小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008-07-20 山下洋輔スペシャル・ビッグバンド
e0021965_1134437.jpg
 昨日は渋谷の「ORCHARD HALL」で山下洋輔さんのスペシャル・ビッグバンドを観てきました。前回はリズム・セクションがニューヨーク・トリオでしたが、今回は全員が日本のミュージシャンでゲストもなし。それだけに、たっぷりと山下さんのオーケストラが楽しめました。
 メンバーは以下の通りです。

 山下 洋輔 (Piano)
 金子 健 (Bass)
 高橋信之介 (Drums)
 エリック宮城 (Tp)
 佐々木史郎 (Tp)
 木幡光邦 (Tp)
 高瀬 龍一 (Tp)
 松本 治 (Tb)
 中川 英二郎 (Tb)
 片岡 雄三 (Tb)
 山城 純子 (Tb)
 池田 篤 (Sax)
 米田 裕也 (Sax)
 川嶋 哲郎 (Sax)
 竹野 昌邦 (Sax)
 小池 修 (Sax)

 山下さんが「最高のメンバーが集まった」と仰っていたとおり、現在の日本のジャス・シーンを代表するひとたちが集まっています。池田さん、川嶋さん、竹野さんあたりは、その昔、ぼくたちが新宿の「ピットイン」で定期的に開催していた「ナウズ・ザ・タイム・ワークショップ」に新人として出てくれたひとたちです。
 それでこのオーケストラですが。こんな曲を演奏しました。

★第1部
1.ロッキン・イン・リズム
2.ワルツ・フォー・デビー
3.グルーヴ・パレード(オリジナル)
4.ボレロ

★第2部
5.ベイスターズ・ジャンプ(オリジナル)
6.ファースト・ブリッジ(オリジナル)
7.ラプソディ・イン・ブルー

★アンコール
8.スイングしなけりゃ意味ないね

 最初の「ロッキン・イン・リズム」の山下さんはなんだかモンクみたいなピアノを弾いていましたね。これ、面白かったです。
 「ワルツ・フォー・デビー」では、山下さんのソロから4ビートになるんですが、その昔、フリー・ジャズを演奏する前の山下さんは、エヴァンスみたいなピアノを弾いていた記憶があります。そういう記憶もどんどん薄れているんですが、当時の姿が頭の中でよみがえりました。ロックもそうですが、ひとりのアーティストを40年以上もずっとライヴで聴けるって、幸せなことですね。
 「グルーヴ・パレード」は、松本さん、川嶋さん、池田さんをフロントにしたセクステットによる演奏です。これはニューオリンズのセカンド・ライン的なリズムが用いられていました。
 そして、この日の目玉の「ボレロ」になります。以下省略ですが、第2部の「ラプソディ・イン・ブルー」と共に、この日の白眉になる演奏でした。山下さんのクラシック物も個性的で好きですね。
 エリントンの曲で始まったコンサトートですが、アンコールもエリントンで締めてくれました。何度もアンコールをやるひともいますが、ぼくは1曲やってさっと引っ込むスタイルが好きです。長々とやられると、本編の感動が薄れてしまうことが多いんですね。引き際って、コンサートだけじゃないですが、とても大事です。好みからいけば、アンコールもないほうがいいです。そういうわけで、とてもいい気持ちで会場をあとにできました。

 話は飛びます。「ラプソディ・イン・ブルー」といえば、10年くらい前だったと思いますが、ニューヨークのブライアント・パークで聴いたマーカス・ロバーツ+セント・ルーク・シンフォニー(だったかな?)の演奏がよかったですね。オリジナルのスコアを再現したもので、夕暮れから始まり、そんなに長い演奏ではありませんが、終わったときはすっかり夜になっていました。マンハッタンの1日を音楽で表現した曲が会場の雰囲気とぴったりで、いまもあの感動は忘れません。

 音楽って、聴く場所も重要なときがありますね。ぼくはそれまであんまり好きになれなかったんですが、ジョージ・ウインストンのソロ・ピアノを、根室で友人が運転する車に乗りながら聴いたことがあります。ずっと真っ直ぐ続く草原みたいなところを走ったんですが、そのときの雰囲気にぴったりだったが彼のピアノです。以来、すっかり好きになってしまいました。

 さらに話を飛ばすと、その昔、モータウンではテスト盤ができると、重役は安いオーディオ装置やカー・ラジオを通してどう聴こえるかをチェックしたそうです。黒人のマーケットで売ることから、彼らがどういう装置で音楽を聴くかを考え、それにぴったりのサウンド作りをしていたという逸話です。
 ブルーノートがなかなかステレオ盤を発売しなかったのも、ステレオ装置を持っているような黒人のファンが少なかったからです。それを考えると、最高級のステレオ装置で聴くのがいいのか、安い装置で聴くのがいいのか、よくわからなくなります。オリジナル盤を買うようなひとは、当時の黒人が持っていた貧弱な装置で聴いてみると、また違った音楽が味わえるかもしれませんよ。
 ぼくなんか、はなからいい装置が買えませんから、負け惜しみもありますが、オリジナル盤を貧弱な装置で聴いて、当時のサウンドの再現に努めています(苦笑)。
by jazz_ogawa | 2008-07-20 11:36 | ライヴは天国 | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/8334157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 楽天 中村晃一 at 2008-07-23 10:41
タイトル : 山下洋輔“SPECIALBIGBAND”CONCERT2..
夕べは、Bunkamuraオーチャードホールで開かれた「山下洋輔“SPECIALBIGBAND”CONCERT2008」に行って参りました。凄かった、です。山下洋輔さんのアルバムは10代の頃からいくつも聴いたことがあったのですけれど、リアルの演奏を見るのは初めてで、とんでもないくらい強...... more
Commented by fanfan at 2008-07-20 18:03 x
小川さん、こんにちわ。毎日暑いですね。
ご関心保たれているか、どうかと思ったのですが・・・
10月にFM局NACK5主催によるライブ(開局25周年記念)が大宮ソニックシティであるのですが、そこで、坂崎幸之助さん、加藤和彦さんが共演されるそうです。「和幸」あるんじゃないかな?と思います。

ただ、大宮なのですよ。。
Commented by jazz_ogawa at 2008-07-20 20:42
fanfanさん、おおいに興味があるんですが、大宮だとちょっと・・・何しろ、夜は無理をしたくないんで(夜ですよね)。fanfanさんは行かれるんですか? 東京だった絶対に行きたいんですが。
Commented by fanfan at 2008-07-20 21:35 x
そうなんですよ。大宮というのがネックなんです。
大宮はやはり遠いので、私は行かないと思います。
ただ、8月には、お台場で坂崎さんのフォーク村というのを毎年開催しているので、そちらはぜひとも参加してみようと思います。

毎回、多彩なゲストとアコギで共演するのですが面白いですよ!
Commented by jazz_ogawa at 2008-07-20 21:52
fanfanさん、それならぼくもお台場に行ってみようかな。お台場なら近いですし。
Commented by Isis at 2008-07-21 00:57 x
暑中お見舞~い!
こちらにはjazzのコンサートなど、殆どこない感じです。
昔、昔、MALTAのコンサートへ行ったきりです。
NYでは「オータム・イン・NY」で見た秋のセントラルパークに行きたいと思っているのですが、宿泊場所に悩んでます。。
夏の深夜、cool bossa聴きながら、これから本でも読もうか、それとも、寝ようか、仏人の哲学作家のF・Schiffterに興味津々中です。無造作な長い髪の似合う男ってセクシーですねぇ。。ウヒヒ!
Commented by jazz_ogawa at 2008-07-21 08:39
Isisさん、東京は暑いですが仙台も暑いですか?
ニューヨークのホテルは高いでしょ。それに航空運賃も燃料費が高騰していますしね。お察しします。
Commented by T at 2008-07-22 20:48 x
連続でコンサートに行かれててうらやましいです。場所は重要ですね。最近、大きなコンサートホールで聞くのとジャズクラブで聞くのではそれぞぞれどう違いがあるんだろう、なんてことを考えています。自分でいろいろなところに足を運んで聞いてみるしかないんですが。小川さんのブログはいつも勉強になります。
Commented by jazz_ogawa at 2008-07-23 00:36
Tさん、たまたまです。ぼくの場合、健康上、食事の時間を優先したいので、なかなかライヴに行けません。不便な体になったものです。
Tさんは若いんですし、これからいくらでもいろいろなものが聴けるじゃないですか。本当に羨ましいと思います。
Commented by 楽天 中村晃一 at 2008-07-23 10:40 x
はじめまして。中村晃一と申します。
私も偶々当日この会場に参加させていただいておりました。
いつか、“ル・セット”でお会いできる機会があると良いなと、勝手ながら思っております。
どうぞよろしくお願い致します。
Commented by jazz_ogawa at 2008-07-23 12:37
楽天 中村晃一さま、ブログも拝見しました。たしかに、日本はアフター・シアターの飲食の場(それも気の利いた)が少ないですよね。痛感しています。
le septもチャンスがあればぜひお越しください。
これを機に、今後ともよろしく。
Commented by T at 2008-07-26 21:48 x
昨日はフジロックに行ってきました。次は東京JAZZに行ってみようと思っています。これからたくさん聞かなきゃいけないなあ!と思います。
Commented by jazz_ogawa at 2008-07-27 00:03
Tさん、お疲れ様というべきでしょうか(笑)。本当に熱心で羨ましいです。今日はFlower Traveling Bandが出るんで、10年若ければ絶対に行ったんですが、いまの体力では無理なので、涙を飲んで断念しました。
東京ジャズには行きますので、会えるといいですね。こちらはスライ&ファミリー・ストーンとサム・ムーアが目当てです。
<< 2008-07-23 iPod... 2008-07-16 そんなに... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム