場のジャズ喫茶で紹介されました。15年くらい前だったかな? その後、10年くらいは向うで頑張っていました。その間、ニューヨークのぼくのアパートで開く新年会には常連で、いつもきむち餃子とかを持ってきてくれた思い出があります。
 そんな木内さんのプレイ、前に聴いたときよりよくなってました。落ち着きが出て、それは年齢から来るものかもしれないけど、なかなか聴かせてくれます。都内を中心にあちこちに出ているみたいなので、チャンスがあれば、聴いてください。e0021965_043421.jpg
 ということで、ここでも携帯でパチリ。荒い粒子のため、ふたりとも仙人みたいになってしまいました。木内さん、ごめん!
by jazz_ogawa | 2005-07-31 11:55 | ライヴは天国 | Trackback(4) | Comments(12)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム