小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008-11-20 『GSワンダーワールド』
e0021965_1311065.jpg
 話は前後しますが、日曜日にやった「ONGAKUゼミナール」の前日、渋谷でこの映画を観てきました。初日というのに3時過ぎの回はガラガラ。宣伝もほとんどされていなかったので仕方ないんでしょが、ちょっと寂しいですね。ぼくも偶然サントラ盤の告知から、この映画の存在を知り、とにかく気になるので封切り初日に行ってきました。

 一種の青春映画ですが、これが面白い。GSといっても知らない世代のほうが多いかもしれませんが、グループ・サウンズのことです。それも知りませんか? ウーン、ザ・タイガースとかザ・スパイダーズとか、そういうのがGSですね。

 で、時代はGSのブームが頂点に達した1967年ごろから凋落の道をたどる70年ごろまでをカヴァー。GSといえば、最大のイヴェントは「日劇ウエスタン・カーニヴァル」。GSになって「ウエスタン・カーニヴァル」に出たい。そんな夢を持った若者たちが、ひょんなことかデビューすることで始まるあれやこれやの物語です。

e0021965_131306.jpg
 デビューはしたものの、最初のレコードは23枚しか売れず。そこでレコード会社が奇抜な衣装を、ということで全員に白いタイツを履かせ、グループ名もザ・タイツメンに変更。まるで、これオックスです。栗山千明扮するオルガン・プレイヤー(男と偽っている)なんかおかっぱ頭で赤松愛そのものです。

e0021965_1314780.jpg
 レコード会社のお偉いさんに扮しているのは岸部一徳。このひと、ザ・タイガースのサリーです(ビートルズでヒットした「のっぽのサリー」からの命名だったと思います)。後列左のひとですね。当時は岸部おさみと名乗っていました。新宿に「サリーの店」っていうのもありましたね。タレント・ショップのはしりじゃないでしょうか。

 ザ・タイガースが全盛のとき、トッポこと加橋かつみが失踪し、その後に彼は退団します(トッポは手前左)。それで、新メンバーはオーディションで決めると報道され、「よし、ぼくもタイガースに入るぞ」と思ったことが懐かしいです。ちょうど映画の主人公と同じ年頃でした。結局オーディションは行なわれず、ロスで遊学していたサリーの弟が日本に呼び戻されメンバーになるんですが、このひとがシローこと岸部四郎です。

 で、このお偉いさんが、会議でザ・タイガースのシングル盤を見ながら、「これなんか43万枚売れてるんだよねー」と羨ましがるセリフは、昔を知っているひとならニヤリとするでしょう。また、ザ・タイツメンが出るテレビ番組の司会者が湯原昌幸で、このひとはGS時代、あと一歩のところで人気グループになれそうだったスイングウエストのヴォーカルでした。

e0021965_132611.jpg
 あとは、当時ぼくも何度か行ったことのある「ACB」そっくりの「ACE」というジャズ喫茶も、かなりリアルに再現されていましたね。出てくる楽器もテスコのギターやアンプ、エーストーンのオルガンなど、当時のものがちゃんと使われています。一部、「まだそのころは出てないだろう」というギターもありましたが、でも、当時のことをかなりきちんと再現していたのは、観ていて楽しかったですね。

e0021965_1322050.jpg
 音楽映画ですから、ザ・タイツメンやその他のGSが、もろGS調の曲を歌います。主題歌となったザ・タイツメンが歌う「海岸線のホテル」は橋本淳作詞、筒美京平作曲です。このふたりに曲を書いてもらったというだけで、この映画は必見と思い、観に行きました。そういうセンスのひとが作った映画なら間違いなし、と思ったからです。

e0021965_1323115.jpg
 このシングルは両A面で、もう1曲はザ・フレッシュ・フォーが歌う「あなたのフリをして」。こちらはムード・コーラスで、リード・ヴォーカルは温水洋一。これがまた上手いのなんの。クール・ファイヴもびっくりの裏声を駆使して、最高でした。どちらの曲も、そのまま当時だったらヒットしたでしょうね。いまだって、歌番組に出てもいいぐらいの出来です。

e0021965_1324611.jpg
 サントラのジャケットはこちら。

 当時のことを知っていれば知っているほど楽しくなる映画です。でも、いまの若いひとも楽しめるんじゃないでしょうか。ザ・タイツメンを演じるのは、栗山千明・石田卓也・水嶋ヒロ・浅利陽介の4人です。全員、本当に演奏しているそうです。
by jazz_ogawa | 2008-11-20 01:36 | 映画&DVD | Trackback(1) | Comments(17)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/9020673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from アメリカテレビ映画・テレ.. at 2008-11-20 16:39
タイトル : 探偵キャノン
もと警官だが警察という組織内での仕事に限界と抵抗を感じて一匹狼の私立探偵になった体重100キロ以上の巨漢フランク・キャノンによる、人間味豊な探偵アクションドラマ... more
Commented by NetHero at 2008-11-20 07:34 x
小川さん、永らくご無沙汰しています。目下、85歳になる親父のお見舞いのため、23日まで大阪に滞在しています。一昨日、友人とスーパー銭湯なるものに行き、風邪をひいてしまい声が出ず泣いています。
GS 最高ですね。最近はYou Tube で殆ど全てのGS が見れて聴ける為、今回は GS の CD購入をどうしようか迷っています。映画はDVD発売後Los Angeles でレントして見るつもりです。便利な世の中になったものですねぇ。
Commented by jazz_ogawa at 2008-11-20 07:53
NetHeroさん、お元気でしたか? ぼくにも年老いた母がいます。介護はぼくたち世代の課題ですね。
GSに限りませんが、当時ヒットした曲はいまもほとんど最後まで歌えます。あのころの記憶って凄いですね。
Commented by ゆっぴー at 2008-11-20 11:55 x
う~ん、この話題で盛り上がられるのって、ある意味羨ましいです。
テレビでガンガン放送してる頃、私はそれに背を向けてフレッド・アステアにはまっていました。それと、歌舞伎の劇場中継に。
だから、懐かしさが湧かないんですよね。やってたなって感じで。
友達と昔話しても蚊帳の外です。ブームにのるって必要ですね!

Commented by 高橋 at 2008-11-20 15:42 x
『花の首飾り』の♪花咲く~しか出てこないのが悲しいです,GSではその曲が一番印象に残っていますね。ザ・タイガースではドラムのピーが好きだったような記憶がありますが前列右の人でしょうか。
Commented by jazz_ogawa at 2008-11-20 23:39
ゆっぴーさん、それはそれでいいんじゃないでしょうか? 何でもかんでも聴いたり観たりはできませんものね。
Commented by jazz_ogawa at 2008-11-20 23:43
高橋さん、ぼくは全部歌えますよ(笑)。ジャケット写真が見にくいですが、ピーはサリーの隣ですね。前列右はタロー(森本太郎)です。でもこうやってみると、みんな似ていますね。
Commented by むかだ at 2008-11-21 10:00 x
昔は凄い熱狂だったのでしょ?
Commented by jazz_ogawa at 2008-11-21 11:12
むかださん、ビートルズも真っ青なくらいでしたね。
Commented by yuricoz at 2008-11-21 13:38
CMやってましたが、多分、GSのアマバンドか、おふざけプロバンドのPVみたいに思われたのでは?笑
メイキングみたいな宣伝では、マッシュルームにするのに時間がかかるので、女優さんより1時間早く楽屋入りしていた。みたいな話もありました。当たれば、コンサートとかイベントがありそうですよね~。生で、フレッシュ・フォーの歌が聞きたいです♪
Commented by jazz_ogawa at 2008-11-21 16:48
yuricozさん、CMやってたんですか?
ところでこのCDシングルには、「海岸線のホテル」のプロモ・ヴィデオとメイキング&インタヴュー、それに予告編の入ったボーナスDVDがついています。 
Commented by fanfan at 2008-11-22 21:16 x
小川さんこんばんわ。
先日のストーンズのDVDを使ってのセミナー面白く参加いたしました。
通訳研修が押してしまい、遅れての参加となったことが悔やまれます。
最近英語通訳の勉強も始めたんですよ。小川さんはご堪能なのでうらやましいです。

STONES・・やはり無敵ですね。。
「変」があれだけさまになるのはやはりすごいと思いました。
ミックジャガーのへスタイルやファッションも個人的にはあこがれます。

GSはストーンズやビートルズのブリティッシュロックから影響受けているものなのでしょうか・・?

先日、自己破産を売りにしている岸部シローがUSから呼び戻されたときからの人生エピソードをTVで披露してましたよ。。(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2008-11-22 23:43
fanfanさん、先日はありがとうございました。今度は英語も始めたんですね。偉いですね。ぼくの英語は全然たいしたことありません。
GSはたしかに大半がブリティッシュ・ロックからの影響を受けていましたね。当時の日本では、アメリカのロックよりブリティッシュ・ロックが主流でしたから。
Commented by 浦島 at 2008-11-23 07:05 x
小川さん、実は私もこの映画を見たいと思っていました。GS 大好きでした。タイガース、ワイルド・ワンズ、ブルーコメッツは本物を見たことがあります!
Commented by NetHero at 2008-11-23 08:41 x
私の見た本物は、唯一ゴールデン・カップスだけです。71年の3月頃に新宿ACB の楽屋に行ったんですが、たまたまゴールデン・カップスが出演していました。演奏が始まって直ぐに電気関係のトラブルが発生しアンプが使えなくなったので先日亡くなったボーカルの彼(名前が出てきません。)が場を持たすため、急遽バンドボーイの紹介をすることになりました。
出て来いとばかりにステージと楽屋の通路に立っていた私を呼ぶんですね。
殴られそうな雰囲気があったので慌てふためいて逃げたのは言うまでもありません。(笑)

Commented by NetHero at 2008-11-23 08:43 x
小川さん、すみません。ひつこくもう一発書き込みさせて貰います。
G.S. の殆どは、当時はやっていたクリーム、ビートルズ、ストーンズのカバー曲をしていたのではないでしょうか?
私が、特に印象に残っているのが、タイガース登場時のストーンズのアンダー・マイ・サム。
格好よかったですね。あれは。ベースのリフが格好いいんですね。
それから、オックスの悪名高きテル・ミー。
どちらもストーンズの曲ですが、テル・ミーはどういう訳かストーンズは再演しないですね。
Commented by jazz_ogawa at 2008-11-23 08:51
浦島さん、ぼくたちの世代はどこかにGSの思い出があるんじゃないでしょうか? チャンスがあったらぜひご覧ください。きっと楽しい時間が過ごせると思います。
Commented by jazz_ogawa at 2008-11-23 08:57
NetHeroさん、面白い体験をされましたね。羨ましいです。
デイヴ平尾さんですよね。ぼくは彼の歌が大好きでした。まだご覧になっていなければ、カップスのドキュメンタリー『ワン・モア・チャンス』が面白いです。DVDになっています。後半は再結成ライヴです。デイヴ平尾さんのキャラクター、最高です。ほとんど酔っ払っていましたが。
カップスはR&Bをはじめ、アメリカン・ロックを中心にカヴァーしていましたよね。ぼくもR&Bのバンドをやっていたころで、随分参考にさせてもらいました。
<< 2008-11-23 清志郎@... 2008-11-17 「ONG... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム