小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008-01-20 『スウィニー・トッド』@「TOHOシネマズ六本木」
e0021965_1424280.jpg「こういう映画だったのね」というのが観終わって最初に出た言葉です。ジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督の『スウィニー・トッド』を、公開初日の昨日、近くの映画館で観てきました。
 近くといっても六本木ですから歩くと25分くらい。これじゃウォーキングになりませんから、遠回りをして、以前住んでいたアパートがどうなっているかをついでに見てきました。
 このアパート、東京でもっとも古い外国人向けアパートのひとつだったんですが、古くなったので立て替えて分譲にすることになりました。それで立ち退き騒ぎが起こり、最初は立ち退き屋がアパートに住み着いたりして裁判沙汰になりそうになったんですが、最終的には丸く収まり、ぼくもいまのところに引越しました。
 その際、建て替わったら優先的に入居できる条件をもらったんですが、引越しがあまりにも大変だったので、場所的に魅力はあるんですが、現在のところで落ち着こうと決めました。でも、やはり以前のところに心残りもあります。
 それでどのくらい建設が進んでいるのかを、ウォーキングがてら見てきました。かなり高級なマンションということですが、途中までできた外観からは、「なんだかちょっと・・・・・・」という印象です。これで揺れていた気持ちが完全に吹っ切れました。

e0021965_1445565.jpg 話が最初から脱線しましたね。この映画、あまりにも血まみれで、参りました。これまで散々本物の大量出血に遭遇してきましたので、仕事以外でこんなに沢山の血は観たくないなぁ、というのが本音です。『ラスト・サムライ』ほどではありませんが、観ながら「ティムさん、そろそろいい加減にしません?」と思っていました。
 こういう映画、作っているほうも「またかよ」ってうんざりしないんでしょうか? それともだんだん乗ってきて、「もっとリアルにしちゃおう」なんて考えるんでしょうかね? さすがにティム・バートンとジョニー・デップのコンビだとは思いましたが。

 この映画、先日発表になったゴールデン・グローブ賞のミュージカル・コメディー部門で「最優秀主演男優賞」と「最優秀作品賞」を受賞したそうですが、こういう作品が受賞するのかと、ちょっと驚きました。

e0021965_1452728.jpg
 ところで、ティム・バートンのこんなインタヴューを見つけました。
――ティム、あなたの作品では初のR指定になりましたけど、興行面でのリスクは考えませんでしたか。
T:もちろん、そういうリスクはいつでもある。でも最初にスタジオとミーティングした時にはっきり言ったんだ。道徳的な面を考慮して血生臭いシーンを控え目に演出したプロダクションを観たことがあるけど、この映画ではそれはやりたくないってね。そういう控え目な演出を観るたびに、失ってしまったものがあると思えてならない。この作品はリアリティーを追求するものじゃなくてメロドラマなんだから、大げさにやらなくちゃならない。噴出する血は、スウィーニー・トッドの抑圧されてきた感情の爆発なんだ。グランギニョールの劇場ではバケツで舞台に血を蒔いたっていうからさ、そういうショー本来の精神に忠実に行うべきだと思った。スタジオ側もそれを理解してくれて、何の問題もなかった。
――それにしても血の色が強烈ですよね。
T:色彩についてはいろいろ試してみた。血には鮮やかな深紅色を選び、逆にセットや衣装は色を抑えて、アクセント・カラーを一部使うだけにした。逆にフラッシュバックのシーンはスウィーニーの人生で楽しかった時のことだからカラフルにした。ミセス・ラベットのファンタジーも同じだ。つまり色をキャラクターの感情に基づいて使い分けたんだ。

 なるほど、そこまでぼくは考えて観ていませんでした。「ちょっとやり過ぎじゃない?」って思ったのは、まさしくティム・バートンの狙いどおりだったんでしょうね。
 ところで予告編で観た『アメリカン・ギャングスター』が面白そうです。デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウが主演で、しかも監督がリドリー・スコットですから。
by jazz_ogawa | 2008-01-20 14:10 | 映画&DVD | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/7115695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by matc_tomo at 2008-01-20 23:26
「スウィニー・トッド」はフィルムが日本に入ってこないときに原稿を書かなくてはならなくて、しかもWBも資料がないという状況で大変でした。まさかRまでつくとは・・・。でも個人的には久々のティム・バートン節が見られるのかな〜と思って楽しみにしています。最近はなぜかハッピー系なティムバージョンだったので。
「アメリカン・ギャングスター」は2時間40分と長いですが、その長さを感じさせないドラマでしたよ。実話なんですけど、デンゼルのギャングと正義の固まりの刑事の対決ですが、ふたりの人間くささをだしたバックグラウンドも描いているのでよかったです。
Commented by jazz_ogawa at 2008-01-20 23:52
matc_tomoさん、資料なしで原稿を書くの大変ですよね。ぼくもそういうの、よく回ってきます。
『アメリカン・ギャングスター』はもう観たんですか。羨ましい。デンゼンル・ワシントンが演じた実在の人物については、何年か前に「Village Voice」にカヴァー・ストーリーみたいなものが載っているのを読んだことがあります。それもあって、興味がさらに増しています。
<< 2008-01-23 【NIK... 2008-01-17 最近買っ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム