小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2005-08-13 MHR~『Al Kooper/Black Coffee』
 MHR。何のことだかわからないでしょう。マイ・ヘヴィー・ローテション。誰も知らないのは当たり前。だって勝手に考えた言葉だから。これは毎日のように聴いている、お気に入りのCDやレコードのこと。で、ブログ初のMHRはアル・クーパーの『ブラック・コーヒー』。

 これが実にいい。何がいいって、アル・クーパーの枯れ具合が。アル・クーパーと言えば、ぼくらの世代にとってはボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」で弾いたオルガンが有名かなぁ?e0021965_1104537.jpg
 あとはブルース・プロジェクト。それからBS&Tを作った人物として。たった一枚で自分は脱退してしまったけれど、BS&Tの『子供は人類の父である』は、ジャケットも含めてぼくには革命的なアルバムでした。あれを聴いて、さっそく仲間とブラス・ロックのグループを作ったけれど、結局難しくてものにならなかった苦い思い出もあります。
 それから『スーパー・セッション』も画期的なアルバムでした。あれで、今度は仲間内でセッションが流行ったことも懐かしい。それにしてもミーハーですね。すぐに真似するんだから。
 その後はソロ・アルバムを何枚も出して、70年代のロック・シーンをリードしたのがアル・クーパー。ロックだけでなく、ジャズやブルースからも影響を受けた音楽は、ぼくのテイストにぴたりとはまるものでした。ソロ・アルバムの『アイ・スタンド・アローン』。自由の女神をパロディにしたジャケットもよかった、よかった。

 82年には『チャンピオンシップ・レスリング』というアルバムを久々に発表して、そのサポート・ライヴがニューヨークの「ボトムライン」で開かれました。留学時代にそれが観れたのもラッキーです。だって、その後は長いこと沈黙してしまうのだから。94年にも「ボトムライン」でブルース・プロジェクトのリユニオン・ライヴを観たけれど、これはしょぼくて愕然とした記憶があります。

 だから、『チャンピオンシップ・レスリング』以来の本格的なスタジオ録音アルバムとなる『ブラック・コーヒー』にはそれほど期待はしていませんでした。しかし、ぼくの予想は軽く覆されました。白人ブルースマン的なヴォーカルに特徴のあった彼が、まるでレオン・ラッセルみたいなかすれた声とこぶしを利かせた節回しで、ソウルフルな歌を淡々と聴かせてくれるのですから。
 冒頭の「マイ・ハンズ・アー・タイド」の深い味わいは60を過ぎた男にしか歌えないものでしょう。ブッカーTも真っ青の「グリーン・オニオン」、レア・アースの「ゲット・レディ」といったカヴァーもオリジナルよりいい感じです。

 こんなアルバムが聴けるのだから、音楽が好きなことに幸せを感じずにはいられません。よくぞアルバムを出してくれました。そして、ぼくもこの年までロックを聴き続けてきてよかったと思います。一昨年に続く10月の来日も期待大です。
by jazz_ogawa | 2005-08-13 11:01 | MHR | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/497048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ジャイロ at 2005-08-16 00:14 x
FMでも話されてましたけど、小川さんはこれまでにいったいいくつのバンドをつくって(に参加して)きたのでしょう? 
Commented by ogawa at 2005-08-16 08:45 x
そうですねぇ、数えたことはないですけど、中学のときに作ったものも入れれば15とか20くらいじゃないでしょうか? そのうち、ギャラがもらえたバンドは7~8くらいかなぁ。
Commented by いすけ at 2005-08-16 09:59 x
小川さんはJAZZ以外も聴かれるのですね。だいたい一日に何時間くらい音楽を聞いていらっしゃるのでしょうか?
Commented by ogawa at 2005-08-16 11:34 x
いすけさん、コメントありがとうございます。どうでしょう? 1日中聴いている日もありますし、1時間くらいしか聴かない日もあります。でも、多分この40年くらい、1日も聴かなかった日はほとんどないんじゃないかしら。そう考えると、われながらびっくりですね。
Commented by kiku at 2006-09-11 23:44 x
小川さん、こんばんは。遅ればせながらアル・クーパー「ブラック・コーヒー」を買いました。こんないいアルバムを1年以上買わずに放っておいたなんて!今日買ってもうすでに5回くらい回してます。10年以上前に「赤心の歌」を聴くまでは「ストーンズやディランのバックで演奏している人」くらいの認識しかなかったのですが、サム・クックやブルースのカヴァー、そして「ジョリー」のメロディーラインにすっかり参ってしまったのでした。「ブラック・コーヒー」は30年ぶりの新作ということですが、声に年相応のシブ味は増したものの、鼻にかかったような歌声は昔の印象とほとんど変わっていませんね。作曲センスも少しも衰えてはいません。1曲目の「My Hands Are Tied」から引き込まれてしまいました。このアルバム、間違いなく今日からのMHRです。
Commented by jazz_ogawa at 2006-09-12 00:03
kikuさん、これいいでしょう。以前に較べて、ヴォーカルがますますソウルフルになったと思いませんか? そこに深いものを感じています。ぼくはアル・クーパーのアルバムの中で、これが一番好きかもしれません。
<< 2005-08-16 「ブルー... セルジオ・メンデス&ブラジル2... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム