小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008-04-03 『マイ・ブルー・ベリー・ナイツ』
e0021965_20534424.jpg 久々にのんびりできた土曜日に、六本木の「TOHOシネマズ」でこの映画を観てきました。
 ひとつ前のブログに掲載した写真の結婚披露宴。ぼくは金曜の夜まで、土曜日だと勘違いしていました。披露式が日曜と気づき、それで土曜の午後がぽっかり空いた次第です。
 この手のポカはよくやります。今回はポカをする前に気づいたので、ポカじゃありませんが。
 学生時代にも、新宿厚生年金会館ホールでコンサートと思っていたら、中野サンプラザだったりと、こういうときはがっくりです。でも、気がついてよかった。土曜日に会場まで行っていたら、なんだか翌日は行くのが億劫になっていたかも、ですから。


e0021965_2054055.jpg
 この披露宴で隣の席だったのが『TALKIN' ジャズX文学』の表紙写真を撮ってくださった佐々木裕正さん。彼とは久々にお会いできて、最初から最後までずっとお話をしていました。
 佐々木さんは、パリと日本を行ったりきたりしている国際的なファッション・カメラマンです。ニューヨーク時代はマイルスと同じアパートに住んでいらしたという羨ましいおひとで、たまたまこの時期は日本にいたので披露宴に出席できたということでした。世代も同じで、好きな音楽も同じ。カメラマンになる前はベーシストだったひとです。いやぁ、楽しかった。

 結婚式では、島田雅彦さんが乾杯の音頭をとり、瀬戸内寂聴さんや横尾忠則さんのスピーチなどがあって、さすがにこの方たちのお話は面白かったですね。新婦もファッション雑誌の表紙モデルをやっている有名な方で、なんとも美しかったです。
 しかも心がこもった素敵な披露宴で、ぼくまで幸せな気分になっていました。同じテーブルにいらした方たちは新郎の友人で、ぼくの子供の世代に近いひとばかりだったんですが、みなさん気さくで、そのあたりも新郎のお人柄がわかる気がしました。
 どちらかというと、日常生活がとげとげしいものになりそうなぼくですから、こういう時間がすごせたことに大変感謝しながら、雨が降り出した午後の遅い時間、そんな雨のこともうっとおしく思わず(っていうかタクシーの乗ったんで関係ないんですが)、家に戻れました。

e0021965_20542415.jpg
 その幸せな気分になれる予告編みたいなものが、前日に観たこの映画です。内容以前に、ノラ・ジョーンズ主演ということに興味がありました。レコード会社から送られてきたサウンドトラックもiPodに入れて何度も聴いていたので、その音楽のセンスのよさに、これはきっといい映画だろうという確信は持っていました。

e0021965_20543946.jpg レコードでもCDでもいいですが、ジャズやロックでは「ジャケ買い」という言葉があります。なんの根拠もないんですが、「ジャケットのデザインがいいと中身もいい」という説ですね。たしかに、不思議とその確立は高いようです。ぼくは、そういう出会いを数限りなく体験してきました。今回は「ジャケ買い」ではなく、「音楽買い」でしょうか。「音楽がよければ映画もいい」ってことです。
 オーティス・レディングの歌がああいう場面で使われているとは思いませんでした。ライ・クーダーのセンスなんでしょうが、オーティス・ファンとしては嬉しいですね。ノラ・ジョーンズの歌も相変わらず魅力的ですし、このアルバムにはいい歌や曲がたくさん詰まっています。
 この映画、大人というか、ぼくから見れば子供のファンタジーでしょうか? ぼくはいい気分でこれからの日々をすごしたいので、こういう映画を観たり、さっきの披露宴に出席したり、ぼくのことを少しは気にかけてくれているひとたちと会ったりすることはとても大切です。

e0021965_20545586.jpg
 このところ原稿に追われていて、そういう気分から少し遠ざかっていました。原稿を書いて幸せな気分を味わうのとは、幸せな気分でも種類が違います。ぼくの場合、ひとを不愉快にさせるのは得意ですが、幸せな気分にさせることが下手なようです。なにしろ自分勝手に生きていますから。でも、最近はそういう存在になれたらいいなぁと、少しは思うようになりました。
 写真は、「六本木TUTAYA」の店内です。この映画とタイアップしているようで、あちこちにこういうディスプレイがありました。

e0021965_20551038.jpg
 こちらは今日のお昼休みにウォーキングをして遭遇した満開のサクラです。竹内まりやさんの歌に「人生の扉」があります。その中の歌詞をしみじみと思いました。
「満開のさくらや色ずく山の紅葉を、この先いったい何度見ることになるだろう」(このくらいの引用は問題ないですよね。問題があると思うひと、コメントよろしく)。
 まさにこの心境ですね。ほんと、あと何回くらい満開のさくらにお目にかかれるんでしょう?
 しばらく前までは残された時間のことなんかまったく考えていなかったんですが、いまではそのことを強く意識しています。ですから、毎日をなるべく穏やかに、波風の立たないようにすごしたいもの、と思っています。
by jazz_ogawa | 2008-04-03 21:11 | 映画&DVD | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/7664795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by matc_tomo at 2008-04-04 01:27
最後の段落はちょっと寂しいですが、5月10日公開の「最高の人生の見つけ方(原題:The bucket list)」は、ある意味、そんな映画です。モーガン・フリーマン&ジャック・ニコルソン主演なので、ぜひ。
Commented by jazz_ogawa at 2008-04-04 08:53
matc_tomoさん、まあ、そのうち確実にお陀仏になるんで、こんな心境です(笑)。
ところでこの映画、前回ニューヨークで見損なったものです。ぜひ、観たい1本でした。ようやく本邦公開なんですね。楽しみです。
Commented by Isis at 2008-04-04 17:56 x
小川さん、恋の仕方って、どうやって覚えるの?
いつも途中で、何がなにやら分からなくなってしまい、疲れてしまいます。
そんな時は、ど~したらいいのかしら?
Commented by jazz_ogawa at 2008-04-04 19:31
Isisさん、ぼくにもわかりませんよ(笑)。
Commented by amie at 2008-04-05 11:16 x
此処は大横川・黒船橋辺りかな 
Commented by jazz_ogawa at 2008-04-05 11:55
amieさん、門前仲町ですから、まさにそのあたりですね。
Commented by miki3998 at 2008-04-05 15:47 x
ご無沙汰しております。 陰ながら 私も小川さんを気にかけているひとりなのですが・・・ご迷惑でなければ。(笑)

 この映画、気にかかっております。  ノラジョーンズのアンニュイな感じの声とジュ―ドロウのあの円らな瞳をみるだけでもいいかなあと、ぜひ出かけて行って観るつもりです。 私のブルーベリーナイツはどんなかんじかなあ~? (笑)  人生の扉、 いま我が家のリビングでのんびりゆったり聴いています。 目の前の桜を愛でながら。  さてと、今日は北鎌倉の夜桜見物と洒落こもうかな。 
Commented by jazz_ogawa at 2008-04-05 17:07
miki3998さん、こちらこそご無沙汰しています。気にかけていただき大変嬉しいです。ただいまの心境は、遅ればせながら「愛は地球を救う」といったところでしょうか。いまになって、本気でビートルズの歌をかみ締められるようになったみたいです。いい年して、遅すぎるんですが。
この映画、観終わったあとでとてもいい気分になれました。
ところで、リヴィングから桜が見えるのも羨ましいですね。ぼくの部屋からはビルしか見えません。
Commented by 加持顕 at 2008-04-06 22:06 x
 小川さん、こんばんわ。
 東京の桜はもう満開ですか!新潟はようやく開花宣言が出た、というところです。
 私はまだ「人生の扉」に共感出来る境地(笑)にまで至ってませんが、早く小川さんのように満開の桜を穏やかに鑑賞出来るようになりたいと思ってます。
 最後にブルーノートの新刊、期待してます。
Commented by jazz_ogawa at 2008-04-07 00:00
加持顕さん、東京の桜はそろそろ終わりみたいです。花見も今日が最後の日という感じじゃないでしょうか。
ブルーノトの新刊は6月の発刊をめどに進行中です。その節はまたよろしく。
Commented by 高橋 at 2008-04-07 06:28 x
桜の咲く頃に悲しいことが起こると悲しみからなかなか回復できないのかもしれません。私の場合は父の病気でしたが小川さんは4年前の大病ですので無理もないですね。80歳ぐらいになられた時そんなこともあったのかと懐かしく思われる日が来ると思います。「最近は幸せにする存在になりたいと少しでも思う」という所の表現上手いですね、文章もスピリットも見習いたいです。医学は合っていたようで医学用語をネットで調べていると楽しくて3時間ぐらいすぐ経ってしまいます。
Commented by jazz_ogawa at 2008-04-07 08:49
高橋さん、人生いろいろありますもんね。悲しいことも辛いこともひっくるめて、すべてがいまの自分に繋がっていると思い、それでよしと考えています。
医学の翻訳が高橋さんには合っているみたいですね。そういうものと出会えてよかったですね。
<< 2008-04-06 「Lin... 2008-04-01 Work... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム