小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-09-14 ELDAR@「コットン・クラブ」
【お知らせ】
 昨日からWEBマガジンのe-daysがスタートしました。ぼくは月2回の更新で、1回目のコラムがアップされています。e-daysのコラムは「HOT MENU」というコーナーに掲載されていて、http://e-days.cc/hotmenu/からアクセスできます。ジャズについてのニュース、レヴュー、インタヴューなどを担当する予定です。


e0021965_10491795.jpg
 このところ、自分でお金を払わずにジャズを聴きにいっています。役得です。それで、昨日は「コットン・クラブ」で、しばらく前から注目している若きピアニストのエルダー率いるトリオのライヴを観てきました。今月発売された3作目『リ・イマジネーション』のライナーノーツを書かせてもらったこともあって、レコード会社の担当者が招待してくれました。ありがたいですね。

e0021965_10493346.jpg
 このブログでもこれまでにエルダーのことは紹介してきました。フル・ネームはエルダー・ジャンギロフ。名前が覚えにくいため、最近はエルダーの表記になっています。旧ソビエト連邦のキルギスタンで1987年に生まれていますから、今年ではたちになりました。2年前にメジャー・デビュー作の『エルダー・ジャンギロフ』が国内発売されたときもライナーを書かせてもらったので、勝手に親しみを感じています。

e0021965_10495666.jpg
 そのデビュー作を聴いて、とにかく凄いテクニックにノックアウトされてしまいました。昨年来日したときもライヴを観ましたが、そのときも圧倒的な素晴らしさでしたね。もちろん、昨日も最高の演奏を聴かせてくれました。
 超絶技巧だけなら驚きません。同じく若いピアニストのオースティン・ペラルタもそうですが、どうしてかわかりませんが、彼らはジャズの心をしっかりと持っています。巧いだけじゃなくて、聴かせるものをしっかりと身につけているのです。たかだか数年のキャリアの若いプレイヤーがどうしてこんなにもいろいろなことを身につけ、それをきちんと自分のものにして、なおかつ個性的な表現に結びつけることができるのか。それが不思議でなりません。
 引き合いに出す例としては意味が違うかもしれませんが、ぼくのよき対談相手(と勝手に決めさせてもらいました)の平野啓一郎さんにも同じ印象を覚えています。彼は本当にジャズへの造詣が深いんですが、リスナーとしてのキャリアは10数年だと思います。ぼくは40年(エヘン)。しかしぼくより、深くジャズのことが語れます。
 これは能力の違いでした。だから引き合いに出すのはやっぱり不適当ですね。それでも、知識とか実践を積み重ねるには最低限の時間は必要でしょう。その最低限の時間の何分の一かで、彼らはさまざまなことを身につけ、その上に創造性という、これは時間や経験を超越した摩訶不思議なものまで獲得しているのです。こういうひとを天才というんでしょう。
 その天才によるプレイを昨日は目の前でたっぷりと観させてもらいました。こういうのが至福の時間です。

e0021965_10501583.jpg
 エルダーの経歴が面白いです。彼はアメリカ人のジャズ・ファン、チャールス・マックウォーターというひとに“発見”されました。このニューヨーカーがシベリアのノヴォシビルスキーで開催されたジャズ・フェスティヴァルに登場したエルダーを偶然聴いたことから、人生が大きく変わります。
 マックウォーターは、ジャズ・ピアニストとしての優れた才能に驚嘆し、エルダーをアメリカに招きました。彼のためにミシガンで開かれていたジャズのサマー・キャンプ(インターロケーション・フォー・ジ・アーツ)に参加する奨学金を申請し、アメリカに呼び寄せてくれたのです。お金持ちなんでしょうか。このとき、エルダーは9歳でした。

e0021965_10502960.jpg
 次いでマックウォーターは、ジャズ・ピアニストで教育者で、かつ強い影響力も持つマリアン・マクパートランドにエルダーのテープを送ります。彼女は非営利放送のラジオ番組『ピアノ・ジャズ』の司会を数10年にわたって務めていますが、その番組でエルダーは大々的に紹介されたのです。
 これらのことが契機となって、エルダーは一家で1998年にアメリカに移り、カンザス・シティで生活をするようになりました。これも凄いです。ヴィザとかお父さんの仕事とか、どうしたんでしょう。
 親の愛情は偉大です。ぼくも娘の父親ですが、彼女のためにどこまでやれるか? なんらかの局面に立たされないとどうするかわかりませんが、考えさせられる話ではあります。

 さて、明日は香港に行ってきます。中一日の滞在ですから、とんぼ返りのようなものです。その模様は次回のブログで。
by jazz_ogawa | 2007-09-14 10:57 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/6456935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 浦島 at 2007-09-15 05:06 x
エルダーの経歴を聞くと、テニスのシャラポア(?)を思い出しました。香港レポート楽しみにしています!
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-15 05:56
浦島さん、言われてみるとたしかにシャラポアを思わせますね。
午前の飛行機なのでこれから成田に向かいます。
<< 2007-09-15 なにはと... 2007-09-12 iTun... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム