小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-09-10 マット・ダスク@カナダ大使館
e0021965_10423339.jpg
 日本におけるカナダ人アーティストのプロモーションの一環としてカナダ大使館およびBMG JAPANが共催するショーケースにおいて、当社より10月3日に日本デビュー・アルバムが発売されるマット・ダスクをご紹介できることを大変嬉しく思います。マット・ダスクはトロント生まれの28歳、若きクルーナーです。フランク・シナトラを彷彿させる“ちょっと不良な男前ヴォーカル”ともいうべき最高に粋な歌声、こんなカッコいいジャズ・ヴォーカルはなかなかありません! それは、まさに「これが21世紀のエンターテイメント・ジャズ・ヴォーカル」というべきもの。
 いよいよ世界中で始まりつつある男性ジャズ・ヴォーカルの復権。そんなシーンに彗星のごとく現れた実力ナンバー・ワン、マット・ダスク。今回は17人編成のビッグバンドを従えての初来日パフォーマンスが実現、いきなりその魅力をみせつけることになりそうです。
 この秋、BMGイチオシのジャズ・アーティストのパフォーマンスをどうぞごゆっくりとお楽しみ下さい。
               ㈱BMG JAPAN 洋楽本部 クラシックス&ジャズ

e0021965_10505341.jpg
 こういう誘いがあって、7日にカナダ大使館で開催されたショウ・ケースに行ってきました。以前このブログでも紹介しましたソフィー・ミルマンもこの大使館に併設されているシアターで観ましたが、今回、ここは同国出身の偉大なピアニストにちなみ、「オスカー・ピーターソン・シアター」という名称になっていました。

 “ちょっと不良な男前ヴォーカル”という軽薄ないい回し、ぼくは大っ嫌いですし、レコード会社の回し者でもありませんが、マット・ダスクは大変気に入っています。今回はプロモーションのための来日でしたが、こういう催しに呼んでもらえてとても嬉しかったですね。
 メジャー・デビュー作の『Two Shots』が国内発売されなかったため、2作目の『バック・イン・タウン』が日本では最初の作品になります。この夜も最後に歌いましたが、ジャズともロックともつかない「オール・アバウト・ミー」が2作目の2曲目に収録されていて、これにすっかりノックアウトされてしまいました。この曲、本人がステージで話していましたが、カナダのチャートで1位になったそうです。

e0021965_10441117.jpg
 本人はシナトラが大好きなようですが、ステージを観ていてぼくが連想したのはボビー・ダーリンです。「マイ・ウェイ」を歌ったからというわけではあませんが、この曲の本家ポール・アンカの雰囲気もあります。ジャジーな魅力を持ったシンガーですが、純粋なジャズ・シンガーとは違います。こういうタイプがぼくは好きなので、当分はiPodのヘヴィー・ローテーションになるでしょう。

 そういえばiPodのラインが一新されて、どれもこれまで以上に魅力的な品揃えになりました。全部ほしいですね。もうすぐ出るiPod touchもほしいです。ニューヨークに行ったらiPhoneを買おうと思っていたのですが、iPod touchが出るならこれでもいいかなと思い直しているところです。容量不足が気になりますが、物として持っていたいということです。

 マット・ダスクに話を戻します。要領を得た紹介がHMVのWEBに載っています。

e0021965_10443614.jpg マット・ダスクはトロント生まれの28歳、2004年アルバム「トゥー・ショッツ」でメジャー・デビュー。メジャー2作目にして日本デビュー盤となるのが本作。
 アレンジャーにはパトリック・ウィリアムスやサミー・ネスティコ、ヴィンス・メンドゥーサといった錚々たる顔ぶれが名を連ね、レコーディングはグラミー賞受賞エンジニアである重鎮、アル・シュミット。そのアル・シュミットと共にミキシングを手掛けたのはマドンナからグリーン・デイまで、世界のポップス・シーンにその名を轟かすNo.1エンジニア、クリス・ロード・アルジ。バックを彩るビッグ・バンドのメンバーはゲイリー・フォスター(as)、ウェイン・バージェロン(tp)、チャーリー・ローパー(tb)というド強力なリード・ラインを軸に、ピート・クリストリーブ(ts)、ボブ・シェパード(ts)、ウォーレン・ルーニング(tp)、ゲイリー・グラント(tp)といったファースト・コールのミュージシャンがずらりと並び、更にはリズム・セクションの要にヴィニー・カリウタ(ds)という超豪華布陣。
 アメリカン・ソング・ブックというべきスタンダード曲とオリジナル曲がバランス良く並ぶ本作、そのオープニングを飾るのが最高に粋でいなせなタイトル曲「バック・イン・タウン」。そしてタイトル曲に勝るとも劣らぬ圧倒的存在感を示す2曲目「オール・アバウト・ミー」。この2曲はクリス・ロード・アルジがミキシングを担当。マット曰く、「最初にミックスされた音を聴いた瞬間にぶっ飛んだよ!」。問答無用の強力チューン2連発である! 続く「ザ・ベスト・イズ・イエット・トゥ・カム」、「時の過ぎゆくまま」、「ラーニン・ザ・ブルース」の3曲はシナトラを彷彿させる楽曲群だが、ここでのマットは見事に新しい歌として甦らせることに成功している。アレンジャーはいずれもサミー・ネスティコ。ビッグ・バンド+弦楽オーケストラという豪華布陣によるネスティコ・サウンドに乗ったマットの歌。これに酔いしれずして何に酔いしれようか。

 いかにもぼくが好きそうな内容でしょう。注目すべきはヴィンス・メンドーサの参加ですね。このブログをお読みのかたならヴィンスのことはご存知だと思います。彼が次々といい仕事をしてくれるので、ぼくも鼻が高いです。
 『スイングジャーナル』誌の10月号用にぼくが書いたディスク・レヴューも最後に載せておきます。

e0021965_10445794.jpg ここ数年、海外では若いシンガー、それもジャジーでポップな感覚を持ったシンガーの台頭が著しい。ここに登場したマット・ダスクもそんなひとり。メジャー2作目にして本邦デビュー作となったこの作品では、ゴージャスなビッグ・バンド・サウンドに乗せてご機嫌なヴォーカルを聴かせてくれる。ジャングル・ムードからジャイヴを経てモダンなビッグ・バンド・サウンドまで、オーケストラがこの若きシンガーをさまざまな形でバック・アップする。オールド・ファッションにしてウルトラ・モダン。この両面性がジャズ・ファンのみならずクラブ・ファンにも受け入れられ、本邦での発売が見送られた1作目も欧米では大きな反響を呼んだ。そしてヴォーカル面でもサウンド面でもさらにスケール・アップしたのが今回の新作。曲もオリジナルとスタンダードからいいものばかりが選ばれている。とくに強力なオーケストラ・サウンドをバックに力強い歌唱を聴かせる「オール・アバウト・ミー」が感動的。これなどロック・ファンにも訴えかける内容だと思う。一転して「ザ・ベスト・イズ・イエット・トゥ・カム」では、ロマンティックなビッグ・バンドとストリングスをバックにフランク・シナトラのカヴァーが取りあげられる。この都会的で洒落たセンスのヴォーカルこそがマットの魅力である。アレンジャーにも大御所のサミー・ネスティコやこのところ立て続けにいい仕事をしているヴィンス・メンドーサなどが顔を揃えている。(★★★★半)
by jazz_ogawa | 2007-09-10 10:56 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/6434257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Isis at 2007-09-10 11:35 x
MATT DUSK聞きました。い~感じ。声がまだ、ちょっと若いかなと?、不満ほどではありませんが。好きです。
http://mattdusk.com/
実は今起きて、曲聴いて(Back In Town)、目が覚めたぁ!
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-10 11:37
Isisさん、マット・ダスクいいでしょ。
ニューヨークに行ったら、ブログをなるべき毎日更新しますので、そちらで写真も楽しんでくださいね。
Commented by matc_tomo at 2007-09-10 18:44
帰宅したら、iTS(アメリカ)で視聴できたらいいな〜。
iPod touchは、発表日にネットで予約をしました。届くのは10月2日ですが、いまから楽しみですよ。ただ、NY在住の友だち(t_gomezさんの知人の奥さん)がiPhoneを持っていて、東京に来たときに触らせてもらったんですが、意外と東京ってWiFiが拾えないことが多くて、あまりネットで遊べませんでした。iPod touchが普及すればWiFiが拾える地域が増えるかな〜。
iPodが全種類ほしいって、小川さん、コレクターになったのでしょうか?(笑)
Commented at 2007-09-10 23:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-10 23:30
matc_tomoさん、もう予約しましたか。WiFiは日本だとなかなか使えるところがないので、そこが勿体ないですよね。
ところで「いいとも」のそっくりさん、お宅のバイト君でしたか。
Commented by yuricoz at 2007-09-11 13:37
カナダ大使館いいな~とそこに食いつきました!!あの辺は、大使館が多いですね~ちょっと先のドイツ文化会館で、スロベニアワイン会というのに何年か前に参加しましたが、普通じゃ入れない場所に入るってだけで、ドキドキしました!!そこで、こんなに素敵なステージが見れるなんて!!

で、うちのi-podは、U2バージョンです。1つしかないので、たまに借ります。(笑) 私は、i-シャッフルで我慢しているしだいです。

↑「いいとも」のそっくりさんは、うちのバイト君です♪(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-11 14:27
非公開のmさん、それ、ぼくです。遠慮なく声をかけてください。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-11 14:28
yuricozさん、そっくりさんはそちらでしたか、失礼しました。
音楽関係の仕事をしていると、ときどき大使公邸でのパーティにも呼ばれます。何年に一度ですけどね。カナダとかフランス大使の公邸、あとはコッチ時代のニューヨーク市長邸とかね。ホワイトハウスからはお呼びがかかりません。
U2ヴァージョンで160Gが出たら即買いなんですが。
Commented by matc_tomo at 2007-09-11 15:52
昨日帰宅後、iTS(アメリカ)で、視聴してみました!
オススメの「all about me」はロックですねぇ。ぶったまげました。1枚目にある「please please me」はアレンジが変わっていて、だいぶメロウなカンジがしました。まだ購入はしていないんですが、なかなか面白いボーカリストですね。
ボーカル特集が終わってしまい、ちょっと残念・・・。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-11 16:46
matc_tomoさん、いいでしょう。この手のシンガー、これからも増えてくる予感がします。
Commented by matsuo at 2007-09-12 00:00 x
やっぱりそうでしたか! また、お目にかかれる偶然を願っています。
Commented by jazz_ogawa at 2007-09-12 07:46
matsuoさん、よくあそこで原稿を書いていますので、次回はぜひ声をかけてください。
<< 小僧comでサイン入りの新刊(... 2007-09-08 マイケル... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム