小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-12-15 Livingston Taylor@JZ Blat
e0021965_18133897.jpg ハート・ウォームなコンサートでした。リヴィングストン・テイラーは、ジェームス・テイラーの弟で、デビューしたころは顔も声も瓜ふたつ、おまけに彼が作る歌もお兄さんにそっくりで、驚きと共に、ジェームス・テイラーの歌が大好きだったぼくは「これで楽しみが倍になった」と喜んだものです。
 そのリヴィングストン・テイラーは、デビュー当初こそ華やかな話題に包まれていましたが、次第に地道な活動に徹するようになって、最近では熱心なファンの間でしか知られない存在になっていました。それだけに、12日に渋谷の「JZ Brat」に集まったファンも、数は少なかったのですが、本当に彼の歌を心か愛するひとたちばかりだったんでしょう。
 ウォームな拍手に迎えられて登場したLiv(ぼくたちは彼のことを愛情と尊敬を込めてこう呼びます)は、最初から寛いだ様子です。ぼくは、彼の家に招かれたお客さんのような気分、そう、ホーム・パーティのような雰囲気を味わっていました。

e0021965_18135371.jpg 見るからに誠実そうな人柄のLivのステージを見るのは6年ぶりです。少し前に発売された『ゼア・ユー・アー・アゲイン』が11年ぶりの新作というのですから、忘れられた存在であっても不思議ではありません。
 でも、ぼくたちは新作のリリースと来日を立て続けに味わえたのですから幸せです。ギター1本を抱えて登場したLivは、まるで昔のフォーク・シンガーのような雰囲気を醸し出していました。正統的なスリー・フィンガー・ピッキングの名手でもある彼に、バック・バンドは必要ありません。ギターの妙技を見ながら、ふと目を瞑って聴いていると、ジェームス・テイラーの面影も重なります。
e0021965_18141211.jpg 兄の存在が大きいことに悩んだ時代もあったのでしょう。しかし、Livはあるときからわが道を歩み始めます。来日を記念して、過去の作品がユニバーサルとソニーから紙ジャケット化されました。それらの心地よいフォーク・ミュージックともいえる素朴な味わいが好きで、その昔、アルバムが出るたびに国内盤の発売が待ちきれずに輸入盤を買っていた日々が思い出されました。

 Livのステージは、何年か前にニューヨークで観たピート・シーガーのコンサートに通じています。コマーシャルな路線とは無縁で、自分が好きな歌を心を込めてうたう。それを楽しんでくれるお客さんがいれば自分も嬉しい。そんな感じのステージです。
 Livのステージを観ていたら、いまでは死語かもしれませんが「アメリカン・ホスピタリティ」という言葉が心に浮かんできました。もてなしの精神をいまだにLivは持ち続けています。それが、ホーム・パーティの雰囲気を醸し出しているのでしょう。自分の歌を心から愛してくれるお客さんを前にして、彼は1曲1曲を丁寧に歌っていきます。
e0021965_18143062.jpg ほとんどがオリジナルですが、途中でミュージカルの『オクラホマ』から何曲かを披露してくれました。作曲家のリチャード・ロジャースについて、愛情のこもった紹介をしながらこのミュージカルに触れた下りも、Livが本当に音楽が大好きで、歌うことが大好きなことを思わせます。
 ピアノの弾き語りになった後半も、じっくりと楽しめる内容でよかったです。途中で客席から「ハッピー・バースデイ」の声がかかります。そのお客さんが立て続けに「ハウ・オールド・アー・ユー?」と訊ねました。Livはちょっとたじろいだ様子でしたが、少し間をおいたあとにゆっくりと指で年齢を示し、「アイム・ヴェリー・ヴェリー・オールド」と応じました。
 それはないでしょ。ぼくと同じ年なのに「ヴェリー」を2回も重ねるとは、とひとり苦笑いをしてしまいました。でも、こんなやりとりがほのぼのとした気分をいっそうかき立ててくれます。
e0021965_18145055.jpg アンコールでは、「さっきの約束を果さなくちゃ」といって、途中で別のお客さんから声のかかった「オーヴァー・ザ・レインボウ」をヴァースから丁寧に歌いあげました。こういう心温まるライヴが観られるとはなんと幸せことでしょう。

 『硫黄島からの手紙』で少し暗くなっていたのですが、上原ひろみさんとLivのライヴに接して、心が晴れてきました。冬の寒空の下、心があったかだと寒さも気になりません。気分がよかったので、Livの歌声を思い出しながら、渋谷からしばらく歩いて帰ることにしました。
 クリスマスのイルミネーションがあちこちで輝いています。そんな街の情景を見ながら、平和な世の中がどれだけ大切なことかをしみじみと噛み締めるぼくでした。
by jazz_ogawa | 2006-12-15 18:20 | ライヴは天国 | Trackback(1) | Comments(7)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/4737466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 通関士試験に合格して通関.. at 2006-12-16 06:06
タイトル : 通関士試験に合格して通関士になる!
通関士試験に合格して通関士資格取得を目指す方々へ、通関士の情報をまとめました。... more
Commented by kiku at 2006-12-16 07:45 x
小川さん、おはようございます。ジェイムス・テイラーの弟がミュージシャンだったなんて知りませんでした。なるほど、5番目の写真なんて顔がそっくりですね。ジェイムスの「スィート・ベイビー・ジェイムス」と「マッド・スライド・スリム」は好きなアルバムです。
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-16 08:50
kikuさん、この家族は音楽一家で、妹のケイト・テイラーも、その昔、素敵なレコードを出していました。兄弟5人がすべて音楽家らしいです。
Commented at 2006-12-16 14:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 川原孝文 at 2006-12-17 01:27 x
 ジェームス・テイラーといえば、嫁はんがカーリー・サイモンでYou are so vainのバックボーカルにミック・ジャガーが参加してたなぁと思いだしませんか?
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-17 08:56
川原孝文さん、ジェームス・テイラーが初来日したとき、カーリー・サイモンも一緒に日本に来ていて、そのときちょうど「You're So Vain」がビルボードで1位になりました。それで、ステージに飛び入りで出て、その曲を歌ってくれたことを思い出しました。
Commented by goo3 at 2008-01-05 04:43 x
こんな素敵なjazz_blogがあったなんて知りませんでした。自分のブログでテイラー兄弟のことを紹介したばかりでしたからびっくりです。小川さんはJTの初来日に行ったのですか、なんて羨ましい事でしょう~♪
Commented by jazz_ogawa at 2008-01-05 17:59
goo3さん、コメントありがとうございます。初来日、行きました。そのときに、どういういきさつだったか覚えていませんが、レコードにサインもしてもらいました。そういえばJTの最新盤もいいですね。髪の毛はなくなってしまいましたが、声は昔のまんま。
<< 2006-12-18 『犬神家... 2006-12-12 上原ひろ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム