小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-07-05 『ダイ・ハード4.0』@六本木「TOHOシネマ」
e0021965_1972797.jpg ぼくは、ダイナミックな映画は映画館の大スクリーンで観たいと考えています。その点で、この映画は最高に満足できました。これまでの3作品もそうでしたが、『ダイ・ハード』は映画館向きです。こういうのは、家のテレビでちまちま観るものじゃありません。映画というメディアを存分に活用した作品だったと思います。

 話は単純です。結果も最初からわかっています。絶対にブルース・ウィリスは死にません。しかも、死なせないことにたいした工夫もありません。とにかく、「絶対に死なないもんね」と居直った作りです。それでも楽しめるのですから、こういうのが娯楽作品の王道を行くものなんでしょう。
 友人に当たり前だって笑われましたが、ブルース・ウィリスはぼくより若かったんですね。勝手に年上だと思っていました。まあ、それほど年は離れていないようですが。それでこのアクション。鍛え方が凄いんでしょう。ロッキーのシルヴェスター・スタローンにも驚きましたが、アクション・スターはやっぱりたいしたものです。

e0021965_1982873.jpg それにしてもこの映画、最初から最後までアクション・シーンの連続です。まったく中だるみがありません。次から次へといろいろなアクシデントというか出来事が発生し、休むひまがほとんどゼロという稀有な映画でした。こういうのは凄いです。
 ぼくも、こういう本が書けたらいいなと思いながら観ていました。ジャズの本でも最初から最後まで、つまらないところがひとつもない本、そういうのが書けるなら、魂を売ったっていいですね。たいした魂は持っていませんから。
 ぼくだって、いつも面白い内容の文章を書こうとは心がけています。ところが、そればっかりで一冊にすることは逆立ちしたってできません。そこが才能のなさです。あと、面白いエピソードや体験があったとしても、それを面白く伝える文章力がありません。同じ話でも、文章がうまいひとなら何倍も面白くできるんじゃないか? と思うことがしばしばです。でもいまさら自分のスタイルを変える気はありませんし、結局は楽な道を選んで、いつものスタイルで文章を書いています。

e0021965_1911572.jpg ところで今回の『ダイ・ハード』のテーマになっていたサイバー・テロっていうのはどうなんでしょう? やる気になったら、どのくらいのテロができるのか、これは深刻な問題です。至近な例でいうなら、このブログを運営しているexciteでも、この1ヵ月ほど不具合が続いています。これもサイバー・テロによるものかもと、どなたかがどこかのブログで書いていました。
 大量に送られてくるトラックバックがサーバを重くしたとか。たしかに、無意味なトラックバックやコメントが大量に送りつけられていました。ぼくはうんざりしながらも、それを消去するのを一方で楽しんでいたんですが、スタッフは大変だったようです。
 それにしても、どうしてこんなことをやるひとがいるのか? ひとの迷惑を考えなくなった時代の象徴みたいなものでしょうか。自分さえよければいいっていうひとがずいぶん増えてきたように思います。そういう風潮も、あちこちでいろいろな問題を引き起こす要因のひとつだと思います。

e0021965_19131320.jpg ぼくだって自分が一番可愛いし、自分さえよければいいと思いがちな人間です。でもそこで踏みとどまっているのは、見栄があるからです。ひとから見られてかっこ悪いことはしたくない。そういう気持ちは誰にもあるはずです。でもかっこ悪さの基準がひとによってまちまちですから、ここは自己規制をして、自分を律しておく努力も必要でしょう。
 なんて、まったく自己規制をしないぼくが書くのもおかしな話なので、これは自分のことを棚にあげた見栄っ張りのたわごとと思ってください。でもたまにはかっこつけてみたいですし、みんなでそうしたら、少しは気持ちのいい世の中になるかもしれません。別に、現状にそれほど多くの不満を抱えているわけじゃないんですが。
by jazz_ogawa | 2007-07-05 19:16 | 映画&DVD | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/6033842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シネマ親父の“日々是妄言” at 2007-07-05 22:00
タイトル : 「ダイ・ハード4.0」オッサン、やりすぎ!!
 12年ぶりに登場、ジョン・マクレーン!「ダイ・ハード4.0」(20世紀FOX)。歳は喰った、頭の髪は無くなったけどアクションは健在!って言うか、むしろやり過ぎ!ここまでしたら。     FBIのサイバー犯罪部が、何者かによるハッキングを受けた。責任者のボウマン(クリフ・カーティス)は事態を重視し、ブラックリストに載っているハッカー達を根こそぎ連行して来るように命令を出す。同じ頃、NY市警のジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、離婚して離れて暮らす娘・ルーシー(メアリー・エリザベス・ウ...... more
Tracked from soramove at 2007-07-16 00:48
タイトル : 「ダイ・ハード4.0」これが見納め?だからこそ劇場へ行こう!
「ダイ・ハード4.0」★★★★★満足オススメ ブルース・ウィリス主演 レン・ワイズマン 監督、アメリカ2007年 参考人の青年を移送する仕事、 簡単に片付くと思ったが これがまたハードな仕事に。 ありえない展開に突っ込みどころ多数あり だけどそんな...... more
Commented by Isis at 2007-07-05 22:18 x
魂を売ってもとありますが、お好きな作家とかおありですか?
Commented by jazz_ogawa at 2007-07-06 01:18
Isisさん、最近は文学と呼ばれるものはほとんど読んでいません。好きな作家は、ジェフリー・アーチャー、クライヴ・カッスラー、ロバート・B・パーカー、ジョン・グリシャム、ダン・ブラウン、最近は出ていませんがロビン・クックなどです。ジャズ同様、あれも好き、これも好きで、あげていけばきりがありません。
Commented by 高橋 at 2007-07-06 06:18 x
車の炎上シーン迫力がありますね。ブルース・ウイルスは私ももっと年上かと思っていましたが50代だったのですね。最初から最後まで面白い本、初めて読んだ「となりのウイントン」はそうでした。英語を勉強してから日本語の面白さを改めて感じる時も有ります、いつ読んでも小川さんの文章はいいなあと思います。お手本にさせて頂きたいです。
Commented by jazz_ogawa at 2007-07-06 08:49
高橋さん、そう言っていただけるのは嬉しい限りですが、ぼくの文書はまだまだですよ。でもその言葉を励みに、これからもっと面白い文章を書くように心がけます。ありがとうございます。
<< 2007-07-08 8月の「... 2007-07-03 平賀マリ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム