小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ONGAKUゼミナール( 213 )
2015-01-18 昨日はありがとうございました_e0021965_18003761.jpg
 いつものように当初は集まりが悪かったんですが、ふたを開けたら予備の椅子も1脚出す結果になりました。お忙しい中、お集まりいただいたみなさん、本当にありがとうございました。

2015-01-18 昨日はありがとうございました_e0021965_18004551.jpg
 昨日のテーマは「さまざまな鍵盤楽器で聴くジャズ」。

2015-01-18 昨日はありがとうございました_e0021965_18004845.jpg
 昨年末に新作『Memories』を発表したピアニストの福田重男さんも遊びに来てくれたので、最後は彼と話をしながらそのアルバムから3曲をみなさんと一緒に楽しみました。

2015-01-18 昨日はありがとうございました_e0021965_18005124.jpg
「Jazz Conversation」の「ミート・ザ・スター」の感じですね。

 今月はもう1回、31日(土)に代官山「レザール」でクリヤ・マコトさんんとの「トーク&ライヴ」があります。いつものことですが、こちらもいまのところ予約があまり入っていません。なんとか席が埋まるといいんですけど。

 それでも懲りずに「ONGAKUゼミナール」は2月も続きます。参加者あってのイヴェントです。興味のある方はよろしくお願いします。


【今後の「ONGAKUゼミナール」】
2015-01-18 昨日はありがとうございました_e0021965_18005418.jpg
1月31日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第8回:ゲスト=クリヤ・マコト プレイズ・スーパー・スタンダード)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/240368/まで。

 第8回のゲストは、いまヨーロッパを中心に世界で活躍するピアニスト、クリヤ・マコトさん。多くのアーティストの音楽プロデューサーや映画の音楽監督を務める等、ジャズ以外の分野でも意欲的に活動されています。そんなクリヤさんから小川隆夫がどんな演奏と話を引き出すか、どうぞお楽しみに。


2015-01-18 昨日はありがとうございました_e0021965_18005777.jpg
2月14日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋 vol.6』(ヴァレンタイン・デイに聴くラヴ・ソング)
@「Ten & Half Cafe+」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/252179/まで。

 古今東西さまざまなラヴ・ソングが生まれてきました。ヴァレンタイン・デイ当日にあたる今回はそれらの中からジャズでお馴染みの歌と演奏を選んでみたいと思います。


2015-01-18 昨日はありがとうございました_e0021965_18005922.jpg
2月28日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第26回:渡辺貞夫も日野皓正もみ~んな若かった~タクト・レーベルの真髄を聴く』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/252534/まで。

 1960年代後半、日本のジャズ・シーンにはアメリカ留学を終えた渡辺貞夫を中心に、オリジナリティを追求する若手が増えてきました。そうした意欲的なミュージシャンに次々とレコーディングの機会を与えていたのが弱小家電メーカーのタクトです。渡辺貞夫を中心に、新人だった日野皓正に初リーダー・レコーディングのチャンスを与えるなど、次代を担う有能なミュージシャンを起用してのアルバム作りがやがて日本のジャズ・ブームに繋がっていきます。
 今回は60年代後半の日本におけるジャズ・シーンでもっとも重要な足跡を残したタクト・レーベルの作品を聴きつつ、その時代の動きを紹介したいと思います。



by jazz_ogawa | 2015-01-18 18:07 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(3)
2015-01-08 来週末は銀座で「ONGAKUゼミナール」_e0021965_09225682.jpg
 恒例の宣伝です。

 次回の「ONGAKUゼミナール」は銀座「le sept」でさまざまな鍵盤楽器をみなさんと一緒に楽しみたいと思います。新作を発表したばかりのピアニストも乱入予定です。本人に自分のアルバムの紹介と宣伝もしてもらいましょう。

 まだ少し席が空いているとのこと、お時間のある方は是非ご参加ください。

2015-01-08 来週末は銀座で「ONGAKUゼミナール」_e0021965_09225666.jpg
1月17日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第35回:さまざまな鍵盤楽器で聴くジャズ)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218045/まで。

 鍵盤楽器の花形はピアノですが、そのほかにもさまざまな鍵盤楽器が存在します。オルガン、ハープシコード、チェンバロ、電気ピアノ、シンセサイザーなど、ピアノ以前のものから最新のものまで、そうした鍵盤楽器を用いたジャズを今回は楽しんでみたいと思います。


【今後の「ONGAKUゼミナール」】
2015-01-08 来週末は銀座で「ONGAKUゼミナール」_e0021965_09225640.jpg
1月31日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第8回:ゲスト=クリヤ・マコト プレイズ・スーパー・スタンダード)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/240368/まで。

 第8回のゲストは、いまヨーロッパを中心に世界で活躍するピアニスト、クリヤ・マコトさん。多くのアーティストの音楽プロデューサーや映画の音楽監督を務める等、ジャズ以外の分野でも意欲的に活動されています。そんなクリヤさんから小川隆夫がどんな演奏と話を引き出すか、どうぞお楽しみに。


2015-01-08 来週末は銀座で「ONGAKUゼミナール」_e0021965_09225688.jpg
2月14日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋 vol.6』(ヴァレンタイン・デイに聴くラヴ・ソング)
@「Ten & Half Cafe+」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/252179/まで。

 古今東西さまざまなラヴ・ソングが生まれてきました。ヴァレンタイン・デイ当日にあたる今回はそれらの中からジャズでお馴染みの歌と演奏を選んでみたいと思います。


2015-01-08 来週末は銀座で「ONGAKUゼミナール」_e0021965_09225677.jpg
2月28日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第26回:渡辺貞夫も日野皓正もみ~んな若かった~タクト・レーベルの真髄を聴く』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/252534/まで。

 1960年代後半、日本のジャズ・シーンにはアメリカ留学を終えた渡辺貞夫を中心に、オリジナリティを追求する若手が増えてきました。そうした意欲的なミュージシャンに次々とレコーディングの機会を与えていたのが弱小家電メーカーのタクトです。渡辺を中心に、新人だった日野皓正に初リーダー・レコーディングのチャンスを与えるなど、次代を担う有能なミュージシャンを起用してのアルバム作りがやがて日本のジャズ・ブームに繋がっていきます。
 今回は60年代後半の日本におけるジャズ・シーンでもっとも重要な足跡を残したタクト・レーベルの作品を聴きつつ、その時代の動きを紹介したいと思います。




by jazz_ogawa | 2015-01-08 11:34 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
2014-12-15 一昨日の「ONGAKUゼミナール」も無事に終了_e0021965_002733.jpg

 今年最後の「ONゼミ」でしたが、いつもより参加者が少なくてちょっと残念。でもぼくの集客力を考えればそんなものでしょう。年末のお忙しい中、ご参加くださったみなさんには本当にありがとうございましたと申し上げます。

2014-12-15 一昨日の「ONGAKUゼミナール」も無事に終了_e0021965_003146.jpg

 今回のテーマは、ぼくにとっては懐かしのカレッジ・フォーク&カレッジ・ポップス。同窓生が何人か来てくれたので彼女・彼らにとっても懐かしかったのでは?

 それにしてもなんとのどかな歌が多かったことか。時代はヴェトナム反戦や学生運動が真っ盛り。しかしこうした歌をうたって青春を謳歌していた学生も東京周辺にはたくさんいました。ぼくも典型的なノンポリ。学生運動を横目で観て、「そんなことで革命ができるわけないじゃん」と醒めていました。

 でも新宿西口の反戦フォーク集会には行きました。ぼくの場合は音楽を聴くのが目的。新宿騒乱の日も近くにいて命からがら逃げてきましたっけ。世の中が変革を求めていた時代でした。だからこそぼくも音楽にのめり込めたんでしょう。

 それでも今回聴いた当時のヒット曲はノー天気なものばかり。なんだかこれだけでは物足りない気分だったので、予定の曲が終わったところで、関西フォークも何曲か聴いてもらいました。

「自衛隊に入ろう」「教訓 I」「それで自由になったのかい」。

 今回聴いた24曲とこれら3曲の差。関東と関西の若者の世の中に対する認識の違いもさることながら、彼らを集めてコンサートを開いていた音楽団体が抱いていた社会意識の差にも由来していたように思っています。そんなことを話しながらのイヴェントになりました。

2014-12-15 一昨日の「ONGAKUゼミナール」も無事に終了_e0021965_003543.jpg

 こうなるとそのうち関西フォーク特集もやりたいのですが、暗い曲が多いから、やっていて落ち込むかも。URCをきちんと紹介するのもいいと思うんですけど。でもやっぱり今回と同じでひとは集まらないでしょう(苦笑)。

2014-12-15 一昨日の「ONGAKUゼミナール」も無事に終了_e0021965_01738.jpg

 さて、これで今年の「ONGAKUゼミナール」はすべて終了。好き勝手にやらせてもらっているイヴェントにご参加くださったみなさん、本当にありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願いします。


【今後の「ONGAKUゼミナール」】
2014-12-15 一昨日の「ONGAKUゼミナール」も無事に終了_e0021965_011040.png

1月17日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第35回:さまざまな鍵盤楽器で聴くジャズ)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/240366/まで。

 鍵盤楽器の花形はピアノですが、そのほかにもさまざまな鍵盤楽器が存在します。オルガン、ハープシコード、チェンバロ、電気ピアノ、シンセサイザーなど、ピアノ以前のものから最新のものまで、そうした鍵盤楽器を用いたジャズを今回は楽しんでみたいと思います。


2014-12-15 一昨日の「ONGAKUゼミナール」も無事に終了_e0021965_011345.jpg

1月31日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第8回:ゲスト=クリヤ・マコト プレイズ・スーパー・スタンダード)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/240368/まで。

第8回のゲストは、いまヨーロッパを中心に世界で活躍するピアニスト、クリヤ・マコトさん。多くのアーティストの音楽プロデューサーや映画の音楽監督を務める等、ジャズ以外の分野でも意欲的に活動されています。そんなクリヤさんから小川隆夫がどんな演奏と話を引き出すか、どうぞお楽しみに。
by jazz_ogawa | 2014-12-15 08:42 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(2)
2014-12-07 今度の土曜日は渋谷で「ONゼミ」_e0021965_00563700.jpg
 13日は2ヵ月に一度開催の「60年代音楽シリーズ」。今回のテーマは「カレッジ・フォーク&カレッジ・ポップス」。

2014-12-07 今度の土曜日は渋谷で「ONゼミ」_e0021965_00563740.jpg
 ぼくの世代ならほとんどの曲を高校時代に歌ったことがあるはず。あのころはギター1本あれば仲間が集まりフォーク・ソングやGSの曲を歌ったものです。ぼくは高校生でしたが、そうした曲はカレッジ・ポップスとかカレッジ・フォークと呼ばれ、中学生から大学生を中心に流行っていました。

2014-12-07 今度の土曜日は渋谷で「ONゼミ」_e0021965_00563714.jpg
 今回はその歴史をたどりながら、代表的なグループ(人物も)と代表的な曲をみなさんと楽しみたいと思います。いつものことですが、頭の中で思いついただけでもかなりの曲数があります。それを絞り込むのがなんとももったいない。

 そしてこれまたいつものことですが、いまの時点であまりひとが集まっていません(トホホ)。はたして最終的にどのくらい来てくれるのか。願わくば予約しているひとからキャンセルが出ないことですが、インフルエンザも流行っていることですし、どうなることやら。


2014-12-07 今度の土曜日は渋谷で「ONゼミ」_e0021965_00563749.jpg
12月13日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第25回:カレッジ・ポップスを中心に』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/232701/まで。

 1960年代の日本では従来の歌謡曲に加えて洋楽ポップスからの影響を受けた新しい歌がさまざまな形で登場してきました。中でも大学生を中心にしたフォーク・ソングのブーム(カレッジ・ポップス、カレッジ・フォーク)はグループ・サウンドとともにこれまでにない新鮮な響きと音楽的な多様性を示した点で画期的でした。
 こうした音楽は当時「和製ポップス」などとも呼ばれ、70年代のニュー・ミュージックのブームに繋がっていきます。今回はそのカレッジ・ポップスを中心にグループ・サウンズやロックにも触れてみたいと思います。


2014-12-07 今度の土曜日は渋谷で「ONゼミ」_e0021965_00564132.png
1月17日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第35回:さまざまな鍵盤楽器)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218045/まで。

 鍵盤楽器の花形はピアノですが、そのほかにもさまざまな鍵盤楽器が存在します。オルガン、ハープシコード、チェンバロ、電気ピアノ、シンセサイザーなど、ピアノ以前のものから最新のものまで、そうした鍵盤楽器を用いたジャズを今回は楽しんでみたいと思います。


2014-12-07 今度の土曜日は渋谷で「ONゼミ」_e0021965_00564300.jpg
1月31日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第8回:ゲスト=クリヤ・マコト)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/240368/まで。

 音楽ジャーナリスト小川隆夫のトーク・イヴェント「ONGAKUゼミナール」。 代官山「Lezard(レザール)」での「ONゼミ」は、日本を代表するミュージシャンをゲストに迎えるトーク&ライヴで、“よそでは聴けない”を大きなテーマに開催しています。

 第8回のゲストは、いまヨーロッパを中心に世界で活躍するピアニスト、クリヤ・マコトさん。多くのアーティストの音楽プロデューサーや映画の音楽監督を務める等、ジャズ以外の分野でも意欲的に活動されています。そんなクリヤさんから小川隆夫がどんな演奏と話を引き出すか、どうぞお楽しみに。



by jazz_ogawa | 2014-12-07 08:33 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
2014-11-30 昨日はどうもありがとうございました_e0021965_14554549.jpg
「いい音で聴く」

2014-11-30 昨日はどうもありがとうございました_e0021965_14554566.jpg
 これをモットーにしている銀座「Blue Eyes」でのイヴェント。けっこう激しい雨が降っている中、昨日もお集まりいただいた方、ほんとうにありがとうございました。

2014-11-30 昨日はどうもありがとうございました_e0021965_14554550.jpg
 今回のテーマは、9月に発売されたビートルズの『MONO BOX』(アナログLP)と、オリジナルUKプレスのLPを聴く、というもの。両方を同時に聴き比べたのはぼくも昨日が初めて。さて、どちらがいい音か?

2014-11-30 昨日はどうもありがとうございました_e0021965_14554520.jpg
『MONO BOX』はビートルズがイギリスで発売したモノラルLP盤9作品にもう2作を加えLP14枚を梱包したボックス。それらの中から好きな曲を選びに選んで39曲。1曲が3分前後としてもこれだけで予定の2時間になってしまいます。ということで、昨日はこれらの中からその場で選曲する方式を採用。

2014-11-30 昨日はどうもありがとうございました_e0021965_14554584.jpg
 まず1曲目をオリジナル・プレスとMONO BOX盤の順で聴いてみました。違いは歴然。音圧がまったく別物。とはいえ、「聴き比べ」がテーマなので、次の曲からはどちらかをサワリだけ聴くことにしました。

2014-11-30 昨日はどうもありがとうございました_e0021965_14554522.jpg
 使用するのはいつものようにELP社製のレーザー・ターンテーブル。

 聴きながら感想とか曲の紹介とかをしていたら10曲で前半終了の時間に。ならばということで、みなさんの反応から後半はオリジナル盤のみを聴くことに。

 図らずも半世紀ほど前にプレスされたレコードの素晴らしさを味わうことができました。今年発売されたBOXに比べて、モノラルなのに音に広がりがある、響きが凄い、中期の特徴である歪みのあるギターの迫力、コーラスの厚み、シャウトするジョンの息遣い・・・

2014-11-30 昨日はどうもありがとうございました_e0021965_14554635.jpg
『MONO BOX』と比較することで、ビートルズの音楽的な素晴らしさ、上手さ、創造性、スタジオ・テクノロジーに対する好奇心、豊かなアイディアなど、いろいろなことが改めて実感できました。ご来場いただいた皆さんはいかがだったでしょうか?


【今後の「ONGAKUゼミナール」】
2014-11-30 昨日はどうもありがとうございました_e0021965_14554613.jpg
12月13日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第25回:カレッジ・ポップスを中心に』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/232701/まで。

 1960年代の日本では従来の歌謡曲に加えて洋楽ポップスからの影響を受けた新しい歌がさまざまな形で登場してきました。中でも大学生を中心にしたフォーク・ソングのブーム(カレッジ・ポップス、カレッジ・フォーク)はグループ・サウンドとともにこれまでにない新鮮な響きと音楽的な多様性を示した点で画期的でした。
 こうした音楽は当時「和製ポップス」などとも呼ばれ、70年代のニュー・ミュージックのブームに繋がっていきます。今回はそのカレッジ・ポップスを中心にグループ・サウンズやロックにも触れてみたいと思います。


2014-11-30 昨日はどうもありがとうございました_e0021965_14554989.jpg
1月17日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第35回:さまざまな鍵盤楽器)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218045/まで。

 鍵盤楽器の花形はピアノですが、そのほかにもさまざまな鍵盤楽器が存在します。オルガン、ハープシコード、チェンバロ、電気ピアノ、シンセサイザーなど、ピアノ以前のものから最新のものまで、そうした鍵盤楽器を用いたジャズを今回は楽しんでみたいと思います。



by jazz_ogawa | 2014-11-30 15:02 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(8)
2014-11-16 昨日は銀座「le sept」でトーク・イヴェント_e0021965_13501437.jpg
 昨日の「ONGAKUゼミナール」にお集まりいただいたみなさん、ありがとうございました。相変わらず時間の読みの甘さで長めになってしまいましたが、みなさんには最後までお付き合いいただき、ありがたい限りです。

2014-11-16 昨日は銀座「le sept」でトーク・イヴェント_e0021965_13501499.jpg
 今回のテーマはピアノ・トリオ。前半がアメリカ、後半が日本という構成でした。ぼくのイヴェントでよくかける、オスカー・ピーターソン、セロニアス・モンク、ハービー・ハンコックといった有名なピアニストは登場しません。何せ人材豊富なピアノ界です。好きなピアニストを18人、いつものように体験談や怪しげなエピソードを盛り込み、少々話し過ぎましたが、無事に終了。

2014-11-16 昨日は銀座「le sept」でトーク・イヴェント_e0021965_13501421.jpg
 さて、今年は残すところあと2回。どちらも席に余裕がたくさんあります(苦笑)。どうでもいいいような与太話しかしませんし、選曲もまったく凝っていませんが、興味のある方は是非ご参加を。


【今後の「ONGAKUゼミナール」】

2014-11-16 昨日は銀座「le sept」でトーク・イヴェント_e0021965_13501516.jpg
11月29日(土) 『小川隆夫と聴くザ・ビートルズ UKオリジナルLP vs 2014 MONO BOX』
@ 銀座「Blue Eyes」 中央区銀座1-20-15 前田山陽ビルB1(03-3564ー4155)http://www.miles5.co.jp/
開場:13:00 開演:14:00 会費:2000円(+1ドリンクオーダー)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218049/まで

 相変わらずとどまることを知らないビートルズのアルバム発売。今回は9月に出たモノナルLPと英国プレスのオリジナルLPを聴き比べます。
 小川隆夫秘蔵のブラック・パーロフォンをはじめとしたオリジナルLPと2014年リマスター盤のどちらが音質的に優れているのか。あるいはどこがどう違うのか。最良の音質が再現できるレーザー・ターンテーブルを使用しての聴き比べを通し、これまでとは違うビートルズ体験ができるかもしれません。


2014-11-16 昨日は銀座「le sept」でトーク・イヴェント_e0021965_13501528.jpg
12月15日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第25回:カレッジ・ポップスを中心に』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/232701/まで。

 1960年代の日本では従来の歌謡曲に加えて洋楽ポップスからの影響を受けた新しい歌がさまざまな形で登場してきました。中でも大学生を中心にしたフォーク・ソングのブーム(カレッジ・ポップス、カレッジ・フォーク)はグループ・サウンドとともにこれまでにない新鮮な響きと音楽的な多様性を示した点で画期的でした。
 こうした音楽は当時「和製ポップス」などとも呼ばれ、70年代のニュー・ミュージックのブームに繋がっていきます。今回はそのカレッジ・ポップスを中心にグループ・サウンズやロックにも触れてみたいと思います。


by jazz_ogawa | 2014-11-16 13:53 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
2014-11-07 今後の「ONGAKUゼミナール」_e0021965_23095088.jpg
 宣伝コーナーです。

 11月と12月のスケジュールです。

 以下、興味のある方はぜひご参加ください。いずれも予約受付中です。


2014-11-07 今後の「ONGAKUゼミナール」_e0021965_23095020.jpg
11月15日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第34回:古今東西ピアノ・トリオ聴き比べ)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218045/まで。

 ジャズでもっとも人気の高い編成がピアノ・トリオです。それだけに、これまで数多くの名ピアノ・トリオが登場し、ピアノ・トリオの名盤もいろいろとあります。
 今回は日本を代表するピアノ・トリオによる演奏を前半に、諸外国のピアノ・トリオによる演奏を後半に特集し、みなさんとさまざまなピアノ・トリオを楽しみたいと思います。
 今回も岩崎泰三さんによる美味しいコーヒーも楽しめます。


2014-11-07 今後の「ONGAKUゼミナール」_e0021965_23095015.jpg
11月29日(土) 『小川隆夫と聴くザ・ビートルズ UKオリジナルLP vs 2014 MONO BOX』
@ 銀座「Blue Eyes」 中央区銀座1-20-15 前田山陽ビルB1(03-3564ー4155)http://www.miles5.co.jp/
開場:13:00 開演:14:00 会費:2000円(+1ドリンクオーダー)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218049/まで

 相変わらずとどまることを知らないビートルズのアルバム発売。今回は9月に出たモノナルLPと英国プレスのオリジナルLPを聴き比べます。
 小川隆夫秘蔵のブラック・パーロフォンをはじめとしたオリジナルLPと2014年リマスター盤のどちらが音質的に優れているのか。あるいはどこがどう違うのか。最良の音質が再現できるレーザー・ターンテーブルを使用しての聴き比べを通し、これまでとは違うビートルズ体験ができるかもしれません。


2014-11-07 今後の「ONGAKUゼミナール」_e0021965_23095070.jpg
12月13日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第25回:カレッジ・ポップスを中心に』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/232701/まで。

 1960年代の日本では従来の歌謡曲に加えて洋楽ポップスからの影響を受けた新しい歌がさまざまな形で登場してきました。中でも大学生を中心にしたフォーク・ソングのブーム(カレッジ・ポップス、カレッジ・フォーク)はグループ・サウンドとともにこれまでにない新鮮な響きと音楽的な多様性を示した点で画期的でした。
 こうした音楽は当時「和製ポップス」などとも呼ばれ、70年代のニュー・ミュージックのブームに繋がっていきます。今回はそのカレッジ・ポップスを中心にグループ・サウンズやロックにも触れてみたいと思います。



by jazz_ogawa | 2014-11-07 18:35 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
2014-10-27  一昨日はありがとうございました_e0021965_01095726.jpg
 おかげさまで今回も満席となり、嬉しい限りです。わざわざお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

2014-10-27  一昨日はありがとうございました_e0021965_01095791.jpg
 今回は「秋に聴くボサノヴァ」がテーマですが、「サマー・サンバ」や「スプリング・サンバ」といった曲もかけてしまいました。そこは愛嬌ということでご勘弁のほどを。

2014-10-27  一昨日はありがとうございました_e0021965_01095823.jpg
 それはそれとして、やっぱりボサノヴァはいいです。ぼくにとってはジャズに入るきっかけになった音楽ですし、その前に習っていたクラシック・ギターとジャズの懸け橋にもなった音楽ですから。

2014-10-27  一昨日はありがとうございました_e0021965_01095833.jpg
 ちょうど50年前のことですが、発売されたばかりの『ゲッツ=ジルベルト』に出会っていなければ、人生違うものになっていたでしょう。

 どういう人生が幸せなのかはわかりませんが、とりあえずこれまでのところは大満足。後悔や文句はまったくありません。音楽と深く関われたことで楽しい思いもたくさんすることができました。

2014-10-27  一昨日はありがとうございました_e0021965_01095855.jpg
 そんな原点になったボサノヴァ。これからもずっと聴いていくでしょう。

 10月の「ONGAKUゼミナール」はこれでおしまい。そして11月も2回予定しています。こちらもぜひよろしく!


【今後の「ONGAKUゼミナール」】

2014-10-27  一昨日はありがとうございました_e0021965_01100218.jpg
11月15日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第34回:古今東西ピアノ・トリオ聴き比べ)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218045/まで。

 ジャズでもっとも人気の高い編成がピアノ・トリオです。それだけに、これまで数多くの名ピアノ・トリオが登場し、ピアノ・トリオの名盤もいろいろとあります。
 今回は日本を代表するピアノ・トリオによる演奏を前半に、諸外国のピアノ・トリオによる演奏を後半に特集し、みなさんとさまざまなピアノ・トリオを楽しみたいと思います。
 今回も岩崎泰三さんによる美味しいコーヒーも楽しめます。


2014-10-27  一昨日はありがとうございました_e0021965_01100292.jpg
11月29日(土) 『小川隆夫と聴くザ・ビートルズ UKオリジナルLP vs 2014 MONO BOX』
@ 銀座「Blue Eyes」 中央区銀座1-20-15 前田山陽ビルB1(03-3564ー4155)http://www.miles5.co.jp/
開場:13:00 開演:14:00 会費:2000円(+1ドリンクオーダー)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218049/まで

 相変わらずとどまることを知らないビートルズのアルバム発売。今回は9月に出たモノナルLPと英国プレスのオリジナルLPを聴き比べます。
 小川隆夫秘蔵のブラック・パーロフォンをはじめとしたオリジナルLPと2014年リマスター盤のどちらが音質的に優れているのか。あるいはどこがどう違うのか。最良の音質が再現できるレーザー・ターンテーブルを使用しての聴き比べを通し、これまでとは違うビートルズ体験ができるかもしれません。


by jazz_ogawa | 2014-10-27 08:43 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(2)
2014-10-19 昨日は「ONゼミ」@渋谷「Panama Joe\'s」_e0021965_14100584.jpg
 ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。初めて来てくださった方も何人かいて、これはラジオが終わったおかげかもしれません。

2014-10-19 昨日は「ONゼミ」@渋谷「Panama Joe\'s」_e0021965_14100733.jpg
 嬉しかったのは当日のキャンセルがなく満席が維持できたこと。それから全員が時間前に来てくださったことも。久しぶりに定刻で始めることができました。

2014-10-19 昨日は「ONゼミ」@渋谷「Panama Joe\'s」_e0021965_14100778.jpg
 用意したのは29曲。しかし前半は11曲で終了。映画も音楽同様に脱線話が多くなりがちなので、後半はなるべく脱線しないように心がけ、8時半を少し過ぎたところで終了。それでも2曲カットしました。最初は40曲以上リストアップしていたので続編もそのうちやれるかも。

2014-10-19 昨日は「ONゼミ」@渋谷「Panama Joe\'s」_e0021965_14100944.jpg
 参加してくれた同級生たちからは「次、テレビ映画でやらない?」とも言われました。その場でみんなして番組名を挙げたらあっという間にかなりの曲が浮かんだので、このアイディアもいただきかな。

2014-10-19 昨日は「ONゼミ」@渋谷「Panama Joe\'s」_e0021965_14102365.jpg
 それはそれとして、次回の「Panama Joe's」は12月13日(土)に決まりました。テーマは最終決定でありませんが、「カレッジ・ポップス」か「日本のロック黎明期」を考えています。いかがでしょうか?


 今後もほぼ月2回ペースで「ONGAKUゼミナール」は開催します。現在予約受付中のものは11月分まで。興味のある方はぜひお越しください。待ってます。

【今後の「ONGAKUゼミナール」】

2014-10-19 昨日は「ONゼミ」@渋谷「Panama Joe\'s」_e0021965_14102475.jpg
10月25日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋 vol.5』(秋に聴くボサノヴァ)
@「Ten & Half Cafe+」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/208991/まで。

 西船橋の「Ten & Half Cafe+」では日本が世界に誇るボサノヴァ・アーティストの中村善郎さんがアコースティック生ライヴを定期的に開催しているお店でもあります。
 そこで今回は、小川隆夫が選ぶボサノヴァの名曲を代表的なアーティストによる演奏や歌で楽しみたいと思います。初期のアーティストから最近のアーティストまで。秋の午後に相応しい雰囲気の選曲でボサノヴァの素晴らしさを味わっていただければと思っています。


2014-10-19 昨日は「ONゼミ」@渋谷「Panama Joe\'s」_e0021965_14102420.jpg
11月15日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第34回:古今東西ピアノ・トリオ聴き比べ)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218045/まで。

 ジャズでもっとも人気の高い編成がピアノ・トリオです。それだけに、これまで数多くの名ピアノ・トリオが登場し、ピアノ・トリオの名盤もいろいろとあります。
 今回は日本を代表するピアノ・トリオによる演奏を前半に、諸外国のピアノ・トリオによる演奏を後半に特集し、みなさんとさまざまなピアノ・トリオを楽しみたいと思います。
 今回も岩崎泰三さんによる美味しいコーヒーも楽しめます。


2014-10-19 昨日は「ONゼミ」@渋谷「Panama Joe\'s」_e0021965_14102497.jpg
11月29日(土) 『小川隆夫と聴くザ・ビートルズ UKオリジナルLP vs 2014 MONO BOX』
@ 銀座「Blue Eyes」 中央区銀座1-20-15 前田山陽ビルB1(03-3564ー4155)http://www.miles5.co.jp/
開場:13:00 開演:14:00 会費:2000円(+1ドリンクオーダー)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218049/まで

 相変わらずとどまることを知らないビートルズのアルバム発売。今回は9月に出たモノナルLPと英国プレスのオリジナルLPを聴き比べます。
 小川隆夫秘蔵のブラック・パーロフォンをはじめとしたオリジナルLPと2014年リマスター盤のどちらが音質的に優れているのか。あるいはどこがどう違うのか。最良の音質が再現できるレーザー・ターンテーブルを使用しての聴き比べを通し、これまでとは違うビートルズ体験ができるかもしれません。



by jazz_ogawa | 2014-10-19 14:18 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(2)
2014-10-15 今度の土曜日は「ONGAKUゼミナール」_e0021965_18145060.png
 相も変わらぬ告知です。

 今度の土曜日(18日)は渋谷・百軒店「Panama Joe's」で「ONGAKUゼミナール」。

 ここでは「60年代音楽シリーズ」を2ヶ月に1度やっています。24回目の今回は「映画音楽~洋画編」です。

 高校のころから音楽とともに映画三昧だった自分を振り返りつつ、そのころ観た映画から好きな主題歌(曲)を聴きながら、60年代に想いを馳せる感じになるでしょうか。

 60年代を懐かしく思う世代も、その時代を知らないひとも、興味のある方はぜひご参加を。懐かしい映画音楽とともにお待ちしています。


10月18日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第24回:映画音楽~洋画編』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/208953/まで。


【今後の「ONGAKUゼミナール」】
2014-10-15 今度の土曜日は「ONGAKUゼミナール」_e0021965_18145017.jpg
10月25日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋 vol.5』(秋に聴くボサノヴァ)
@「Ten & Half Cafe+」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/208991/まで。

 西船橋の「Ten & Half Cafe+」では日本が世界に誇るボサノヴァ・アーティストの中村善郎さんがアコースティック生ライヴを定期的に開催しているお店でもあります。
 そこで今回は、小川隆夫が選ぶボサノヴァの名曲を代表的なアーティストによる演奏や歌で楽しみたいと思います。初期のアーティストから最近のアーティストまで。秋の午後に相応しい雰囲気の選曲でボサノヴァの素晴らしさを味わっていただければと思っています。


2014-10-15 今度の土曜日は「ONGAKUゼミナール」_e0021965_18145052.jpg
11月15日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第34回:古今東西ピアノ・トリオ聴き比べ)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218045/まで。

 ジャズでもっとも人気の高い編成がピアノ・トリオです。それだけに、これまで数多くの名ピアノ・トリオが登場し、ピアノ・トリオの名盤もいろいろとあります。
 今回は日本を代表するピアノ・トリオによる演奏を前半に、諸外国のピアノ・トリオによる演奏を後半に特集し、みなさんとさまざまなピアノ・トリオを楽しみたいと思います。
 今回も岩崎泰三さんによる美味しいコーヒーも楽しめます。


2014-10-15 今度の土曜日は「ONGAKUゼミナール」_e0021965_18145057.jpg


11月29日(土) 『小川隆夫と聴くザ・ビートルズ UKオリジナルLP vs 2014 MONO BOX』
@ 銀座「Blue Eyes」 中央区銀座1-20-15 前田山陽ビルB1(03-3564ー4155)http://www.miles5.co.jp/
開場:13:00 開演:14:00 会費:2000円(+1ドリンクオーダー)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/218049/まで

 相変わらずとどまることを知らないビートルズのアルバム発売。今回は9月に出たモノナルLPと英国プレスのオリジナルLPを聴き比べます。
 小川隆夫秘蔵のブラック・パーロフォンをはじめとしたオリジナルLPと2014年リマスター盤のどちらが音質的に優れているのか。あるいはどこがどう違うのか。最良の音質が再現できるレーザー・ターンテーブルを使用しての聴き比べを通し、これまでとは違うビートルズ体験ができるかもしれません。


by jazz_ogawa | 2014-10-15 07:44 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(4)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム