小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007-01-18 機内で見た映画
 ニューヨークの往復で観た映画を、自分のために整理しておきます。今回は自分でも驚くほどよく観ました。行きに3本半、帰りに5本半です。それでは行きの分から。

①『UDON』
e0021965_22515513.jpg 映画館に行ってまで観るつもりはなかった作品ですが、たまたま観れたので観ました。予想どおりの内容で、こういうのを批判するのは簡単でしょうが、ぼくは結構楽しめました。でも、上映時間の割に奥が深くありません。作ったひとには申し訳ないですが、時間潰しにはなっても、繰り返して観るほどではありません。

②『イリュージョニスト』
e0021965_22521786.jpg これは面白かったです。19世紀のウィーンが舞台のラヴ・ストーリーで、主役が奇術師なんですね。いまでいうならMr.マリックみたいなひとです。アイゼンハイムというこの奇術師が見せるさまざまなトリックが面白くて、最後まで楽しく観ました。ほとんどのトリックが当時のものを再現したというのですが、CGを使わずにどうやってあんなことができるのか、まさにMr.マリックの世界です。

③『ただ、君を愛してる』
e0021965_22523898.jpg こういう映画は普段なら観ませんが、これも旅行ゆえです。でも面白かったですね。さわやかで、ほろ苦さも味わいました。ありがちな青春映画ですが、自分の学生時代とオーヴァーラップさせながら観ていました。最後は舞台がニューヨークです。『UDON』でもニューヨークのシーンが出てきますが、ニューヨーク便ということも関係しているのでしょうか?

④『34丁目の奇跡』
e0021965_22525819.jpg これもニューヨークが舞台の映画です。10年くらい前の作品でしょうか。映画の中ではコールスという店名になっていますが、メイシーズのクリスマス・パレードを基にしたファンタジーです。
 実はこれ、観たことがなかったので、ほかに見たい映画も残っていなかったため、ニューヨークにもうすぐ到着するころから観ました。というわけで、30分くらい進んだところで機内上映が終わってしまい、そこでおしまい。リチャード・アッテンボローがサンタクロースそっくりで面白かったです。中心人物の男性と女性が美男・美女じゃないところがちょっと物足りなかったかなと。



以下は帰りの飛行機で観た映画です。

⑤『フラガール』
e0021965_22531887.jpg 今年の日本アカデミー賞を受賞したんでしたっけ? 面白い話で結構泣けました。ぼくはバンドをやっていたので、フラガールより、一緒に演奏しているハワイアン・バンドが気になりました。彼らも炭鉱で働いていたひとたちなんでしょうか? それにしては巧いので、どんな特訓をしたのか、そっちのストーリーも少しは紹介してほしかったなぁ、なんて思いました。










⑥『守護神』
e0021965_22533374.jpg 久しぶりに観たケヴィン・コスナー主演の映画です。海難救助隊員のストーリーで、コスナーは伝説の救難士役で登場します。しかしある事故がきっかけで教官に転進し、最後は現役に復帰して事故死してしまいます。ケヴィン・コスナーって何歳になったんでしょう? 体力あるなぁと感心しながら観ていました。『海猿』+『愛と青春の旅だち』みたいな部分もありますが、救難活動のシーンなど迫真の演技と場面展開で、もう一度大きなスクリーンで観たいと思いました。

⑦『ステップ・アップ』
e0021965_225353100.jpg ダンス・ムービーです。ストリート・ダンサーの不良男子高校生が、ひょんなことからクラシック・ダンスの女学生とコンビを組み、彼女の卒業発表会に出演するというお話。反発したり仲たがいしたりしながら最後は恋に落ち、不良高校生も真面目になるというお決まりの展開です。
 この不良高校生役を演じたチャニング・テイタムのストリート・ダンスは見事でした。でもここは黒人にこの役を回したら、もっと意味の深いものになったかもしれません。が、そういうことはこの映画の狙いではないので、無意味でしょう。年を取ると、変なところで社会性を考えたりして、これは悪い癖です。

⑧『キンキーブーツ』
e0021965_22541168.jpg 話題になっていたのに観逃していた映画です。老舗の靴工場が倒産の危機にされされ、二代目社長が思い切って女装の男性向けに奇抜なブーツを作って起死回生を図るという、現実にはあり得ない物語。女装をする男性の悩みは、自分の体重が支えられるハイヒールの靴がないこと。そこに目をつけて、昔のモッズやヒッピーもびっくりの靴を開発するのですが、そもそもそんな靴にビジネスとしてどれだけ需要があるのか。それから、ぼく的にはデザインがまったくださいこと。そこが興ざめでした。

⑨『ブラダを着た悪魔』
e0021965_22542859.jpg この辺から眠くなってきたのですが、中途半端に寝ると時差ぼけになりそうだったので、頑張って映画を観ることにしました。とくに観たいものはなかったので、前回ニューヨークから帰ってきたときにも観たこの映画をもう一度観ることにしました。今度は、街の景色や服に注目しようかな、というわけです。
 メリル・ストリープがステーキを食べたいとわがままをいって、アン・ハサウェイが頼み込んでステーキを焼いてもらうレストランが出てきます。これが39丁目とサード・アヴェニューの角にある「Smith & Wollensky」で、そういえば20年くらいここには行ってないなぁなんて思い出しました。








⑩『34丁目の奇跡』
e0021965_22544249.jpg 帰りの便でもこの映画をやっていたので、残りを観ることにしました。これで中途半端な思いもすっきりです。

 UAの直行便がなくなったため、今回はANAを利用しました。ANAのいいところは、自分が観たいときに映画をスタートさせられることです。UAはビデオが個々で独立していないため、スタート時間が選べません。そんなこともあって、今回はいろいろ観てしまいました。
 往復で9本、ニューヨークで2本、それと日本から持っていったDVD3本(『オーシャンズ11』『アマデウス』『ブリット』)を2週間で観ました。全部で14本。われながらよく観たものです。
by jazz_ogawa | 2007-01-18 23:05 | 映画&DVD | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/4956144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 紀子 at 2007-01-18 23:05
タイトル : Wii買ったよ!!
やっぱりプレステ3よりWiiでしょ!!ブログにも上げといたよ!!... more
Tracked from 1-kakaku.com at 2007-02-24 12:12
タイトル : 愛と青春の旅だち
暗い過去を振り捨てるようにアメリカ海軍士官学校に入学した青年が、町工場に務める女性との愛を育みながら、厳しい訓練や親友の自殺といった数々の試練をくぐり抜けて、人間として成長していく姿を描いた青春映画である。 テイラー・ハックフォード監督の出世作となるとともに、リチャード・ギアの代表作として、今も広く愛され続けている佳作である。82年度のアカデミー賞ではルイス・ゴセットJr.が助演男優賞を、そして主題歌賞を受賞した。それまで生徒たちにとことん厳しく接していた鬼教官役のゴセットが、卒業の日に一...... more
Tracked from ☆ FREE TIME ☆ at 2007-04-13 16:42
タイトル : UDON
『UDON』(うどん)は、日本の映画作品。本広克行、監督写真を撮られた「踊っている大きな調査」がユースケサンタマリアと小西真奈美である星。タイトルに従う映画の主題、「udon。」An 2006年8月26日展示。1,360,000,000円(日本の映画製作者の連邦によって)興行収入。... more
Commented by forcek at 2007-01-19 11:42 x
小川さん、ガッツリと機内で観ましたね(笑)「イリュージョニスト」と「キンキーブーツ」は是非観てみたいです、俺のほうは新しい環境や仕事等で日々追われてます、明日も行けるか五分五分ですがー小川さんに会える時を楽しみにしています(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2007-01-19 19:14
forcekさん、忙しいのは何よりです。土曜は無理しないでください。2月にも銀座のバーでまたイヴェントやりますし。「イリュージョニスト」は結構楽しめました。
<< 2007-01-21 第12回... 2007-01-15 永遠のマ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム