小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-12-23 Bob Dylan's American Journey, 1956-1966
e0021965_10255884.jpg UAの直行便がなくなったため、今回はANAでニューヨークにやってきました。成田を午前11時に出て、同じ日の午前9時にJFK到着です。出発も到着も朝が早くて、かなり使い勝手の悪い便です。これ、ぼくにとっての話ですが。
 何しろ家を7時過ぎに出なくてはなりません。ニューヨークに着いたら着いたで、今度は時差ぼけと戦いながら夜まで起きていることになります。これまでなら、夕方か夜の早い時間について、雑用と夕食とで12時近くになりましたから、そのまま寝れば次の日は朝から時差ぼけもなく過ごせました。
 夕食も食べてアパートに戻ってきたのですが、そういうわけでまだ8時半です。元気なときはこれからジャズ・クラブにでも繰り出したのですが、最近はそういう気分でもありません。
 部屋で何かをしながら12時くらいまでは起きていようと思っています。でも、その前に寝てしまうかもしれません。そうなると今度は夜中に目が覚めて、そのまま朝まで寝られず、時差ぼけの日々を過ごすはめにもなりかねません。ANAはだからいやです。

e0021965_10232722.jpg
 と愚痴をいっても始まらないので、アパートで荷物を整理してから、近くにあるThe Morgan Library & Museumで「Bob Dylan's American Journey, 1956-1966」と題されたボブ・ディランの回顧展を観てきました。家の近くにあるライブラリーですが、ここに行くのは初めてです。旧館と新館ふた棟続きの建物で、ディランのエキジビションは新館の3階で開催されていました。入場料は12ドルです。
 スペースはそれほど広くありません。そこに1956年から66年にかけてのさまざまなものが展示されています。といっても、とても珍しいものはそれほどありません。点数もたいしたものではなく、個人のコレクターが寄贈したものとライブラリーのコレクションを合わせての内容ということでした。
e0021965_10234960.jpg
 手書きの歌詞、当時のポスター、ちらし、新聞の切り抜き、ギターとハーモニカ、サイン入りのLPジャケット、コンサート・チケット(半券も含む)などが主な展示ですから、規模はたいしたものでありません。
 でも、手書きの「風に吹かれて」の歌詞とか、エレクトリック・ギターと交換して手に入れたギターや、キャロリン・ヘスターのレコーディングで使ったホーナー製のハーモニカなどは、珍しいといえるかどうかはわかりませんが、観れてよかったものです。
 とくに交換して手に入れたギターがマーティンのダブルOモデル(というんでしょうか?)だったのには驚きました。痩せても枯れてもマーティンです。一体マーティンと交換したエレクトリック・ギターとはどんなモデルだったのでしょう? 大学1年のときだといいますから、たいしたギターではなかったと思います。ほかのひとにはどうでもいいそんなことが気になりました。
 楽器といえば、ディランが尊敬してやまないウディ・ガスリーやランブリン・ジャック・エリオットのギターも展示されていましたし、ディランのレコーディングでバックを務めたブルース・ラングホーンのギターとタンバリンもありました。ちなみにヒット曲の「ミスター・タンブリン・マン」は、ラングホーンが叩くタンバリンにヒントを得て書かれた曲です。
 高校時代は、当然ですがそんなことも知らずに、フォーク・バンドでこの曲を歌っていたました。でも、ぼくたちはディランの歌ではなく、バーズのレコードをコピーしていたんですが。

e0021965_10241768.jpg
 ニューポート・フォーク・フェスティヴァルのポスターもいくつか展示されていました。その中でおかしかったのが、1962年のポスターです。この年、ディランは最初のLPを出して、そのしばらくあとに初めてこのフェスティヴァルに出演します。まだ、名前が知られていなかったのでしょう。Bob Dillonとポスターには書かれていました。
 物として一番珍しいのは、1966年にイギリスで行なったライヴを収録したアセテート盤でしょうか? このときのコンサートはDVDの『ドント・ルック・バック』他で観れますが、CBSは最初ライヴ・アルバムとして発売する予定でテープを回していました。そのテープからアセテート盤にカットされたものが残っていたんですね。
 マニアは、こういうのがオークションに出品されるとアドレナリンがわっと噴き出します。このディスクを観ただけでも少量のアドレナリンが分泌されたみたいで、ぼくの心臓は黄色信号がともりました。ディランの回顧展で心臓麻痺を起こしても洒落にならないのでニトロを舐めましたが(冗談です)、たいしたことないといいながら実際は結構楽しんでいました。

e0021965_1024396.jpg
 そのあと、夕食までまだたっぷり時間があったので、ミッドタウンとソーホーをぶらぶらしました。ロックフェラー・センターのツリーは、例年より小ぶりの感じです。
 今日から2週間ほどニューヨークですが、いくつかアポイントが入っている以外は何の予定もありません。といっても、次回作のゲラを読んだり、次々回作の原稿を書いたりはしないといけません。貧乏性のぼくは、今年も最後までのんびりすることはなく、何かをしながら年越しと年明けを迎えることになりそうです。
by jazz_ogawa | 2006-12-24 10:35 | NY Mapができるまで | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/4784995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 卒業式 at 2006-12-24 10:35
タイトル : 人生の中で一番泣いた
さりゆく生徒。とくにあの子だけは特別な感情が・・・... more
Commented by 川原 at 2006-12-24 10:52 x
 小川さんはNYCにはいつも一人で行かれているのですか?
Commented by .Double Fantasy at 2006-12-24 12:45 x
こんばんは~ヽ(^o^)丿時差ぼけって本当に夜にらんらんと目がさえてこまりますよね。
タイムリーでNYの様子が伝えられて、わくわくします。2週間とても楽しみです。
Have a Merry Christmas !
Commented by forcek at 2006-12-24 16:42 x
小川さん、ディランの回顧展で心臓ググッは危険なシャレながらも(笑)楽しめて何よりですね、ロックフェラー・センターのツリー今年はニュージャージー州の民家の庭にあった木が選ばれたらしいですね、だから若干小ぶりなんですかねー、まぁ2週間あっという間でしょうがいつものペースで楽しんでください(笑)
Commented by miki3998 at 2006-12-24 18:19 x
小川さん、今ニューヨークなんですね。
 北鎌倉のイブはとても静かに暮れてゆきました。まるで年の瀬とは思えないようなゆっくりとした時間が流れています。
 今年は思いがけず色々な出会いを経験し、私の世界も少しだけ広がったような気がします。
 時差ぼけとお疲れで倒れたりなさいませんように・・・素敵な聖夜をお迎えくださいね。メリークリスマス!
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-25 00:07
川原さん、ケース・バイ・ケースです。
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-25 00:09
.Double Fantasyさん、観光旅行じゃないんで、ほとんどどこにも行きませんが、東京にいるよりはリラックスできるので、マイ・ペースで楽しんでいます。
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-25 00:11
forcekさん、ありがとうございます。クリスマス・シーズンはやっぱりいつもより街にひとが溢れていますね。
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-25 00:14
miki3998さん、昨日は結局9時ごろに寝てしまいましたが、頑張って(?)朝まで起きずに寝ることができました。というわけで、多分時差ぼけにはならないでしょう。ぼくのクリスマスはこれといって何もありません。いつものように普通の時間が過ぎていきます。こういうのもメリー・クリスマスだと思っています。
Commented by yuricoz at 2006-12-25 02:09
ハッピー・ホリデーズ♪です。
うちは、クリスマスケーキならぬ、クリスマスドーナツで終了です。笑
私は、ANA便大好きです♪もしくは、JALでしか行ったことがないですっ。行ける期間が短いので、とにかく午前中に着きたいのです!!笑
ついたとたんから、とにかく動き回る。そして、朝方寝るので、こちらと同じ時間に寝る感じになり、時差ボケなし。笑

ディランのチケットの半券とか見たいな~。
2週間の滞在、また報告を楽しみにしております♪
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-25 03:21
yuricozさん、午前中着だと、その日が有効に使えますものね。でもこの年になると、精力的に街を歩き回る気力がなくて。とはいいつつウォーキングには精を出すという矛盾したことをやっているんですが。
<< 2006-12-24 Happ... 2006-12-22 近藤等則... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム