小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009-01-01  Works & Information in January 2009
e0021965_1576100.jpg
 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 こういうご時勢なので、今年は、個人的にはいままで以上に楽しく過ごせたら、と考えています。テーマは「自然体」です(笑)。でも、これは去年の「いい加減」や「テキトー」と、言葉が違うだけ。内容は変わらないように思います。物事、本気で考え出したらあまりに悲しいことや辛いことが多いので(個人的なことだけでなく)、せめてこのブログぐらいは楽しくいこうかなと。

 恒例のニューヨーク年越しで、相も変らぬ怠惰な日々を過ごしています。2009年もとりたてて何かをやる気はありません。出たとこ勝負できた人生ですから、予想もつかない楽しいことが起きればラッキーです。そうでなくてもいっこうにかまいませんし。やりたいことをやるだけ。これって「自然体」でしょう。

 さて、1月です。25日に1冊本が出ます。これは11月末に企画が決まり、2ヶ月で出版になりました。すぐに出せるのは、以前連載していたものをまとめたものだからです。たった10回の連載だったのに300ページ以上の厚さになり、自分でも毎回こんなに書いていたのかとびっくりしました。
 10日ごろには平凡社新書からも本が出ます。これは一部を書いただけですから、ぼく個人の著書ではありませんが。


【Book】
01.10ごろ『ファンが選んだベスト・オブ・ブルーノート』(平凡社新書)
01.25. 『プレイバック! 10大ニュースで綴るモダン・ジャズの世紀』(春日出
    版)


【Articles】
01.15. 『Bose Style』(2009 Winter号)
    「音のサプリメント第11回:ギル・エヴァンス」

01.20. 『スイングジャーナル』(2月号) 
    「ディスク・レヴュー」
    「コンサート・レヴュー:Tony Williams Lifetime Tribute」
    「名盤のウラに記された真実:第2回ウエス・モンゴメリー」
    「2007年度ジャズ・ディスク大賞選考・選考後記」
    「日本のジャズ大賞紹介:『日野皓正/寂光』」

01.20. 『CDジャーナル』(2月号)
    「カラー・レビュー」
    「輸入盤紹介」
    「“2008年私のベスト5~CD版”アンケート」


【Web Magazine連載】
日経BP『セカンドステージ』 「永遠のジャズ」(http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/o-style/)(隔週更新:1月は7日、21日)


【Linernotes】
01.21. 『リシャール・ガリアーノ・ミーツ・ゴンサロ・ルバルカバ&チャーリ
    ー・ヘイデン』(ビクター)
01.21. 『エディ・ヒギンズ/エッセンシャル・バラード・ベスト』(Venus)
01.21. 『エディ・ヒギンズ/エッセンシャル・スタンダード・ベスト』(Venus)
01.21. 『ベスト・オブ・マイルス・デイヴィス』(EMI)
01.21. 『ベスト・オブ・ハンク・モブレー』(EMI)
by jazz_ogawa | 2009-01-02 01:58 | Works & Information | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/9328720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by heidiworld at 2009-01-02 09:31
斉藤です。本、25日を楽しみにしております。ジャズの世界も私の中で広がりそうで新年そうそうのワクワク感です。それから先日のコメントのご返信にグッときました。ありがとうございます。ではでは、小川様もお孫さんも良いお正月をお過ごしになりますように。
Commented by sou-un at 2009-01-02 10:20 x
小川さん、明けましておめでとうございます。
このブログをはじめ、小川さんの著作や連載は、私のジャズ・ライフに間違いなく奥ゆきを与えてくれました。
新しい本も楽しみにしております。お体に気をつけて、今年も素晴らしいお仕事を期待しております。遅れましたが今年もヨロシクお願いします。
あ、それから本に書いてあることの疑問点などは、ここで質問してもよろしいですか?
Commented by jazz_ogawa at 2009-01-02 11:54
heidiworldさん、実際に店頭に並ぶのは月末になりそうです。ジャズはいろいろな楽しみ方がありますので、その一助になれば幸いです。
Commented by jazz_ogawa at 2009-01-02 11:59
sou-unさん、今年もよろしくお願いします。
ぼくの書くものがどれだけお役に立てているのか怪しいですが、質問などがありましたら遠慮なくこのコメント欄に書いてください。どこまで答えられるかわかりませんが。
Commented by 山田 at 2009-01-02 20:26 x
明けましておめでとうございます。御無沙汰しております。いつも拝見しております。 ところで、いきなりで申し訳有りませんが、教えて頂きたい事があります。ジャズ批評の2000年の103号のグラントン グリーンの号の記事の中で(p74~75)、G・グリーンがマイルスの70年代末のM・ミラー参加の録音でギターを演奏しているという記述があるのですが、真偽の方はいかがなものなのでしょうか?その録音が発表されたかどうかは書かれてはいませんが。何かご存知でしたら教えてください。勝手言ってすいません。
Commented by jazz_ogawa at 2009-01-02 21:43
山田さん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
グラント・グリーンの件は、手元に資料がないのでなんともいえませんが、記憶する限り、そういうセッションはなかった思います。
Commented by 山田 at 2009-01-03 00:21 x
有難う御座いました。まさかとは思っていましたが、小川さんが聞いたことがないという事で充分です。 処で、昨年の本の出版ペースも驚異的でしたが、「恒例のニューヨーク年越しで、相も変らぬ怠惰な日々を過ごしています・・」「2009年もとりたてて何かをやる気はありません」とおっしゃいますが、当ブログを拝見している限り、AMはジム通い、暇さえあればゲラチェックに原稿執筆ー恐らくいつも早目に書きあがっていても、締め切りに間に合わないなんて事はまずない!という勤勉にして、常にアグレッシブというお姿しかイメージできません。それを怠惰と言われては、我々凡人の立つ瀬がござんせん。暮々も無理をせずお体ご自愛下さい。本年もご活躍楽しみにしております。
Commented by m_benten at 2009-01-03 06:43
おめでとうございます。
昨年は ブルーノートから小川さんのブログを知ることができて
嬉しかったです。
今年も時々拝見させていただきます、よろしくお願いします。
NYからの中継 ありがとうございました、おなかがいっぱいになりました。
Commented by jazz_ogawa at 2009-01-03 07:03
山田さん、その後、グラント・グリーンのディスコグラフィーを調べてみましたが、やはりマイルスとの共演は見つけられませんでした。ジャズ批評の記事はどこからその共演の話を引き出したんでしょうね。ぼくの情報もあてになりませんから、その出典を一度チェックしたいなぁと思いまして・・・。
はたから見ると勤勉と思われるかもしれませんが、当人は至って怠惰なんです。仕事も来るもの拒まずですが、売込みが苦手だけに依頼されたものしかやりませんし。あとはせっかちなので、目の前にあるものは早く片づけたい性格が、ひとが見たら勤勉と思われるのかもしれませんね。
Commented by jazz_ogawa at 2009-01-03 07:04
m_bentenさん、明けましておめでとうございます。これもなにかの縁でしょうから、今後もよろしくお願いします。
Commented by cyubaki3 at 2009-01-03 09:42 x
自然体=最も小川さんに似合う言葉だと思います。
今年も面白い話を沢山聴かせてください。
Commented by Tony at 2009-01-03 10:39 x
小川さん、こんにちは。
「自然体」が増えればもっと余裕のある世の中になるかも知れませんね。ぼくもできる限り自然体で行きたいとは思っているのですが、でもふと気がつくと「不自然体」になっていることが多く(笑)、そう簡単ではなさそうです。それでも、小川さんがおっしゃっているニュアンスとも近いと思いますが、自然体を「Anything Goes」とも考えればまあ「Take It Easy」で行けるのでは、とも思っております。
「出たとこ勝負」というのも、ジャズ的ですね。全てをきっちり決めずにそのときの状況でアドリブを行うという、そこには人為を超えた自然の力が働くと。 
” Act Naturally ”で行きましょう。
Commented by med_ical at 2009-01-03 10:42 x
明けましておめでとうございます。
今年も健康であることを願いつつ精一杯頑張ってみようと思います。『自然体』とてもいい言葉ですね,益々のご活躍をお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
ハンドルネーム『高橋』改め『med_ical』にしてみました。(苦笑)
Commented by jazz_ogawa at 2009-01-03 15:21
cyubaki3さん、ありがとうございます。なるべく「自然体」という言葉に似合う日々が過ごせたらと思っています。
Commented by jazz_ogawa at 2009-01-03 15:27
Tonyさんのいう通りですね。自然体=余裕とい考えたらいいかもしれませんね。世知辛い世の中になってきましたから、せめて気持だけでも余裕を持ちたいと思います。
Take It Easyも無責任にならなければ素晴らしい生き方のヒントになると思います。いい言葉をありがとうございます。
Commented by jazz_ogawa at 2009-01-03 15:32
med_icalさん、このハンドルネーム、気に入りました。ぼくは医者のくせに、健康についてずっと甘く考えてきました。それで、病気になって、遅ればせながら健康でいられることは何てありがたいんだろうと、しみじみ思った次第です。自然体でいられることは、すなわち精神も肉体も健康ということに繋がるかもしれません。med_icalさんのコメントでそう思いました。ありがとうございます。
<< 2009-01-02 またいつ... 2008-12-31 今年もあ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム