小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008-12-19 Tony Williams Lifetime Tribute
e0021965_1081880.jpg
 16日の火曜日に「ブルーノート東京」で、ジャック・ブルース、ヴァーノン・リード、ジョン・メデスキ、シンディ・ブラックマンからなるトニー・ウィリアムス・ライフタイム・トリビュートを聴いてきました。

 いやぁ、よかったです。シンディが叩いた最初の一音を聴いただけで、ぼくは60年代末のジャズとロック・シーンにトリップしてしまいました。あの時代の混沌とした音楽状況がまざまざとよみがえってきたんですね。「ブルーノート東京」のお洒落な雰囲気に身を置きながらも、ニューヨークのちょっと汚い雑然としたクラブにいる気分といえばいいでしょうか。

e0021965_1083253.jpg
 60年代末から70年代初めにかけての東京も、青山、六本木、赤坂あたりではジャズとロックが渾然一体となって演奏される場がありました。かくいうぼくも、ライフタイムと『ビッチェズ・ブリュー』の音楽を掛け合わせたようなバンドでディスコなんかに出ていたんですから。

 とにかくこのトリビュート・バンドはかっこよかったです。ヴァーノン・リードは留学時代にシャノン・ジャクソンのバンドで何度も聴いています。その後はリヴィング・カラーにいる彼を観ただけで、ライヴを聴くのは久々です。一番鮮烈な思い出は、ある年の大晦日に、ハーレムでオーネットのプライムタイム、シャノン・ジャクソン、ジェームス・ブラッド・ウルマーの3バンドが出たコンサートです。そういえばプライムタイムにいたバーン・ニックスやチャーリー・エラビーは、長いこと会っていませんが、どうしているんでしょう?

e0021965_1085244.jpg
 ヴァーノン・リードはたしかイギリス生まれといっていました。それでジャック・ブルースとも関係しているのかしら? 最後にメンバー紹介をしたのもこのふたりなんで、トリビュート・バンドは彼らのアイディアから生まれたんでしょう。ジャック・ブルースは、ライフタイムの『ターン・イット・オーヴァー』に参加していましたし、このひとのジャズ・ロッカーぶりもかっこよかったです。

 でも一番かっこよかったのはシンディ・ブラックマンです。まるで60年代のディランかジミ・ヘンドリックのような髪型で颯爽とステージに登場し、小柄な体でトニー・ウィリアムスもびっくりのパワフルなドラミングを聴かせてくれました。

e0021965_109725.jpg
 その昔、シンディがウォレス・ルーニーとプロモーションで来日したとき、レコード会社から、司会者兼講演者兼インタヴューアー兼通訳をしてくれないかと、とんでもない仕事を頼まれました。それが上の写真です。それが縁でシンディとも知り合い、ぼくのアパートにも遊びに来てくれたことが何回かあります。ひところはニューヨークでもときどき会っていたんですが、ヴァーノン・リードと同じで、長いことご無沙汰でした。

 いい感じでジャズ・ロックしていた3人に比べると、ジョン・メデスキは、演奏は最高でしたが、服装がちょっと。サラリーマンの休日みたいな感じで、柄物のシャツとよれよれのジーンズ。いかにもこのひとらしくていいんですが、音楽とのイメージがあまりにも違いました。でも、ハモンドをキーボードのように弾くラリー・ヤング・スタイルはメデスキの得意とするところでもありますから、このバンド、彼なくしては成立しません。

 ライフタイムの1枚目は、日本で発売される直前にレコード会社(ポリドール)が主催した試聴会で初めて聴きました。そのときの興奮が、ステージの4人による演奏を聴きながら蘇ってきました。ジャズがロックと融合し、確実に新しい時代を迎えた──そう強く実感したのが、その日でした。60年代に最後のころでしょうか。以来、頭にこびりついて離れないその響きを自分なりに再現したくて、バンドでなんとかそれ風にことをやっていました。

e0021965_1092671.jpg
 音楽に燃えていたあのころの自分。その姿を思い出させてくれただけでも、この日のステージが観られてよかったです。あとは、クリームで演奏しているジャック・ブルースの姿をこの目で一度でいいから観たいものです。もう一度再結成してくれないでしょうか。

 てなことを書いているうちに、明日からニューヨークです。午前中は本業で、そのまま成田に行きます。というわけで、次回はニューヨークから。
by jazz_ogawa | 2008-12-19 10:14 | ライヴは天国 | Trackback(1) | Comments(14)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/9239051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from スキニージーンズの紹介 at 2008-12-22 23:41
タイトル : スキニージーンズの紹介
スキニージーンズの流行は衰えませんね。着こなしがしやすい、スキニージーンズですが、スニーカーにも、今はやりのムートンブーツなどにもよくあうので、持っていない人は1本はもっておくと重宝しますよ。... more
Commented by grechan at 2008-12-19 12:39 x
わたくしも、これからNYCに行きます。向こうでお会いするかもしれませんね(笑)。
Commented by 久原 at 2008-12-19 16:21 x
自分も初日に行ってきました!
ヴァーノンとジャックブルースに惹かれて行ったんですが
シンディーのあまりのカッコ良さにずっとクラクラしてました。
アパートに遊びにくるなんて、ああ羨ましい!
Commented by sou-un at 2008-12-19 16:33 x
いや~!このライブ、近くでやっていたら絶対に行きたかったですね。
でも、レポートだけでも聞けて良かったです。もう、企画が発表されたときから良さそうでしたから。ヴァーノン・リードともご面識がおありなんですね。
クリームの再々結成、ぜひ実現して欲しいものです。
Commented by NetHero at 2008-12-19 17:40 x
小川さん、こんにちは。
先月、帰国した際に70年初頭に買い込んだL.P.から4枚持ち帰ってきたのですが、その内の一枚がこの Tony Williams の Turn It Overでした。演奏メンバーに引かれて発売された直後に輸入版を購入したのですが期待はずれでした。持ち帰って早速約40年ぶりに聴いたのですがウーンやっぱり期待外れでした。(泣)
今の所A面しか聴いていませんが、、、B面はまたその内にですね。
それに比べて日野元彦カルテットの75年合歓の里のライブアルバム「トコ」。これは今も昔も強烈に良いですね。持ち帰った値打ちがありました。
Commented by jazz_ogawa at 2008-12-19 22:36
grechanさん、どこかで見かけたら遠慮なく声をかけてください。
Commented by jazz_ogawa at 2008-12-19 22:37
久原さん、シンディは昔よりぜんぜんカッコよくなってましたね。
忘年会はできなかったですけど、新年会をやりましょう。
Commented by jazz_ogawa at 2008-12-19 22:38
sou-unさん、ただの面識ですよ。もう、むこうはぼくのことなんて覚えていないでしょうけれど。
Commented by jazz_ogawa at 2008-12-19 22:41
NetHeroさん、それは残念ですが、音楽は個人的な楽しみですから。自分が好きか嫌いか、それでいいですよね。
Commented by 久原 at 2008-12-20 01:52 x
新年会やりましょー!
今日の夕方渋谷駅のホームで
小川さんとスレ違った気がしましたが
居ましたか?
Commented by jazz_ogawa at 2008-12-20 07:45
久原さん、7時過ぎだったらぼくです。
で、なんで渋谷にいたかというと、キララ社の前島さんと会っていました。そこで、彼女から「新年会をやりますから」といわれました。楽しみですねー。
Commented by 久原 at 2008-12-20 14:33 x
ア、やっぱり!前島さんも渋谷に居たんですね!
Commented by jazz_ogawa at 2008-12-20 15:15
久原さん、そうですよ。
いま成田で、これからニューヨークです。よいお年を。それから、来年もよろしくね。
Commented by 軍曹 at 2009-07-26 03:25 x
ジャックを求めてネットサーフィンしてるうちにたどりついてしまいました。

去年の東京ブルーノートで、ジャックから5メートルという唾かぶり席を確保し、ジャックに穴があくんじゃないかというほどの視線でそのプレイを凝視していた、勝手にジャックを師と仰ぐへなちょこベーシストです♪

その時シンディをはじめてみたのですが、超かっこいいし、スーパー上手い!びびりました!

ああ、あの時の興奮がよみがえりました・・・・

また来てくれないかな~~。


通りすがりで失礼しました。
Commented by jazz_ogawa at 2009-07-26 09:36
軍曹さん、はじめまして。シンディは、ロッカーという風情で、ホント、かっこよかったですよね。
<< 2008-12-20 ニューヨ... 2008-12-16 映画『シ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム