小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009-02-28 ハンク・ジョーンズを立て続けに2回
e0021965_9391190.jpg
 聴いてきました。24日の「ブルーノート東京」と、昨日のホテル・オークラです。

 去年の「東京Jazz」のハンクさんも素晴らしかったですが、今回もよかったです。90歳というのにかくしゃくとしていて、タッチによどみがありません。力強さはあまり認められませんが、もともとこのひとは《瀟洒なタッチ》で評判を呼んでいたんですから、年齢を重ねることによってまさに面目躍如のプレイをするようになったと考えてもいいでしょう。

「ミスティ」とか「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」とか、お馴染みの曲のオン・パレードです。難しいことは言いっこなし。こういう洒落たピアノを聴くのもぼくは大好きです。カクテル・ピアノをとても上等にしたような演奏とでもいえばいいでしょうか。

 やっぱりハンクさんは凄いなぁと思ったのは「マーシー・マーシー・マーシー」ですね。やや後乗りのアプローチがモダンでかっこいい。こういう演奏ができるところに魅力が集約されているように思いました。

 高齢であることを自然に受け入れ、それをさらなる魅力に結び付けている姿は、見ていて心が和みます。これも人柄でしょう。このひと、ステージに出てきただけで優しさが滲み出ています。実際、話をしても穏やかだし真摯だし、それでいてユーモアもあります。接するたび、こんな老人(失礼)になれたらいいなぁと思います。

「ブルーノート」ではアンコールを2回やってくれました。ただし楽屋に引っ込むのが面倒くさいのか、ステージから帰りそうな素振りをしながら、耳に手を当てて拍手の大きさを確認し、ピアノに戻るという、ハルク・ホーガン+ジェームス・ブラウンのようなやり方です。こういうことも、ハンクさんがやれば好感が持てます。

e0021965_9393923.jpg
 ゲストにTOKUさんを迎えたホテル・オークラでのライヴは「ブルーノート」以上。なにせ休憩なしでほぼ2時間演奏したんですから。アンコールは4回。「ブルーノート」と同じで、帰ろうとしません。最後の2曲はソロ・ピアノで「イン・ア・センチメンタル・ムード」と「ザ・ヴェリー・ソウト・オブ・ユー」。至芸でしたね。枯れた味わいというのがぼくもわかる世代になってきたんでしょう。枯れすぎてカサカサは困りますが、ハンクさんのピアノには適度な潤いがあって、それが味を生み出していました。

 手は少々もつれます。でも、ジャズのスピリットは健在です。むしろタッチが弱い分、こちらも一所懸命に聴き耳を立てながら演奏に没入できました。面白いのは没入しているんですが、とてもリックスして聴けるんですね。没入にもいろいろな形があることを知りました。

 ハンクさんのような存在は稀有といっていいでしょう。若くて生きのいい演奏も好きですが、こういうしっとりとした、スウィートで洒落ていて心地のいい演奏も得がたいものです。そしてぼくは、どちらかといえばこういう音楽が好きになってきたかもしれません。

 とんがったジャズやロックもいまだに「いいなぁ」と思いますが、許容範囲が広くなってきたということでしょうか。まあ、もともとほとんどのものに「いいなぁ」と思うタイプですから、そのあたりはどうなんだか自分でもよくわかりません。

 音楽的に新しいものは見つけられなくても、それまでになかった体験はできます。それがハンクさんのライヴでした。ミュージシャンはこうやって、そのときどきで自分のものを出せば、ひとを感銘させることができる。そう思いました。ただし、それはごく一部の優れた才能を授かったひとに限るんでしょうが。ハンクさんもそんなひとりです。ですから、ぼくは彼の演奏をこれからも大切に聴いていこうと思っています。

 驚いたのは、ホテル・オークラでの演奏終了後、ハンクさんの希望で、「CDを購入したらサインをします」とアナウンスされたことです。2時間休憩なしで演奏し、そのままサイン会です。ぼくは90歳まで生きるとは思いませんが、その年でニューヨークに行き毎晩ジャズ・クラブを覗くなんて芸当は絶対にできません。恐るべき90歳を目の当たりにして、音楽以外にも思うところがたくさんありました。

 そうそう、今年のグラミー賞でハンクさんは「Lifetime Achievement Award」を受賞しています。偉大なミュージシャンの演奏を立て続けに2回聴けたぼくは幸せ者です。
by jazz_ogawa | 2009-02-28 09:50 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/9720920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by med_ical at 2009-02-28 10:22 x
小川さんの『ベスト・オブ・ジャズ・ピアノ』で色々なタイプの演奏をするハンク・ジョーンズにそのことを聞いた時「ただ練習をするだけ」と答えたというエピソードがとてもよかったです。
Commented by jazz_ogawa at 2009-02-28 12:12
med_icalさん、長老にしてこの謙虚さ。尊敬に値します。彼からみればぼくはまだ小僧ですが、謙虚さは見習わなくては。
Commented by めいこ at 2009-03-04 20:23 x
ハンクさん、2日連続聴きに行かれたなんて、贅沢ですね!!!
私も大好きです!!!
東京JAZZの年のクリスマスの貞夫さんのコンサート出演されたんですが、帯状疱疹で大変な中来日。貞夫さんとの約束を守りたいとの思いからだったようです。
その時の演奏は、今でも忘れられません!!!
大阪にも来られたとき、聞きに行きましたが、小川さんのおっしゃる通りでした。つけたしなし!のコメントに嬉しくって!!!
90歳のハンクさんに尊敬と親近感を抱いています。

Commented by jazz_ogawa at 2009-03-04 23:39
めいこさん、連続ではありませんが、2回立て続けに聴いてきました。どちらも味わい深くてよかったです。こういうピアノはハンクさんにしか弾けないですし、それをしっかりと心に焼き付けました。
<< 2009-03-01 Work... 2009-02-25 あがた森... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム