小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-12-22 近藤等則@「Hakuju Hall」
e0021965_23573578.jpg 想像はしていましたが、何とも不思議な演奏でした。トランペットの近藤等則さんが昨日幡ヶ谷の「Hakuju Hall」で開いたソロ・コンサートのことです。
 近藤さんのライヴを聴くのは20年ぶりとはいわないまでも、15年ぶりくらいかもしれません。その昔はチベタン・バンドでヒップ・ホップの先駆けみたいな音楽を聴かせてくれた彼ですが、その後はアムステルダムに住んでいたため、滅多に日本でライヴを聴くチャンスがありませんでした。タイミングが合わずにすれ違いが多かったのですが。

 久々に聴いた近藤さんの音楽は、面白かったのひとことです。ジャズとはいえません。シンセサイザーか何かはわかりませんが、何らかの電子機器と接続したトランペットの音色は、さまざまな色艶やパルスを生み出します。まるで雅楽をエレクトリック・サウンドで演奏したような音楽でした。
 コンサートは「地球を吹く」という、このところ近藤さんが世界各地で行なってきた活動の一環です。これまでにイスラエル・ネゲブ砂漠(1993年)、ペルー・アンデス山脈(1994年)、沖縄・久高島(1996年)、アラスカ・マッキンレー(2001年)、熊野(2002年)、そして富士山(2006年)で吹いてきたそうです。
 近藤さんのこんなメッセージもあります。

e0021965_23575533.jpg 「地球を吹く」を始めたころ、「何でひともいないところで演奏するんだ」とよく質問されました。それに対しては、トランペットの音で答えるしかないと思いつつ、「地球を吹く」作業に没入していたら、いつの間にか10年以上の歳月がたっていました。今回のライヴがその答えになるかどうか。ベストを尽くしたいと思います。

 小ぶりの会場に集まった聴衆を前に、近藤さんが自在なプレイを聴かせてくれました。興味深いのは、彼の紡ぎ出す音の流れが極めて日本的な響きを有していたことです。勝手な憶測ですが、近藤さんは自分の音を求めて世界中を彷徨ってきたのだと思います。その結果、行き着いたのがこのような音楽だったんじゃないでしょうか?
 たしかに昨日聴いたものは、誰の真似でもなく、また誰からも影響されていないものだと強く感じました。それが日本的な響きに溢れていたのは、近藤さんのアイデンティティを思わせます。

e0021965_23581064.jpg いまから20年くらい前になりますが、近藤さんはビル・ラズウェルと興味深い共演を繰り広げていました。そのときのインタヴューでは、ふたりとも異口同音に「民族音楽には力がある」みたいなことをいっていました。
 長い歳月をかけて受け継がれてきた音楽には、時代や風雪に耐える力があるということでしょうか? 明言はしませんでしたが、何となく共感を覚える言葉でした。その当時に近藤さんがやっていた音楽とは形がまったく違いますが、本質は昨日の音楽に通じているのかもしれません。

 近藤さんはフリー・ジャズ派のトランペッターとして登場してきました。おそらく最初は遮二無二演奏することで思いを訴えていたのでしょう。それはそれで素晴らしかったのですが、当時はアイディアとかテクニックとかいったものが前面に出ていたように思います。
 IMAやチベタン・バンドを結成したころから、近藤さんは内面を抉るようにして自己の思いをトランペットで訴えるようになってきました。こうなるとミュージシャンは無敵です。自分の個性でひとの心が掴めるからです。近藤さんはそれができる数少ないミュージシャンだと思います。

 昨日の演奏がまだ頭の中でぐるぐる回っています。たったひとりでステージに出て、悠久の流れを思わせる演奏をたっぷりと聴かせてくれました。テンションは高いのですが、気持ちは落ち着きます。エレクトリック・トランペットによる演奏を聴いていればアドレナリンがちょっと多めに分泌されそうなんですが、そんなこともありませんでした。
 それは、近藤さんの音楽がビートからほとんど解放されていたからでしょう。だから、ぼくはそこに雅楽の響きを感じたのかもしれません。
 「Hakuju Hall」は音のよさで定評があります。この手の作りのホールだと、エレクトリック・サウンドの場合、残響音も強いのですが、そんなこともなくナチュラルな音で聴くことができました。
 そうそう、昨日のコンサートの正式な名称は「響鳴する宇宙 近藤等則ソロ“地球を吹く”」です。まさにそのとおりの内容だったことを報告しておきます。

 ということで、明日からはニューヨークです。あと1週間ほどで今年もおしまいですが、もう少しおつき合いくださいね。
by jazz_ogawa | 2006-12-22 23:58 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/4778074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Abby Jane at 2006-12-23 11:35 x
小川さん、私も木曜日白寿ホールで見ました!
とても不思議なライブでしたが、1部不協和音の響く中私はなぜかリラックスして、眠りに誘われました。後でスタッフの方に伺ったお話ですと、近藤さんは「今日はみんなを寝かせるぞ」ということだったようです。周りを見るとやはりあの音響の中、うつらうつらと頭の動く影が・・

2部、とてもカッコよかったです。かつて「スーパードライ」のCFに出たこともある彼は、団塊の世代になっても十分ステキな年輪を経ているな~と勝手に解釈しました。(まだまだイケメンでした!)

今年はお世話になりました。来年もよろしくお願いします。Have a nice holiday season in NY!
Commented by forcek at 2006-12-23 16:59 x
小川さん、近藤等則と目の感じが似てますね(笑)
無事ニューヨークに着きましたか、今そっちは12℃ぐらいで雨ですか、
クリスマスで街もキレイでしょうね、ゆっくりと楽しんでくださいね(笑)。
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-24 01:15
Abby Jane、同じ会場にいたとは。あの不思議な音空間に、ぼくも間違いなくリラックスしていました。
こちらこそ来年もよろしく。
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-24 01:17
forcekさん、ニューヨークにさっき着きました。いつもは夕方か夜に着くのですが、今回はANAのため朝に着いてしまいました。夜まで寝たくないため、これから街に出ます。別に、これっていってやることはありませんが。ニューヨークは13度くらいで、雨ははやんでいます。
<< 2006-12-23 Bob ... 2006-12-20 『スタン... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム