小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-05-19 チンさん@「Body & Soul」
e0021965_118350.jpg 前回のブログで肝心なことを書き忘れていました。新刊の『ジャズ・マンはこう聴いた! 珠玉のJAZZ名盤100』ですが、小僧comの小僧booksでぼくのサイン本が買えます。詳細はhttp://www.kozocom.com/books/index.htmlまで。
 送料がかかってしまいますが、小僧comのオフィスはウォーキング圏内にあるため、ご注文いただいてから数日内にサインして発送できると思います。興味のあるかたはぜひこちらでお買い求めください。
 と宣伝をしたところで、本日の本題です。おとといの17日に、南青山の「Body & Soul」でチンさん(鈴木良雄さん)のライヴを観てきました。発売されたばかりの新作『フォー・ユー』と同じピアノ・トリオによるライヴです。

e0021965_118174.jpg
 チンさんとは縁あって、ニューヨークに留学したときに知り合いました。当時の彼はアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズを辞めて、自分のグループ「Matsuri」を結成したり、ジャズ・メッセンジャーズ時代の同僚だったジュニア・クックやロニー・マシューズのバンドなどで活躍していました。
 知り合ったのは、ジュニア・クックのグループで「ジャズ・フォーラム」に出ていたときです。やはりそのバンドにいたボブ・バーグが、「同じ日本人だろ」とかなんとか言って紹介してくれました。外国人に日本のひとを紹介されるっていうのもおかしなシチュエーションですが、それがきっかけでニューヨーク時代は家族づきあいをさせてもらう間柄になりました。

 チンさんは、厳しい競争社会のニューヨークにあって、信じられないくらい穏やかでいいひとでした。ひとが良すぎてミュージシャンには向かないのでは? と心配になるほどで、だからこちらは何とか応援したい気持ちになってしまいます。
 といっても、ぼくなんかお役に立てるわけではありません。チンさんは日本のトップ・ベーシストとして、デビュー直後から40年近くにわたって実力と人気を維持してきたほとですから。そういうわけで、『フォー・ユー』のライナーノーツを書かせていただきましたが、「足をひっぱっちゃわるいなぁ」という気持ちが先立ちました。でも、嬉しかったです。

e0021965_1185745.jpg

e0021965_1191768.jpg
 そもそもこのトリオ、チンさんが前から太鼓判を押していた若手ピアニストの海野雅威さんをフィーチャー(ドラムスはセシル・モンロー)して、昨年ニューヨークでレコーディングしてきたものです。去年の5月、チンさんはこのトリオにフルートの井上信平さんを加えたグループで「JVCジャズ・フェスティヴァル」の一環として人気クラブの「Sweet Rhythm」に出演しました。ここは以前「Sweet Basil」として営業していたジャズ・クラブです。そのライヴ終了後に、チンさんの盟友でギタリストの増尾好秋さんがオーナーのThe Studioでレコーディングしたのが『フォー・ユー』でした。

e0021965_111197.jpg 「Body & Soul」ではそのアルバムからの曲が中心に演奏されました。「スーン」「トリステ」「アイシュッド・ケア」などなど。海野さんのピアノを中心にしたトリオは、バックからチンさんとセシルががっちりと支えていて、いい感じでした。チンさんは相変わらずアコースティックなサウンドを大切にしていて、聴いていて心が和みます。

e0021965_1195094.jpg
 ステージ終了後に海野さんとも少しお話をしたんですが、彼は10月からニューヨークで武者修行をするとのことでした。ぼくも10月にはニューヨークに行くのでタイミングが合えば向こうでも会えますね、なんていうとりとめのない話をしただけですが、チンさんと同じでほんわかしたパーソナリティがとてもいい感じでした。

 帰りしな、入り口のところに座っていたチンさんの奥さんとも久しぶりにお会いできて懐かしかったです。何年か前に、頼まれて息子さんの健康診断書を書いたことがあります。そのとき以来でしたが、お元気そうで何より。立ち話でしたが、ニューヨーク時代のことをふたりしてちょっと懐かしく思いました。
 店を出たのは12時近くだったんですが、渋谷まで歩くことにしました。このままタクシーに乗って帰るのは何だかもったいない気がしたんですね。チンさん夫妻や久々に会った音楽関係のひとたちとの会話が楽しかったこと、そして何よりトリオの演奏が心地よかったことを、もう一度心の中で味わいながら、同行してくれたgomezとふたりで渋谷まで歩きました。
 そうそう、ぼくはウイングスという音楽関係の会社を作っています。この会社名、仲間はポール・マッカートニーのウイングスから拝借したと思っているようですが、実をいえばチンさんのオリジナル「ウイングス」から取ったものです。
by jazz_ogawa | 2007-05-19 11:26 | ライヴは天国 | Trackback(4) | Comments(6)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/5692822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 音楽無料サイト at 2007-05-20 07:23
タイトル : 音楽無料
音楽ダウンロードは今や無料でできる楽曲が増え、需要も高まっています。音楽はどこへ... more
Tracked from 加持顕(かじあきら)の棚.. at 2007-05-21 02:31
タイトル : 『ジャズマンはこう聴いた! 珠玉のJAZZ名盤100』の..
 加持です。仕事場の隣の家の屋根から生まれた子猫は、無事保護されたようです。  今度は保護先で、まだ泣いてますが・・・気になるなー。 ジャズマンはこう聴いた!珠玉の... more
Tracked from ミュージシャン at 2007-05-22 00:32
タイトル : ミュージシャンになるには?
ミュージシャンになるにはどれくらいの演奏テクニックがあればいいでしょうか? ギ... more
Tracked from タナカニコのJAZZ生活 at 2011-09-14 22:20
タイトル : 増尾好秋とタナカニコ
増尾好秋さんは、日本ジャズの伝説的ギターリストです。増尾さんは、 早稲田大学のモダンジャズ研究会在籍中に渡辺貞夫に見いだされ、 大学3年のときに渡辺貞夫グループに抜擢、プロデビューを果たしてい ます。早大モダンジャズ研究会入部の際に、初めて部室でギタ... more
Commented by .Double Fantasy at 2007-05-21 01:16 x
こんばんは~。
人柄がにじみ出ているようなこのアルバム、本当にいいですね。
来月、吉祥寺にいらしたら、行きます。(きっぱり)笑^^
小川さん、この頃、うちの相方と一緒で、昔をよく懐かしんでいますね。
これって、年のせいですよ(笑)。そして、その思いを側で受け止めてくれる人がいるって、素敵。長生きしなくっちゃ!!
小川さんの「人生捨てたもんじゃない」という言葉がすきです。
少し前までは、名前も知らなかったジャスメンに、いつのまにか親しみと楽しみを
覚えているのは、面白こぼれ話を聞いてきたからでしょうか♪帯にto be continue・・と見つけて、思わずニヤっとしました♪銀座、楽しみにしていま~す(@^^)/~~~
Commented by 加持顕 at 2007-05-21 02:28 x
小僧comの小僧booksで、サイン本が買えたなんて・・・先に書いてもらえればー・・・悔しいので、私のブログで3回程、本に掲載されたアルバムを、最初「ア」から「エ」まで、順番に並べてみました。
・・・カラーのジャケットをみると、本とはまた印象が違うものですね。
つい、つまらないことしてしまいました、スイマセン。
Commented by jazz_ogawa at 2007-05-21 08:50
.Double Fantasyさん、ぼくも60年代を引きずっています。いま現在が楽しいのは、若いころにいろいろなことが体験できたからで、その結果として現在の自分があると思っています。
今度の土曜日はよろしくお願いいたします。
Commented by jazz_ogawa at 2007-05-21 08:55
加持顕さん、申し訳ありません。ちょっと紹介するのが遅かったですね。今後出す本も小僧comで自動的に扱ってくれると思いますので、ぜひ次回からはそちらをチェックしてください。
お会いできる機会があれば、これまでの本にも喜んでサインをさせていただきます。
悔しいので「ア」から「エ」まで・・・というのもいいですね。嬉しいです。ありがとうございます。
Commented by 浦島 at 2007-05-21 18:57 x
昨夜はブルーノート東京でトニー・デセールを聞いてきました。予想していた以上に楽しめることができました。やはり東京はいいですね。海野さんは私の町で一度聞いたことがあります。なかなかいいライブでした。本はもう書店に頼んでしまったあとでした。残念。
Commented by jazz_ogawa at 2007-05-21 23:35
浦島さん、楽しい時間がすごせたようでよかったですね。
次の本は9月ごろに『愛しのジャズメン 2』と平野啓一郎さんとの共著が出る予定です。そのときは小僧comをチェックしてください。
<< 2007-05-22 ニューヨ... 2007-05-16 『ジャズ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム