小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008-06-02 『アイム・ノット・ゼア』@「渋谷シネマライズ」
e0021965_10403621.jpg
 前から気になっていたこの映画を、おとといの土曜日に渋谷で観てきました。ディランを6人の役者が演じるという、話だけを聞くとどんな映画だかイメージしにくい作品です。それで、実際に映画を観たら、やっぱりちょっとシュールでわかりづらかったというのが本音です。

e0021965_10405259.jpg 6人のディラン役の中では、一番ストレートにディラン的だったのが、女性のケイト・ブランシェットでした。このひとのなりきりぶりはなかなかです。彼女をフィーチャーした場面も、実際のことに近いものが多かったですし。
 一番意味不明なのはリチャード・ギアのディランでしょうか。時代設定もよくわかりませんし、キャラクターとしては、こういう一面というか、こういうことを考えているディランもいるんだろうなとは思いましたが。

 ともあれ、6人のディランは、それぞれが本人の分身みたいなもので、彼の多面性がこの映画を観ればわかるとは思います。ただし、その多面性は分裂症気味のものです。そこがディランの歌や言動の面白さなんですが、その面白さはひとりの人間の中に存在するものだからこそと、映画を観ながら思っていました。
 それぞれの役者が、ひとりの人格の中にあるまったく違うキャラクターを演じるのは、映画の企画としては面白いと思いますが、この映画についていえばちょっと脈略がなさ過ぎてシュールに感じられました。もっとも、それがこの作品の特徴だといわれてしまえば、その通りです。

 ディランが「ニューポート・フォーク・フェスィヴァル」でエレキを弾いてブーイングされたときは、日本でも話題になりました。この映画にも、「ニュー・イングランド・ジャズ&フォーク・フェスティヴァル」と名称を変えていましたが、そのシーンが出てきます。いまでは誰もそんなことは思わないかもしれませんが、あの時代、ぼくたち日本のディラン・ファンやフォーク・ファンまで、もう彼は終わったと思ってショックを受けたことを覚えています。
 本当にがっかりしました。当時は、フォークならフォーク、ロックとは違うという思いが普通だったんですね。ですから、ディランはロックに魂を売った、フォークを裏切ったと、ぼくなんかも本気で思いました。
 考えてみれば、身勝手な話で、その時点でぼくはロック少年でもあったわけですから、ディランがロックを始めたっていうのは喜んでもいいことのはずなんです。でも、日本もアメリカも同じだったと思いますが、ロック・ファンはその変節を冷たい目で見ていたように思います。
 ディランの歌じゃありませんが「時代は変わる」んですね。いまだったら、フォーク・シンガーがロッカーになっても、それほど目くじらは立てないでしょう。あのころの若者の間には反戦の機運が高まっていて、それの象徴がディランでした。
 しかし当の本人は、そういう風に思われるのがいやだったんでしょう。それでロックを歌いだしたって部分もあったと思います。この映画でも、周りが勝手なレッテルを貼ることにうんざりしているディランがあちこちで登場します。

e0021965_10411612.jpg サントラは出たときに買って、iPodで繰り返し聴いていました。ディランて本当にいい曲が多くて、そのことにいつもながらびっくりしてしまいます。本人によるヴァージョンもいいんですが、このサントラのように、他人のカヴァーにも面白いものが多いんですね。そこがディランの曲の特徴だと思っています。それだけ、彼の歌って、それぞれのひとが独自に解釈したくなるんでしょう。だから、こういう映画も作られたのかもしれません。
 あと、吉田拓郎や岡林信康がディランの影響を受けていることも、映画を観ながら思い出していました。

e0021965_10413844.jpg 10年近く前に、ディランを中心にした本で『20世紀のロック名盤300』というのを、何人かのかたと書きました。ぼくは彼のアルバムでは「ジョン・ウェーズリー・ハーディング』が一番好きで、そのアルバムのことなんかを紹介しています。
 この本は、なかなかよくできていて、ディランのアルバムを全部紹介しつつ、彼に影響を受けたひと、彼から影響を受けたひとなどのアルバムが紹介されています。ディランを中心にして、フォークとロックの流れを知ろうという企画です。ポピュラー・ミュージックがディランを中心に動いてきた、あるいは動いているとは思いませんが、それでも彼は重要な影響力を示してきました。この本は、そういうことをがわかるようになっています。
by jazz_ogawa | 2008-06-02 10:52 | 映画&DVD | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/8052581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mmm at 2008-06-03 23:45 x
岡山シネマクレールにて、公開直後、月曜日の夜にみました。観客は15人でした。
長澤まさみの 隠し砦の三悪人 11人でした。
ディズニーの 魔法にかけられて 6人でした。
ディランに負けるようじゃ駄目ジャン長澤まさみと思っていたら、観客動員数50万人突破。めでたし、めでたし。
それはともかく、アイム・ノット・ゼアはすごい。感動しました。誰にでも勧められる類の映画ではありませんが、これぞ映画の醍醐味と思わせる映像美、物語性。ディランもさぞお喜びのことでしょう。
Commented by こばやし at 2008-06-05 07:46 x
朝のニュースで見たのですが、日本でもiPhoneが発売される事になりそうですよ。小川さんはすでにiPod touchをお持ちですがiPhoneも手に入れますか?
Commented by jazz_ogawa at 2008-06-05 07:55
こばやしさん、発売されたら気が変わるかもしれませんが、いまはあまりほしいと思いません。それよりは、iPod Touchの大容量で電池の持ち時間の長いものを出してほしいのですが。
Commented by yuricoz at 2008-06-05 14:27
なるほど~と思いながら読みました。小川さんがわかりづらいのに、その時代を知らない私にわかるかな~でも見たいな~というのが感想です。^^;
あのブーイング場面は、ドキュメント映画みたいので見ました。かわいそうだったけど、かっこよかったです!!
Commented by jazz_ogawa at 2008-06-05 16:14
yuricozさん、逆にその時代のことを知らないほうが、素直に入れるかもしれません。当時と比較して、重箱の隅をつつきたくなってしまうこともないでしょうから(笑)。
Commented by yuricoz at 2008-06-06 09:40
素直に見てきますね♪
前売り買ったのに、もったいないことにならないよーに!!笑
Commented by すとれいほんず at 2008-06-20 00:09 x
『20世紀のロック名盤 300』面白そうなので読んでみました。
「ラム」「バンドオンザラン」でもなく「McCartney」が挙っていたのは嬉しかったです。
ところでローリングサンダーレヴューでおいてさえ、また「バイオグラフ」収録のアバンダンドラヴでもTボーン・バーネットの名を挙げる人は日本ではまずいませんね……「ブリンギン ダウン ザ・ホース」(ウォールフラワーズ)でも一言も触れられていません?? ロスロボス〜アリソン・クラウスetc、サントラ、ソロと素晴らしいのに。

「エデンより彼方に」は作品自体さることながら、エルマーバーンスタインが近年に無いほどの最高の「映画音楽」を聴かせていて、感銘深い1本でした。このディラン映画はDVDを待つことになりますが、必ず観させていただきます。
Commented by jazz_ogawa at 2008-06-20 11:16
すとれいほんさん、読んでいただいたんですね。ありがとうございます。
ウォールフラワーズは、ストーンズの「Bridges to Babiron」ツアーのときだったと思いますが、ロスのドジャーズ・スタジアムで観たときのオープニングアクトでした。父親の面影を追い求めてしまったため、いまいち楽しめなかった自分に反省しきりです。
Commented by すとれいほんず at 2008-06-28 17:45 x
先日の書込みにも返事いただきありがとうございます。
『Music Magazine』によるとジェイコブの新作は、'06年 Tボーンバーネットのツアーに同行しソロで前座をつとめたのがきっかけで曲を書き始めたそうですね。小川さんは聴かれましたのでしょうか? 僕もそのうち聴いてみようと思っています。
Commented by jazz_ogawa at 2008-06-29 00:39
すとれいほんずさん、国内盤が数日前に出た『シーイング・シングス』のことですよね。まだこのソロ・アルバムは聴いていませんが、今度CD屋さんに行ったら買う1枚になっています。
Commented by すとれいほんず at 2008-09-06 00:25 x
またこんな所に今更書込んで申し訳なく思います。ですが……
Tボーン・バーネット「エッセンシャル」2枚組の国内盤リリースを知ったもので、まだTボーンを聴いていない方には手を出しやすいベスト物とも思い書かせて頂くことに致しました。それと、矢野顕子の新作がTボーン;Produceという事です。ディランのブートレッグシリーズもなんだか馬鹿高い限定版なども出るようですネ(僕は通常盤で充分ですが ^_^)それでは、また、
Commented by jazz_ogawa at 2008-09-06 10:57
すとれいほんずさん、ディランのシリーズ、ぼくは豪華版を予約しました。個人的には初期のライヴをこのシリーズで出してほしいんですが。
<< 2008-06-05 最近のビ... 2008-06-01 Work... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム