小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-12-28 「愛しのJazz Man」@小僧com総集編
 小僧comに引っ越しをした「愛しのJazz Man」ですが、おかげさまで年末を迎えることができました。いつまで連載するかはわかりませんが、ネタがある限り続けるつもりです。
 現在、出版準備中の単行本も初校のゲラ・チェックが終わり、年が開けたら再校やら写真の調整やらで、さらに体裁をなしてくると思います。そちらは2月末の出版を予定しています。その出版に合わせて、2月24日には銀座で「出版記念イベント」を開催します。

第4回「『愛しのJazz Man』出版記念イベント(仮)」
◆日時:平成19年2月24日(土) 午後6時~(OPEN午後5時)
◆場所:銀座Bar「le sept(ル・セット)」 中央区銀座6-7-19
◆会費:3000円(with1ドリンク)
◆問合せ・申込み:HKO商会 matc@wind.sannet.ne.jp

 当日はこれまで以上に脱線しそうです。いろいろ写真も用意していくつもりです。興味のあるかたはぜひどうぞ。
 それでは、12月の総集編です。


#022:John Coltrane ジョン・コルトレーン(ts)
e0021965_23241856.jpg ジョン・コルトレーンは麻薬の常習が理由でマイルス・デイヴィスのグループを一度くびになっています。1956年の末に楽屋でそのことから喧嘩になり、マイルスがコルトレーンをなぐってくびにしたということですが、ぼくは目撃していないので(当然ですが)、真相はよくわかりません。
 その場に居合わせたセロニアス・モンクがふたりの間をとりなしてくれたため、大事には至らなかったそうです。モンクはその場でコルトレーンを自分のグループに誘います。
それで仕事は繋がったのですが、マイルスのバンドとモンクのバンドとではギャラにかなりの開きがありました。もちろんマイルスのところで働いていたほうが収入はあります。そのため、コルトレーンは麻薬代に事欠くようになりました。困った彼は、親友のカーティス・フラーに相談します。
全文はhttp://www.kozocom.com/entertainment/music/a00022.html

#023:Anthony Barbosa アンソニー・バルボーザ(photographere)
e0021965_23243771.jpg マイルス・デイヴィスが吹き込んだ『ユア・アンダー・アレスト』(ソニー)について、最初に詳細な情報を教えてくれたのがフォトグラファーのアンソニー・バルボーザでした。彼はそのアルバムのレコーディングとジャケット用の写真を撮影した人物です。その話が聞きたくて、マンハッタンのユニオン・スクエアに構えている自宅兼スタジオを訪ねたのが1985年2月末のことです。
 そこでぼくは驚くべきニュースを耳にします。アルバムのオープニングを飾る<ワン・フォーン・コール~ストリート・シーン>にスティングが加わっているというではありませんか。ただし楽器やヴォーカルの参加ではなく、フランス語を喋る警官役として声の出演をしたというのですから、興味がそそられました。おまけに、そのトラックではマイルスもセリフを喋っているというのです。
全文はhttp://www.kozocom.com/entertainment/music/a00023.html

#024:John Scofield ジョン・スコフィールド(g)
e0021965_23245757.jpg マイルス・デイヴィスのグループで独特のくねくねとうねるフレーズを聴かせてくれたジョン・スコフィールド。それ以前からユニークなギター・プレイはフュージョン・シーンで大きな話題を呼んでいた。そのバンドでさらなる注目を集めた彼は、次いでサックス奏者のジョー・ロヴァーノと組んだカルテットでフュージョンとストレート・アヘッドなジャズの世界を股にかけて大活躍をしてきた。
 そろそろ還暦を迎えるスコフィールドである。しかし前向きの姿勢はいまも健在だ。ここ数年は、ニューヨークを中心に話題を集めるようになったジャム・バンド・シーンに進出して、ソウライヴやメデスキ・マーティン&ウッドたちと最先端のジャズをクリエイトしている。
全文はhttp://www.kozocom.com/entertainment/music/a00024.html

#025:Miroslav Vitous ミロスラフ・ヴィトゥス(b)
e0021965_23251187.jpg チェコスロヴァキアが生んだ名ベーシストのミロスラフ・ヴィトゥスは、1960年代末にニューヨークに移り住んで、あっという間に大きな話題を集める存在になった。ジャズがロックやソウル・ミュージックと結びついて、それまでにないほど大きな広がりを示し始めていた時代である。
 ヴィトゥスはロック的な演奏もできたため、まずはハービー・マンのグループに抜擢された。フルート奏者のハービー・マンは時代感覚に優れており、いち早くフュージョン・ミュージックの到来を実感していたのだろう。ジャズはジャズ、ロックはロックと高い垣根が厳然とそびえていた時代から、さまざまなジャンルのレパートリーを取り入れて、ジャズ・ファンに限らない幅広い層から支持されていたのが彼である。
全文はhttp://www.kozocom.com/entertainment/music/a00025.html

#026:David Sanborn デヴィッド・サンボーン(as)
e0021965_23253052.jpg アルト・サックス奏者のデヴィッド・サンボーンといえば《泣き節》で有名である。ひところは《メローなサックス奏者》などとも呼ばれていた。それゆえメロディックなプレイは聴くものをしみじみとした気分にさせてくれる。人気も抜群、実力も抜きん出ている。まさにフュージョン・シーンで《超》の字がつくほどの人気者が彼である。
 ところがそんなサンボーンにも泣きどころがあった。ぼくには思いもよらぬことだが、意外な悩みを持っていたのだ。どんなことかといえば、「他のジャズ・ミュージシャンに比べて、自分には才能がないのでは?」というのだから驚きだ。これは彼が勝手に思い込んでいた一種のコンプレックスである。
全文はhttp://www.kozocom.com/entertainment/music/a00026.html
by jazz_ogawa | 2006-12-28 23:27 | 愛しのJazz Man | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/4810497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuricoz at 2006-12-29 09:53
写真がたくさんで楽しいです♪
今年は、色々とありがとうございました♪来年もよろしくお願いします。
1月のONGAKUゼミナールも楽しみです♪
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-29 14:06
yuricozさん、自慢話が鼻につくというひともいるんですが、こんなことしかかけないもので。1月の「ONGAKUゼミナール」でもがんがん自慢話をしますので、覚悟しておいてください。
というわけで来年もよろしく。
Commented by forcek at 2006-12-30 14:22 x
小川さん、「愛しのJazz Man」はホントに楽しませてもらってます(笑)ネタがある限り続けてくださいね、しかしアンソニー・バルボーザは怪しいですよねーアッチ系なんですかね(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-30 22:34
forcekさん、バルボーザは見るからに怪しげでしょ? こういうひとに「家に来ないか」と誘われたらちょっと考えちゃいますよね。何もなくてよかったですが(笑)
<< 2006-12-29 Jame... 2006-12-27 『マンハ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム