小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008-10-06 FTB@「日比谷野音」
e0021965_9502812.jpg
 昨日のライヴは最高でした。フラワー・トラヴェリン・バンド。35年ぶりに再結成され、野音に登場したのも36年ぶり。今回の再結成に伴い、サポート・メンバーだったキーボードの篠原信彦さんを正式メンバーに加えてのステージです。

ジョー山中/Joe Yamanaka(Vo.)
石間秀機/Hideki Ishima(Sitarla.)
小林ジュン/Jun Kobayashi(B.)
和田ジョージ/George Wada(Dr.)
篠原信彦/Nobuhiko Shinohara(Key.)

 チケットが売り出されてすぐに買い、それからこの日が来るのを首を長くして待っていました。ぼく自身、野音で音楽を聴くのは30年ぶりくらいです。それもあって、日比谷公園の近くに来ただけでワクワクしてしまいました。

 思い返せば、40年近く前の1969年ごろから、夏から秋にかけての週末はよく野音にいたものです。毎週のように午後からロック・フェスティヴァルが開かれていて、授業が終わるとそのまま野音に行っては、お客さんが少ないときなど、鉄製(?)のベンチで横になり、半分うとうとしながらさまざまなロック・バンドを聴いたものですて。もう少しあとの時代に登場してきたグループも加えれば、FTBをはじめ、THE M、頭脳警察、成毛滋、はっぴえんど、岡林信康とか、名前は忘れてしまいましたが、本当にたくさんのグループを何度も聴いたものです。

e0021965_9504817.jpg
 FTBの思い出もたくさんあります。昨日もMCでジョー山中さんがいっていましたが、日大の全共闘がステージを占拠しようとして、それをFTBとお客さんの「帰れコール」で追い払った光景はいまでも鮮明に覚えています。

 FTBの5人がステージに出てきた瞬間、ぼくは感極まってしまいました。全共闘のこともそうですが、FTBにまつわるさまざまな思いがいろいろと甦ってきたからです。カナダに本拠地を移すきっかけになった万博のロック・フェスティヴァルも観ましたし、2年間のカナダ生活を終えて凱旋コンサートを開いた東京都体育館にもいました。その後も野音でのライヴを聴いたり、どこかのホールでライヴを観た記憶もあります。

 それらの記憶と35年という時間の長さを経ていまここに自分がいる実感を重ねると、懐かしさとか自分がたどってきた道とか、さらには彼らの人生なんかにまで勝手に思いを寄せて、言葉では説明できない奇妙な感慨、それも非常に心が温かくなるような気分が味わえました。

 年を取ったせいか、ライヴを見ると、そのアーティストにまつわるさまざまな体験が懐かしく思えてきます。オープニング・アクトで登場したJohnny , Louis & Charに対しても同じ思いがありますが、とにかく彼らがいまも元気でかっこよく、しかもご機嫌な音楽を聴かせてくれることに感動していました。

 どちらのバンドも、「もう還暦を過ぎた」なんていっていましたが、とにかくみなさん若い。チャーはぼくより年下ですから還暦を迎えていませんが、この日ステージに登場したそれ以外の全員が60歳を超えているはずです。それでいて、いまだに新しい音楽をやっているのですから嬉しいじゃありあませんか。

e0021965_952664.jpg
 FTBのステージでは昔のアルバムと新作『We Are Here』からの曲が半々くらいだったでしょうか。新作で発表された曲も魅力的ですが、昔の曲もまったく古く感じません。「SATORI」はいま聴いても外国で通用する曲だし内容だと思っています。

 ちなみに、その当時(1970年代初頭)に出たアルバムで世界に通用すると思っているのは、FTBの『SATORI』、サディスティック・ミカ・バンドの『黒船』、ゴールデン・カップスの『ザ・フィフス・ジェネレーション』です。ライヴを観ながら、あの時代の楽しかったことがいろいろと頭の中を駆け巡りました。都合のいい性格なので、いやなことはすべて忘れています。

 FTBのステージを観て、かっこいいひとは年を感じさせないということに改めて気がつきました。ぼくもくたびれた中年になりたくないですから、もっと努力をしなくては。

 ところで、FTBは11月にニューヨーク、12月にはカナダでライヴをするそうです。ネットで調べてみたのですがスケジュールがわかりません。11月にはニューヨークに行くので、タイミングが合えば最高なんですが。 
by jazz_ogawa | 2008-10-06 09:55 | ライヴは天国 | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/8716749
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from FLOWER TRAVE.. at 2008-10-06 21:15
タイトル : ツアー最終:2008年10月5日(日)日比谷野外大音楽堂
FLOWER TRAVELLIN' BAND:2008年10月5日(日)日比谷野外大音楽堂:フラワー・トラヴェリン・バンド:フラワートラベリンバンド:FTB ... more
Tracked from FLOWER TRAVE.. at 2008-10-07 03:02
タイトル : FLOWER TRAVELLIN' BANDが日比谷野音..
FLOWER TRAVELLIN' BAND:2008年10月5日(日)フラワートラベリンバンドが日比谷野音に帰ってきた!... more
Commented by yuricoz at 2008-10-06 10:50
>もっと努力をしなくては。

えーーー十分かっこいいですよ~♪
Commented by jazz_ogawa at 2008-10-06 11:36
yuricozさん、だってお腹も出てますし(笑)。
Commented by makise at 2008-10-07 14:08 x
おひさしぶりです。
FTBのコンサート、知りませんでした。
なんだか情報に反応できてないです(涙)。

ジョニー・ルイス&チャーは野音に観にいったことがありますよ。
解散コンサートでした。
再結成して、出ていたのですね。知りませんでした〜〜。
Commented by jazz_ogawa at 2008-10-07 15:48
makiseさん、ぼくはこのライヴで久々に昔の血が騒ぎました。どちらのバンドも、いま聴いても惚れ惚れしてしまうのはさすがです。
<< 2008-10-10 ジョン・... 2008-10-03 「ONゼ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム